b's mono-log

« March 2008 | メイン | May 2008 »
 1 |  2 |  3 |  4 | all

2008/04/30 (Wed.)

君をのせて

[ Canon EOS 30D / Canon EF70-300mm F4-5.6 IS USM ]

GW の親子のお約束というか何というか、昨日は子どもを連れて上野動物園へ。最近 EF70-300mm は F1 か動物園でしか使ってないな(;´Д`)ヾ。

私の記憶が確かならば、私自身も上野動物園なんて 25 年ぶり。前回行ったのは確か小学一年生の頃、単身赴任中の父親を訪ねて上京してきたときに連れてきてもらったんだっけ・・・と思い出しました。
ただ、残念なことに上野動物園の代名詞・ジャイアントパンダはちょうどこの日から展示中止。老衰に伴う体調不良のため・・・ということでしたが、今日天に召されたというニュースが。会えなかったのは残念でしたが、安らかな最期だったとのことでちょっと救われた気持ちになりました。

ただ中国の情勢とかを考えると、跡継ぎのパンダは(国内の動物園から里子にもらわない限り)望み薄なのかなあ。動物園のみならず上野のシンボルとも言える存在だっただけに、残念でなりません。

投稿者 B : 23:40 | EF70-300/F4-5.6 IS USM | EOS 30D | Photograph | コメント (0) | トラックバック

2008/04/29 (Tue.)

DSC-W170 インプレッション

DSC-W170 をこの 3 日間いろいろ使ってみたので、軽くインプレを。

・・・と思ったら、デジカメ Watch に書きたいことをほとんど書かれてしまってました(;´Д`)ヾ。

【新製品レビュー】ソニー「サイバーショットDSC-W170」 (デジカメ Watch)

とはいえ、とりあえずサンプルになりそうな写真をいくつか撮ってきたので、載っけときます。
※画像は撮影後 PC に取り込み、Photoshop Elements でレタッチなしの単純リサンプルで解像度を 1,280×960 に落として JPEG 画質「8」で保存したものです。サーバ容量の都合で元ファイルそのままでないことをご了承ください。

[ Sony Cyber-shot DSC-W170 ]

[ Sony Cyber-shot DSC-W170 ]

[ Sony Cyber-shot DSC-W170 ]

[ Sony Cyber-shot DSC-W170 ]

これらはほぼワイド端での作例。コンデジでこういう広角の構図って見慣れないので新鮮ですね。ピクセル等倍で見ると四隅はけっこう流れてしまってますが、広角コンデジの中では比較的健闘している方かな?少なくとも SXGA クラス(プリントするなら A4 程度)ならばさほど目くじらを立てるほどではないと思います。3~4 枚目のように四隅に目立つものがない構図なら、それも気にならないでしょうし。
輝度差の高い被写体を撮った際にはレンズ周辺部でそれなりにフリンジも出ます。でもこれもピクセル等倍で見たら・・・という話なので、個人的には(少なくとももっとひどいだろうという先入観を持った目では)かなりマトモに撮れているという印象。調べてみたらこれ ED レンズ使ってるらしいじゃないですか。
まあ通常はワイド端を多用するシーンはそんなに多くないので、いざというときに使う画角と考えれば許容範囲。私はむしろ電源投入時に画角が 28mm に設定されていることのほうが気になりました。前から言っているように、むしろデフォルトは 35mm あたりになっていて、引きたいときに引けるのがベストなんだけどなあ。

[ Sony Cyber-shot DSC-W170 ]

[ Sony Cyber-shot DSC-W170 ]

[ Sony Cyber-shot DSC-W170 ]

このあたりは 45mm 相当~ のズーム域での画像。このくらいになってくるとレンズの弱点が良い具合に消されて何の問題もなく見れる画になってきます。
今回は屋外での撮影がほとんどだったので、ほぼ ISO100 での作例になってますが、ISO200 まではノイズが気にならず使えるレベル。ISO400 までは何とか許容範囲だけど、ISO800 以上は積極的に使いたくない雰囲気ですね。薄暗い屋内ではできるだけ内蔵ストロボかマクロリングライトを使いたいです。ちなみに、純正のマクロリングライト(HVL-RLS)はワイド端では微妙(ホントに微妙)にケラレてしまうので、少なくとも 1 段ズーム(1.2 倍=33.6mm 相当)した状態で使う必要があるようです。

