b's mono-log

« October 2005 | メイン | December 2005 »
 1 |  2 |  3 |  4 | all

イルミネーション

品川駅にて。

・・・もうそんな季節なんですねー・・・。

投稿者 B : 23:18 | Soliloquy | コメント (0) | トラックバック

2005/11/15 (Tue.)

音楽のこれから

コピープロテクションCDが招く災い (PC Watch:元麻布春男の週刊PCホットライン)

昨今、米国では訴訟問題にも発展している Sony BMG のコピーコントロール CD に端を発した rootkit 問題絡みの記事。Sony BMG が「著作権者の利益を守るために」導入したコピーコントロール技術の実態がスパイウェアで、それが悪質なウィルスの温床になっているものですが、このことに対する批判と、そもそも音楽業界はコピープロテクションよりも新しい音楽流通の仕組みを作るため、音楽の提供の仕方自体を見直すべき、という記事です。

このことについては私も以前のサイトをやっていた頃から何度も書いていますが、やっぱり違法コピーで満足する層に違法コピーで満足するような音楽ばかりを垂れ流すのではなく、ちゃんと音楽に価値を認める人々に、対価を支払うに足る音楽を提供する、ということと、ひとりのアーティスト・ひとつの曲にとって適正なシェア(という表現は正しくないかもしれないけど)を忘れて特定の人気アーティストのリピート販売にばかり走ってしまったのが、大手国内レコード会社の主な問題だったのではないかと。利益追求のためにはなりふり構わず、ユーザー無視といったレコード会社の姿勢は、のまネコ問題を例に挙げるまでもないわけで・・・。

現在のレコード会社のやり方は、どちらかというと市場にそっぽを向かれ、レコード会社はさらに余力がなくなってはちゃんとマーケティングするアーティストを絞って一発を狙っていく・・・というネガティブスパイラルに陥っていくだけのような気がします。音楽の多様性を認め、より幅広いユーザー(言い換えれば今は音楽をあまり聴いていないが、いい音楽と出会うことができれば聴いてくれる、買ってくれるユーザー)に魅力を伝えなければ、音楽の未来はない、と思うのですが。

また、上記コラムでは SACD や DVD-Audio を「失敗に終わった」と断言しています。やはり、「音がいい」だけでは既存メディアを置き換えるには至らないのでしょうか・・・個人的にも、「いい音」を広めていくことは仕事の一つでもあるわけで、ただでさえ「音の良さ」を伝えることが難しいのに、「いい音でいい音楽を聴く」ことを啓蒙していくことがいかに難しいことか、痛感しています。
確かに、私も社会人になり、家庭を持つようになって年々「じっくりと腰を据えて音楽と向き合う」時間が奪われ、ちゃんと音楽に触れる機会といったら、ときどき自分が音楽をやる時間を除けば移動中にポータブルデバイスで圧縮音楽を聴く時間くらい・・・なんと悲しいことか、と自分でも思います。

自分も含め「いい音、いい音楽を聴く」ことって、どうやったら見直せるんでしょうね。

投稿者 B : 23:46 | Soliloquy | コメント (0) | トラックバック

2005/11/14 (Mon.)

なんつッ亭 品川店

今日のお昼ごはん。

なんつッ亭 品川店

品川駅前のフードパーク・品達。ときどきお昼に行くんですが、この店だけいつもすごい行列で入れないんです。が、今日は運良く(?)忙しくてお昼時を逃してしまったので、少し遅い時間に品達へ。多少並んだけど、15 分で座れたのは早いほうでしょうか。

ラーメンはマー油をふんだんに使った黒い豚骨スープが特徴。黒豚骨というと、以前お台場のラーメン国技館内「極一」(こちらはマー油じゃなくて油を焦がした豚骨醤油らしいけど)で食べて

「・・・・・・・・・・・・(´д`)」

となったことがあるのでちょっと構えてしまったのですが(´д`)、こっちは臭みもないし、意外にあっさり系でウマいじゃないですか。味付玉子が煮玉子じゃなくて温泉玉子なのも面白いです。
最近、むしろトッピングの豪華さで勝負するラーメン屋が多い気がしますが、この店はちゃんとスープと麺で勝負しているのがポイント高いです。施設内の他店がお昼時でもそれほど混まないのに、ここだけはいつも混んでいる理由がよくわかりました。ま、最近ラーメン博物館に倣ったフードパークが増えてますが、その中でもちゃんと美味しい店はせいぜい一軒かそこらで、池袋や早稲田の激戦区のほうがよっぽどウマい店が多かったりしますが・・・。

でも最近昔ほどラーメンに感動しなくなったな・・・歳なのかな(´д`)。

投稿者 B : 22:23 | Gourmet | Ramen | コメント (1) | トラックバック

2005/11/13 (Sun.)

