b's mono-log

« August 2010 | メイン | October 2010 »
 1 |  2 |  3 |  4 | all

2010/09/30 (Thu.)

ニンテンドー 3DS 正式発表

任天堂、「Nintendo Conference 2010」で3DSの発売日と価格を発表 -GAME Watch

3 月の予告からだいぶじらされた感じのニンテンドー 3DS がようやく正式発表。クリスマス商戦向け・・・と思いきや、年をまたいで来年 2/26 の発売になるもよう。
価格も¥25,000 と、最近のポータブルゲーム機の相場からすると 1 万円ほど高く、PSP go 並み(というのも何の基準にもならないけど(ぉ))になっています。

価格に関しては、裸眼立体視液晶という商品としては今までにほとんど存在していないものであることを考えると、逆ざやまでいかないにしても当初はあまり利益は出ないんじゃないでしょうか。という原価起点で考えると「がんばった」価格帯だと思いますが、ポータブルゲーム機に払う金額として考えると、感覚的にはちょっと高い。当分の間は現行の DSi と併売し、子どもやライトゲーマー向けには DSi、アーリーアダプター向けに 3DS という売り方をしていくのでしょう。発表されている 3D タイトルもやや対象年齢層が(DS のタイトルにしては)高めに見えるので、任天堂としても意図してのことだと思います。たぶん、ラブプラスが最大のキラータイトルになるんでしょう(笑。

私はいまだに DS Lite なので、価格次第では 3DS に買い換えを考えていましたが、それほど惹かれるタイトルもないし、しばらく様子見かなあ。とか言いつつ気づいたらラブプラスにハマっていたりして(ぉ。

投稿者 B : 00:03 | DS & GBA | Game | コメント (0) | トラックバック

2010/09/29 (Wed.)

NEX-5 のキャリングポーチ(とりあえず)

唐突ですが、NEX のケースって何を使っていますか?

私は休日の撮影や外出であれば去年買った CLUMPLER の 4 ミリオンをかなり重宝しています。でも、平日の通勤バッグに突っ込んでおくためのケース/ポーチに、なかなかいいのがない。

速写ケースや本体ぴったりサイズのケースだと、装着するレンズに制限が出てくるし、そもそもそういう系のケースは 16mm のパンケーキレンズ装着を想定したものばかりで、18-55mm やマウントアダプタ+オールドレンズといった組み合わせに合うものがなかなか見当たりません。
そこでラッピングクロスの出番なのですが、あれは包むものの形状にとらわれないのとしまうときにかさばらないのはとても良いけど、包むのが案外面倒。カメラの出し入れが多そうなときにはちょっと億劫だったりします。
そこでできるだけ汎用性を持たせつつ、出し入れもしやすい、となると、結局このあたりに落ち着くんですよね。

ハクバ / トリコットスエードポーチ

トリコットスエードポーチ

安くて、シンプルで、質感が好みで、上記の私の要件を満たす、となると、このくらいしか解がないように思います。サイズはいろいろ試行錯誤した結果、ボディ+レンズ 1 本をつけて入る最小サイズが S。パンケーキを入れておくための SS をひとつと、パンケーキ以外のレンズを入れておくためにもうひとつ S サイズを。

トリコットスエードポーチ

ただ、SS サイズは本当に小さくて、パンケーキレンズを入れるとこんな感じ。

トリコットスエードポーチ

レンズフィルタなしだとフロント/リヤキャップをつけてもちょうど入るくらいなんですが、フィルタをつけるとかなりギリギリ。グイッと押し込んでやらないと入らないくらいです。このまま使っても良いんですが、何か他のモバイルガジェット用ポーチに転用しようかとも思っています。サイズ的には光ポータブルあたりがちょうど良い感じ。

S サイズはかなり汎用性が高いので、NEX ならば長玉をつけなければだいたいレンズを装着したまま突っ込んでおけそうです。
でも、NEX のレンズ(18-55 や 16mm パンケーキ)単体を入れておくにはちょっと余裕がありすぎ。S と SS のサイズ差が大きいので、できればこの中間くらいのサイズが欲しい気が。

ともあれ、とりあえずのつもりで買ったわりに、これ以上に私の要件を満たすケースやポーチがなかなか見当たらないので、このまま使い続けることになるような気もします。

あと、CONTAX G や Y/C レンズをつけたときのデザインバランスをとる意味で、何か革製のボディスーツをひとつ買ってやりたいと思っていたりするのですが、それはまた追い追い。

投稿者 B : 00:29 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2010/09/28 (Tue.)

彼岸花

彼岸花

[ Sony NEX-5 / Carl Zeiss Planar T* 45mm F2 G ]

この夏は珍しく人工物ばかり撮っていたので、久々に植物写真。特に彼岸花はこの時期しか撮れませんからね。

今年は近所にたくさん彼岸花が咲く場所を見つけてしまったので、「これぞ Planar」という画をちょっと狙ってみました。

投稿者 B : 01:23 | NEX-5 | Photograph | Planar 45/F2 G | コメント (0) | トラックバック

2010/09/27 (Mon.)

F1 シンガポール GP 2010

シンガポールGP決勝:アロンソ2連勝!ハミルトンはリタイア - GPUpdate.net

チャンピオン争いも佳境に入ってきた中、シンガポールのナイトレースはアロンソがポールトゥフィニッシュで優勝を飾り、ポイントランキングでも 11 点差の 2 位に浮上しました。

レッドブル勢の予選でのまずい戦略に助けられた側面はあるものの、決勝では良いスタートを切った 2 位のヴェッテルを抑え込み、最後まで守りきったドライビングの勝利といって良いでしょう。
フェラーリの夏休み前後からのマシンパフォーマンスの伸びは目覚ましいものがありますね。マクラーレンのマシン性能が伸び悩んでいることもありますが、これといった特長もない代わりに優等生的なマシン特性がここにきて「どんなサーキットにも強い」という強みに変わりつつあります。トップスピードは速いけどコーナリングで劣るマクラーレン、逆にコーナーは速いけどスピードの伸びがないレッドブル、この 2 台に対してどのサーキットでも伍せるというのは、これだけ混戦になってくると大きい。もちろんアロンソのドライビングあってのものだとは思いますが。
ポディウムや公式会見の場でアロンソが醸し出す雰囲気はもはや「王者」を通り越して「王様」といったほうが相応しいくらいの貫禄を感じさせます(笑。ルノー時代のようにフェラーリがアロンソを中心に一体化したチームにまとまってきたことと、クルマが良くなってきたことで自信に満ちあふれた状況にあるからでしょうが、傍から見ていて現在最もチャンピオンに相応しいのは彼しかいないと思ってしまうほど。

いっぽうでウェバーに仕掛けた挙げ句接触でリタイアしてしまったハミルトンは痛恨のノーポイント。一応、ウェバーに対しては 20 ポイント差の 3 位につけていますが、ここでノーポイントというのは非常に痛い。もうマクラーレンに有利なサーキットがほとんど残っておらず、さらにマシン性能ではフェラーリに後れを取り始めた今、チャンピオンシップで最も窮地に立たされたのはマクラーレンの 2 人のような気がします。

ヴェッテルは・・・本来であればアロンソのポールトゥウィンはヴェッテルが果たしていたはず、と言っても過言ではないくらい、下馬評としては高かったのが、予選でのチーム戦略のまずさで 2 位がやっと。それでもウェバーとのポイント差を詰めることができたとはいえ、彼のチャンピオンへの挑戦権は鈴鹿で文句なしの完勝を果たして初めて与えられると言っていいでしょう。
いっぽうでウェバー。なんだかんだでセーフティカーを味方に付け、ピット戦略で 3 位表彰台。F1 のチャンピオンは「挑戦権のあるドライバーのうち、最もミスをしなかった者に与えられる」が近年のセオリーですから、このレースでもダメージを最小限にとどめたのは立派でしょう。ポイントランキングが示すとおり現在最もチャンピオンに近い存在であるのは間違いないですが、個人的には最近の流れを見るとアロンソかな・・・と感じています。

今回、山本左近がクリエンに HRT のシートを奪われたことでまた唯一の日本人ドライバーとなった可夢偉は・・・残念すぎる。クレバーなペースコントロールと果敢なオーバーテイクでポイント圏内に届いたところでのクラッシュ。単独クラッシュではありましたが、直前にミハエルと接触した影響も考えられます。状況が明らかになっていないところで推測を語ってもしょうがないですが、ミハエルはその後ハイドフェルドとも接触してセーフティカーの原因を作っていたり、先日のバリチェロとの一件もあることから、オーバーテイク絡みの心象は相変わらず良くないですね・・・。
さておき、可夢偉は走り自体は良いものを見せてくれているので、この勢いを保ったまま鈴鹿に臨んでくれることを期待します。

次は鈴鹿。いよいよ 2 週間後です。今年は(昨年に引き続き)現地には行けませんが、今年もチャンピオンシップが盛り上がったさなかで開催される日本 GP、今から楽しみです。

投稿者 B : 01:30 | F1 | Season 2010 | コメント (0) | トラックバック

2010/09/26 (Sun.)

