b's mono-log

« May 2009 | メイン | July 2009 »
 1 |  2 |  3 |  4 | all

2009/06/30 (Tue.)

Twitter はじめました

Twitter をはじめてみました。

B (brownsugar_t) on Twitter

というか、Twitter のアカウント自体は日本語版がリリースされる前(去年のはじめごろ)に取っていたんですが、一度もつぶやいたことがなく放置してました(;´Д`)ヾ。

サービス自体は面白いと思いつつも、コデラさんと同じような理由(コミュニケーションのスピードよりも、自分の考えをちゃんとまとめた上で責任持った発言をしたいという考え)で、思いついたらその場ですぐつぶやくというスタイルは私にはあまり合ってないな、と思い、どうも積極的に使う気にならず、知人・友人のつぶやきを時々読む程度にしていました。あと、この blog という自分の「Web 上の住所」がちゃんとあったので、発言の場所が分散するのもどうかと思い。mixi など SNS 系の Web サービスの多くにアカウントを持ちつつ、結局ほとんど使っていないのも、同じような理由だったりします。
あと、奥さんや家族と一緒にいるところで Twitter に投稿する「Twitter 中毒」で、家族から白い目で見られる・・・という話もよく聞くので、それで避けていたというのもあり。

でも iPhone をきっかけに改めて Twitter を使ってみることにしました。常にネットワークに繋がっているデバイスを身につけることで、コミュニケーションのあり方が変わるかな?ということを身をもって試してみたいと思って。まあ今までもモバツイッターを使えば同じようなことができたのですが、iPhone とケータイじゃコミュニケーションのレイヤー(リッチさやインタラクティビティという点で)が違うよね?と思っていたりします。

アカウントを取って 1 年半くらい経つのに、他の人をフォローしたのもこれが初めて(笑。まあ、上記のポリシー的に私自身がつぶやくことはあまり多くなく、フォロー中心になるような気がしますが、とりあえずトップページのサイドバーに Badge だけ貼ってみました。

投稿者 B : 20:30 | Blog & Network | Network Service | コメント (0) | トラックバック

2009/06/29 (Mon.)

Carl Zeiss Jena MC Sonnar 135mm F3.5

自分への誕生日プレゼント。十六進数で 20 歳になりました(ぉ。

Carl Zeiss Jena DDR / MC Sonnar 135mm F3.5

Carl Zeiss Jena MC Sonnar 135mm F3.5

そういえば 3 から 6 月になるとレンズ買ってる気がする・・・。

最近は欲しい焦点域のレンズをほぼ一通り揃えてしまったこともあり、オールドレンズ本を読み漁っている今日この頃ですが、やっぱりオールドレンズの入り口といえば旭光学の TAKUMAR か、東独 Carl Zeiss Jena かどちらか。ツァイス厨としては Jena のレンズは一度手を出してみたいと思っていました。

最近はもっぱら 70-200mm あたりの焦点距離をよく使うようになったのに加えて、春先にαの STF レンズを試して以来 135mm のレンズが一本欲しいと思っていたので、Jena のレンズの中では不人気な S135 を買ってみました。
Jena といえば Flektogon・Pancolar・Tessar のほうが有名で、このレンズを買ったお店では Sonnar より入手困難な Flektogon 35mm F2.4 もあってかなり迷ったんですが、最近 35mm あたりの画角は持て余し気味だし、価格差もかなりあったので、初志貫徹で Sonnar を。Sonnar 135mm ならばヤシコンのほうが明るくて(F2.8)安いのでそっちのほうが遙かにお買い得ですが、M42 マウントのほうがαでも使えて楽しいんですよ!!!

