b's mono-log

« April 2008 | メイン | June 2008 »
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 | all

2008/05/31 (Sat.)

孫子の兵法 ―ライバルに勝つ知恵と戦略

守屋 洋 / 孫子の兵法 ―ライバルに勝つ知恵と戦略

4837900186

「彼を知り己を知れば百戦して殆うからず」などで知られる孫子(孫武)の兵法書、の解説書。二千年以上も前に書かれた兵法ながら、現代にも通じる示唆が多く含まれています。といっても現代の日本ではそうそう戦う機会はないので、主にビジネスの場でということになりますが。
いかに戦いに勝つか(というより「負けないか」)、ということをとにかく冷静に分析して書かれた兵法ですね。また、この兵法から転用されている言葉や故事があまりにも多いため、さらっと読んだだけでは「当たり前のこと」が多くて一般教養の復習としか感じないかもしれませんが、視点を変えて自分の仕事や生き方の書として捉えると、学ぶべきものを確かに多く感じます。この本はそんな『孫子』の原文を紹介し、背景を解説しながら現代にどう活かすか、を説いた本で、原文じゃさすがに読めない『孫子』の考え方を簡単に身につけさせてくれる良書だと思います。ほんの¥500 で買えてしまう文庫なので、興味がある方は是非。

投稿者 B : 21:13 | Book | Business | コメント (0) | トラックバック

2008/05/30 (Fri.)

カレーの市民 アルバ

一部で話題になっているカレー屋さんに行ってみました。

カレーの市民 アルバ

数年前までは秋葉原でごはんというとアキハバラデパートか万世、キッチンジロー、ちょっと並んでじゃんがららぁめんくらいしか選択肢がないイメージでしたが、再開発の影響でいつの間にかいろいろ出てきましたね。このアルバ秋葉原店はコンビニ(ヒロマルチェーン)と店舗が繋がっているという妙なつくり。でも、入ってみると確かに北陸地場のカレーチェーンらしい雰囲気が漂う、なんともアットホームな空間でした(笑。

長らく富山に住み、一年間は金沢で働いていたにも関わらず、カレーのチャンピオンは食べたことがあるけどアルバには行ったことがありませんでした。松井秀喜や上田桃子御用達とのことで、松井にちなんだ(?)「満塁ホームランカレー」なんてのもありましたが、トンカツ・エビフライ・ウィンナー・目玉焼きがトッピングされたカレーはちょっとヘヴィ過ぎると思い、オーソドックスにカツカレー。
ステンレス皿に盛られたいかにもという感じのカレーでしたが、かなり濃厚でコクのあるルウは独特で、いわゆるチェーン店系のカレーとは一線を画していますね。北陸出身だからかわかりませんが、妙に落ち着くというか・・・。トッピングされているカツやキャベツはいたって普通ですが、トッピングにこだわらなくても素のカレーで十分いけるかも。最近アキバ自体あまり行かなくなりましたが、アキバに買い物に行ったときには定番として通っても良いと思いました。

北陸のカレーといえば、最近巷では氷見牛カレーなんてものがブレイクしているらしいですが、一度食べてみたい。というか、最近まで北陸のカレーって全国区でもなんでもなかったような気が・・・。

投稿者 B : 23:49 | Curry | Gourmet | コメント (3) | トラックバック

2008/05/29 (Thu.)

ChatteringCanceler

自宅用に買い増したからか分かりませんが、職場で使ってるほうの MX Revolution がチャタリング発生気味。シングルクリックがダブルクリックと認識されてしまうことがしばしば、という状態に・・・。なんか対策ないのかな、と検索してみたら、良さそうなものを発見。

ヨン様と呼ばないで!: マウスボタンチャタリング対策(Windows限定)

っていうか一昨日リリースされたばかりじゃないですか。なんとタイムリーな・・・。
一日使ってみましたが、確かにチャタリングが緩和されてますね。今のところ特に問題も出ていないもよう。

