b's mono-log

« タジンよたび | メイン | シグマのレンズがいろいろと気になる »

2010/02/28 (Sun.)

パイロットのボールペンリフィル換装

ALESSI のリフィルをジェットストリームに換装してから、文房具の改造が妙に楽しくなってしまい(笑)Web を彷徨いながらいろいろと試行錯誤しています。

まずは愛用しているこのボールペン。

パイロット / ルアーノ BC-200R-BG

PILOT Ruano

このボールペン、前職を辞めるときに同僚に記念品としてシャープペンシルとセットでもらったものです。当時は職場の備品として会社のロゴ入りシャープペンシルやボールペンがたくさんあったので、あまりペンにこだわりを持っておらず、このボールペンが数少ない「ちょっといいペン」でした。今でも手帳に差して使ってます。

これに合わせるリフィルが同じくパイロットのこれ。

パイロット / BRFN-10F-B

PILOT BRFN-10F-B

「A-ink」と呼ばれるパイロット製の低粘度油性インクです。調べてみたところではジェストに並び評価の高い低粘度インクとのこと。改造して LAMY に入れてる人もけっこう多いみたいですね。

PILOT BRFN-10F-B

ルアーノに標準で入っているリフィルは「BRF-10F」というもの。型番から察するに BRFN-10F の前の型のようです。
新型はインクが進化した代わりに外装にはコストダウンの跡が見られますね。まあ中に入れてしまえば外装なんてあまり関係ないですが。

PILOT BRFN-10F-B

写真ではあまり違いが分からないかもしれませんが、書き味は滑らかさ・色の濃さ・掠れにくさのどれを取っても A-ink が明らかに上。リフィル換装でまるで別のボールペンになったかのように書きやすくなりました。

最近は基本的に国内メーカーならどこでも何らかの低粘度油性リフィルを出しているようなので、愛用のボールペンのリフィルを低粘度タイプに交換してみるのはかなりオススメ。高くても数百円の投資で大きな効果が得られます。多少のサイズ違いは改造で何とかする工夫も楽しいものです。

ちなみにこのリフィル、本当は別のボールペン用に買ってきたけど合わなかったので仕方なくルアーノに挿してみた、という真実は内緒です(´д`)。

投稿者 B : 20:49 | MONO | Stationery

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« タジンよたび | メイン | シグマのレンズがいろいろと気になる »