[ Sony Cyber-shot DSC-W170 ]

[ Sony Cyber-shot DSC-W170 ]

[ Sony Cyber-shot DSC-W170 ]

[ Sony Cyber-shot DSC-W170 ]

マクロっぽい作例などなど。こんなレンズと撮像素子でもちゃんと遠近感って出るんですね。最近じゃすっかり一眼レフ信者になってしまい、コンデジなんて信用してなかったんですが、約 2 年半ぶりに現行品に買い換えてみたら画質面での進歩っぷりにちょっと感動しました(今までが光学的にちょっとひどい DSC-T シリーズだったせいもあるけど)。これなら全然使えるじゃーん、お散歩スナップ用にしている EOS KDX の出番が減ってしまうかも・・・と思ってしまいました。それでも室内でのブツ撮りはちょっと厳しく、ISO100 でも暗部にけっこう色ノイズが出てくる印象なので、ブツ撮り用はやっぱり一眼レフ+マクロレンズかな、というのは変わらないですね。

あと難点を挙げるとすれば電源オフが遅い(電源ボタン押下→レンズ格納までのタイムラグが 2.5 秒ほどあるので、オフできているのかどうか不安になって再押ししてしまう)のが不満なくらいでしょうか。「コンデジとしては」という条件つきではありますが、久々に気に入ったコンデジです。最近のがみんなこんな出来ならば、会社で使ってるデジカメも安いので良いから最近の機種に買い換えるかなーとか思い始めました(´д`)。

投稿者 B : 18:29 | ComDigi | Photograph | コメント (0) | トラックバック

2008/04/28 (Mon.)

F1 スペイン GP 2008

スペインGP決勝:ライコネンが今季2勝目!フェラーリが1-2フィニッシュ (GPUpdate.net)

ヨーロッパラウンドの初戦、アロンソの故郷オビエド・ブルー一色に染まったバルセロナはフェラーリが完璧な 1-2 勝利。これにハミルトン、クビサが続き、今シーズンの勢力図を忠実になぞったリザルトとなりました。

予選は地元で気を吐くアロンソが軽タンアタックでフェラーリの 2 台に割って入りフロントロウ獲得。決勝ではエンジンが息絶えてリタイアこそしましたが、やっぱりアグレッシブな今年のアロンソはいいですね。デビュー以来では今年のがんばってるアロンソが一番好きかも(いや今までもがんばってたんだとは思いますが、奮闘ぶりが伝わってくる今年は特に良い)。
フェラーリはバーレーンに続いての 1-2 となりましたが、むしろこの結果が今年のフェラーリの実力値ではないでしょうか。シーズン前の感触ではフェラーリが頭一つ飛び抜けていたので、むしろ開幕戦でのつまずきが例外だったというか。セナ・プロ時代のマクラーレンやミハエル全盛期のフェラーリでさえ年に 1 度以上は結果が出せなかったレースがあったくらいなので、今年はたまたまこれが緒戦に来てしまっただけだとも言えます(まあ、今後同様のレースがないとは言えませんが)。それくらい、アロンソが予選 2 番手に食い込んだこと意外にはほぼ誤算のなかったグランプリでした。チェッカー後にクリス・ダイアー(ライコネンの担当エンジニア)も無線で言っていましたが、こういう抜けないコースで確実にポールを獲り、またスタートを決められる今年のフェラーリはやはり強い。

マクラーレンに関しては、スタートでクビサを交わした以外には特に可もなく不可もないレースで順当に 3 位。コヴァライネンはマシンの前半分あまりがタイヤバリアにめり込むという激しいクラッシュで、一時は最悪の事態すら想像させましたが、なんと目立つような負傷もなく次戦トルコ GP にも出場の見込みとか。フロントノーズの潰れ方からして良くて脚部骨折しててもおかしくない状況でしたが、またしても F1 マシンのモノコックの安全性の高さが証明されたことになりました。しかし昨年のハミルトン、クビサに続き高速コーナーでの大クラッシュが続いてますね(今回はホイールトラブルとのことなので、昨年のハミルトンのケースに近い)。FIA が F1 のスピード削減と安全性向上を掲げるのもちょっと分かる気がします。