マウスメーカーによらず使えるツールみたいなので、もし同様の症状で困っている人がいたら、試してみることをオススメします。

投稿者 B : 22:50 | PC | Software | コメント (0) | トラックバック

ドラゴンクエスト IV

FFIX もぼちぼち(ほんとにぼちぼち)進めているんですが、なんとなくこれ購入。

ドラゴンクエスト IV 導かれし者たち

B000UTM356

前から少し気になってたんですこれ。FFIX をプレイしてみたらなんかもう少しシンプルな RPG がやりたくなって(笑、ブックオフで中古購入(ぉ。
そういえば I~V くらいまでは FF より DQ 派だったことを思い出しました。当時はかなりやり込んでいた記憶があります。

途中だいぶストーリーを忘れていましたが、18 年ぶりくらいに改めて面白いと思いました。当時はシンプルな勧善懲悪系な DQ を子どもっぽいと思い、徐々に FF に傾倒していきましたが、最近の FF はもうゲームじゃないので(´д`)、やっぱりこれくらいのほうがゲームとして楽しみがいがありますね。
DS 版はシステム面を含め FC 版とはいろいろ変わってますが、主人公以外のメインキャラとの会話(厳密には会話じゃないけど)が追加されてたりして、楽しめます。

最近のスクエニはリメイクしか脳がない印象が強いですが(´д`)、やっぱり名作は名作だなと。

投稿者 B : 00:13 | DS & GBA | Game | コメント (0) | トラックバック

2008/05/28 (Wed.)

WILLCOM CORE って何だ

免許交付されたにもかかわらず WiMAX の情報がなかなか出てこないな、という以上に進んでるのかなんだかよく分からなかったウィルコムの次世代 PHS の情報が、最近になってやっとぽつぽつ出てきました。

次世代PHSのサービス名は「WILLCOM CORE」──新幹線内でもブロードバンドを実現 (ITmedia)

と言いつつ、今週発表になったのはサービス名称のみ。同日に発表された、狙いどころは分かるけどそこにユーザーがいるかどうかさっぱり見えない WILLCOM 03 は正直どうでもよくて(ぉ、個人的に気になるのは WILLCOM CORE のほう。
でもこちらもとりあえず名前の発表だけ、でニュースになっているようで、技術概要等がどこにも取り上げられていません。仕事柄、こういうリリース文やマーケティングメッセージの裏を読む癖がついてしまった目で見ると、「ウィルコムがすでに保有しているPHS用の16万局のマイクロセルネットワークを活用」「総務省から割り当てを受けた30MHz幅をフルに使い、MIMO技術を活用することで上りと下りでそれぞれ最大100Mbps以上の通信速度を実現」「時速300キロ以上で移動中でも通信が可能」というのはとりあえず理論的に言える最大限の夢物語と「ウィルコムの既存施設を使うからサービスの立ち上げが速そう」という期待値と「16 万局のマイクロセルネットワーク」というよく分からないけどなんかすごそうな数字と名前を並べて、虚勢を張ることしかできなかったんじゃないかと思います。技術ベースの話をしなくてもとりあえず新聞にこれらの数字が載れば OK、みたいな。来年の 3~4 月にサービス開始といってもそれは総務省が免許交付の条件にしたからそこで(試験でも何でも)サービス開始せざるを得ないだけだったりするし、具体的にどんなスケジュールでサービスが始まって、その後のサービスエリアやサービスレベルがどのように拡張されていくかが分からないと、何とも言えません。

ということで結局よく分からない WILLCOM CORE ですが、今のところその実態については ITmedia のこの記事が最もよくまとまっているんですかね。

"ウィルコムのWiMAX"とモバイルWiMAXの違い (ITmedia)

技術ベースや使用するモジュールとしてはやっぱり WiMAX にかなり近いみたいですね。でも、デファクトスタンダード(になるかどうかまだ分かりませんが)の技術をベースにしながら最終的には独自仕様にまとめる、って自分たちを含む国内のケータイキャリアが犯してきた失敗から何も学んでないってことなんじゃないでしょうか。結局、この ITmedia の記事中に語られている、この言葉に尽きると思う。