ちなみにこのレンズは CONTAX/Zeiss 専門店の極楽堂で購入。前々から一度覗きに行きたいと思いつつ、微妙に行きづらい(大江戸線若松河田駅)のでなかなか足が向かないお店でしたが、スタッフの方々が本当にカメラ(特にツァイス)を愛していることが伝わってきて、とても良いお店だと思います。

Carl Zeiss Jena MC Sonnar 135mm F3.5

このレンズ、単焦点なだけあって幅広のピントリングを備えていて、操作性は良好です。鏡筒のデザインは製造時期が全然違いますがヤシコンのレンズによく似ていますね。
レンズフードは内蔵式で、指で引き出してやることで使用可能です。が、長さが短いので、飾りとは言いませんが正直ちょっと心許ない(´д`)。万全を期すなら外付けのフードを買ってきたほうが良いかも。

Carl Zeiss Jena MC Sonnar 135mm F3.5

このレンズ、望遠の割に非常にコンパクト。一般的なサイズの標準ズームレンズと比較しても、細くて短いです。F3.5 と明るさを欲張っていないことも小型化に寄与しているのでしょうが、これだけコンパクトならカメラバッグの隅に放り込んでいても邪魔にならなさそうです。

Carl Zeiss Jena MC Sonnar 135mm F3.5

マウントアダプタ経由でα-7 に装着してみたところ。径が細いので、手持ちのボディの中では小さいほうのα-7 ですら、微妙にアンバランスな気がしてしまいます。むしろ CONTAX 139 Quartz とか Aria あたりのほうがバランスが良いかな?DSLR ならα330 とかマイクロフォーサーズ機のほうが似合いそうです。

このレンズ、お店で最初に見せてもらったときにはヘリコイドの動きに寄りがあってあまり滑らかではなかったのですが、お店で調整してもらったらだいぶ良い感じになりました。ただ、絞りリングの動きが若干固い感じで、絞り開放にしても微妙に絞り羽根が開ききっていないように見えるのが少し気になりますが、手持ちのレンズの中では間違いなく一番古い(たぶん私より年上)ので、多少のことには目を瞑りつつ、調子が悪くなったらまた調整に出す、という感じで使ってやろうかと思います。

まだしばらく梅雨が明けず、週末の天気は良くなさそうですが、早く試しに出たいところです。EOS のほうは EF70-200 F4L があって、このレンズと F 値があまり変わらないので、コイツはたぶんα専用のレンズになりそうな予感。

投稿者 B : 00:32 | Camera | My Equipment | コメント (0) | トラックバック

2009/06/28 (Sun.)

O-Shield for iPhone 3G

iPhone のケース、マグネット式のフリップつきのものは 3GS から内蔵されたデジタルコンパスに干渉するそうで、困っている人も多いみたいですね。ケースには私もけっこう悩みました。
当初は最も無難そうなパワサポのエアージャケットセットに落ち着きそうになっていたんですが、iPhone もある程度普及してきて(しかも白黒しかないので)他人とかぶる可能性がかなり高いので、できるだけ人が使っていなさそうなケースにしたいと思いました。ポケットから取り出してそのまま使える、液晶画面を覆わないタイプのケースで自分らしいものを・・・と探してたどり着いたのが、これ。

OSIR Design / O-Shield for iPhone 3G

OSIR O-Shield for iPhone 3G

OSIR って Audi や Volkswagen のカスタムパーツを作っているアメリカのメーカーらしいのですが、そこが何故か iPhone 3G 向けのドライカーボン製ケースを作っちゃったというお話。iPhone 向けだと Pocketgames あたりも iPhone 向けのカーボン「ルック」ケースを出したりはしていますが、こっちはリアルカーボンですよ。しかも本場のカーカスタムパーツメーカーが製造しているとあっては、間違いない。国内で買うと¥8,500 もする高級品ですが、カーボン好きの私が手を出さずにはいられますかってんだ!(ぉ

表面は網目状のカーボンに光沢クリア塗装が施されていて、スポーティな雰囲気を醸し出しつつも高級感があります。
カーボンは電波を通しにくい素材なので、iPhone のアンテナ感度に影響するかな?と思ったのですが、今のところ圏外になりまくりで困った・・・ということはないので、実用上問題なさそうです。

OSIR O-Shield for iPhone 3G

裏面はこんな感じで、CFRP の縦方向の繊維目がハッキリ見えています。さすがに裏面なので、そんなにきれいな目じゃないですが、傘の骨とかノート PC の筐体とか、カーボンの繊維目フェチとしては、こういうの見るだけでコーフンしてしまうんですが(笑。