BMW もクビサはハミルトンにスタートで行かれた以外には特に問題のないレースで堅実に 4 位。とはいえレースペースではハミルトンとほぼ差がなかったようなので、BMW がマクラーレンに追いついたというのは間違いではないようです。ハイドフェルドも SC 中の給油(これは状況的に致し方なし)によるペナルティさえなければ・・・という状況だったので、もしかしたら当面は BMW のコンストラクターズ 2 位は揺るがないのかもしれません。
中団で今回輝いていたのはホンダのバトン。ノーズ先端につけた「ダンボウィング」を含め複数の空力アップデートで戦闘力の増したマシンで終盤はトップグループと遜色ない走りを見せ、今季初ポイントの 6 位。それ自体は喜ばしいんですが、昨シーズンからずっとテストしてきたこのダンボウィング、レッドブル(とルノーも今戦から)が採用してきた「シャークフィン」(エンジンカウル後端を背びれのように延ばした垂直フィン)同様、近年の F1 で採用された空力付加物の中でも群を抜いてカッコ悪いので、いくら速くてもやめてほしい(´д`)。

ウィリアムズの中嶋一貴は開幕戦以来の入賞(7 位)で 2 ポイントゲット。中盤以降はやや精彩を欠きながらも「中嶋家らしい」粘りの走りを見せてくれました。テストで走り込んでいるからか、今回はデビュー以来初めて予選~決勝を通じてロズベルグを上回ってみせました。現時点でのドライバーズランクは 5 ポイントで 11 位、アロンソに 1 ポイント差・チームメイトのロズベルグには 2 ポイント差という健闘ぶりなので、このまま今シーズンは着実にポイントを重ねていってほしい。

さて、今戦への参戦すら危ぶまれていた SAF1 ですが・・・スポンサーロゴやカラーリングがほとんど外された、まるでウィンターテスト仕様のようなマシンで何とか出走。例によっての最後尾ながら、琢磨は一時はポイント圏が見えそうなポジションで走っていたにも関わらず、2 度目のピット以降はペースを落とし最後尾フィニッシュ。どうやら破損したノーズの替えすらなく、壊れたマシンで走り続けるしかなかったようですが、あまりにも寂しい。それでも出走し、1 台が完走できただけでも今のチームにとっては望みうる最高の結果なのでしょう。報道されている内容(Magma Group とは交渉継続しているが望み薄、ホンダからもほぼ見限られた状態)や CS での今宮さんの話しぶりからすると、もうシーズン中のチーム消滅は決定的なのではないかと思います。1 週間後には何らかの発表があるらしい、という話ですが、どう考えても前向きなものとは思えないんですよね・・・今までチームに関して不利な報道を避けてきた日本のマスコミでも状況を隠しきれなくなったということだと思いますが、せめてあと 1 レースでも多く走ってくれることを期待します。琢磨にはせめて 1 シーズンだけでも違うチーム(もうホンダじゃなくてもいいです)のレギュラーシートを与えてあげたい。

という感じで、混迷する中団グループはともかく、少なくともトップ 3 とボトム 1 のポジションはほぼ確定的となったヨーロッパラウンドの幕開けでした。次は例年より早い開催となるトルコ、今までは比較的フェラーリが(特にマッサが)強いコースでしたが、ここでフェラーリがシーズンの独走を決定的なものとしてしまうのか、注目です。

投稿者 B : 21:19 | F1 | Season 2008 | コメント (0) | トラックバック

2008/04/27 (Sun.)

アンバランスの妙

[ Sony Cyber-shot DSC-W170 ]

雑然としているからこそ感じられる活力というものもあるわけで。

いや、新しいカメラの一発目の写真がこんなの(ToyCamera Filter 使用)ってどうなのよ、とは我ながら思っているんですが。

投稿者 B : 23:03 | ComDigi | Photograph | コメント (1) | トラックバック

2008/04/26 (Sat.)

LinkStation mini を購入

買ったー。

バッファロー / LinkStation mini LS-WS1.0TGL/R1

B0015B9J96

結局これにしました。Amazon で¥55,000 前後と格安だったし、3.5inch HDD タイプに対する割高感も年間電気代¥10,000 ダウンという触れ込みが本当ならば 1 年使えばモトは取れるし。RAID 1、低消費電力、静音(ファンレス)、DLNA サーバ、iTunes サーバという機能面での個人的な要件を満たしていてかつコンパクトという付加価値まであるので、現時点ではこれが最も理想の製品でした。RAID 1 にしてしまうと記憶容量が 500GB になってしまうのは残念だけど、冗長性には代えられない。

「手のひらサイズ」ってどれくらいコンパクトかというと、実際にはこれくらい。

厚みは通常の文庫本の 2 倍強ありますが・・・。

まだ使い始めたところなので、使用感等は追い追い。ウチは自作機まで含めてほぼ全てワイヤレス LAN 環境なので、NAS はさすがにけっこう重いですね。有線にするか早く .11n を導入したいところ。

投稿者 B : 22:58 | Home Network | PC | コメント (0) | トラックバック

2008/04/25 (Fri.)

