b's mono-log

« NEX ファーストインプレッション (3) | メイン | もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら »

2010/05/18 (Tue.)

支那麺 はしご

こないだ NEX を見にソニービルに行ったついでに銀座でランチ。以前からいろんな人に勧められていた「はしご」に行ってきました。

支那麺 はしご 本店

支那麺 はしご ぱいこうだんだんめん

ラーメンの中では担々麺が一番好きです。いや、辛味好き的にはラーメンと担々麺は違うジャンルの食べ物だと断言してもいい(ぉ。学生時代、大学の正門正面にけっこう美味い担々麺の店があったので、学食と同じくらいの頻度で通ってました(笑。

このお店では、担々麺のことを「だんだんめん」と呼ぶらしいですね。中国語の発音だとこっちのほうが近いのかな?でも、メニューの名前が全てひらがなで書かれているので、却って分かりにくい(笑。

とりあえず排骨が載った「ぱいこうだんだんめん」をオーダー。

支那麺 はしご ぱいこうだんだんめん

ほんのりカレー風味の排骨が食欲をそそります。担々麺といえば挽肉が載っているものですが、ここのは太肉(叉焼)かオプションで排骨が載ってくるみたい。
麺はストレートの細麺で、博多系のとんこつラーメンに入っているタイプに近いです。
スープは、担々麺というと「辛くて分かりやすい味」というイメージが強いですが、ここのはいろんな香味が控えめに効いていて、ちょっと上品な印象。あまり辛くないのでラー油を足して調整しましたが、これなら大辛を頼んでも良かったかも。というか、メニューに辛味の調節とかご飯のおかわりとかについて記載されていなかった(ように記憶している)ので、システムがよく分からなかったのですが、あらかじめ分かっていたら大辛を頼んだんだけどなあ。

一般的な担々麺とはちょっと印象の違うものでしたが、これはこれで気に入った。今度銀座でご飯を食べる機会があったら、ここでだあろうだんだんめんの大辛を食べてみようっと。

投稿者 B : 00:46 | Gourmet | Ramen

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

あと、ここのラーメンのポイントとして
「化学調味料不使用」があります。
麵含め、自然の原料だけでつないでいるのがナイスです。

実際食べ終わったあと、変に口の中に味が残らないのですよね。
僕は、某寿司屋の大将に勧められて、この店の存在を知ったのですが(^_^;)

大将おすすめのラーメン屋のもう一軒あるのですが、
(有楽町電気ビルの地下。なんかスープが面白いとか)
そっちはまだ行った事ありません。今度攻めてみようと思っています。

投稿者 新の字 : 05/29 20:19

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« NEX ファーストインプレッション (3) | メイン | もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら »