b's mono-log

« October 2009 | メイン | December 2009 »
 1 |  2 |  3 |  4 | all

2009/11/30 (Mon.)

西成二代目 にしかわや

長い出張から東京に帰ってきました。11 月は結局半分も東京にいなかったような・・・さすがに疲れましたね。

昨夜の食事は串揚げでした。

西成二代目 にしかわや

西成二代目 にしかわや

またしても食べログで近くのお店を探して飛び込み。食べログさまさまです。

私は串揚げをまともに食べるのは今回が初めてだったんですが、美味しいですね。揚げたてサクサクで、一口が小さいのでどんどんイケる気がします。あまり時間がなかったのでサクッと食べて退店したんですが、もっとガッツリ食べたかった気も。

そして「二度浸け禁止」も初めて実物を見れました(笑。

西成二代目 にしかわや

ここしばらくスケジュールみっちりの一人出張ばかりだったので、今回は久々に出張で美味しいものを堪能できた気がします。しかし、三泊四日でお好み焼き×3、焼きそば×1、たこ焼き×1、串揚げ×1 はさすがに胃に応えますね(´д`)。もう当分粉ものとソース味はいいや・・・。

投稿者 B : 23:59 | Gourmet | Junk Food | コメント (0) | トラックバック

2009/11/29 (Sun.)

お好み焼 ゆかり

そして今日のおひるはお好み焼き。近場で美味しそうなお好み焼きを食べログで調べて行ってみました。最近、知らない場所での飲食は iPhone+食べログがなければ何もできない子になりつつあります(´д`)。

お好み焼 ゆかり 阪急東通り店

ゆかり

大阪では有名なお店らしいですね。日曜日のお昼時ということもあって、けっこう混んでました。

会社の後輩と二人でいったので、「ゆかり焼」と「スペシャル焼そば」を半分ずつ。

ゆかり

焼きそばはオーソドックスな大阪の焼きそばといった風情で美味。お好み焼きのほうは魚介(有頭海老と帆立貝柱)の潮の風味が何とも言えず絶品。厚めでふんわりした焼き具合で私好み、満足しました。

でもお店に入ってから気づいたのですが、関東にもけっこう支店が出てるんですね(´д`)。なんかありがたみがないなあ・・・。

投稿者 B : 22:32 | Gourmet | Junk Food | コメント (0) | トラックバック

IRISH CURRY

今回の大阪出張は東梅田方面が中心。いつもは西梅田方面なので、同じ梅田でも反対側はさっぱり分かりません。しかもこのあたりはアーケードが多く、自分の現在地すら分からなくなりがち(´д`)。
そんな不案内なところでの昨日のランチ。ここのカレーがおいしいという話を聞いたので、行ってみました。

IRISH CURRY 中津店

IRISH CURRY

アイリッシュでカレー?って最初はピンとこなかったんですが、ギネスビールで煮込んだカレーとのこと。確かにカレーをワインで煮込むと美味しくなるなら、コクの深いギネスビールで煮込むのもありそうです。

いただいてみたところ確かにコクがあってまろやか。やや甘口なので個人的にはもう少しスパイスが効いていてほしい気がしましたが、あまり食べたことのない種類の味でとても美味しいです。同じくギネスビールで煮込んだポークが本当にとろとろで、これには感動しました。

アイリッシュといえばアイリッシュウィスキーとフィッシュ&チップスなので、フィッシュカレーも気になるところ。今度来る機会があったら試してみようと思います。

投稿者 B : 22:22 | Curry | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2009/11/28 (Sat.)

