b's mono-log

« SO903iTV 発売日決定 | メイン | コカコーラのキャンペーン »

2007/06/19 (Tue.)

W880i プチインプレ (2)

W880i のプチインプレ、引き続き音楽再生機能について。

本体の再生画面は比較的シンプル。プリインストールのサンプル曲をみるとどうもジャケット画像が設定できそうな雰囲気なのですが、やり方がよく分かりません。MP3 の ID3 タグ情報は日本語にも対応していますが、そもそも私は国内の楽曲をほとんど聴かないのであまり意味がないですね(´д`)。
操作は本体側は中央の十字キーで行います。本体側面の W. キーで音楽再生機能の起動、ズームレバーで音量の調整が行えます。アルバムやプレイリストの切り替えはいったんメニューを表示させてから選択する形式なので、スティックタイプのウォークマンでのシャトル操作一発でできる使い勝手に慣れていると、ちょっと煩わしい感じ。まあ、ウォークマンブランドを冠していてもあくまでケータイなので、そのへんは多少の割り切りは必要かと。

音楽ファイルの転送は M2 の「\Music」ディレクトリに適当に MP3 ファイルを D&D で放りこんでやるだけでもいいみたいですが、私は SonicStage で ATRAC のライブラリを構築している(一時期 iPod 用に二重管理していた iTunes の MP3 ライブラリはもう消してしまった)ので、MP3 ファイルなんてほとんど持ってません(;´Д`)ヾ。ウォークマンなのに ATRAC 非対応かよと思いつつ変換し直さなくてはならないのですが、PC にライブラリを構築しない人向け(?)に「Disc2Phone」というアプリが添付されています。単純に光学ドライブ内の CD-DA を MP3 に変換しながら W880i 内の M2 に自動転送してくれるシンプルなアプリですが、処理はそんなに速くはないですね。まあ、構築済みのライブラリを転送できるにこしたことはないですが、W880i は SonicStage からは見えないようなので、ATRAC ライブラリを MP3 に変換しながら転送することもできません(´д`)。まあ、普段は本家ウォークマンをメインで使うつもりだから、いいんですが。

ウォークマンを名乗るだけあって、ヘッドホンはカナル型のものが付属しています。おそらく(もう旧型ですが)MDR-EX51SL 相当品のソニエリエンブレム入り版といったところでしょうか。カナル型にしてはローエンドなので音はまあそこそこといったところですが、ソニエリエンブレムで雰囲気も出ているし、ヘタな安物をつけるよりはよっぽどマシかも。
ヘッドホンと本体の接続は「Fast port」にケーブル(国内のケータイ用にもあるような、マイクと通話/終話ボタンがついたケーブル)を挟みます。ただ、この Fast port コネクタがけっこう大きいので、あまり普段からつけっぱなしにしておきたくはないですね。

ということで活きてくるのが Bluetooth。W880i には Bluetooth 機能が内蔵されているので、VGP-BRM1 のような Bluetooth アダプタが活躍してくれます。ちなみに、本体付属のヘッドホンはケーブルが短すぎる(付属ケーブルでイヤホンマイク状に使うにはいいけど)ので、私は VGP-BRM1 と MDR-EX90SL(こちらのほうが若干ケーブルが長い)の組み合わせで使ってます。ヘッドホン自体の音質もこちらのほうが良いし、良い組み合わせではあるんですが、NW-S706F でノイズキャンセリングヘッドホンの快適さを覚えてしまった体には、既に物足りない(;´Д`)ヾ。ノイキャン+Bluetooth なのをどこか出してくれないでしょうか。

でもって音質についてですが、まあそこそこという感じ。いつもは 256kbps の ATRAC3plus で聴いているのに W880i では 192kbps の MP3 で聴いているからというのもあるんですが、やっぱりノイキャンに慣れてしまうと通常の騒音内で冷静に音質を見極めるのは無理かも(´д`)。あと、(これは BRM1 側の問題かもしれませんが)Bluetooth 経由だと時々音が途切れるのもちょっと気になりますね。
それ以前に今のウォークマン(ATRAC)ではできているギャップレス再生ができないのと、再生スタート時に軽く「プチッ」というノイズが入るのが、もう思い出したくもない某なんちゃらポケットを思い出すようで悲しいです・゚・(´Д`)・゚・。
ということで、ウォークマン+ATRAC を常用している身からすると、W880i の音楽再生機能はまだまだ未完成な印象はぬぐえません。が、何よりこの質感の高いケータイで音楽が聴けることや、日本国内ではほとんど使っている人がいないという優越感(自己満足とも言う)も加味すると、(あくまでサブ機としてというエクスキューズはつくものの)携帯電話の音楽再生機能としてはとりあえずの及第点をあげてもいいような気はします。皮肉なものですが、MP3 と AAC には対応しているので、iTunes+iPod ユーザーのサブ機としてならより活用できるような気もしますね。

投稿者 B : 23:33 | K-Tai | Mobile

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« SO903iTV 発売日決定 | メイン | コカコーラのキャンペーン »