b's mono-log

« August 2007 | メイン | October 2007 »
 1 |  2 |  3 |  4 | all

2007/09/30 (Sun.)

F1 日本 GP 2007 決勝

日本GP決勝:大混乱のレースでハミルトンが勝利! 2位はコヴァライネン (GPUpdate.net)

昨日に続き雨模様の決勝はハミルトンが見事にポールポジションを守りきって優勝。2 位には堅い走りを見せたコヴァライネン、ライコネンは猛追むなしく 3 位ポディウム止まり。

スタートから 19 周に渡ってセーフティカーが入り続けるという前代未聞のレースでした。雨の様子はいっこうに良くならないので、ひょっとして一昨年のインディのように「とりあえず観客にチケット代を払い戻さなくて良いことにするため」のデキレースじゃないかと思ったほど。
セーフティカー離脱後は予想通りの荒れたレース展開に。クビサがハミルトンに、ヴェッテルがアロンソにそれぞれ接触。アロンソは接触時に受けたボディのダメージが原因でバランスがおかしくなったのか、私が見ている目の前でヘアピン入り口のウォールに激突!セーフティカーが出動。そのセーフティカーラン中に 3 位(!)を走っていたヴェッテルが 2 位(!)を走っていたウェバーに追突して双方リタイア。その後もあちこちのチームで接触、単独スピン、メカニカルトラブル等が相次ぎ、どんどん脱落していきます。琢磨車がピット作業中に火を噴いたのにはさすがに焦りましたね・・・。

[ Canon EOS 30D / Canon EF70-300mm F4-5.6 IS USM ]

↑その琢磨車。給油時に引火した影響でエグゾースト周辺が焦げてるのが分かります。

結果ハミルトンがそのまま首位をキープしてチェッカー。猛追のライコネン(100R 出口~ヘアピン飛び込みでクルサードをズバッと抜き去ったのには感激)はコヴァライネンを執拗に攻め立てるも攻めきれず、このままコヴァライネン~ライコネンの順で確定。

日本勢は誰もいいとこなしでしたね。唯一 3 列目スタートだったバトンも序盤の接触でウィングを失い、修復作業で脱落。琢磨にしても左近にしても我慢の走りを強いられました。雨の影響を受けなかったのは唯一ハミルトンくらい。クビサとの接触を除けばトラブルらしいトラブルもなく、状況の変化はほぼハミルトンに味方していたような気がします。まさに初優勝のモントリオールの展開を見ているようでした。終盤のペースは一人だけ次元が違うようで、ヘアピンの立ち上がりから 300R にかけての走りも他のドライバーとは全く加速感が異なるというか・・・。

これでチャンピオンシップはハミルトンがアロンソに 12 ポイントのリードを築いて残り 2 戦。ライコネンも実質脱落、アロンソも自力チャンピオンは消滅して初のルーキーチャンピオン誕生がいよいよ現実味を帯びてきました。次の中国 GP、上海は一昨年チャンピオン争いがほぼ確定した開放感からか、アロンソがキレた走りで圧勝したコースでもありますが、ハミルトンに不利な条件はほぼ皆無。最終戦を待たずにチャンピオンが決定してしまう可能性も十分に考えられます。

今回は現地に行ってきただけあって、撮ってきた写真やいろいろ言いたいこととかもあるんですが、それはまたの機会に。とりあえず、疲れたので、寝させて・・・。

投稿者 B : 22:52 | EF70-300/F4-5.6 IS USM | EOS 30D | F1 | Photograph | Season 2007 | コメント (0) | トラックバック

2007/09/29 (Sat.)

