b's mono-log

« May 2007 | メイン | July 2007 »
 1 |  2 |  3 |  4 | all

2007/06/30 (Sat.)

MINICHAMPS Renault F1 R25 F. Alonso French GP 2005

MINICHAMPS / 1/43 Renault F1 Team R25 F. Alonso Winner French GP 2005

マニクールではもうフランス GP が開幕していますが、こちらは一昨年のマニクールでのアロンソのマシン。2005~2006 年のルノーはタバコロゴ禁止の GP ではデザイナーとのコラボによるボディデザインを積極的に採用しており、ファンの目を楽しませてくれていましたが、このときは不死鳥のデザインでした。
今年のルノーはホワイト×オレンジの ING カラーになってしまいましたが、やっぱりマイルドセブンブルーのほうがフレンチチームらしかったですよね(マイルドセブン自体は日本のブランドだけど)。

今週のフランス GP はどうやらフリー走行でフェラーリが復調の兆しを見せているようですが、予選~決勝はどうなることやら。

投稿者 B : 13:04 | Hobby | Model Cars | コメント (0) | トラックバック

2007/06/29 (Fri.)

30th Anniversary

[ Canon EOS 30D / Canon EF-S60mm F2.8 MACRO USM ]

とうとう大台に乗ってしまったわけですが。

次の 10 年は何をしますかね。

投稿者 B : 10:10 | EF-S60/F2.8 MACRO USM | EOS 30D | Photograph | コメント (3) | トラックバック

2007/06/28 (Thu.)

Ahmir / The Gift

Ahmir / The Gift

インディーズレーベルから登場した驚異のヴォーカルグループ "Ahmir" のデビュー作。人の薦めで買ってみたんですが、これすごいです。言われなければ Jagged Edge?と思うくらい、熱いヴォーカルと厚いコーラスで攻めたててくるアルバム。ジャケットのデキに騙されてはいけない(ぉ。
前半アップ、後半スローという一頃のヴォーカルグループの王道のようなつくりで、節々に私が大好きな Jagged Edge を彷彿とさせるポイントがある(やっぱり意識してるのかな・・・)ものの、全体的には Jagged Edge よりもアップは多めですかね。

ここのところ力のあるヴォーカルグループに久しく出会っていませんでしたが、これはキタかも。とりあえず当面のヘビーローテ決定です。

投稿者 B : 23:02 | Music | コメント (0) | トラックバック

2007/06/27 (Wed.)

MOET & CHANDON BLUT IMPERIAL ROSE

久々に飲みました。

MOET & CHANDON / BLUT IMPERIAL ROSE

シャンパンの中ではモエ・エ・シャンドンがいちばん好き。かつて F1 のポディウムでシャンパンファイトに使われてたからってわけじゃないですが(最近のシャンパンファイトでは MUMM を使ってますよね)、しっかりした辛口で私の好みなのです。
でもロゼは今回初めて(ちなみにこれはハーフボトル)。白はそれだけで飲みたい感じですが、ロゼは味が強めなので肉料理と一緒でも行けますね。

お酒は割と何でも飲むほうですが、やっぱりシャンパンを飲んでいるときがいちばん幸せかも・・・。

投稿者 B : 23:16 | Drink | Gourmet | コメント (3) | トラックバック

2007/06/26 (Tue.)

EF-S60/2.8 MACRO を試す

EF-S60/2.8 MACRO ですが、軽くインプレを。

マクロレンズって初めて(シグマ 17-70 も疑似マクロ機能ありだけど、最大撮影倍率が低いので)ですが、特化レンズというよりは「寄れるポートレートレンズ」という感覚ですね。ただ、マクロ域に対応しているだけあって、通常レンズとして使うと AF の合焦が遅いという違いがあるくらい。コンデジは全域マクロで使っても多少遅い程度で実用になりますが、一眼のマクロレンズは USM でもいったん外すとリカバリに時間がかかるので、常用はちょっと辛いですね。

とりあえず最大倍率で試してみました。

ここまで寄れます。スペック上は等倍だけど、APS-C なので 1.6 倍?以前、DSC-F707 にレイノックスのスーパーマクロレンズを試したことがありましたが、それと同じくらい寄れる感じでしょうか(途中のレンズも撮像素子も違いますが、もちろんピントが合っている範囲の解像感はこっちが上)。

試しに DSC-T9 の「拡大鏡モード」で同じように撮ってみました。寄れるという意味ではこっちのほうが寄れます(それこそレンズが時計のガラスにくっつきそうなほど)が、やっぱりノイジーなんですよね。今まではこれでガマンしていたという感じ。
今まではマクロ撮影というとコンデジでそれこそ被写体に近づいて撮っていたんですが、60mm(35mm 換算で 96mm 相当)だとそれなりに離れないと寄りすぎになるので、この新しい距離感に慣れないといけないなー。