DSC-W170 のケースとバッテリ

DSC-W170 を単品で買ってしまったので、ケースとバッテリを別途買ってきました。

ソニー / ソフトキャリングケース LCS-TWB/H (ダークグレー)
ソニー / リチャージャブルバッテリーパック NP-FG1

バッテリはインフォリチウム G。本体付属品はただのリチウムイオンですが、インフォリチウムに慣れてしまうと普通のバッテリは使いたくなくなってしまうので、付属品のほうは予備に回すかなあ。バッテリチャージャーの互換性がなくなってしまったので(今まで使っていたのはインフォリチウム T/R/E 用)、職場に置いておく用のチャージャーをどうするか悩み中です。

ケースは LCS-TWB のダークグレー。ダークグレーといってもブラウンがかったグレーで、オレンジのアクセントがキレイだったので。最近なんかオレンジ好き。ただ、ブラックの本体とは微妙に合ってないかも(´д`)。
でも最大の問題は本体にぴったりすぎてしまいにくいところでしょうか。マグネットタイプのボタンがいまいち閉まりにくいのと、本体を入れていると窮屈に見える(メタボっている人が無理してピタ T を着てるような雰囲気)のが、微妙・・・。

もしかしたらケースは純正にこだわらずに別のを探すかもしれません。

投稿者 B : 23:55 | Camera | Compact | コメント (1) | トラックバック

2008/04/24 (Thu.)

DSC-W170 到着

買いましたょ。

ソニー / Cyber-shot DSC-W170 (ブラック)

リコー R8 あたりと散々迷って発注した挙げ句、翌日に DSC-W300 が発表になってその翌日に届く罠(;´Д`)ヾ。
自分の場合は DSLR もあるからそんなに広角は使わないだろうし、むしろ撮像素子サイズが大きいほうが画質面ではメリットがあるし、広角はワイド端での画質が厳しいものが多いし、で個人的には W300 のほうが良かったかなーと思ったりしました。まあ、W170 のフロントパネルのヘアライン加工は好みだし、コンデジで 13.6Mp なんて画素数あっても持て余すだけだし、手持ちのどの一眼レフよりも高解像度なのもシャクなので(ぉ)と自分を納得させる・・・。GW に使いたかったし、28-140mm 相当のズームはツブシが効きそうなので、これ自体に後悔はしてませんが。

カラーは迷いましたがゴールドは好みの範囲外、レッドは良い色が出ているけど私のキャラに合わない、シルバーは一見良いけどけっこう指紋がついてギラついてきそう(店頭展示品はそうなっていた)ので、結局ブラックに。背面の操作ボタン系がシルバーなのがちょっと浮いているような気もするので、できればオールブラックにしてほしかったところ。

今週末にでもちょっと使ってみます。

投稿者 B : 21:36 | Camera | Compact | コメント (0) | トラックバック

2008/04/23 (Wed.)

MX Air を使ってみた

MX Air を借りる機会があったので、使ってみました。いかにマウス馬鹿といえど、さすがに高すぎて手が出なかった(´д`)。

ボディはつやつや。底面はメッキシルバーでつやつや。傷がついたら目立ちそうだし、手の脂や汚れがつきやすそうで心配です。あと、常に手が触れている部分がつやつやしていると、手の脂がつくせいかちょっと気持ち悪いですね。ただ、外観的な高級感は確かにあります。

ボタン類はバックライトが透過してインジケータが光るタイプ。左右ボタンのインジケータは Freespace(空中)モード時は点灯、マウスモード時は消灯という細かな制御をしています。
ホイールの代わりに搭載されたスクロールパネルは V500 の発展型。横スクロールは廃止されましたが、スクロールの加速に対応しました。MX-R 以上に慣れるまでカーソルがぶっ飛んでいきます(;´Д`)ヾ。

