b's mono-log

« An Autumn Garden | メイン | EP-EX10M »

2008/09/29 (Mon.)

F1 シンガポール GP 2008

シンガポールGP決勝:アロンソが混乱のレースを制して今季初優勝!! (GPUpdate.net

おめでとうアロンソ!!!

いやあ、正直去年までアロンソというドライバーは何故かそんなに好きではありませんでした。でも、必ずしも完璧ではないマシンで可能な限りプッシュする本当は速いドライバーの姿ってなんかすごく好きなんですよね。マクラーレン時代のライコネン然り、MP4/7~4/8 時代のセナ然り。今のアロンソはその風貌・髪型や黄色いマシンにライオンの ING ロゴというあたりも「獅子奮迅」という熟語を彷彿とさせて、妙に応援したくなります。
さておき、そのシンガポール GP。序盤にピケ Jr. がクラッシュしてセーフティカー出動になったのは、別にこの結果を見越したチームオーダーじゃないですよね?(ぉ。でも、SC 後にトゥルーリとフィジケラがピットイン、ロズベルグとクビサがピットレーンクローズ中のピットインでペナルティとなって半自動的にアロンソがトップに立った状況を考えると、もう計算ずくじゃないかというくらいピッタリでした。アロンソは金曜・土曜のフリー走行でトップながら、予選 Q2 で電気系のトラブルによりアタックできず、15 番グリッドからのスタートで久々の好機をフイにしかけたとあっては、運命のいたずらを感じずにはいられません。でも、Q2 のトラブルがなければ今回はアロンソの完勝だったんじゃないかと思うくらい、シンガポールでのアロンソは完璧でした。

2 位は SC 時のペナルティを喰らいながらも光る走りを見せたロズベルグが久しぶりかつ自己最高ポディウム、3 位も SC でポジションを下げながらじわじわと順位を戻したハミルトンがゲット。で、対するフェラーリはピットアウト時のアクシデント+ペナルティでマッサがポイント圏外(しかも終盤はミスでスーティルのクラッシュを招き、2 度目の SC の原因を作った)に沈み、ライコネンもポディウムを射程圏に捉えながら自らのミスで撃沈。ここにきてこんなミス連発では、もう今年のフェラーリは駄目なんじゃないかと・・・。ミハエル+トッド+ブラウン離脱の影響が、こんなところでじわじわとしかし確実に影を落としてきているような気がします。

今回光ったのは前戦の初優勝に続き健闘、もう Q3 進出+ポイント獲得は当たり前に見えてきたヴェッテルと、久々のポイント獲得となった中嶋一貴。一貴は今回見事なオーバーテイクを繰り返し、特に序盤のトゥルーリ攻略はチームメイトのロズベルグより美しかったのではないかと思うほど。きっちり我慢の走りをしながら、予選や決勝のここ一発で勝負力を見せられるようになったあたり、この一年でかなり成長した内容がようやく結果に表れてきたのではないかと感じます。このまま富士でも良い走りを見せてほしい。

今回のシンガポールは初のナイトレースとなりましたが、個人的にはこのナイトレースには否定的でした。だってヨーロッパの視聴率や経済効果優先で安全性やコスト(特に照明のコスト)を完全に無視しているし、最近のレギュレーションによるチームへの制限に全く逆行するものでしかないんですから。結局 FIA だレギュレーションだといっても建前でしかなく、F1 が政治や金儲けのツールでしかないことが改めてハッキリしただけだと思いますが、それでもこの初めてのナイトレースは今までにない F1 への発見も多く、必ずしも悪ばかりではないのだなと感じました。それでも、個人的にはナイトレース反対のスタンスであることには代わりはないし、泊まるしかなく市街地も近い鈴鹿ならまだしも、富士でナイトレースになったりした暁には、自宅観戦を決め込むことは間違いないのですが。

さーて次は 2 週間後の富士。今季はここまで 7 人のウィナーが誕生し、近年稀に見る「誰が勝ってもおかしくない状況」になってきたと言えます(それでも、まったく勝ちそうもないドライバーが勝てる状況じゃないですが)。もうある意味富士もマクラーレン・フェラーリ以外が勝ってもおかしくはない状況だけに、ここまで何故かそれほど気持ちが盛り上がらなかった今年の日本 GP も、いよいよ楽しみになってきました。

投稿者 B : 23:59 | F1 | Season 2008

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« An Autumn Garden | メイン | EP-EX10M »