植物を撮ってみても、

こんな感じ。ふだん使っている Planar とはぜんぜん違ったボケかたですね。Planar の描写はそれはそれで気に入っているんですが、EF-S60/2.8 MACRO もこれはこれで良い。こちらのほうが DSLR らしい写りというのでしょうか。やっぱり桜の季節に購入しておけば良かったかなと思ったり・・・。

これでレンズの焦点距離・用途としては 30D 購入時にイメージしていたものをほぼ一通り揃えられたかなと思います。あとは単焦点レンズでぼちぼち遊ぼうかなと。

というか、マクロレンズを手に入れるとマクロ雲台が欲しくなりますね(;´Д`)ヾ。

投稿者 B : 23:25 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2007/06/25 (Mon.)

Canon EF-S60mm F2.8 MACRO USM

買いました。

キヤノン / EF-S60mm F2.8 MACRO USM

ずっと買おうと思いつつ、結局桜の季節を逃してしまいましたが。

50~60mm クラスの Makro-Planar(コシナ版か CONTAX 版)と迷ったんですが、やっぱり AF の利便性は捨てがたいし等倍で写せる(まあ、あんまり使わないだろうけど)し、レンズメーカー製のマクロレンズも含めていちばん使い勝手が良さそうだったんですよね。でも、Makro-Planar も面白そうなレンズなので、多少焦点距離が違うものをいずれ・・・という気持ちはあります。

ブツ撮りは今までシグマの 17-70mm かコンデジを使ってましたが、今後はこのレンズを中心に使っていこうと思ってます。

投稿者 B : 22:42 | Camera | My Equipment | コメント (0) | トラックバック

2007/06/24 (Sun.)

M2

W52S の発売に伴ってメモリースティックマイクロ(M2)が発売になっていたので、W880i 用にとりあえず一枚買ってきました。

ヨドバシで 1GB 版が¥4,000 弱。安くなったものです。
microSD より後出しなのに微妙にサイズが大きいのがなんだかなあとは思いますが(笑)ここまで小さくなると多少の差はたいした問題じゃない(むしろどちらも簡単に紛失しそうなのが問題かと)ですね。ソニー製 M2 はロゴの印刷が暗くてカメラ泣かせ(´д`)。このコントラストの低さはもしかしてレーザー印字してる?ちなみに W880i 付属の SanDisk 版が中国製だったのに対して、ソニー版は日本製でした。

アダプタ経由で Duo としても使えるし、今後メモリースティックは(PRO-HG を使う必要に迫られない限り)M2 を買っていこうと思います。まあ、DoCoMo 系ケータイももう完全に microSD に切り替わってしまったし、メモステを使うケースも年々減りつつあるんですがね・・・。

投稿者 B : 21:01 | Mobile | コメント (0) | トラックバック

2007/06/23 (Sat.)

SO903iTV を見てきた

今週末から発売ということで、一応店頭で見てきました。

FOMA SO903iTV

新発売といいつつ、隣で一世代新しい 904i シリーズがずらっと新発売として並んでいるので、肩身セマー(´д`)。まあ、個人的には 904i シリーズの新機能にはそんなに魅力を感じていないので、どっちでもいいんですが・・・。

SO903iTV の本体サイズはデカいのかと思いきや、実際には意外とコンパクトでしたね。今使っている SO902i と体積的にはほとんど変わらない(閉じたときのフットプリントはほぼ同じ、厚みも 1~2mm 増しているだけ)ので、ちょっと驚きました。ただ、エッジが丸めになっている SO902i に比べて SO903iTV は角張っているのとヒンジ付近が厚くなっているので、ポケットに入れてみると SO902i よりはゴツゴツとしてしまう感覚は否めませんね。
質感は W880i と比べてしまうと明らかにオモチャなのはいかんともしがたいですが、まあフツー。BRAVIA をイメージした「ブリリアントレッド」が一番良くできているかなと思いました。あと、テレビを買い換えたいとずっと思っている私としては、ケータイに BRAVIA ロゴが入っているのにちょっとくらっときそうになりますね(;´Д`)ヾ。

さすがに画面サイズがかなり大きくなって見やすくはなりましたが、ボタンが平たくてストロークが短いので SO902i より操作性は劣りそうな雰囲気です。また、相変わらずトップメニュー以外の GUI が超チープなのには閉口しますね(´д`)。

どうせワンセグもほとんど見ないだろうしなあ。

投稿者 B : 22:49 | K-Tai | Mobile | コメント (0) | トラックバック

W880i プチインプレ (3)

