b's mono-log

« February 2009 | メイン | April 2009 »
 1 |  2 |  3 |  4 | all

2009/03/31 (Tue.)

タジン再び

年度末ということもあり、今日はちょっと遅れたけど年明けの仕事の打ち上げ兼、今日いっぱいで担当を外れる&異動してしまう人の送別会でした。ちょうど、こないだ行って気に入った五反田の菜五味を再び使ってみました。

一合一菜 酒肴 菜五味

一合一菜 酒肴 菜五味

さすが、オープンしてまだ間もないだけあって、この送別会シーズンに電話一発で予約が取れました。混まずに落ち着いて美味しいお酒&肴を楽しめることもさることながら、この仕事の成果物を世界で最も愛してくれているエンドユーザーたちも集まるお店で打ち上げというのも、アリかと思い。

二ヶ月ぶりに来ましたが、やっぱりこのお店は本当に美味しいです。残念ながら、前回来てクセになると思った「鴨とイチジクのタジン」が切れていたのが残念でしたが、他の酒菜もじゅうぶんに楽しめました。なんというか、酒飲みのツボを押さえた酒菜が揃っているのが、非常にポイント高いです。ちなみに今回は「タジン鍋ご飯」というのに初挑戦しましたが、これがまた美味。店員さんも「タジン鍋で炊くご飯は最高だと思います。世界でウチ以外にタジンでご飯炊いてる人は知りませんけど(ぉ」と言っていました(笑。

同行した人たちも「また使わせてもらいます」と言っていましたが、このお店はホントにおすすめ。定期的に来たいと思いました。

さておき、F さん、K さん、本当にお疲れさまでした。また一緒に仕事できる日(って、そんなに遠くないような気もしますが)を楽しみにしています。

投稿者 B : 23:59 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2009/03/30 (Mon.)

20 percent

二分咲き

[ Sony α700 / Sony 70-300mm F4.5-5.6 G SSM ]

ぼちぼち桜が咲き始めたので、撮影に行ってきました。といってもこの一週間の冬のような寒さ(木曜日は東京で雪が降った!)のおかげで、都内の桜はまだ二分咲きといったところ。

二分咲き

[ Sony α700 / Sony 70-300mm F4.5-5.6 G SSM ]

それでも先週に比べれば桜の蕾もすっかり準備ができているようすで、あと一週間もすれば満開になりそうな雰囲気。この先一週間は気温も少し上がりそうなので、次の週末は見頃を迎えそうですね。
去年に比べると一週間ほど遅い満開ですが、それでもほぼ平年並みくらいですかね。

二分咲き

[ Sony α700 / Sony 70-300mm F4.5-5.6 G SSM ]

でも、いつもの公園はもうお祭り騒ぎで、沿道に露店はたくさん出ているし、花見客も大挙。じっくり撮影・・・というわけにはなかなかいかないのがつらいところです。

二分咲き

[ Sony α700 / Sony 70-300mm F4.5-5.6 G SSM ]

そんなわけで、本格的な撮影のチャンスは来週末。ここのところ写欲がとてもとても高まっている私には、この一週間がなかなか待ちきれません。年度末ということもあって、職場は何かと慌ただしいですが、私のこの一週間は別の意味で浮き足立ちそうな気がしています(^^;。

投稿者 B : 00:20 | Photograph | Sony 70-300/F4.5-5.6 G SSM | α700 | コメント (0) | トラックバック

2009/03/29 (Sun.)

F1 オーストラリア GP 2009

おめでとうジェンソン!おめでとうブラウン GP!!