リトラクタブル LAN ケーブル

今回の出張、ついうっかり iPhone 用の巻き取り USB ケーブルを忘れてきてしまい、あわやバッテリ切れという目に遭ったので、バッテリ残量が 10% を切ったギリギリのところでヨドバシ梅田に駆け込み、同様のケーブルを確保しました。
ついでにホテルで使う LAN ケーブルも買っておこうと思い、こちらを購入。

エレコム / モバイル LAN ケーブル 1.5m LD-MCTU/BU (ブルー)

B0006ZEJ5Q

最近はたいていのビジネスホテルで全室 LAN 環境完備になってきていますが、LAN ケーブルまで部屋に備え付けてあるホテルは少なく、ロビーで借りる必要があるところのほうが多いです。面倒な上にケーブルの長さが微妙なことも少なくないので、この際買っておくことにしました。

エレコムのこのケーブルは最長 1.5m と比較的使いやすい長さで、巻き取り式。しかも巻き取りが掃除機のごとくボタン一発なので、とてもラクです。たいていの巻き取りケーブルはケーブル自体を引っ張ってから巻き取るタイプなので、ちょっとした一手間でもこれがあるとないとでは大違い。良い買い物だったと思います。

でも場合によってはベッドに寝転がりながら PC を使いたいときや複数台のデバイスを使いたいときもあるので、小型 WLAN ルータでも持ち歩くかなあ、と思っていたりするのですがね。

投稿者 B : 23:15 | PC | PC Peripheral | コメント (0) | トラックバック

2009/11/27 (Fri.)

冨紗家 本店

出張で大阪に来ています。いや、正確には土日も仕事な長野~大阪の出張ツアー(泣。

ついさっき大阪入りしたところなんですが、明日以降は夜の予定が見えずお好み焼きにありつけるか分からないので、遅い時間からお好み焼きをいただいてきました。

冨紗家 本店

冨紗家 本店

最近のパターンになりつつありますが、出先のうまいものは Twitter で教えてもらって食べログで調べて行く系。

初めて行ったお店では基本的にその店のおすすめをいただくことにしているので、お品書きの一番上に書かれていた「トントン焼」を。
これ、粉を使わずに長芋と卵で仕上げたものらしいですが、長芋がふんだんに使われているようで、ふわとろっとした優しくてしあわせなお味。ここまでとろける感じのお好み焼きは初めていただきました。味は大阪のわりに(?)あっさり系。

冨紗家 本店

店内はソウルやファンクの雰囲気たっぷり、JB やら故・忌野清志郎氏やらの写真や CD ジャケットが飾られていてジャズがかかっているという、お好み焼き屋らしからぬ雰囲気。トントン焼のやさしい味も相まって、ここなら女性と一緒でも喜ばれるんじゃないでしょうか。

しかし私が退店してからさらに「いもっ子アイスが美味しい」という情報が・・・!このお店にまた来る理由ができてしまいました(´д`)。

投稿者 B : 23:58 | Gourmet | Junk Food | コメント (0) | トラックバック

2009/11/26 (Thu.)

『光の 4 戦士』クリア

ひとまずエンディングまで到達しました。

光の 4 戦士 -ファイナルファンタジー外伝-

B002GKBLNM

まあレトロな雰囲気を楽しむタイトルだと思うので(笑)ストーリーについてはさして語るべきところがないのですが、スキマ時間にプレイする社会人としてはこのくらいシンプルなストーリーのほうがありがたいかな。あまり複雑な内容だと、暇がなくて多少プレイ間隔が開くと次に何をすべきか忘れてしまいがちだったりするので。

魔法や技を使うのに MP を使用しないバトルシステム、ギルを落とさないモンスター、買い換えていくばかりが能じゃない装備品など、従来の RPG の常識から外れたゲームシステムは、善し悪しですね。アビリティの使用が MP でなく AP 制(しかも MAX 5)なのでアビリティを使う順序やタイミングが重要になってきて、頭を使うのが楽しいです。逆に AP をうまく回せばほとんど宿屋に泊まらなくても進められてしまうのは、宿屋や回復アイテムの存在意義を少し奪ってしまっているような気がしました。
バトルに関しては属性による補正がかなり大きく、ほとんどのボスモンスターが属性を持っているので、こちらの装備品との相性が悪ければあっさり全滅/逆に弱点属性の武器を使い、耐性属性の防具をちゃんと揃えていればボスも全然怖くない、というパターン。しかもゲーム中でボスに関する情報が少ないので、とりあえず当てずっぽうで装備を揃えて玉砕→そこで見切って装備を調えてリベンジ、というプロセスは面白いものの、装備がちゃんとしていてももう少し歯ごたえがある/装備が中途半端でも力押しでギリギリ勝てる、くらいのバランスだと嬉しかったです。逆に終盤に出てくる無属性・弱点なしのボスの強いこと(´д`)。

成長システムに関しては、中盤以降のレベルアップがやたら速くて、ちょっと宝石集めをしているだけでどんどんレベルが上がって行ってしまうので、かなり興ざめでしたね。だって初めてラスボスを倒した時点で Lv91 って何ですか(;´Д`)ヾ。グロウエッグを持っているとハンパなくレベルが上がってしまうので、あえて持たない方が良いような気がします。
ただ逆に成長がレベル上げに限らず、宝石を使った装備品強化によってもキャラクターを強化できるので、Lv99 に到達してしまっても成長させる楽しみが残されているのは新しいかも。こういう仕組みはレベルキャップ制を導入せざるを得ない MMORPG にも流用が効くのではないかと思います。ただ、宝石集めが正直単なる作業でかったるい上に、クラウンや装備品の成長に消費する宝石もかなり多いので、だんだんイヤになってきてしまいます。

「クラウン」というシステムは単に従来のジョブシステムにキャラクターの外観を紐づけただけなので目新しさはないですが、それよりも種類だけたくさんあって使いどころのないクラウンが多い印象です。28 種類あるクラウンのうち、まともに使ったのはすっぴんを除けば旅人・白魔法使い・黒魔法使い・盗賊・詩人・商人(宝石集めのときだけ)・精霊使い・武道家・勇者・暗黒剣士くらい。その他のジョブはほとんどが一度もチェンジしないまま最後まで行ってしまいました。しかも最終的には勇武詩白あたりのパーティに落ち着いてしまう人が多いようで、もう少し多様性を持たせやすかったり、ストーリー上にクラウンの要素を絡めたほうが面白かったんじゃないかと。

クリア後のお楽しみは「不思議のダンジョン」系のランダムダンジョンがあるんですが、これもけっこう作業的で・・・私もちょこちょこやっていますが、正直あまりモチベーションが上がらない(´д`)。クリア後は宝石集めも含めてほぼ作業になってしまうので、あまりやりこみタイプのゲームではないと思います。二周目・・・もたぶんしないだろうなあ。

世界観や音楽はすごく良いので楽しめましたが、もうちょっとそれぞれのシステムに作り込みやひねりがあっても良かったと感じるのがちょっと残念でした。そのへんがブラッシュアップされた続編が出るとしたら少し気になりますが、それならむしろ FFT の新作がやりたい気もします。

投稿者 B : 23:47 | DS & GBA | Game | コメント (2) | トラックバック

2009/11/25 (Wed.)

劇場版 マクロス F 虚空歌姫 @チネチッタ

仕事帰りに観てきました。

劇場版 マクロス F 虚空歌姫 ~イツワリノウタヒメ~

劇場版 マクロス F 虚空歌姫 ~イツワリノウタヒメ~

いやー面白かった!というか楽しかった!!

