b's mono-log

« ルパン三世 カリオストロの城 [Blu-ray] | メイン | 明神下 神田川本店 »

2009/02/18 (Wed.)

カムコーダの買い換え妄想中

まだ 2 月だし、世情がら出るかどうかも分からないのですが、もし運良く夏のボーナスが出たらカムコーダを買い換えたいなと妄想中です。
去年の夏に HDR-TG1 が欲しいと思っていたんですが、当時は奥さんに反対されてあえなく撃沈。でも、幼稚園の入園が近づいて、今後動画を撮りたいイベントが増えそうなこともあり、奥さんから「もっと小さいビデオカメラが欲しい」というつぶやきが聞こえてくるようになりました。1 年前にあんなに言ったじゃん!というボヤキはさておき、今年はカムコーダの進化がすごいことになっているので、むしろ 1 年ガマンした甲斐はあったのかな?という状況になっています。

今のところ選択肢に挙がっているのはこの 2 機種。

ソニー / Handycam HDR-XR520V/B

B001POGINS

ソニー / Handycam HDR-CX120/S

B001POGIME

NAND フラッシュの価格もかなり下がったことだし、個人的にはもうフラッシュメモリタイプのカムコーダで良いんじゃない?と思っているので、HDR-TG もしくは HDR-CX の最新機種が出たら真っ先に候補に挙げるつもりでいました。でも、今回は HDD タイプの進化ぶりが半端ないじゃないですか。暗部ノイズの少なさ、円形絞り搭載によるボケの美しさ、従来比約 10 倍とも言われる高い手ブレ補正機能、GPS 内蔵、性能が上がったスマイルシャッター、などなど去年の機種からでも買い換えたくなるような進化が目白押し。さらに、

'09年春頂上決戦!? HDR-XR520V vs HF S10 ~ 数年に一度の革命を一気に成し遂げたHDR-XR520V篇 ~ (AV Watch:小寺信良の週刊「Electric Zooma!」)
'09年春頂上決戦!? HDR-XR520V vs HF S10 ~ エンコード画質と画角で魅せる HF S10篇 ~ (AV Watch:小寺信良の週刊「Electric Zooma!」)

今回HDD搭載の新モデルとなったXR520Vは、開発に数年を要したと思われる複数の機能を一度に搭載した、エポックメイキングなカムコーダだ。夜間に強い新撮像素子、驚異的な手ぶれ補正、虹彩絞り、全自動逆光補正は、ビデオカメラの存在価値を飛躍的に進化させた。(中略)このレベルまでは、他社はあと2~3年追いつけないだろう。
自ら「カムコーダテストレポートの総本山」を自認されているとおり、この道のプロである小寺さんにここまで書かれるならかなり期待できます。これなら今年買うならフラッシュメモリタイプより HDD タイプかなー。ただ、あと 1 年くらい待ったらフラッシュメモリタイプにもほぼ同等の機能が搭載されてきそうな気もしますが。

子どもをメインで撮ることを考えると、低い位置でも撮りやすい縦長タイプのほうが良いんですが、TG1 の後継ってどうなるんですかね。ボーナス時期までまだ時間がありますし、そのあたりの様子も見つつ、懐具合とも相談しつつ、考えよう・・・。

投稿者 B : 23:30 | Camcorder | Camera

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

まめカムHDとかも是非!

投稿者 店員佐藤 : 02/19 18:15

幼稚園のイベントにまめカム持ち込んだら捕まりますって(笑。

あ、ちなみにここではハンドルネームは daizo で OK です。

投稿者 B : 02/21 22:40

では、daizoに切り替えます。

是非、捕まらないように袖の中に仕込んで。。。

投稿者 daizo : 03/05 21:34

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« ルパン三世 カリオストロの城 [Blu-ray] | メイン | 明神下 神田川本店 »