MG ガンダム Mk-II Ver.2.0

ガンプラに手を出してしまいました。

MG 1/100 RX-178 ガンダム Mk-II Ver.2.0

まあ、最近 DVD を買ったり映画を観たりした流れで、つい。
子どもが家に来てから休日といってもあまり外出するわけにもいかず、自宅で何をやろうか・・・久々に FFXI をやろうにも不定期に呼ばれる(※泣き声)ので PT も組めないし、で、なんとなく模型作りでもしてみようかなと。

買ってみたのは MG の Mk-II。新訳劇場版のプロモーションの一環として今年 Ver.2.0 にリニューアルされたキットです。

ガンプラって何年ぶりだろう・・・小学校に入った頃だか入る前だかに 1/144 G アーマーを組み立てた記憶はあるのですが(しかもヘタながら塗装までやってた記憶が・・・)、中学頃まで F1 やスポーツカーのプラモを作っていた以外では、4 年前に劇場版∀ガンダムを観に行った高岡ピカデリーで売れ残っていた運良く手に入れたクリア仕上げの 1/100 ∀ガンダムくらい。でもこれってほとんど作ったうちに入らないので、本当に 20 年ぶりくらいのガンプラになるはず。

無塗装でもけっこう見栄えがしたり、接着剤不要で組めたり、部品点数がやたら多かったり、可動部がかなり多くていろんなポーズが決められたり、デカールが水をつけるタイプじゃなくて転写方式になっていたり、かなりのジェネレーションギャップを感じつつも、1 日 2 時間×1 週間程度で完成。
まあ、塗装も面倒なライトユーザーなので、基本的に素組み+スミ入れ程度の仕上げですが、最新のキットなだけあってそれでも十分な雰囲気が出ています。

作ってみて、やっぱりこういう「つくる」行為が自分には合ってるんだなということを改めて感じました。でも、ガンプラはハマると危険そうだから、ほどほどのところにしておこう(´д`)。

投稿者 B : 23:50 | GUNPLA | Hobby | コメント (1) | トラックバック

2005/11/12 (Sat.)

Pelikan Pelikano

ペリカーノ・ジュニアの替えインクを探しついでに安くて面白そうな万年筆を物色しに、銀座 伊東屋に行ったら、ジュニアの兄貴分「ペリカーノ」を発見したので購入してみました。これ、日本国内だとほぼ伊東屋さんでしか手に入らないっぽいですね。

カラーはオレンジ。他の色が売り切れていたからなんですが、どうせ買うならオレンジがいいなーと思っていたのでちょうど良かったです。
この万年筆は、ドイツの「かきかたえんぴつ」的なペリカーノ・ジュニアを卒業した世代(日本でいう小学校中学年~中学校くらい?)をターゲットにしたものらしく、価格も¥1,500 ほどとジュニアより少しだけ高い程度になっています。

本体は半透明のプラスチック素材にステンレスのキャップで、低価格ながらセンスの良いデザインにまとまっている感じ。ジュニアよりも多少細くて、持った感じでは私はこちらの方が好みかな。ジュニアのようなラバーグリップではないですが、こちらも一応グリップ部にガイドがあるつくりになってます。

ペン先は中字ですが、ジュニアとほぼ同じくらいの太さかな?インクの出方にもよるのでしょうが、ミニ檸檬よりは少し細くて書きやすいです。が、ジュニアのインクの出る量が心地よい(出ないわけでも出すぎるわけでもなく、書き方に合わせてするするインクが出てくる感じ)ので、書き味はジュニアの方が良いように感じたんですが、これはやっぱり私の万年筆の使い方がまだまだだからかな?ペン先がペリカーノとジュニアで共通っぽいので、もう一本ジュニアを買ってきてペン先をペリカーノに移植する、という手もあるけど・・・まあ、ペリカーノが特に書きにくいというわけでもないから、いいんですけど。

ジュニアの方は少し前にテレビドラマの小道具で使われていたらしく、Web 上でもよく話題を見かけますが、ペリカーノの方はけっこうレアであまり使っている人がいないので、ちょっとした優越感にも浸れてイイかも。

投稿者 B : 22:13 | MONO | Stationery | コメント (0) | トラックバック

2005/11/11 (Fri.)

Raynox HD-5000PRO

HDR-HC1 用にワイコンを購入しました。

レイノックス / HD-5000PRO

ビデオサロン 9 月号を参考にすると、純正ワイコン(VCL-HG0737Y)は 0.7 倍しかないし、やたら重い(本体が 680g なのにワイコンが 320g もある!)のがネックになって却下。最も評価が高く、そこそこ軽くてほぼ全ズーム域で使えるという機動性の高さもあってこれにしました。

ワイコンだけつけた状態だとちょっと見た目が情けなかったので、ハクバの 62mm ワイドメタルフード(KMF-0262)を追加(HD-5000PRO には 62mm のフィルタネジが切ってある)。ワイコンの鏡筒がシルバーなのも相まって、一見デフォルト状態かのように違和感なく収まっています。

ホントは最初、HOYA のラバー製マルチレンズフードを買ってみたら、最ワイドの設定にしてもワイド端でケラレてしまったので、しょうがなく買い直した(;´Д`)ヾ。

投稿者 B : 23:01 | Camcorder | Camera | コメント (3) | トラックバック

2005/11/10 (Thu.)