オーストラリアGP決勝:ブラウンGPがデビュー戦を1―2で飾る (GPUpdate.net)
ブラウンGP 「おとぎ話のような」1-2フィニッシュ (GPUpdate.net)

2009 年の開幕戦は、ブラウン GP のバトンが全チーム中ほぼ一人だけの完璧な週末を演じてこの新興チームに初戦での初ポール、初優勝をもたらしました。チームメイトのバリチェロも 2 位スタートから紆余曲折ありながらも 2 位フィニッシュ。高速サーキットでも中低速サーキットでも、予選でも決勝でも、ソフトタイヤでもハードタイヤでも、さらにはバリチェロのようにクラッシュしても速い(ぉ)という BGP001 に死角はあるのかというくらい、この週末の時点では完璧なマシンではないでしょうか。また、レース戦略も柔軟性に富んでいて、去年までのホンダの拙い戦い方とはまるで別チームのよう(まあ、事実上別チームになったわけですが)。マクラーレン+ハミルトンとは違う、表彰台の英国歌演奏はなんだか新鮮でした。
仮にこのクルマにホンダエンジンが搭載されていたとして果たして速かったか?は分かりませんが、これだけのクルマを用意しておきながら撤退せざるを得なかったホンダの状況というものが、本当に残念でなりません。でも、逆に撤退したからこそ今がある(単にエンジンだけではなくて、チームの団結力とかも含めて)と考えると、ホンダは期間も予算も最大限にかけて開発した 2009 年のマシンが出来上がってからという、チームにとってはこれ以上ないタイミングで撤退したのかもしれません。

このレースで初めて各チームの勢力図が明らかになったわけですが、個人的にはこんな風に見ています。

  • マクラーレン:クルマはやっぱり速くはなさそう。ただハミルトンのレースのうまさと KERS のパワーで、当面は下位グリッドスタートでも決勝ではいつの間にか上がってくるという展開が定番になるか
  • フェラーリ:最速というほどではなくてもクルマはそこそこ。でも去年と同じくミスやトラブルが目立つのが最大の不安要素
  • BMW:今回の接触は残念でしたが、クビサはやっぱり速い。KERS はハイドフェルドだけが搭載していたけど、クビサとの明暗がはっきり
  • ルノー:クルマは決して速くなくて KERS 頼みといった印象だけど、やっぱりアロンソの巧さで常にポイント圏内には入ってくるか
  • トヨタ:開幕してみたらやっぱりテスト期間の速さはハッタリだった?と思いきや、気がつけばトゥルーリ表彰台(ただし、終盤のペナルティで実際には 12 位扱い)。クルマとの相性のいいサーキットで、ブラウン GP がコケたら初勝利もあり得るか
  • ウィリアムズ:去年はサーキットとの相性、今年はタイヤとの相性がキツそうな感じ?マシン自体は悪くなさそうなので、レース戦略でタイヤ周りの弱点をカバーできるか
  • レッドブル:ヴェッテルの速さは本物、RB5 もトラブらなければ速いマシン。今回のレースでは若さが出てしまったけど、今年は 2 勝目もあるかも?
  • トロロッソ:ブエミの初ポイントはタナボタ的だけど、初レースでその位置につけたのは実力か。ただ、チームに去年ほどの勢いは感じられないなあ
  • フォースインディア:相変わらずの定位置。でも去年よりはレースになっている印象。ライバルがホンダからマクラーレンになった?(笑
  • ブラウン GP:チーム消滅の危機から一転、いきなり台風の目に。とりあえず開幕 4 戦は勢いを持続できるとして、ヨーロッパラウンドでの強豪チームの巻き返しに対抗しきれるか
この時点でランキング云々を言っても仕方ないですが、トゥルーリの 3 位剥奪もあって現在はブラウン GP が 18pt でダントツトップ、以下 マクラーレン 6pt、トヨタ 5pt、ルノー 4pt。接触でポディウムをフイにした BMW とレッドブルを考慮すると実際の力関係はまた変わってくるでしょうが、去年の勢力図と見比べるとまるでトランプの『大貧民』で革命を起こしたような状況になっています。これ、順位が固定化した近年の F1 に食傷気味だった私にとってはすごく面白い。ルール変更で極端になったタイヤの使い分け(まあ、慣れてきたら使いにくいタイヤは極端なショートスティントで済ますチームが大半になるでしょうが)、KERS 搭載車と非搭載車での戦略の違いやオーバーテイクの駆け引き、といったところがさらにレースを面白くしてくれます。まあ、FIA の思惑通りっぽくて癪なんですが(´д`)。

引き続き来週はマレーシア。今週に続いてまた白いマシンに蛍光イエローのヘルメットの編隊が独走態勢を築くのか?ここ 2~3 年にないくらい、次のレースが楽しみになってきました。

投稿者 B : 23:22 | F1 | Season 2009 | コメント (0) | トラックバック

2009/03/28 (Sat.)