OSIR O-Shield for iPhone 3G

ボタン周りの逃げはこんな感じの切り欠きになっています。他の背面カバータイプのケースもだいたいこんな形をしていますね。

ケースは光沢があるだけに、そりゃもちろん多少指紋はつきますが(でもつきまくりってほどではない)、PCG-X505/SP を発売日に買った者としては、毎日でもふきふきしてやりますとも。

液晶保護シートはこれ買いました。

パワーサポート / アンチグレアフィルムセット for iPhone 3G PPC-02

B001CD3DF8

当初はウォークマン X1000 で使って気に入っていた OverLay Plus にしようと思っていたんですが、ヨドバシの店頭に置いてなかったので、とりあえず売られていたものの中から選びました。アンチグレアフィルムとしては可もなく不可もなく、OverLay Plus のほうがサイズの追い込みが絶妙だったかな?と思わなくはないですが、このパワサポのフィルムが秀逸なのは、貼り付けの手順。

貼り付けの前に液晶面に付着したホコリを除去するために、粘着シートが一枚付属しています。この手の液晶保護シートには、貼る前に画面の汚れを取るためのクリーニングクロスがついていることが多いですが、それだと細かなホコリが取り切れなかったり、隅のほうにホコリが溜まったりしがち。でも粘着シートなら細かなホコリが根こそぎ取れてしまうので、安心して保護シートを貼り付けられます。私は iPhone を買ってそのままヨドバシ向かいのスタバで初期設定がてら保護シートの貼り付けもやったんですが、これのおかげでホコリも入らずキレイに貼ることができました。
貼り替えの際には OverLay Plus にしようかな、とも思いつつ、この粘着シートは今度も使わせてもらおうかと。

投稿者 B : 10:54 | Mobile | iPhone & iPad | コメント (1) | トラックバック

2009/06/27 (Sat.)

iPhone 3GS 32GB

はい。というわけで、買いました。

Apple / iPhone 3GS 32GB (ブラック)

iPhone 3GS 32GB (Black)

いつの間にか半角スペースなしが正式名称になった「iPhone 3GS」、32GB のブラックです。最初はホワイトにしようかとも思っていたのですが、友人がみんなホワイトを買っていたのでブラックにしました。

今回は去年ほどの大騒ぎになっていないし、予約しなくても買えるかな~と思って予約なしでフラッと川崎ヨドバシへ。開店 5 分前くらいに着いたのですが、まだ 3 人くらいしか並んでいませんでした。予約なしで並んでいたら何か言われるかな?と思っていたところ、開店してすんなり 1F のソフトバンクコーナーに通されて、あっさり購入。逆に拍子抜けしてしまいました。
ソフトバンクモバイルの回線は今まで持ったことがなくて、完全新規だったので、書類をいろいろ書きつつ、アクティベーションも店頭でやってもらって 10:10 頃には開通。晴れて iPhone ユーザーになりました。

で、その足で近くのドコモショップに向かい、数年来つけてきたパケホーダイ(完全定額)をパケホダブル(キャップ制)に変更して、docomo 側の通信費を削減。iPhone のほうもショップ縛りで W ホワイトを契約させられている状態なので、近いうちに SBM ショップに行って通常のホワイト定額に変更しないと・・・。

想像していたとおりですが、やっぱり iPhone 楽しいですね。音楽はウォークマン X1000 があるし、通話とメールは通常のケータイを使うので、私の場合はほぼ完全に純粋なコンピュータ/PDA として使うことになると思いますが、かつて Palm や CLIE でやりたくてもできなかった世界(それは、プロセッサ性能や通信インフラ、UI のこなれ具合などといった意味で)が、ようやく手のひらに結実した感覚です。iPod touch でもある程度は実感できていましたが、やっぱり通信が載ってくると次元が一つ変わる感じがします。

まだまだ touch で使っていたアプリを移行させて、あとは Safari でどこでも快適にフルブラウズできるというだけで楽しくてしょうがない状態ですが、何かオススメのアプリがあったら教えてください。ちなみに F1 Timing Application 2009 は、ドイツ GP までには買ってみるつもりです。

投稿者 B : 22:13 | Mobile | iPhone & iPad | コメント (3) | トラックバック

2009/06/26 (Fri.)