W880i プチインプレの残りを。半分自分向けのメモなので今日で終わりです。さらに詳しくはあこすたむさんとこで。

PC との連携は付属アプリ「PC Suite」で行います。比較的シンプルな同期アプリではあるんですが、海外向けにもかかわらず日本語対応しているのにちょっと驚き。
機能的には非常にシンプルで、PIM 系データの同期とファイルマネージャ、ネットワーク設定ウィザードと各種サブアプリ(Disc2Phone、QuickTime、Photoshop Album SE)のランチャ機能くらい。

W880i はスマートフォンではないですが、一応簡単な PIM 機能(Organizer)はついています。Outlook データの同期に対応していて、日本語表示もできるので、ちょっとした PDA 代わりにはなりそう。会社でスケジュール管理に Outlook を使っているので、PC に W880i を接続するだけでスケジュールが同期できる(USB 充電にも対応しているので、充電を兼ねて PC に接続するだけで OK)のは重宝します。
CLIE を使うのをやめて以来、PC 以外にスケジュール管理ができるツールを使っておらず不便だったので、これは助かります。国内の端末でも同様のことはできると思うんですが、なぜか今まで全く使う木にならなかったんですよね・・・。

私は W880i でメールも使っていなければ、スケジュールもほぼ閲覧専用なので日本語入力をする必要はないんですが、アドレス帳の追加くらいはするだろうと思って日本語入力環境を用意しました。まあ、最近このテの端末の日本語入力環境のデファクトスタンダードになりつつある(?)「PiClip」です。若干操作性は違うものの、長年使い慣れている POBox に近いので使いやすいですね。

W880i は会社の端末の SIM を差し替えて使っているため、勝手に mopera U を契約するわけにもいかず、こんな感じで通話+音楽再生+PIM 端末として使っています。インターネットが使えればもう少し面白いんだと思いますが、とりあえずこんなところで。PIM ツールとしてそれなりに使えることが分かってきたら、逆に今度はスマートフォンが欲しくなってきてしまいました(´д`)。P1 が出たら、またちょっと考えてみようかと考え中・・・。

投稿者 B : 22:39 | K-Tai | Mobile | コメント (0) | トラックバック

2007/06/22 (Fri.)

三好和義「楽園写真展 ハワイアンスピリッツ」

【写真展リアルタイムレポート】三好和義「楽園写真展 ハワイアンスピリッツ」 (デジカメ Watch)

行ってきました。写真自体にも興味があったけど、展示方法が通常の紙焼きに加えて 4K SXRD プロジェクタ+「ブルーオーシャン」スクリーンや HDTV での展示もあるということで、デジタル時代の写真展がどういう形態になるのかというのにも興味があり。

写真展ってまともに観に行くのはほぼ初めてに近い状態だったんですが、これはかなり衝撃を受けますね。技術とかレンズとかの要素もあるけど、写真はやっぱり時間をかけて、気持ちを込めて取り組むことが最も大事だということがよく分かる素晴らしい内容でした。ハワイアンの真摯な祈りとか、地球の中心につながっているようなハワイの自然の偉大さとか、海や空の美しさとか――今までハワイに旅行に行きたいなんて思ったことはありませんでしたが、この写真を見るとハワイに行きたくなってしまいますね(もちろん観光地としてのハワイじゃないけど)。特に日本では考えられないような青の青さは、レンズや出力の性能もさることながら、太陽の光をまっすぐに受ける澄んだ空と海があってこそ得られるコントラストの高さなのだろうと思いました。

プロジェクタによる上映も素晴らしかったです。4K SXRD+「ブルーオーシャン」の映像は何度か見たことがあったのですが、これだけ画像自体の美しさを感じたのは今回が初めてだと思います。緻密さもさることながら、自然がちゃんと動いているような錯覚すら覚えたのは、リアリティだけでなく三好氏がファインダ越しに見た自然が、自身の感動まで含めてそのまま映し出されていたからかもしれません。

つい現場の物販で写真集を買ってきてしまいました。

三好和義 / ハワイアン・スピリッツ 楽園の秘密

4096806226

サイズは縮小されてしまいますが、小さくても美しい写真は美しいですね。いち写真愛好家としていろいろと参考になるところもあり(さすがにハワイに住みこんだりはできませんが)。
紙焼きではなく HD ディスプレイで鑑賞というスタイルもなかなか斬新だったので、テレビを買い換えたら BD 版写真集も買ってみたい気持ちになりました。

投稿者 B : 23:31 | Camera | コメント (0) | トラックバック

 1 |  2 |  3 |  4 | all
« May 2007 | メイン | July 2007 »