次世代PHSのグローバル展開についてウィルコムの平澤氏は「実力を示すしかない。われわれとしては次世代PHSが技術的に優れていると信じている」と話すが、やはり心許ない。技術的優位は、その技術が普及する要因の一部でしかないからだ。
一方の WiMAX も(個人的に期待はしてますが)まだちゃんとサービスが立ち上がるのか不透明な部分はあるし、イー・モバイルのがんばりで HSPA が伸びてきていてその先に LTE も控えているし、でモバイル通信はちょうど過渡期にある状態だとは思いますが、よっぽどのことがない限り私が WILLCOM CORE に手を出すことはないかなあ。せめてイー・モバイルよりも早い時期に Mbps クラスのサービスが開始できていれば。まあ、それも ISDN ベースの技術である PHS を引っ張り続けてきた以上、期待できたことではなかったんですが。

投稿者 B : 22:56 | Mobile | Mobile Network | コメント (0) | トラックバック

日本 GP チケット抽選申込 2008

けっこうギリギリになってしまいましたが、一応今年の富士日本 GP のチケット抽選に申し込み。

F1 2008 JAPANESE GP in FUJI SPEEDWAY

本当は一緒に行く人がいたら行こうと思っていたんですが、行き違いで別々に申し込むことになってしまったので(ぉ)、今回もお一人様コース。どちらにしろ今年は娘の幼稚園の運動会とかぶってしまって決勝日しか行けないので、お気楽に一人でもいいかなと。

座席とルートの組み合わせはこんな感じで申し込んでみました。

第 1 希望:D 席 (第 1 コーナー外側)×鉄道・新松田駅ルート
第 2 希望:M 席(ネッツコーナー)×鉄道・大雄山駅ルート
第 3 希望:F 席(ヘアピンコーナー)×鉄道・三島駅ルート
去年のヘアピンは目の前でアロンソがクラッシュするという面白いものが見られて良かったのですが(笑、毎年同じ場所というのも面白くないので、ほかに見所のありそうなコーナーを優先的に選んでみました。基本的に「写真が撮りやすいところ」も前提に選んでいます。ちなみに、ヘアピンはライコネンがオーバーテイクを狙っていくときに一人だけ違うライン取りをするのがよく分かるコーナーなので、オススメです。 鉄道はまあ東海道線ルートだとこの 3 つくらいしか選択肢がないので。新幹線を使うなら三島ルートが最も楽なんですが、競争率が高そうな D 席と組み合わせるのはあえて避けてみました。

まあ、去年のことがあるので外れたら外れたでも良いし(純粋にレースを楽しみたいだけなら家でハイビジョン観戦した方が数倍快適)、今年はそんなにこだわってません。むしろトヨタが去年の反省をちゃんとして運営改善しているかどうか確かめてやりたいという気持ちが半分(笑。

富士といえば、昨年の観客がいよいよ提訴に踏み切るらしいですね。

F1観客が6月中旬に提訴 総額約4000万円 (MSN 産経ニュース)

私は訴えるほどではないですが、同じ苦痛を味わった者として、がんばってと言いたい。

投稿者 B : 00:18 | F1 | Season 2008 | コメント (6) | トラックバック

2008/05/27 (Tue.)

docomo 906i/706i

ドコモ、906i/706iシリーズ全19機種を発表 (ケータイ Watch)
906iは全機種フルワイドVGAだっ! (ASCII.jp)

最近コーポレート/ブランドロゴが変わった docomo から、906i/706i シリーズが発表に。
ケータイには最近あまり不満はない(満足もしてないけど、今のクローズドネットワークベースのサービスが前提ではあまり新機能追加と言われても嬉しくない)ので新機種にもそれほど興味はないんですが、ソニエリの国内ビジネスがどう転ぶか分からない現状では、自社開発という意味では最後になるかもしれない 906i/706i シリーズは買っておこうかと思います。