PIE 2009

PIE 2009 に行ってきました。いろいろ写真は撮ってきましたが、個人的に気になったものをメモがてら書いてみます。

Canon EOS Kiss X3

まずはキヤノンブース、PIE に合わせて発表された EOS Kiss X3。この PIE で一番人気だったんじゃないかというくらい混んでいて、ゆっくり触れない(;´Д`)ヾ。

Canon EOS Kiss X3 Canon EOS Kiss X3

一見して X2 と違いが分からないくらいしか差がありませんが、EOS ロゴがシルクプリントではなくエンブレムになっていたり、モードダイヤルが 50D と同じ意匠のシルバートップになっていたり、よーく見ると従来機種よりも品位が上がっています。逆に二桁系の機体は最近(機能に依存しない部分で)コストダウンの跡が激しく見られるので、だんだん二桁系のありがたみが薄くなってきたなあと・・・。

Canon EOS Kiss X3

背面の操作系(フォーカス甘くて申し訳なし)。十字キーの左上にあるボタン(赤丸が描かれているボタン)で動画撮影モードへの切り替えを行います。
このクラスのデジイチでフル HD の動画が撮影できるのは驚異的ですが、5D と違って 20fps なので、動画が若干パタパタする印象があるのが残念。

Canon SPEEDLITE 270EX

こちらは同時発表のストロボ 270EX。ギミックの面白さもさることながら、サイズに似合わない GN27 の大光量や金属製シュー、本体のコンパクトさ・軽さなど、購買欲をそそる仕上がりになっています。GN27 だと天井バウンスには物足りないケースもあるでしょうが、内蔵ストロボよりもはるかに使い勝手が良さそうで、欲しくなりますねー。

続いてパナソニックブース。

Panasonic LUMIX DMC-GH1 Panasonic LUMIX DMC-GH1

マイクロフォーサーズ機 LUMIX G1 をベースに動画撮影機能をつけた GH1 が目玉。KX3 とこの PIE の注目を二分したと言っても過言ではないくらい、こちらも人がたかっていてなかなか触れませんでした。
ハードウェアデザインは G1 と大差ないので見るべきところはありませんが、新色のゴールドがなかなか良い色してます。

Panasonic LUMIX DMC-GH1

こちらの動画はフル HD で 30fps。大画面で流していましたが、KX3 に比べると、動画の画質としてはこちらのほうがさすがに上ですね。ビデオ屋の面目躍如といったところでしょうか。
意図的にか分かりませんが、デモ動画は広角レンズでパースを効かせた構図が多く、動画としては(少なくとも民生用カムコーダで撮った画と比べると)かなり新鮮で、インパクトがありました。

CASIO EXILIM EX-Z400 Dynamic Photo

次はエントランス正面にあったカシオブース。カシオと言えば最近は EXILIM HIGH-SPEED の印象が強いですが、今回は「ダイナミックフォト」がメインだったようです。
私もここ数日「ダイナミックフォト」の TVCM がやけに流れてるなと気になっていたのですが、何かと思ったら背景の静止画に人物等の静止画を(GIF アニメ風に)貼って、あり得ないようなシチュエーションの疑似動画をカメラ内で簡単に合成できるというもの。確かに高速連写技術の応用で、提案としては新しいとは思うのですが、個人的にはこれの何が面白いのかよく分かりません(´д`)。