Go Beyond

Lycanthrope







状況はどうだい 僕は僕に尋ねる
旅の始まりを 今も 思い出せるかい








・・・そろそろ、戻ってみようか?

投稿者 B : 22:24 | Game | コメント (1) | トラックバック

2005/11/09 (Wed.)

ニューウェイがレッドブルへ移籍

レッドブル ニューエイの獲得を発表! (F1Racing.jp)

ウィリアムズ・ルノー時代の黄金時代を作り、2005 年はメルセデスエンジンの信頼性問題によってタイトルを逃しながらも事実上の「最速マシン」マクラーレン MP4-20 を開発した「空力の天才」エイドリアン・ニューウェイ TD が、年明けのマクラーレンとの契約終了を機にレッドブルに移籍することが明らかに。
おそらく 1990 年代からの F1 を通じて最高の空力デザイナーである A. ニューウェイの加入によって、2006 年(マシン開発の時期からいって、実質的なニューウェイデザインのマシンは 2007 年からになる可能性が高いけれども)のレッドブルがかなりの競争力を身につける可能性があります。コンサバティブなコスワースエンジンと参入初年度という不利な条件下で確実に中位グループにつけたチームのポテンシャルを考えると、来季から獲得するフェラーリエンジン、開発スピードに好影響を与えそうなセカンドチーム(トロロッソ: 旧ミナルディ)の存在、そしてウィリアムズ~マクラーレン時代を共にし、マシン開発への貢献度も高いと言われる D. クルサードとのコンビによって上位チームをも脅かす存在になりそうです。

新レギュレーション下の当初は V8 よりもリミッター付き V10 エンジンの方が速く、唯一 V10 搭載となりそうなトロロッソが意外にも有利か、とも言われており、来季はレッドブルファミリーがサーキットの台風の目になるのかも。

投稿者 B : 23:02 | F1 | Season 2006 | コメント (0) | トラックバック

John Legend / Get Lifted

John Legend / Get Lifted

B0002XK4F6

昨年末に発売されて以来、その名の通りまさに「伝説」となりそうなブラックミュージックの傑作。私も年明け早々に購入し、それから半年以上もヘビーローテーションしていた本当に素晴らしい作品です。
前半のアップな展開も引き込まれるモノがありますが、どちらかというと後半のアコースティックな、ゴスペルチックな展開のほうがこの人本来の持ち味なんだろうな。ヘタにカニエカニエ(Kanye West: プロデューサー)した曲よりも、ピアノ+コーラスのみのシンプルなスタイルのほうが、心に響きます。

最近、ソニー BRAVIA の CM で、Louis Armstrong の往年の名曲 "What A Wonderful World" が流れていて、ああ、なんかいいなー、と思ってテレビ画面をよく見てみたらクレジットに "John Legend" の文字が。何気なくオリジナルだと思って聴いていたら JL のカヴァーだったんですね(;´Д`)ヾ。あまりに自然すぎて気づかなかったよ・・・。

というわけで、約 1 年ぶりに新作が出るのか、と調べてみたら、旧譜にボーナストラックを 6 曲追加("What A Wonderful World" 含む)+PV やメイキング映像を収録した DVD つきで再リリースされたんですね。なんか、ブレイクしたアーティストが売れているうちに小手先で売り上げ伸ばしておこう、的なレコード会社の思惑が見えるようでいやらしいなあ、と思いつつ、買ってしまいました(ぉ。
ボーナストラックは Lauryn Hill をフィーチャーしたリミックスなんかもあって一見豪華ですが、件の "What A Wonderful World" 以外は、まあ、どってことない(´д`)。

まあ、これはこれとして、早く新作出ないかな。・・・で、かぶってしまった輸入盤のほう、どうしよ(´д`)。

投稿者 B : 22:19 | Music | コメント (0) | トラックバック

2005/11/08 (Tue.)

WinXP SP2 と Navin'You

先日のエントリーで「WinXP SP2 だと Navin'You 5.0 がまともに起動しない」と書きましたが、EDGEさんより

> ナビンユーなんですけどXPSP2に対応してないのはアドレスキャッチャーなのでプログラムファイルからアドレスキャッチャーだけ削除すれば起動できますよ~

というメールをいただきました。

いきなり削除するのもなんなので、Program Files の Navin'You フォルダ以下にある「AddressCatcher」フォルダを適当な名前にリネームしてやったところ、Navin'You が問題なく起動できました(念のため Navin'You の設定から起動時にアドレスキャッチャーを自動起動するオプションをオフに)。WinXP 登場時あたりからアドレスキャッチャーと WinXP の相性は問題になってましたが、またこれが原因だったか(´д`)。

とりあえず、使えるようになって良かった良かった。週末にでもナビを試してみるかな。EDGEさん、ありがとー。

投稿者 B : 22:58 | PC | Software | コメント (0) | トラックバック

 1 |  2 |  3 |  4 | all
« October 2005 | メイン | December 2005 »