F1 日本 GP 2007 予選

公式予選:ハミルトンが逆転ポール!バトン7位、ヴェッテル9位 (GPUpdate.net)

[ Canon EOS 30D / Canon EF70-300mm F4-5.6 IS USM ] ※トリミング有

ウェットコンディションとなった予選はハミルトンが見事な逆転劇で、アロンソを 0.07 秒差で抑えて PP。FP3 が開始遅延の上、ほんの 2~3 週は知っただけで赤旗中断、そのまま中止となった段階で予選が実施できるのか心配されていましたが(日曜朝に順延という話もあった)、いざ実施されてみるとハミルトンの速さが際立ったという感じです。まさに初めてのコースだろうと雨であろうと「そんなの関係ねぇ」といったところでしょうか(ぉ。

唯一 Q3 に残って 7 番手を獲得した「雨のバトン」を除き、日本勢の予選は散々な結果に。左近・琢磨が逆フロントロウ(ぉ)という最も厳しい内容になってしまいましたが、また雨になりそうな決勝でどこまで挽回できるか・・・。

ちなみに、今回の FSW には運営面でいろいろ言いたいこともあるんですが、とりあえず決勝が終わってから。

投稿者 B : 23:59 | EF70-300/F4-5.6 IS USM | EOS 30D | F1 | Photograph | Season 2007 | コメント (0) | トラックバック

大雄山

大雄山駅に到着。これからバスで FSW へ移動です。まだそんな混んでないのでスムーズに移動できそうですが、残念なことに路面はウェット。このままの天候が続くなら、予選は波乱が起きそうな気がします。

投稿者 B : 07:53 | F1 | Season 2007 | コメント (0) | トラックバック

いざ富士へ

これから富士に行ってきます!

品川駅から新幹線(自由席)で出発。トップ 4 の中では一応ライコネン贔屓ということで 6 号車に乗車(笑。と思ったら偶然にも「こだま 561 号」なんですねー。今日の予選結果も 5-6-1 もしくは 6-5-1 のフェラーリがフロントロウ独占してくれないかな。

投稿者 B : 06:17 | F1 | Season 2007 | コメント (0) | トラックバック

2007/09/28 (Fri.)

MINICHAMPS Rising Sun SAF1 Showcar 2007 A. Davidson

MINICHAMPS / 1/43 "Rising Sun" Super Aguri F1 Showcar A. Davidson Fuji Speedway, 30 September 2007

FSW での 30 年ぶりの日本 GP もいよいよ開幕、初日の FP1・2 はフェラーリマクラーレンがまさにがっぷり四つという感じみたいですね。私は強は仕事で行けず・・・なのですが、金曜から行っていると思いこんでいる方数名から電話がありました(;´Д`)ヾ。

ということで、日本 GP の開催を記念して SAF1 のショーカーです。今年もぼちぼち MINICHAMPS のモデルカーが発売されてくる時期になりました。まだ SA05 本戦仕様も SA06 も発売されていないのに 2007 年のショーカーが出てしまうのもちょっと残念ですが、これはこれで。
SA07 ではなくあくまでショーカーということですが、ディテールを見る限り去年の RA106 のモデルカーをベースにカラーリングを変えたキットのようです。スポンサーフィー未払い問題でこの富士からついにロゴが外されてしまったメインスポンサー SS UNITED のロゴが貼られているのが複雑ですが(笑。"Rising Sun" パッケージはド派手なデザインだった 2006 年モデルから一転して、今年はかなり控えめになりましたね。
本当は琢磨車が欲しかったんですが、やはり人気が高く軒並み売り切れ。富士の露店で扱っていないか密かに期待していたり。

明日明後日は早起き。がんばるぞーーー。

投稿者 B : 23:18 | Hobby | Model Cars | コメント (0) | トラックバック

2007/09/27 (Thu.)

WALKMAN A910

ソニー、ワンセグ対応の"カードサイズ"ウォークマン (AV Watch)

ウォークマン初のワンセグ対応機。16GB フラッシュ内蔵で約 74g というスペックは、iPod nano が目指す方向性とは違いながらも独自の魅力があります。
正直ワンセグは今さらというか、一年前なら飛びついていたんですが、ケータイにすらもう標準機能になろうかというときにウォークマンに搭載されても・・・という感は否めず。「らしさ」という意味では、レコーダのごとく「おまかせ・まる録」機能を搭載して「CoCoon ウォークマン」とでも言ってくれたほうが分かりやすかったような気はします。ハッキリ言って、BRAVIA ケータイを使っていても、通勤中にヒマつぶしにテレビを見ようと思っても、別にライブ視聴したい番組がないので、何か好みに合う番組を自動録画しておいてくれれば(かつ、本物のレコーダや PC で録画しておいて持ち出すではなく、自動録画されたものをただ見る程度の手軽さで)。

正直モノとしての仕上がりは先日の S710F よりも全然マシで、タイミングさえ合っていれば私も購入していただろうと思うだけに残念です。

投稿者 B : 23:59 | Audio & Visual | WALKMAN | コメント (0) | トラックバック

2007/09/26 (Wed.)