PENTAX 645 Digital Prototype

続いてペンタックス。久々に 645 Digital の開発再開をアナウンスしたとあって、このプロトタイプにも注目が集まっていました。
私もとりあえず実物を拝んでおこうと思って見に行きましたが、35mm 判超のカメラには今のところあまり興味がないもので(´д`)。

PENTAX K20D (Titan) PENTAX K-m (Olive)

あとは K20D のチタンカラー、K-m のオリーブカラーという限定版 2 種。K-m のホワイトには心惹かれるものがありましたが、この 2 色は個人的には微妙。最近のペンタックスはカラバリづいてますが、新機種開発があまり芳しくないのではと穿って見てしまう・・・。

OLYMPUS MICRO 4/3 Mockup

オリンパスブース。マイクロフォーサーズ機の発売が今夏ということで正式にアナウンスされましたが、モックは半年前の photokina に並んでいたものから特に変わっていないようす。かつ、隣に青布で隠された「何か」があるのが気になるのですが・・・、文脈的にはマクロフォーサーズ機でコンパクトタイプ以外の種類(一眼風のとか)があったりするのか。

OLYMPUS E-3 Earth-green

で、オリンパスも非売品ながら E-3 の限定カラーを展示。なんというか、ザクにしか見えない(ぉ。
あと、スケートの浅田舞選手とかもゲストで来ていて、人だかりができていましたが・・・、さすがに世界選手権期間中だと妹は呼べないか。一瞬、浅田真央選手かと思って慌てました(;´Д`)ヾ。

Worldcup Football 2010 (South Africa) Trophy

ソニーブースのメインは、カメラではなくてワールドカップサッカーのトロフィー・・・。
PIE に合わせた新製品が Cyber-shot HX1 と S-Frame(+フォトプリンタ)だけっていうのは、いかにも寂しいですねぇ。

Sony Prototype Lenses

一応、PMA に並んでいた新レンズ群も展示されていましたが、正式発表はなし。超望遠の G レンズ以外はレンズの基本スペックまで明らかになっているので、正式発表はもうすぐでしょうが。
この新レンズ、DT 系のはコンパクトでなかなかよさげ。ただ、現行αレンズの例に漏れず、どれもデザイン重視で鏡筒が太い寸胴形状なのがちょっと残念ではあります。今のところ私が欲しいレンズはありませんが、正式発表が楽しみ。

TAMRON Di II 60mm MACRO Prototype

タムロンブースでは Di II(APS-C 専用)の 60mm マクロレンズが参考展示されていました。
タムロンの 90mm マクロはカメラメーカー純正のマクロレンズを凌駕する評価を得ているので、このレンズも正式発表が楽しみです。特に、F2.8 が普通なマクロレンズにおいて F2 という明るさはなかなか。場合によっては EF-S60mm から買い換えたいくらいです。

MITSUBISHI EASYCOLOR!2 MITSUBISHI EASYCOLOR!2

個人的に注目していたのが、三菱が展示していたディスプレイキャリブレーションソフトウェア「EASYCOLOR!2」。ハードウェアやセンサを使わずにソフトウェアだけで簡単にキャリブレーションできるのが売り、ということですが、紙のサンプル写真と画面の色味を手動で合わせるというもの。それって Adobe Gamma と何が違うの?という感じで、実際の調整精度の信頼性には疑問符がつきますが、アマチュアでは厳密な正確さよりも「だいたい合っている」ところまで合わせられれば十分という人も多いでしょうし、初心者にもキャリブレーションを分かりやすく提案する、という意味では、こういうアプローチもありなのかもしれません。

でも、私ならやっぱり i1 買っちゃうだろうなあ。

YASHICA FS-500

ヤシカ(エグゼモード)ブース。私が気になっていた低価格フィルムスキャナ FS-500 はあるかなと思っていたら、やっぱりありました。そしてこの極シンプルな外観!(笑