MX Revolution との比較。長らくエルゴノミクス系マウスを使ってきたので、左右対称のマウスって却って新鮮です。
レーザーセンサが MX Revolution はマウスの底面中央やや外側にあるのに対して、MX Air はやや前寄りにあるため、操作感がけっこう違います。MX Air のほうがカーソルの動きが大きめで、私の好みとしては設定で少し抑えてやりたいところ。

肝心の空中モードの使い勝手ですが、レスポンスはかなり正確ですね。Wii リモコンの操作性をイメージすればだいたい近いですが、センサーバーなしでもこの操作性を実現しているのって、どういう仕組みなんですかね・・・。また、手ブレ補正が入っているらしく、Wii リモコンと違ってビタッと止めることも容易。PC 的な UI を前提とするかテレビ的な UI を前提とするかによって求められる性能が違うという良い例だとは思いますが、この正確さはちょっと感動モノ。
ただ、本体の形状が良くも悪くもマウス的なので、握ったときの感触がリモコン的じゃないのはちょっと違和感があるかも。質量は外観のイメージからすると軽いので、重さはあまり苦にはなりませんが、いかんせんちょっと太いんですよね・・・。Wii リモコンの感覚になれているからかもしれませんが、これならマウスモードを諦めて空中専用マウスみたいなものを作った方がより使いやすいかもと思いました。マウスモードと空中モードの切り替えは非常にスムーズで、どういう仕掛けになっているか知りたくなるギミックではあるんですが、純粋に操作性で考えると、空中専用にしてもっと握りやすく、かつ安く(笑)したモデルも欲しいと思います。

現時点ではリビングのテレビに PC を繋ぐ予定はないんですが、そういう使い方をするようになったら検討してみたい一品ではあります。

投稿者 B : 23:58 | PC | PC Peripheral | コメント (2) | トラックバック

2008/04/22 (Tue.)

いす用ランバーサポート

三十代になったばかりで肩こり・腰痛持ちというのも情けないんですが、社会に出てかれこれ 8 年デスクワークばかりやってくるとどうしても慢性的な腰痛になるもの。これまでもマッサージグッズアーロンチェアWii Fit 等を試してきて、それなりの効果はあるんですが、本当に仕事面でも精神面でも煮詰まってくるとそういうのを使う余裕もなく、ここ 2~3 週間はかなり限界で普通に座っているのも辛い状態になってきました。姿勢が悪いのが原因なのは分かっているんですが、心がけていてもなかなか改善できないので、道具に頼ってみることにしました。

3分LifeHacking:チェアに浅く腰掛ける人に「ランバーサポート」のススメ (ITmedia)
ロアス / いす用ランバーサポート RCL-001BL

B00008B7ZX

オフィスチェアの背もたれにセットして、脊椎(名前からすると腰椎のはずだけど、どうも当たり位置は脊椎)をサポートしてくれるので猫背になりにくい、という仕組み。使ってみると確かにけっこう姿勢が矯正されている感じで、背筋を伸ばした状態でもラクに座っていられます。カラーが鮮やかなブルーなので、職場のくすんだブルーの椅子にはちょっと目立ちすぎるのが、玉に瑕(;´Д`)ヾ。

さすがに会議室まで持ち歩くのは勇気がいるので、会議が多い日には使えませんが、同じようにデスクワークで姿勢起因の背痛・腰痛に悩んでいる人は、実売¥1,000 しないので、騙されたと思って試してみてください。

投稿者 B : 23:56 | Healthcare | コメント (1) | トラックバック

2008/04/21 (Mon.)

Depth of Field

[ Canon EOS 30D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ]

シグマの APO 70-300mm DG MACRO にて。
ほぼ同スペックで手ブレ補正つきの EF70-300mm F4-5.6 IS USM を買ってから出番が減ってしまったレンズですが、望遠マクロレンズとしての描写は EF70-300mm よりも高いことが最近認識し始めました。望遠レンズにしてはコンパクトで軽いし、無闇にテレ端に伸ばさなければブレもあまり気にならないし、良いレンズです。何より安いし。
ちょっと持て余し気味のレンズでしたが、手放さずに風景撮影時にもっと活用してやろうと思います。

投稿者 B : 23:47 | EOS 30D | Photograph | SIGMA APO 70-300/F4-5.6 DG MACRO | コメント (0) | トラックバック

 1 |  2 |  3 |  4 | all
« March 2008 | メイン | May 2008 »