ねんがんの アイフォーンをてにいれたぞ!

AIPHONE

あっ違った

iPhone 3GS

(ぉ。

ということで、このデバイスが私の生活をどう変えてくれるか、試してやろうと思います。

Apple / iPhone 3GS

投稿者 B : 11:02 | Mobile | iPhone & iPad | コメント (5) | トラックバック

2009/06/25 (Thu.)

F1 分裂回避、モズレーは退任へ

FIAとFOTAがコスト削減に合意、分裂回避へ (GPUpdate.net)

F1 始まって以来の問題となっていた FIA と FOTA の対立が合意に達し、シリーズの分裂が回避されました。
合意内容は

  • レギュレーションは基本的に 2009 年のものを踏襲する
  • 全チームは 2 年以内に 1990 年代前半のレベルまで参戦コストを削減する
  • 全チームは 1998 年のコンコルド協定の改訂版を遵守する
  • 現 FIA 会長 M. モズレーは、今年 10 月の FIA 会長選挙に出馬しない
ということで、FIA と FOTA で分裂した新シリーズなんて双方にとって全く得にはならないんだし、最終的には何かしらの落としどころを見つけるだろう、と思っていたので、基本的な合意内容は予想通りだったのですが、モズレー退任の条件を FIA 側が呑むとは!これにはちょっと驚きました。個人的には一貫性のないレギュレーションを押しつけるモズレーには反対の立場だったので、今回の合意内容には歓迎の立場ですが、それにしても驚いたなあ・・・。

後任には前々から元フェラーリチーム代表のジャン・トッドの噂も絶えませんが、誰が収まるのでしょうね。少なくともモズレーの傀儡政権になることだけは避けてもらいたいですが・・・。とりあえず、双方が愚かな選択肢を選ばなかったことにホッとしました。
来年は基本的に今年のレギュレーションをベースに行くらしいですが(漸減的なバジェットキャップ、レース中給油禁止、フロントタイヤ幅縮小はある?)、そうなると今年の勢力図がある程度は来年にも当てはまってきそうです。今の勢いのまま行くなら来年はむしろレッドブルとブラウン GP が互角の戦いを見せそうですが(今後の伸びしろ的にはレッドブルのほうが可能性が高い?)、地力のあるメーカー系チームの巻き返しも考えると、実は来年は今年以上に混戦になる?という予想もできて、むしろ来年の方が面白いんじゃないか・・・とも思いますが、まずは今年。次のニュルブルクリンクを楽しみにしないと。

投稿者 B : 23:59 | F1 | Season 2009 | コメント (0) | トラックバック

光と影

光と影

[ Sony α700 / Sony 70-300mm F4.5-5.6 G SSM ]

毎年この季節になると、紫陽花の写真ばかり撮っている気がしますが、そういえば今年はあまり撮ってないなあ。週末は雨だったり、体調が良くなかったりであまり外に出られていないので・・・。

来月はできるだけ積極的に外に出て行く方向で。

投稿者 B : 23:09 | Photograph | Sony 70-300/F4.5-5.6 G SSM | α700 | コメント (7) | トラックバック

2009/06/24 (Wed.)

Royale Noir Theme

最近、某モバイル PC を WinXP に入れ替えました。
当初はちょっとカスタマイズすれば Vista でもそれなりに快適じゃん、と思っていたんですが、試しに XP にしてみたら、OS 自体が老朽化していることを除けばやっぱり XP のほうが全然軽いですね・・・。

ただ、UI はさすがに古くささは否めず、というか XP の画面配色のセンスのなさっぷりには当時から辟易してたんですが、落ち着いた Vista の配色に慣れるとどうも XP のデフォルト配色は厳しい、ということでカスタマイズしてみました。

その昔は Style XP というカスタマイズツールを使ってスキン変更していたんですが、システムファイルをハックするのでセキュリティパッチを当てると無効化されて・・・ということがあったのですが、改めて調べてみたら OS 標準のテーマファイル形式でもいろいろ提供されているみたいですね。