YASHICA FS-500

で、操作系もとてつもなくシンプル、デザインも非常にチープなので、とても心配になりました。PC と接続したデモっぽいこともやっておらず、モノだけの展示だったので、さらに心配に・・・。隣にはコンポっぽいものとか DVD プレイヤーなんかも展示されているし、まあヤシカといってもエグゼモードだから・・・と言ってしまえばそれまでなんですが、なんか微妙。

YASHICA 60th

でも、ごく部分的に「ヤシカらしさ」を醸し出している展示があって、よく見たら今年はヤシカの 60 周年なんですね。YASHICA ELECTRO 35 をはじめ、往年のヤシカ製フィルムカメラがずらり(ってほどでもないけど、それなりに)。

YASHICA EZ F525

でも、その隣に並んでるデジカメが、これだもの(´д`)。とても悲しい・・・。

投稿者 B : 23:59 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2009/03/27 (Fri.)

UQ WiMAX UD01SS

抽選に外れてから一ヶ月。結局別途申し込んでいた USB 端末が届きました。もうあちこちにレビューが上がっているので今さらではありますが、軽く書いてみます。

UQ WiMAX / UD01SS

UQ WiMAX UD01SS

やや過剰包装気味(まあ、新サービス立ち上げでもあるし、OOBE:Out-Of-Box Experience のもてなしとしてはアリか)のカートンに、シンプルな USB 端末がちんまり入っていました。あとは取説とセットアップ CD-ROM くらいのもので、送られてきた外箱(一回り大きい段ボール)に「ごあいさつ」「最初にお読みください」「納品書」の 3 枚が同梱されているだけ。試験サービス期間に UQ コミュニケーションズが提供する端末は、出荷時点でネットワーク登録が済んでいるのでここまでシンプルに済ませられるのでしょうが、本サービスでは複数の MVNO がサービスを展開する見込みなので、そうなると登録手順とか回線プランとか、いろいろややこしくなるんじゃないかと思います。

UQ WiMAX UD01SS

端末は一回り大きい USB メモリといった風情でとてもコンパクト。ブルーに光る LED が若干うっとおしいですが、デザインもそんなに悪くないです。

EMONSTER+WMWifiRouter でモバイル PC データ通信をしている私ですが、最近は仕事柄それほど使用頻度が高くないこともあって、いざ使おうと思ったときに EMONSTER のバッテリが切れている or 切れかかっていることが多く(´д`)、USB タイプの白ロム端末でも買うかーと思っていたのですが、WiMAX が本当に使い物になりそうなら、この端末をメインにして EMONSTER の解約も考えるかも。それで代わりに iPho(ry

ネットワークに接続してみました。

UQ WiMAX UD01SS

コネクションユーティリティの画面は↑のような感じ。電波強度表示のアンテナは 6 本(かな?)ありますが、私が試してみた限り 1~3 本程度の表示がせいぜい。基地局はまさに現在鋭意増設中といったところで、これから都内はどんどん増えていくと思いますが、現時点ではまだまだ「使えるところを探す」といった感覚です。また、電波が届く場所であっても、ちょっとした場所移動や端末の角度によってもけっこう電波状況が変わるらしく、例えば端末を 90°に立てていれば 3 本入るところ、少し傾けると急に 2 本に下がる、という塩梅。なんかワンセグのサービス開始当初にあちこちで試していたときのような感覚です(笑。

UQ コミュニケーションズは JR 資本が入っていることもあってか、都内の JR の駅周辺は既にひととおり敷設完了しているようです。が、街によっては駅ビルを離れると途端に電波が見あたらなくなり、住宅街もダメ。少なくとも私の自宅には電波は届いていませんが、私の通勤圏・生活圏の JR 駅舎は良い感じに入っています。あと、先に当選した人たちに聞いてみたところ、新宿・池袋あたりはだいぶ整備されてきているみたいですね。