加速度センサー搭載のBRAVIAケータイ「SO906i」 (ケータイ Watch)
着せかえパネル対応のワンセグケータイ「SO706i」 (ケータイ Watch)

SO905i シリーズで復活したはずのジョグダイヤルがまたなくなっているとか、何がやりたいのか正直分からない端末ではありますが(´д`)、一応。
premini-II→SO902i→SO903iTV と使ってきて、やっぱり小型機に戻りたい気がしているので、SO706i でもいい気はするんですが、SO906i は WVGA・HSDPA・フルブラウザ対応、と今の SO903iTV で物足りないと思っている部分はひととおりカバーしている(HSDPA とフルブラウザは SO706i でも対応しているけど)ので、SO906i のほうがいいかなあ。

しかし SO903iTV を買って一年経ってないのに、3 世代進んでるってどういうこと(´д`)・・・。

投稿者 B : 23:59 | K-Tai | Mobile | コメント (0) | トラックバック

2008/05/26 (Mon.)

F1 モナコ GP 2008

モナコGP決勝:ハミルトンがモナコ初制覇!ライコネンはノーポイント (GPUpdate.net)

モンテカルロにしては珍しい雨によって大荒れ(完走 14 台はさほど荒れなかったように見えるけど、2 時間ルールが適用されるなど内容的には大荒れ)となったモナコ GP は、気がつけばハミルトンが初優勝。昨年の「僕はセカンドドライバーだから」発言に始まった軋轢とその雪辱を果たすリザルトを得ました。

フォーメーションラップでコヴァライネンがスタートできずにピットスタートとなり、ハミルトンも序盤早々にリヤタイヤがバーストして後方に下がった時点で「今回のマクラーレンは終わったな」と感じたものでしたが、その後のピット戦略が完璧にはまり、レースが落ち着いてきた頃にはハミルトンが盤石のトップに。国際映像も中団のバトルやマッサ-クビサの争いばかりを映していたので、気がつかなかったほど。半分は運を味方につけたと表現したほうが正しいでしょうが、やはりこういう荒れたレースにはハミルトンは強い。
2 位のクビサはやや棚ぼた(マッサのコースオフとその後のピット作業のもたつきに救われた)という側面はあるものの、モナコでの 2 位フィニッシュは立派。途中マッサからラップリーダーを奪ったときには「BMW 初優勝か!?」とちょっと興奮してしまいました。逆にマッサ・ライコネンは自身とチームのミスでフロントロウ独占をフイにしちゃいましたね。特にマッサはミスらしいミスは 1 回だけだったので、ピット戦略でみすみす勝ちを逃がしてしまったようなもの。
ライコネンはスタートに失敗→その後ペース上がらず、ながらも着実にポイント圏内を走ってましたが、2 回目のセーフティカー明けのトンネル出口でブレーキング時にウェット路面に乗ってしまい、そのまま前方のスーティルに追突してノーズ破損。堅実に走っていれば 6 位 3 ポイントは確実でしたが、前方がフォースインディアということで欲が出たのか(オーバーテイクしようとして無茶をしたようには見えなかったので、単なる事故の可能性もあるけど)。まあ、個人的には守りに入ったライコネンなど見たくないので、これはこれで。それにしてもチーム初ポイントを 5 位でもたらすはずだったスーティルはあまりにもかわいそうでしたね。今季ここまでフィジケラに持って行かれっぱなしで良いとこなしだっただけに特に。

レッドブルはウェバーがまたしても光る走りを見せて 4 位。今年のウェバーはここまでコヴァライネンと同点でドライバーズランキング 7 位、良い仕事してます。逆にクルサードは今回予選・決勝ともに派手なクラッシュでリタイア。今回は他人を巻き添えにしていない(予選 Q3 のラストアタックをイエローフラッグでフイにさせた、という意味では巻き込んでいるけど)のでまだ良いとはいえ、今季クラッシュ癖がついているようで気になります。
あとはこのレース特に気を吐いていたロズベルグが大クラッシュでリタイアしてしまったのは非常に残念でした。中嶋一貴が「雨の中嶋」というほどではないにしろ、粘り強く走って 7 位フィニッシュしたのは評価してあげて良いでしょう(最近ロズベルグが結果を出しているせいか、比較されがちでちょっとかわいそうだった)。

