b's mono-log

« 小さなお店のツイッター繁盛論 | メイン | F1 イギリス GP 2010 »

2010/07/11 (Sun.)

チャントル

先週公開された、ソニー製 BD レコーダで使えるというスマートフォン用アプリ「Chan-Toru」を使ってみました。

Chan-Toru beta | 開発中のアプリが楽しめる「体験空間」 | ソニー

Chan-Toru は一言で言えばスマートフォンから自宅の BD レコーダにアクセスして、録画予約ができるアプリです。私はそんなにテレビっ子ではないので、必ず録画するのは CS の F1 くらいなもんですが、例えば仕事中に気になる番組情報を知ったときに、今までなら奥さんにメールして録画しておいてもらうところ(笑)、自分でスマートフォンから予約できるのは便利そうだなと思い。
同じことは今までも So-net の「テレビ王国」を使えば携帯電話や PC からできたんですが、リモート録画予約のためにいちいち PC を起ち上げたり和式ケータイでちまちま操作する気にはなれませんでした。でもスマートフォンの操作性なら、扱いやすそうです。

Chan-Toru

アプリといっても Web アプリなんですね。まあ端末ローカルで処理することもないので、プラットフォーム問わずに使える Web アプリのほうが汎用性が高くて助かります。また、アクセスには独自の ID ではなく OpenID を利用するので、スマートフォンユーザーの多くが利用しているであろう Google のアカウントで使えるのもお手軽で良いですね。

あ、ちなみにスマートフォン用ということなので iPhone でも Xperia でも使えるのですが、私のメイン端末は iPhone 3GS なので、主に iPhone で使うことを想定しています。

BDZ-X95

BD レコーダ側はインターネットに接続さえされていれば、Chan-Toru 側で表示される番号を入力するだけで登録完了。登録した OpenID に紐付いた形で「SmartPhoneUser」というユーザーが登録されるので、一度登録してしまえば複数端末からアクセスできるようになる簡単さです。

Chan-Toru

メニューの一番上、「放送中の番組リストを見る」を選択すると、現在放送中の番組が一覧で表示されます。

Chan-Toru

そこで、番組名を選択すると、番組の詳細情報や Twitter 上の話題をチェックしたり、そこから BD レコーダに録画の指示を出すことが可能。実際に試してみましたが、録画指示を出して数秒で録画が開始されたので、ほぼリアルタイムで反応してくれると思って良さそうです。

「Twitter で検索する」という機能は、トレンド的には面白そうな機能だと思いましたが、実際の動作としては「#ntv」「#tvasahi」などテレビ局名のハッシュタグを拾って時系列に表示するだけで、さすがに番組名等のハッシュは拾わないっぽいです。
ちょっと使いどころが難しい機能ですが、例えばテレビっ子な人なら「放送中の番組リスト」のほうで全チャンネルを俯瞰して、最もツイート数の多いチャンネルが盛り上がっていそうだから視聴または録画する、というような使い方は楽しめるかもしれません。

Twitter を活用してリアルタイム視聴をもっと楽しむ、という用途ならこういう使い方はアリだと思いますが、一般的にはやはり番組表をベースに少し先の番組を予約するような使い方が多いはず。例えば Twitter で「来週 BS hi で『スター・ウォーズ』全 6 部作の HD マスター一挙放送らしいよ」という噂を聞いたら忘れないうちにその場で録画予約する、とか。

Chan-Toru

しかし、番組表は残念ながらアプリ内ではなくブラウザで「テレビ王国」を表示しての操作。Xperia や iPhone 4、もしくは iPad のような高解像度の端末ならまだしも、iPhone 3GS の解像度ではちょっと厳しいです。画面の拡縮が容易とはいえ、こういう用途となると途端に iPhone 4 が欲しくなりますね・・・。
このあたりはまだまだ発展途上のβ版、ということで、いずれアプリ内に取り込まれて低解像度なスマートフォンでも扱いやすくなることに期待です。

Chan-Toru

テレビ王国側の番組詳細画面からは、レコーダの録画モードを指定して録画予約をすることが可能。関連する録画予約についても表示してくれるのが助かります。ただ、(これはアプリ内で録画指示できる現在放送中の番組についても同じですが)録画設定は「録画 1」のチューナに対してしか行えず、「録画 2」を指定することができません。これだと既に同時間帯に録画予約をしていて同時録画にするとか、自宅にいる家族が観ているチャンネルを邪魔しないように裏録にしておくといったことができないのが非常に残念。ここは何とかしてほしいところ。

あと、これは私の環境だけの問題かもしれませんが、iPhone 3GS(iOS 4 にアップデート済み)の Safari でこの画面から録画予約しようとしたら、「リモート予約を実行する」ボタンをタップしたところでブラウザの画面が真っ白のまま進まなくなり、録画予約ができませんでした。Safari の履歴を削除したりセキュリティ設定を変更したりしてみたのですがダメ。でも iPad の Safari からだと正常に予約できたので、「iPhone だからダメ」というわけでもなさそうな気はしますが。とりあえずリモート予約がしたいときには Xperia を使うことにします。

また Chan-Toru では録画予約だけでなく、既に投入されている録画予約や録画済み番組の管理もできるようです。

Chan-Toru

録画済み番組の一覧を表示させてみたところ。私が自分で録画した番組と、娘用に録画したアニメが混在してカオスな状態になってます(´д`)。リストは時系列の一覧表示とワード検索しかできないのですが、せめてカテゴリ表示くらいさせてほしいところ。

この一覧から操作できるのは録画済み番組の情報表示と番組削除くらいで、「リモートで録画予約したいけど HDD の空きがないから何か削除しなくてはならない」ときの対応用という位置づけなのでしょう。でも、こうやって一覧が見えるとそこからロケフリ的にリモート再生したくなるのが人情というもの(笑。技術的というよりは DRM 的な理由で難しいのだと思いますが、そういう使い方をしたいユーザー心理は我が儘じゃないですよね?

ということで、まだまだ発展途上のアプリ、という部分は大いにありますが、今後がけっこう楽しみなアプリだと思います。Twitter 連携とか、進化のさせ方と使い方次第では普段テレビを観ない人に新しいテレビの楽しみ方を提案できるんじゃないかなー。

投稿者 B : 23:59 | Audio & Visual | Visual

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« 小さなお店のツイッター繁盛論 | メイン | F1 イギリス GP 2010 »