テレビ版のリメイクという話だったので単なる総集編を見せられたらどうしようと若干不安だったのですが、完全なる杞憂でした。
基本的なストーリーの流れこそテレビ版を踏襲しているものの、全く別の作品に仕上がってます。いうなれば同原作の脚本違いというイメージで、テレビ版をひととおり観た人でも楽しめると思います。登場人物の絡み方も少しずつ違っていたり、そこでそう来るの!?という驚きの演出があったり、尺が限られているぶん物語の核心により近いところで舞台が展開するイメージ。それでいて総集編にならず、一本の作品にまとまっていて、テレビ版をベースに映画化した映像作品は数あれど、私が知る限りこの作品はその中でも最も良くできていると感じました。

映像に関してはフィルム上映(たぶん)のシネコンでは細かいところまでは分からないのですが、3DCG の処理がよりアニメらしくなっていてかなり違和感が軽減されています。テレビ版の第 1 話を観たときにはアニメパートと CG パートのギャップに慣れるまではどうも入り込めない感覚があったものですが、これなら比較的すんなり入っていけるかもしれません。まあ、BD 化されたときに直視型ディスプレイでドットバイドットで視聴するとまた印象が変わるかもしれませんが、かなり「馴染んで」きている印象を受けましたね。

しかし何と言ってもこの作品の核は音楽でしょう。菅野よう子は今回もまた良い仕事をした!テレビ版の音楽は比較的どれも王道を行く楽曲ばかりでしたが、今回は曲風に幅が出て、キャラクター(特にシェリル)を音楽の面からより深めることに成功していると感じました。そのまま帰りに『ユニバーサル・バニー』を買って帰ったほど(笑。
音楽と映像の迫力も相まって、映画の内容もさておき冒頭とクライマックスのシェリルのパフォーマンスを堪能できただけでも見に行った甲斐はあったかもと思いました。
ただ映像はもう少しシャープネスが高くても良いんじゃないの?という画質で、音に関しても映画的サラウンドよりももう少し音楽寄りのセッティングのほうが楽しめるんじゃないの?と感じるシーンが多々あったので、もしかしたら BD 化された後に自宅で好きなスピーカを鳴らしながらのほうがもっと楽しめるかもしれないなあ、とは思いました。逆にそのあたりまでこだわってこの作品を上映している劇場があるなら、行ってみたいですね。上映期間中にもう一度観ても良いとすら思ったので。

それにしても今年はアニメ映画の当たり年か?というくらいに良い作品が続いていますね。もともとそんなにアニメ映画観る人じゃなかったのに、ここ 1 年くらい実写よりもアニメ映画のほうがよく観てる気が。

投稿者 B : 23:59 | Anime | Movie | コメント (0) | トラックバック

2009/11/24 (Tue.)

ロズベルグがメルセデス GP 入り

メルセデスGP、ニコ・ロズベルグの起用を正式発表 (F1-Gate.com)
ニコ・ロズベルグ Q&A:メルセデスGP移籍について (F1-Gate.com)
ノベルト・ハウグ、ニコ・ロズベルグ起用の理由を語る (F1-Gate.com)
ニコ・ロズベルグ、移籍はチーム買収前に決定していた (F1-Gate.com)

まあ事前情報どおり。バリチェロがウィリアムズ入りした時点でほぼ確定と見られていました。

ニコは現在の若手ドライバーの中ではヴェッテルの次くらいにチャンピオンに相応しい才能を持っていると思うので、がんばってほしいですね。個人的にはメルセデスになってしまったブラウン GP にはもうあまり興味がないけど(´д`)。
チームメイトも気になるところですが、少なくともミハエルはもうないだろうなあ。「サプライズ」も噂されてますが、ミハエルでなければもうライコネンだろうとヴェッテルだろうと驚きません(笑。万が一ジャック・ヴィルヌーヴとかピケ Jr. とかだったら、逆の意味で驚きますが(ぉ。

投稿者 B : 23:59 | F1 | Season 2010 | コメント (0) | トラックバック

2009/11/23 (Mon.)