回線スピードも一応測ってみました。いつもの speed.rbbtoday.com で、場所は大森駅北口のマクドナルド店内。

下り(ISP→PC): 6.38Mbps
上り(PC→ISP): 1.03Mbps

おー。理論値 7.2Mbps のイー・モバイル(EMONSTER では 3.6Mbps まで対応)と比べると明らかに速いです。自宅で FTTH を使っているとさすがに「速い」と体感できるには至りませんが、ADSL を使っていた頃の体感はそういえばこんなもんだったなーという感じ。ただ、先述のように電波状況が現時点では変わりやすいので、少し PC を移動させて測り直すとガクンとスループットが落ちたり、場所や時間帯を少し変えると一気に 10Mbps くらい出たりもするので、まだまだ(カバーエリア的な意味で)そんなに安定していないのかなと思います。

それでも、端末を挿しっぱなしにしておけば、PC を起動するだけで自動的にネットワークに接続してくれる使い勝手はワイヤレス LAN 並みで非常に快適。3G ネットワークよりも遙かに使いやすいと感じます。いずれ PC には標準的に内蔵されてくると思うので、そうなると出っ張りもなくなってさらに快適なはずです。
これであとはカバーエリアさえちゃんとしてくれれば、モバイルデータ通信の本命になり得ると思うんですが、UQ コミュニケーションズにはがんばってもらいたいですね。

投稿者 B : 23:55 | Mobile | Mobile Network | コメント (0) | トラックバック

2009/03/26 (Thu.)

Canon EOS Kiss X3

キヤノン、フルHD録画に対応した「EOS Kiss X3」 (デジカメ Watch)

PIE を目前にして、PMA ではアナウンスのなかった Kiss X の後継機種が国内発表に。1,510 万画素 CMOS、DIGIC 4、HD 動画撮影対応、ライブビュー(これは KX2 にもあった機能の進化版)など、Kiss X 系というよりはまんま 50D の小型版といったほうが良いくらいの進化になっています。動画撮影機能はむしろ 50D にはなく、5D2 に続いての採用とあっては、驚かざるを得ません。

個人的にはα700 とリコー GX100 を入手してから KDX の出番がめっきり減ってしまったので、これを買うことはないと思いますが、DSLR の入門機としては決定版ともいえる全方位カメラになったと思いますね。レンズキットも IS つきだし・・・。
今年は秋に 50D の後継を出してくるのか、それとも今年は温存して煮詰めてくるのか分かりませんが、そろそろ 30D の買い換えを考えている私としては、KX3 の登場で逆に他機種の進化が楽しみになりました。

レンズの方は一足先に TS-E レンズの発表があったので、EF レンズとしては新製品はないもよう。最近キヤノンはなかなか私のツボを突くレンズを出してくれないので、寂しいところ。まあ、私が欲しいのは EF35 とか EF100-400L といった既存レンズのリニューアルなので、キヤノン的には優先度は高くないのだと思いますが。

でも、一方でおもしろそうなストロボが発表になっています。

キヤノン、ズームやバウンス機構を備えた小型ストロボ「270EX」 (デジカメ Watch)

ガイドナンバー 27 でコンパクトにも関わらず、バウンス撮影に対応した外部ストロボ。これは面白い!
小型でバウンス対応の外部ストロボといえば、SUNPAK の RD2000 が気になっていた(買おうかと思っていた)ので、これは良いかも。カメラバッグの中に忍ばせておいて、いざというときに役に立ってくれそうです。

私も PIE には行く予定なので、それぞれ実物を見てくるつもりです。

投稿者 B : 00:33 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2009/03/25 (Wed.)

三寒四温

三寒四温

[ Sony α700 / Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.4 ZA ]

先週は初夏のような、ちょっと汗ばむくらいの気温だったのに、今週は冬に逆戻り。

おかげで桜は今週末~来週末くらいまで楽しめそうで、写真撮影という意味ではありがたいものの、気温差の激しさに身体がついていけるか心配です。

風邪を引かないように気をつけないと・・・。

投稿者 B : 00:34 | Photograph | Planar 85/F1.4 ZA | α700 | コメント (0) | トラックバック

2009/03/24 (Tue.)

