b's mono-log

« ロズベルグがメルセデス GP 入り | メイン | 『光の 4 戦士』クリア »

2009/11/25 (Wed.)

劇場版 マクロス F 虚空歌姫 @チネチッタ

仕事帰りに観てきました。

劇場版 マクロス F 虚空歌姫 ~イツワリノウタヒメ~

劇場版 マクロス F 虚空歌姫 ~イツワリノウタヒメ~

いやー面白かった!というか楽しかった!!

テレビ版のリメイクという話だったので単なる総集編を見せられたらどうしようと若干不安だったのですが、完全なる杞憂でした。
基本的なストーリーの流れこそテレビ版を踏襲しているものの、全く別の作品に仕上がってます。いうなれば同原作の脚本違いというイメージで、テレビ版をひととおり観た人でも楽しめると思います。登場人物の絡み方も少しずつ違っていたり、そこでそう来るの!?という驚きの演出があったり、尺が限られているぶん物語の核心により近いところで舞台が展開するイメージ。それでいて総集編にならず、一本の作品にまとまっていて、テレビ版をベースに映画化した映像作品は数あれど、私が知る限りこの作品はその中でも最も良くできていると感じました。

映像に関してはフィルム上映(たぶん)のシネコンでは細かいところまでは分からないのですが、3DCG の処理がよりアニメらしくなっていてかなり違和感が軽減されています。テレビ版の第 1 話を観たときにはアニメパートと CG パートのギャップに慣れるまではどうも入り込めない感覚があったものですが、これなら比較的すんなり入っていけるかもしれません。まあ、BD 化されたときに直視型ディスプレイでドットバイドットで視聴するとまた印象が変わるかもしれませんが、かなり「馴染んで」きている印象を受けましたね。

しかし何と言ってもこの作品の核は音楽でしょう。菅野よう子は今回もまた良い仕事をした!テレビ版の音楽は比較的どれも王道を行く楽曲ばかりでしたが、今回は曲風に幅が出て、キャラクター(特にシェリル)を音楽の面からより深めることに成功していると感じました。そのまま帰りに『ユニバーサル・バニー』を買って帰ったほど(笑。
音楽と映像の迫力も相まって、映画の内容もさておき冒頭とクライマックスのシェリルのパフォーマンスを堪能できただけでも見に行った甲斐はあったかもと思いました。
ただ映像はもう少しシャープネスが高くても良いんじゃないの?という画質で、音に関しても映画的サラウンドよりももう少し音楽寄りのセッティングのほうが楽しめるんじゃないの?と感じるシーンが多々あったので、もしかしたら BD 化された後に自宅で好きなスピーカを鳴らしながらのほうがもっと楽しめるかもしれないなあ、とは思いました。逆にそのあたりまでこだわってこの作品を上映している劇場があるなら、行ってみたいですね。上映期間中にもう一度観ても良いとすら思ったので。

それにしても今年はアニメ映画の当たり年か?というくらいに良い作品が続いていますね。もともとそんなにアニメ映画観る人じゃなかったのに、ここ 1 年くらい実写よりもアニメ映画のほうがよく観てる気が。

投稿者 B : 23:59 | Anime | Movie

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« ロズベルグがメルセデス GP 入り | メイン | 『光の 4 戦士』クリア »