聖女の救済

東野 圭吾 / 聖女の救済

4163276106

ガリレオの苦悩』と一緒に図書館で予約していた本が入荷したとの連絡を受けたので、借りてきました。こちらの待ち人数も同じくらいだったので、近い時期に回ってきたもよう。

この作品は、作中の時間軸的には『ガリレオの苦悩』の第一話「落下る(おちる)」と第二話「操縦る(あやつる)」の間くらいに位置するエピソードだと思われます。ガリレオシリーズ的には『容疑者 X の献身』に続く、二作目の長編。

「完全犯罪」「この事件の答えは虚数解」「草薙刑事の恋」といったキーワードから、もしかすると『容疑者 X』を超える傑作になるのか!?とワクワクしながら読みましたが、あまり科学とは関係のないオチでちょっと肩透かしを食ったこともあり、個人的には『容疑者 X』ほどではなかったように感じました。それでも、犯人の悲愴なまでの決意や登場人物の心理的な駆け引き、そしてガリレオ本人よりも内海や草薙の視点を中心に描かれるストーリー、といったところは十分に楽しめました。あと今まさに事業仕分けで話題になっている「スプリング 8」(和歌山のヒ素カレー事件の成分分析にも使われた放射光実験施設)が登場するところもタイムリーで興味深かったですね。

でもやっぱり東野圭吾の作品は心理描写にこそその真髄があると思います。個人的には『容疑者 X』以降の作品のほうが好み。続編にも期待ですが、違うシリーズも読んでみたくなってきました。

投稿者 B : 23:54 | Book | Novel | コメント (0) | トラックバック

2009/11/22 (Sun.)

近江町市場

田舎に帰ってきています。

この冬は年末年始の帰省をしないつもりなので、しばらく取れていなかった代休をつなげて少し長めに。奥さんと下の子はまだあまり外に出られないので、両親と上の子を連れて金沢にある妹夫婦の家(車で 1 時間程度)に遊びに来ました。
で、昨日は夕食の買い出しに、金沢駅近くにある市場でお買い物を。

近江町市場
近江町市場「いちば館」グランドオープン-73店出そろい新たなにぎわい (金沢経済新聞)

近江町いちば館

この春に再開発が完了してオープンした「近江町いちば館」。隣県なのに金沢市街に遊びに行ったことがほとんどなかったので、こんな街中に市場があるなんて知りませんでした(能登や輪島のほうに行かなければないと思っていた)。それが金沢駅の近く(徒歩 15 分ほど)のところにこんなに大規模な市場があると知ってびっくり。そして、連休なこともあってかものすごい人出にまたびっくり。

行ってみて思い出したんですが、確かこの市場はけっこうテレビにも出てますね。見覚えのある光景がちらほらという感じでした。

近江町いちば館

近海で獲れた鰤とか、

近江町いちば館

蟹とか、魚介類がたくさん。活気もあって、見て回るだけでも楽しいです。
私の地元は港町ですが、漁船や釣り船もあるものの貿易港で主にロシアの貨物船やタンカーの印象が強く、あまり市場には行ったことがなかったりするので、却って新鮮。

市場の中にはその場で魚介類を炉端焼やフライにして食べさせてくれるお店もあって、

近江町いちば館

この大振りのホタテ、バター焼きで¥300。烏賊焼きもまるまる一ぱいで¥300。生雲丹もひとつ¥400 と、買い物でなくお昼時に買い食いを楽しむつもりで来ても満足できそう。

ただ、鮮魚店だけでも数え切れないほどのお店が軒を連ねているので、どこのお店で買ったらいいか、さっぱり分かりません。我々は、妹一家のご近所さんがこの市場で働いているということで、そのお店で買いました。

で、夜はちょっとした海の幸パーティー。

近江町いちば館

あ、この蟹は上の写真の¥9,000 もする加能ガニではありません(´д`)。でも、そんなに高いものでなくても十分美味しいです。
ただ、魚の味を覚え始めた姪っ子たちが高級魚から順に手を付けていくので、なかなか私のところに回ってこないんですが(;´Д`)ヾ・・・。

投稿者 B : 23:08 | Gourmet | コメント (1) | トラックバック

 1 |  2 |  3 |  4 | all
« October 2009 | メイン | December 2009 »