Realforce 87U

ダイヤテック、"逆輸入レアモデル"のテンキーレス/英字配列キーボード「Realforce87U」を発売 (ITmedia)

うわーーーーー、来たー。

テンキーレスコンパクト、英字(かつまともな)配列、ブラックという私の好みを完璧に押さえたキーボードが出てしまいました。今までありそうでほとんどなかった(私の知る限り Majestouch Tenkeyless くらい)のに、決定版とも言えるのが出てしまった。しかも東プレ製・・・。

こないだ見つけた Realforce 91UDK-G と悩むなー。配列は英字が良いけど、押下圧は 45g 統一のほうが良い。カラダ的にはもう英字でも日本語でもどちらでも対応できる体質になってしまったので、そういう意味では押下圧重視で 91UDK-G だけど・・・。

87U の配列で 45g 統一バージョンが出たら間違いなく買います、とかさらに注文つけてみるテスト(ぉ。その前に 91UDK-G 買っちゃいそうですが。

投稿者 B : 00:09 | PC | PC Peripheral | コメント (0) | トラックバック

2009/03/23 (Mon.)

久々にきじ

今日は日帰りで大阪出張。夜はゆっくりできなかったのですが、お昼は少し早めに着いたので、久々にきじでお好み焼き。

きじ本店

きじのモダン焼

ななちゃんおすすめのモダン焼にしてみました。写真は完全に失敗した・・・(´д`)。

きじに来たのは実に 3 年ぶり。大阪には年に 2~3 回くらい来ているけど、なかなかここに来る時間が取れなくて。それでも大阪に来たらお好み焼きが食べたいので、訪問先の比較的近くにある千房に行くことが多いんですが、千房は最近じゃ東京でも割と普通にあるので、やっぱりきじに来ると大阪に来たなーと感じます。

きじのソースは(東京でも食べられるような)一般的なソースに比べると独特の甘みがあって、やさしい味。典型的な辛口ソース+マヨネーズたっぷりも良いけど、こういう味も癒されます。

次回はポテトコーン+もちトッピングに挑戦してみようと思います。いつ行けるかな・・・。

投稿者 B : 23:55 | Gourmet | Junk Food | コメント (2) | トラックバック

オールドレンズ パラダイス

さらなる沼の入り口。

澤村 徹 / オールドレンズ パラダイス EOS DIGITAL とマウントアダプタで遊ぶ

4798118435

PCfan などに連載を持つ澤村 徹氏(というか個人的には GR DIGITAL や Leica M8 をひたすらカスタマイズする metalmickey 氏、といったほうが馴染みがある)のオールドレンズ本。EOS DIGITAL にマウントアダプタをつけてオールドレンズを楽しもう!という本です。

私も既に M42、Y/C マウントアダプタを使っていますが、その他のレンズに関する知識がないので、勉強になりました。実際に自分で使うことを考えると、レンズの入手性やマウントアダプタの価格から、やっぱり M42 か Y/C に落ち着くと思いますが・・・。
でも沼を超えて「M42 星雲」とすら呼ばれる M42 マウントの世界はやっぱり広いですねー。特に東独やロシアレンズがおもしろそうです。Y/C だと事実上 EOS でしか使えないので、今度非互換レンズを買うときがあれば M42 マウントのものを買ってαでも使ってみたいと思っています。ツァイス信者としては、やっぱり狙い目は Carl Zeiss Jena のレンズかなあ。MC Flektogon や MC Sonnar あたりは、かなり惹かれます。あと、使用頻度が低い割に高価な魚眼レンズなんかは、ロシアレンズで安くあげるという手もありそう。

ということで、銀塩ボディに続きレンズも深い沼にハマりつつある最近の私(;´Д`)ヾ。

投稿者 B : 00:35 | Book | Camera Mook | コメント (0) | トラックバック

 1 |  2 |  3 |  4 | all
« February 2009 | メイン | April 2009 »