b's mono-log

« November 2005 | メイン | January 2006 »
 1 |  2 |  3 |  4 | all

2005/12/31 (Sat.)

2005 年の終わりに

2005 年ももう終わろうとしています。


今年は、というよりこの 2 年間は、本当に自分にとって人生を全く違うものにしてしまった 2 年間でした。
去年は秋に結婚をして、
今年は春に仕事を辞めて(転職しよう、と思ったのは 2003 年の暮れか翌年の年明け頃でしたが)、夏の終わりから新しい仕事を始めて、秋に父親になって。
それぞれのタイミングを通じて、それまでほぼどっぷりだった Web との接しかたも少しずつ変わってきました(まあ、結局こういうかたちでひっそり、だらだらと blog をやるスタイルに落ち着いたわけだけど)。


たぶんここまで人生が大きく動く年はこの先そうはないはず。が、仕事もプライベートもやりがいだけはすごくあると思っているので、来年は着実に、かつアグレッシブにやる一年にしたいですね。


というわけで、皆様良いお年を。

投稿者 B : 21:42 | Soliloquy | コメント (1) | トラックバック

デジタルフォトプリンタを購入

こないだ DSC-T9 を買ったときに、実はついでにフォトプリンタも購入していました。いろいろ貯まっていたソニスタのクーポンを利用して安価にゲット。

ソニー / DPP-FP50

B0007ZJG12

写真専用の昇華型プリンタ。スペックは 300×300dpi しかないけど、最大でもポストカードサイズだし、インクジェットのような粒状感がないので写真的な画質としてはヘタなインクジェットプリンタよりも自然かも。
基本的にカートリッジ(というかインクリボン)と専用紙がセット販売になっているので、紙とインクはセットで運用する仕組みみたい。

帰省のときなんかに両親や祖父母から子どもの写真を撮ったのを写真にしてよ、というリクエストを受けるんですが、これなら帰省の荷物に一緒に持っていって、テレビに映してみんなで見ながらプリントできるのでラクです。プリント自体も 1 分/枚程度で済んでしまうのでスピーディ。

なんかカートリッジの形状がキヤノンの SELPHY に酷似しているので、キヤノンの OEM かなんかみたいだけど、もし使えるならキヤノン製のほうが消耗品の入手性がいいから一度試してみて使えそうなら今後はキヤノンの消耗品を買おうかな。っていうか、どうせ MS/CF/SD 全部使えて PictBridge も使えるなら、最初からキヤノンを買えば良かったかな(´д`)。

投稿者 B : 20:54 | Camera | コメント (0) | トラックバック

2005/12/30 (Fri.)

朱と白と

[ Sony Cyber-shot DSC-T9 ]

正月用の餅つきのお手伝い。

隣家の庭先になっていた柿と雪原のコントラストがとてもいい感じだったので。

投稿者 B : 19:37 | ComDigi | Photograph | コメント (0) | トラックバック

FFIV ADVANCE、とりあえずクリア

FFIV ADVANCE、とりあえずクリアしました。
ラスボスがまともに手強かった最後の FF だけあって(I・II も FC 版では手強かったけど、WSC 版以降のリメイクではゲームバランスが良くなりすぎてヌルくなってしまった)、ラストダンジョンに行けるようになった段階ですぐに挑んだらあっさり敗退してしまい、しばらくレベル上げをしてリベンジというのを例に漏れず繰り返してようやくクリア。そういえば SFC 版でも PS 版でも同じことやった記憶が(´д`)。

このほかに GBA 版オリジナル要素である終盤でのパーティメンバー入れ替えに伴う追加要素(試練の洞窟)もクリア。あとはラスボスクリア後の隠しダンジョンが残っているけど、これはぼちぼちやっていくかなー。

プレイしていて気づいたんですが、GBA 版は SFC 版と微妙に音源のテーブルが違うのか、BGM や効果音の音色がオリジナルにあんまり忠実じゃないのがちょっと残念でした。



あ・・・ほうちょう取るの忘れた(´д`)。

投稿者 B : 00:38 | DS & GBA | Game | コメント (0) | トラックバック

2005/12/29 (Thu.)

雪の晴れ間に

[ Sony Cyber-shot DSC-F828 ]

久々に太陽が顔を出しました。

太平洋側と違ってこちらは晴れていても一枚紗がかかったような青空なんですが、この歳になってみるとこのくすんだ青を改めて大切に思えるような気がします。

投稿者 B : 16:34 | ComDigi | Photograph | コメント (1) | トラックバック

2005/12/28 (Wed.)

