b's mono-log

« F1 日本 GP 2007 予選 | メイン | BRAVIA KDL-46X5050 »

2007/09/30 (Sun.)

F1 日本 GP 2007 決勝

日本GP決勝:大混乱のレースでハミルトンが勝利! 2位はコヴァライネン (GPUpdate.net)

昨日に続き雨模様の決勝はハミルトンが見事にポールポジションを守りきって優勝。2 位には堅い走りを見せたコヴァライネン、ライコネンは猛追むなしく 3 位ポディウム止まり。

スタートから 19 周に渡ってセーフティカーが入り続けるという前代未聞のレースでした。雨の様子はいっこうに良くならないので、ひょっとして一昨年のインディのように「とりあえず観客にチケット代を払い戻さなくて良いことにするため」のデキレースじゃないかと思ったほど。
セーフティカー離脱後は予想通りの荒れたレース展開に。クビサがハミルトンに、ヴェッテルがアロンソにそれぞれ接触。アロンソは接触時に受けたボディのダメージが原因でバランスがおかしくなったのか、私が見ている目の前でヘアピン入り口のウォールに激突!セーフティカーが出動。そのセーフティカーラン中に 3 位(!)を走っていたヴェッテルが 2 位(!)を走っていたウェバーに追突して双方リタイア。その後もあちこちのチームで接触、単独スピン、メカニカルトラブル等が相次ぎ、どんどん脱落していきます。琢磨車がピット作業中に火を噴いたのにはさすがに焦りましたね・・・。

[ Canon EOS 30D / Canon EF70-300mm F4-5.6 IS USM ]

↑その琢磨車。給油時に引火した影響でエグゾースト周辺が焦げてるのが分かります。

結果ハミルトンがそのまま首位をキープしてチェッカー。猛追のライコネン(100R 出口~ヘアピン飛び込みでクルサードをズバッと抜き去ったのには感激)はコヴァライネンを執拗に攻め立てるも攻めきれず、このままコヴァライネン~ライコネンの順で確定。

日本勢は誰もいいとこなしでしたね。唯一 3 列目スタートだったバトンも序盤の接触でウィングを失い、修復作業で脱落。琢磨にしても左近にしても我慢の走りを強いられました。雨の影響を受けなかったのは唯一ハミルトンくらい。クビサとの接触を除けばトラブルらしいトラブルもなく、状況の変化はほぼハミルトンに味方していたような気がします。まさに初優勝のモントリオールの展開を見ているようでした。終盤のペースは一人だけ次元が違うようで、ヘアピンの立ち上がりから 300R にかけての走りも他のドライバーとは全く加速感が異なるというか・・・。

これでチャンピオンシップはハミルトンがアロンソに 12 ポイントのリードを築いて残り 2 戦。ライコネンも実質脱落、アロンソも自力チャンピオンは消滅して初のルーキーチャンピオン誕生がいよいよ現実味を帯びてきました。次の中国 GP、上海は一昨年チャンピオン争いがほぼ確定した開放感からか、アロンソがキレた走りで圧勝したコースでもありますが、ハミルトンに不利な条件はほぼ皆無。最終戦を待たずにチャンピオンが決定してしまう可能性も十分に考えられます。

今回は現地に行ってきただけあって、撮ってきた写真やいろいろ言いたいこととかもあるんですが、それはまたの機会に。とりあえず、疲れたので、寝させて・・・。

投稿者 B : 22:52 | EF70-300/F4-5.6 IS USM | EOS 30D | F1 | Photograph | Season 2007

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

« F1 日本 GP 2007 予選 | メイン | BRAVIA KDL-46X5050 »