ドライバーには悪いですが、今回のモナコは先が読めない展開でかなり面白かったです。抜けない・壁が近いモンテカルロ+TCS なし+ウェットだとここまで面白くなるのかーという感じ。国際映像に「Weather Forecast」のテロップが入るたびにドキドキしたものですが、せめてもう少し当たってくれれば・・・。天気予報無視して各チーム次々とドライタイヤ装着、ってどうなの(´д`)。

モナコといえば、ご近所在住のこの方の「あの後」初のインタビューが行われたようで。

琢磨 モナコ会見全録・1/5 (F1キンダーガーテン)
琢磨モナコ会見全録・2/5 (F1キンダーガーテン)
琢磨モナコ会見全録・3/5 (F1キンダーガーテン)
琢磨モナコ会見全録・4/5 (F1キンダーガーテン)
琢磨モナコ会見全録・5/5 (F1キンダーガーテン)

ルノー入りの噂とかもあったのでドキドキしながら読んだんですが、割と普通のインタビュー記事。さすがにシーズン中のレースドライバー復帰は難しいんでしょうが、いろんな意味で安心しました。

投稿者 B : 00:30 | F1 | Season 2008 | コメント (0) | トラックバック

2008/05/25 (Sun.)

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち [Blu-ray]

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち [Blu-ray]

B000I2IQ1A

劇場公開時から観たいと思いつつ機会がなかった作品ですが、やっと鑑賞。
DVD 発売→BD まで待つか→BD 発売→トリロジー BOX まで待つか→『ワールド・エンド』発売→トリロジー BOX なしかよ!どっちにしても冬に観る映画じゃないし、夏まで待つか→やっと購入 という順序でようやく買いました。

ディズニーということであまり難しく考えずに楽しめる作品です。殺陣の持って行き方なんて特にディズニーらしく、ニヤリとさせられる演出が盛りだくさん。弓矢装備してないオーランド・ブルームはやっぱりイマイチですが(ぉ、ジョニー・デップ扮するジャック・スパロウ船長の演技はやっぱりすごい。どんなキレたキャラにでもなれる俳優って彼を置いて他にいないんじゃないかと思います(ゲイリー・オールドマンもキレた役が多いけど、比較的似た傾向のキャラが多い)。

月並みな感想ではあるけど、やっぱりディズニーランドのアトラクションがそのままスケールアップして映画化されたような作品、というのが最も適切な表現じゃないですかね。画質もかなり高いし、繰り返し楽しめそうな作品です。

投稿者 B : 20:46 | Foreign Movie | Movie | コメント (2) | トラックバック

TEMPUR

愛用のマクラ。

テンピュール / ミレニアムネックピロー

結婚した頃からずっとこれ使ってます。使い始めた当初はてきめんに肩こりが軽くなったものでしたが、最近さすがに効かなくなってきた、というか、凝りが昔よりひどくなったのか(;´Д`)ヾ。でも、この心地よさは他のモノじゃ代え難いので、愛用してます。

でもこれ娘が気に入ってしまって、取られるようになってはや半年(´д`)。適当なマクラをあてがってみたり、キャラクターものの安い低反発枕を買い与えてみたりしたんですが、効きやしません(;´Д`)ヾ。正直子どものほうがニセモノを見極める目が厳しいというか・・・。

仕方がないので子ども用に最小サイズを買い与えましたε=(~Д~;)。

投稿者 B : 20:27 | Healthcare | コメント (0) | トラックバック

 1 |  2 |  3 |  4 |  5 | all
« April 2008 | メイン | June 2008 »