Sony HVL-HL1

HDR-HC1 用のビデオライトを購入。

ソニー / HVL-HL1

暗がりで撮影することはあまりないけど、室内でも夜は蛍光灯の明かりだけでは記録素子には暗くてノイズっぽくなることが少なくないので、常設しておけば常にきれいな画が撮れるだろうと。
Handycam シリーズ共通のアクティブインターフェースシュー対応なので、セットするだけで給電までやってくれるのも手軽だし、安価なので試しに買ってみました。

で、これがほぼ真っ暗なところでビデオライトのみで撮ってみた映像。オートゲインアップも効いているんでしょうが、1 灯のこの小さな照明だけでそこそこ写ってしまうものです。

ただ、残念なのは白熱球系の色温度の低い照明なんですよね、これ。
屋内だと地明かりが白熱球よりも蛍光灯のことのほうが多いので、これだとビデオライトの当たっているところ(すなわち画の中心)だけが赤っぽく、周囲が白っぽいという妙な映像に・・・全体に色かぶりしているならホワイトバランスの変更で逃げられるけど、部分的に違うのはちょっとどうしようもない(´д`)。

うーん、白色 LED か何かの白いビデオライトも探してみるかな。サードパーティ製しかなさげだけど・・・。

投稿者 B : 16:46 | Camcorder | Camera | コメント (1) | トラックバック

2005/12/27 (Tue.)

A World of Gray

[ Sony Cyber-shot DSC-T9 ]

なんじゃこりゃー

投稿者 B : 23:44 | ComDigi | Photograph | コメント (6) | トラックバック

2005/12/26 (Mon.)

MG Ζ ガンダム Ver.2.0

MG 1/100 MSZ-006 ゼータガンダム Ver.2.0

ガンプラを作るならぜひ組んでみたいと思っていた Ζ ガンダムの Ver.2.0 が発売されたので、さっそく組んでみた。ついにガンプラ発売日買いとかしてるよこの人(;´Д`)ヾ。
初代 MG Ζ は写真で見る限りもっさりしていて好きになれなかったけど、Ver.2.0 は今の技術で設計されたものだけあって MS、WR 形態ともにプロポーション良くまとまってます。直線的なデザインで、他の MS とはだいぶ雰囲気が違いますね。
変形させて遊ぶのもけっこう面白いけど、いじりすぎるとすぐヘタってきそうなのでほどほどにしておくかな。

ここまで 10 日に 1 機ペースで作ってきたらさすがに疲れたので、ここらでちょっと落ち着こうかと(´д`)。
でもリック・ディアスとか、2 月に出るネモとか量産機系もちょっと作ってみたい気がしてるんだよなあ・・・。

投稿者 B : 23:54 | GUNPLA | Hobby | コメント (3) | トラックバック

2005/12/25 (Sun.)

AGURI F1、再エントリー認可へ

スーパー アグリ F1 全チームの承認を獲得 (F1Racing.jp)

分配金の目減りを理由に最後まで難色を示していたプライベーター・ミッドランド F1 の承認をようやく取り付け、AGURI F1 がようやく船出にこぎつけそうな雰囲気です。ま、バーニー・エクレストンのバックアップを得てのエントリーだったので最終的には大丈夫だと思っていたけど、とりあえずこれで一安心かなと。
琢磨にはベイビー誕生と併せて、クリスマスにいいニュースだったんじゃないかと。来年はどこまでやれるか分からないけど、最善を期待したいです。

投稿者 B : 23:55 | F1 | Season 2006 | コメント (0) | トラックバック

2005/12/24 (Sat.)

34 丁目の奇跡

34 丁目の奇跡

B00006YXXU

ここ数年、クリスマスになると必ず観ている DVD。

元々は、高校時代にとある理由で通っていた英会話スクールの先生(黒人女性で、ほとんど日本語のできない人だった)に勧められた作品だったんだけど、DVD が気軽に買えるようになってようやく観ることができた作品でした。

子どもでも大人でも楽しめる作品、というだけでなく、個人的には法廷劇ってけっこう好きなので、そういう意味でもかなりツボにはまる作品なんです。素で観てもじんわりくるけど、クリスマスのシャンパンやらワインやらが入った状態で観ると、優しすぎてついつい泣けてしまう・・・(;´д`)ヾ。

投稿者 B : 21:34 | Foreign Movie | Movie | コメント (2) | トラックバック

 1 |  2 |  3 |  4 | all
« November 2005 | メイン | January 2006 »