中嶋一貴の日本 GP

中嶋一貴、ホームグランプリ立ち会えず (FMotorsports F1)

うーん残念。雑誌インタビュー等で「GP2 の残りをキャンセルして富士の金曜日に走るかも」というような発言もあった中嶋一貴ですが、結局 GP2 のレースを優先して今年の富士には来ないようです。
正直平日は忙しくて金曜の FP1・2 は諦めるしかないかな、でも一貴が走るなら多少強引にでも休みとって見に行くかな、と思っていたので(笑)、ちょっと残念。16 年前の引退の年、鈴鹿での走りに涙したファンの一人としては、フリー走行とはいえ「ナカジマ」が日本 GP で走る姿は見たかったわけで。

まあ来年への楽しみが一つ増えたと考えておけば良いんでしょうか?来年はきっとレースドライバーとしての一貴の勇姿が富士で見られることを期待して。

投稿者 B : 23:55 | F1 | Season 2007 | コメント (0) | トラックバック

2007/09/25 (Tue.)

PSP-2000

巷で噂になってるやつ。

ソニー・コンピュータエンタテインメント / PSP PSP-2000LP (ラベンダー・パープル)

私も買いました。
色は・・・買い換えたのがバレないようブラックにするか(ぉ、初代のときに最初(コンセプト発表時)から欲しいと思っていたホワイトにするか迷ったんですが、今年買うならもう紫以外にないでしょ(?)と思い、ラベンダー・パープルを購入。ちなみに、そうとう売れているらしいという話ですが、有楽町ビックではなんとか在庫があったものの、液晶保護シートはきれいに売り切れでした。

以下、あちこちでさんざん既出ですが、簡単にインプレとか。

正面から見たら何が変わったか分からない新型ですが(笑、薄さを比べると明らかに違います。軽さもスペック上は約 280g→約 189g と 2/3 になっていますが、感覚(持ったときに感じるズッシリ感)的には半分くらいになっている感じ。DS Lite(約 218g)よりも軽いんだから、そりゃ軽く感じるはずです。
ただ、新型は塗装の問題なのかもしれませんが、見た目は同じなのにすっかり質感が変わってしまって、ガジェットではなくオモチャになってしまったような印象があります。

問題の(?)UMD スロット。レバー式から手動開閉式に変更になりましたが、UMD カタパルト状態(ぉ)だった旧型から比べるとこちらのほうがあきらかにリーズナブルだと感じます。バネの力で開くときは多少テンションがかかっている/閉じるときは閉じる方向に力を加えてやると半自動的に閉じるので、特に不都合は感じません。
しかしこうやって開いてみると内部の金属パーツが削減されて、いかに軽量化とコストダウンに寄与しているかが分かるというもの。

どうも世間では USB ポート付近のネジ穴の軸ずれ問題とかが起きているらしいのですが、私の個体では特に不具合らしきものは見あたりませんでした(それ以前にワンセグユニットにも GPS にもカメラにも興味がないから、影響のしようがないんですが)。

が・・・液晶の左下隅あたりにパーツのバリが残ってる(´д`)。こういうので一気に萎え。そういえば初代 PSP のときは UMD カタパルト以外に液晶へのホコリ混入(しかもほぼ画面中央)とか、USB ポート付近のパーツの浮きとか、品質的に不満だらけだったのを思い出しました(それを言うなら PS2 の初期ロットを買ったときもひどかった・・・)。
なんていうんでしょうね、PSP は初代は国内生産で製造自体は問題なかったのに、設計上の無理や品質管理上の問題が、今回の新型は設計上は改善されたのに中国生産になったための製造上の問題(まあこれも品質管理上の問題ですかね)が、という感じで、どちらも片落ちな感じは否めませんね。

まあポータブル機器は薄くて軽いことが何よりの美徳なので、新型は新型でいいと思いますが。ただ、やりたいゲームがないのが問題か(´д`)。CCFF7 もまだ買ってないし・・・どうなんだろ、あれ・・・。

投稿者 B : 23:52 | Game | PSP | コメント (3) | トラックバック

2007/09/24 (Mon.)

