b's mono-log

« F1 2010 年のエントリーリストがようやく FIX | メイン | 写真派のためのパソコンがよく分かる本 »

2010/03/07 (Sun.)

Pelikan VIO

最近ボールペンいじりのために文具店に入り浸っているんですが、つい見つけて買わずにはいられなかったこの製品。

Pelikan / VIO ボールペン (シャンパンゴールド)

Pelikan VIO

微妙にスペルが違うけど、「VIO(ヴァイオ)」って言われたら(;´Д`)ヾ。デザインもシンプルで私好みだし、質感の割に安かった(¥2,000)のでつい。

Pelikan といえば今までもペリカーノを使っているので愛着のあるブランド・・・という割には最近あまり使ってないなあ。やはり私には万年筆はステータス以上の実用価値がないのかもしれません(´д`)。

Pelikan VIO

この VIO の特徴はノックボタンと一体化されたクリップ。なかなかおもしろいアイディアです。

カラーはシルバーもありましたがシャンパンゴールドにしました。最近シルバーよりもゴールド(いやらしい色味じゃなければ)が好き。
本当は「VIO」なら薄めのメタリックパープルとかも用意してほしいところ(笑。そしたらあと 3 本買います(ぉ。

Pelikan VIO

リフィルは汎用性の高い PARKER タイプなので、いろいろと交換がききそうです。とりあえず交換用に目をつけてるリフィルも既にあったりします。

Pelikan VIO

低粘度インクじゃないので書き味は普通ですが、標準リフィルでも掠れはあまりなく、悪くありません。でもジェストを知ってしまうともう低粘度以外のインクで書く気にはなれないので、このペンもリフィル換装を画策中。

投稿者 B : 21:00 | MONO | Stationery

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

« F1 2010 年のエントリーリストがようやく FIX | メイン | 写真派のためのパソコンがよく分かる本 »