Download Royale Noir on CrystalXP.net - Visual Styles

Royale Noir

当ててみたのがこのテーマ。MS 自身が配布している「Royale Noir」というテーマで、Vista の標準テーマを意識した黒ベースの配色になっていて、とても落ち着いています。今回検索してみるまで知らなかったんですが、これけっこうメジャーなスキンみたいですね。

黒系のテーマなので、某 PC のダーク系カラバリに入れるととても似合ってます。というか、Vista っぽいので Vista プリインストールマシンを XP 化する際には、このテーマを当てたい感じ。

でも、ダーク系のテーマだとちょっと重くて・・・という場合には、同じテーマファイルの中にブルー系の「Royale」というテーマも入っているので、こっちも良いかも。

Royale

XP のデフォルトテーマに似た色味ですが、なぜかこっちのほうが遙かにマシに感じるのは何故でしょうか(;´Д`)ヾ。

最近は OS の GUI カスタマイズなんてめっきりやらなくなりましたが、CrystalXP.net の Gallery にはまだまだいろんな素材があるので、他にも試してみたいです。

投稿者 B : 20:44 | PC | Software | コメント (2) | トラックバック

2009/06/23 (Tue.)

EOS 60D のうわさ

最近周囲では E-P1 の話題で持ちきりですが、自制するために EOS の新製品のうわさを検索してみる(^^;

EOS 二桁系の新製品 60D ですが、どうやら 1D Mark IV と一緒に 8/25(火)発表に向けて開発中、とのうわさ。40D までは二桁系ラインは 1.5 年サイクルを守ってましたが、50D からは 1 年サイクルになったということですかね。まあ、それくらいじゃないと商品力を維持していけないということなのでしょうが。

Canon Rumors » Canon 60D

それなりに信憑性がありそうな話と憶測が入り交じっているようですが、ざっくりまとめるとこんな感じらしい。

  • イメージセンサは 50D から据え置きの 15.1Mpx CMOS
  • ISO 100-25600 対応
  • 連写速度が 7 コマ/秒にアップ
  • 画像処理エンジンが DIGIC 5 にバージョンアップ
  • 1080p/30fps または 24fps の動画撮影に対応
  • ディスプレイには有機 EL を検討しているらしい?
  • WiFi 内蔵?
  • GPS 機能内蔵?ただし 1Dmk4 には入るけど 60D には入らないという話も
  • CF スロット廃止、SD カードスロットに変更
  • バッテリ&バッテリグリップ変更
まあ、順当進化といったところでしょうか。連写速度アップはモータースポーツ撮影にも使う私にはありがたいですし、キヤノンらしさという点でも順当な進化。画素数は 1,500 万もあればもう十分、動画撮影も(実際そんなに使わないにしても)今やもう当然搭載すべき機能というところになってきました。
逆に有機 EL とか、WiFi とか GPS が本当だとすると、出し惜しみのキヤノンさんどうしちゃったの?という感じですが(ぉ、個人的には GPS 搭載にはかなり期待。

逆に残念なのはバッテリとメモリカードスロットの仕様が変更されるという話。ボディを換えても流用がきくことを期待して BG-E2N を買ったので、これが使えないとなるとかなり痛いです(´д`)。メモリカードは SD カードも最近高速大容量なものが増えてきたし、ノート PC で取り込むことを考えると SD のほうが扱いやすいですが・・・当面予備バッテリと CF カードに投資するのは控えようと思います。

今の 30D もそろそろ 3 年あまり経って、何かと見劣りする部分が増えてきた(最近α700 のほうが出番多いし・・・)ので、60D が出たら買い換えたいと思っています。そろそろ 60D 貯金を始めるかなあ・・・。噂になっているα500 のほうも、気にはなるんですが。

投稿者 B : 23:06 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2009/06/22 (Mon.)

F1 イギリス GP 2009

イギリスGP決勝:ヴェッテル、ウェーバー1-2でレッドブル完全勝利 (GPUpdate.net)

ウィリアムズのばかあああああ!!!