SanDisk Extreme IV CF 4GB

今週末の日本 GP に向けて、私も「富士スペシャル」を投入。40D を買った人には負けていられません(ぉ。

SanDisk / Extreme IV コンパクトフラッシュ 4.0GB

さすがに今年はもう DSLR やレンズを買う予算がないので、とりあえず記録メディアを買い増してお茶を濁します(笑。去年は撮りすぎてしまって二日間で 2GB×2 の CF を 2 回まわして足りないくらい(つまり 8GB 以上撮った)だったので、2GB×2 に 4GB を 1 枚足しておけばサーキットで空き容量がなくなって困ることはないでしょう、という読みです。
メディアはちょっと奮発して Extreme IV の 4GB。アキバで探したら並行輸入品が多少安く買えました。CF は(特にこういうイベントに撮りに行くときには)信頼性命だと思っているので、どうしても SanDisk を選んでしまいます。

何はなくともまず FDBENCH。リーダライタにはプリンストンの PRD-122XU を使いました。

ModelReadWriteReadWriteRndReadRndWrite
Extreme IV CF 4GB150051805017952178556164100MB
Extreme III CF 2GB135351697614725168445596100MB
Ultra II CF 2GB9045117229089115983770100MB

ベンチマーク上は Extreme III 比で約 10% 増しといったところ。とはいえ、公称約 20MB/s の Extreme III に対して Extreme IV は公称約 40MB/s なので、多少割り引いて考えても USB リーダライタの限界(カタログスペック上は 18MB/s 強)で頭打ちになっているような気がします。4GB クラスになると PC への転送にも時間がかかるようになるだろうし、40MB/s のメディアへの対応を謳っている Extreme FireWire Reader/Writer でも買おうかなあ・・・。
ちなみに、デジタルカメラマガジン 9 月号付録の記録メディアスピードランキングによると、EOS 30D でのテスト値では Extreme III 4GB と Extreme IV 2GB の比較(容量は私の場合とちょうど逆なので多少の違いは生じるでしょうが)では、Extreme IV のほうが Extreme III の 20% 増しと出ていたので、撮影時のレスポンスはもう少し良いかもしれません。

去年の鈴鹿では、Extreme III を使っている限りは連写してもそれほどレスポンスの悪さを感じなかったので(本体内蔵バッファメモリに助けられている部分もありましたが)、Extreme IV の真価を発揮するシーンもあまりないかもしれませんが、もしスピードウェイプラザでキヤノンから 40D の貸し出しを受けられたら、このメディアが活躍してくれるかもしれません。

投稿者 B : 15:41 | Camera | Camera Accessory | コメント (2) | トラックバック

2007/09/23 (Sun.)

G.H.MUMM Cordon Rouge

日本 GP より一週間早いですが・・・。

G.H.MUMM / Cordon Rouge

数年前から MOET & CHANDON に代わって F1 のポディウムで使われているのがこの MUMM。個人的には MOET のほうが思い入れとしては強いですが、こちらもかなり有名なシャンパンです。
味は MOET に比べるとやや酸味が強めかな?私の中での定番はやはり MOET なので、このシャンパンはアウェイな感じですが(笑)、やっぱりシャンパンは美味しいのです。酒好きならばライコネンがシャンパンファイト前に必ず一口グイッと飲ってから振り始める気持ちが分かるでしょう^^;

どうもこの MUMM には F1 公式シャンパンバージョンもあるらしく、ファンとしては飲んでみたい(味は変わらないだろうけど)ものですが、さすがに価格が(´д`)。

投稿者 B : 22:25 | Drink | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

 1 |  2 |  3 |  4 | all
« August 2007 | メイン | October 2007 »