慣れ親しんだシルバーストンで最高の予選(Q1 ではトップタイム!)を演じ、5 番グリッドを獲得した中嶋一貴。このサーキットで次元の違う走りをしているレッドブルの 2 台はさておき、うまくすれば表彰台争いにも絡めるか・・・という大チャンスで、あの戦略はナンナノサε=(~Д~;)。
気温やコース状況から考えればどう見てもタイヤ戦略はソフト→ソフト→ハードだろうに、なんで逆張りするかなあ。特に軽タンスタートで短めになる一貴のファーストスティントはソフト一択のはず。ウィリアムズはときどきこういう意味の分からない戦略を採るときがあるんですが、今回もその才能がいかんなく発揮されました・・・。
結果、一貴はセカンドスティントの序盤にタイヤが温まらず他車に先行され、その後もトラフィックに捕まったりペースが上がらなかったりでズルズルズルズル 11 位までダウン。チョイ重でスタートした僚友ロズベルグが 7 位→5 位にポジションを上げたのとは対照的で、あまりにも残念。特に最近のウィリアムズはマシンもドライバーも良い状態なのに、戦略やピットのミスで台無しにしてることが多い気がします・・・。

ということで一貴のセカンドスティント序盤で半分観る気がなくなってしまったのですが(´д`)、レースはヴェッテルがパーフェクトレースで今季 2 勝目。ウィリアムズ同様にハードタイヤ選択で失敗したバリチェロを交わしたウェバーが 2 位につけ、レッドブルが 1-2 フィニッシュを飾りました。今回はフロントウィング周りに大幅な空力アップデートを入れた RB5 ですが、それが見事にハマりましたね。ノーズ先端が太く平たくなって雄牛というよりカエルみたいな風貌になったのはご愛敬ですが(笑)、少なくとも低温のサーキットでは BGP001 を完全に凌駕したといっても過言ではなさそうです。

ブラウン GP は涼しいシルバーストンの気候に「タイヤに優しい」マシン特性が合わず、3-6 位がやっと。バトンは今季初めて表彰台から転落(3 位以下自体が初)し、ドライバーズチャンピオンシップはバトン 64pt-バリチェロ 41pt-ヴェッテル 39pt-ウェバー 35.5pt と若干差が詰まりました。今後は夏場とはいえ次戦ニュル、8 月末~9 月のスパ~モンツァ、夜間レースとなるシンガポールあたりは涼しそうだし、レッドブルもあと 2~3 勝はしそうな雰囲気です。
それにしてもタイヤに優しい=涼しいサーキットに弱い BGP001、タイヤの温まりが良い=タイヤに厳しい RB5、って去年までのフェラーリ対マクラーレンそのまんま。ロス・ブラウンがフェラーリの元 TD、エイドリアン・ニューウェイはマクラーレンの元チーフデザイナーという事実は、決して偶然ではないでしょう。もっと遡ればベネトン(ブラウン)とウィリアムズ(ニューウェイ)で激しいチャンピオンシップ争いを繰り広げていた時代もあり、そう考えると 1990~2000 年代の F1 はこの二人の時代、と言えるのかもしれません。

そういえば、CS 決勝の実況が塩原恒夫アナでしたが、珍しいですね!?地上波にしか出ないイメージがあったんですが・・・。でも、やっぱりスタート時のポエムといい、落ち着いた実況といい、いつもの的っぱずれな若手アナと違って中継が締まりますねー。最近の見るに堪えない地上波はもう放っておいて、今後も CS をメインでやってくれないかな。

次はちょっと空いて、3 週間後のドイツ GP。コース特性的には地元ヴェッテル有利な雰囲気ですが、バトンの逆襲はあるのか?チャンピオンシップ的には、もう少しレッドブルにがんばってもらったほうが面白くなるのですが(笑。特にここ数年スキャンダルや政治劇にまみれた F1 において、ヴェッテルのような若くて純粋なドライバーが勝ってくれることがサーキットにおける清涼剤では?とも思っていたりするので、私のブラウン GP 贔屓は置いておいても、ヴェッテルは応援したくなりますねー。あ、でもウェバーもイマイチ脚光を浴びないけど良いドライバーなので、早く一勝を挙げさせてあげたいドライバーではあります。

投稿者 B : 21:30 | F1 | Season 2009 | コメント (2) | トラックバック

 1 |  2 |  3 |  4 | all
« May 2009 | メイン | July 2009 »