Honda Collection Hall (2)

昨日に引き続き、ホンダコレクションホールの写真を掲載します。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

インディジャパンの期間中ということもあって、コレクションホールでは特別展示としてインディカードライバーたちのヘルメットを多数展示していました。
写真はおなじみ佐藤琢磨のヘルメット。デザインは F1 時代から変わっていませんが、バイザーに KV レーシングのロゴが描かれていたり、スポンサーロゴが全くないシンプルな状態だったり、F1 のときのヘルメットとは少し雰囲気が違います。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

TS ロゴが描かれたヘルメットの後ろ側。このアングルだと F1 時代と変わらないですね。
下の方に描かれているロゴはスポンサー、ではなくこのヘルメットのデザインを手がけたスタジオ コメのロゴ。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

こちらはもう一人の日本人ドライバー、武藤英紀のヘルメット。やっぱりレーサーのヘルメットにはスポンサーロゴが入っていたほうが華やかですね。ただ、Panasonic ロゴは HONDA よりも TOYOTA ロゴとの組み合わせのほうがしっくりきますが・・・。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

インディのマシンも展示されていました。インディには詳しくないのですが、調べてみたところパノスチームのバディ・ライスが 2004 年にインディ 500 を制したマシンとのこと。F1 と比べると車高は低いし、フロントウィングは吊り下げ式じゃないし、同じオープンホイールでもずいぶん枝分かれして進化してきたマシンという印象を受けますね・・・。というか、F1 がスピード抑制のためにレギュレーション改定を繰り返して進化してきた異形のマシンなのかもしれませんが。
インディは今でこそダラーラによるワンメイクシャシーですが、当時は複数コンストラクターが存在していたようで、このマシンは G フォースというシャシーメーカー製のマシンのようです。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

こちらは同じく 2004 年、アンドレッティチームのトニー・カナーンのマシン。トニー・カナーンはチャンピオン経験者なので私でも名前を知っているくらいですが、セブン-イレブンデザインのフォーミュラカーって F1 じゃあり得ない(笑。
インディはワンメイクなこともあってかテクニカルレギュレーションの変更もマシンの進化も激しくはないらしく、今年のマシンと比較しても違いがほとんど分かりません。私は F1 のテクニカルな側面も好きなので、こうなったら楽しみ半減だろうなあ。頼むからエンジンワンメイク制とかレギュレーションに導入しないでほしい(´д`)。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

こちらは 1981~82 年の F2 マシン、マーチ・ホンダ 812。JPS カラーなので一瞬セナが初優勝を飾ったロータス・ルノー 99T かと思いましたが、よく見たら F2 で中嶋悟がチャンピオンを獲得したときのマシンでした。JPS の黒地にゴールドのカラーリングは見栄えがするので、私はけっこう好きですね。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

スーパー GT、カストロール無限 NSX。2000 年のチャンピオンマシンです。今年のホンダはスーパー GT へは新車 HSV で参戦しているので、このクルマが走ってる姿は残念ながらもう見られませんが、スーパー GT のレースはもてぎか富士あたりに一度撮影がてら観戦しに行きたいところ。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

こちらは市販車。F1 と同じアイボリーホワイトが眩しい、NSX-R です。初代 NSX が発表された当時、私はまだ中学に入ったばかりでしたが、子ども心にすごく興奮したことを未だに憶えてます。タミヤのプラモとか作ったなあ(笑。
既に生産完了から 5 年が経過しましたが、一生のうちに一度でいいからハンドルを握ってみたいクルマです。

ちなみに二輪車もたくさん展示されていましたが、あまり興味がないので省略(ぉ

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

ホンダが作っているのはなにもクルマやバイクばかりではありません。二足歩行ロボットへの取り組みはもう 25 年もの歴史を誇ります。写真は二足歩行ロボットとして胴体・腕まで実装した初めての試作機「P1」。世の中に発表されたのは次世代の「P2」だったかと思いますが、この P1 こそ歴史的に意味のあるロボットだと思います。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

そしてこれが現在の ASIMO。P1 は私の身長よりも大きく、いかにも重そうで、実験機的な風貌をしていますが、ASIMO は人間の子どもくらいの身長しかなく、ボディも柔らかいラインで包まれています。
二足歩行ロボットはまだまだ我々の世の中に広く役に立つというレベルには達していませんが、こうやって開発の歴史を見てくると、なんか想像していた未来がもうすぐそこに来ているような感覚にさせられます。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

去年の東京モーターショー直前に発表された自立制御型一輪車「U3-X」のデモが行われていました。が、すごい人だかりで、NEX のバリアングル液晶で捉えるのがやっとで、肉眼で見ることはできず(;´Д`)ヾ。でもこれが本当に自立して、乗った場合でも体重移動だけで動いてくれ(それも前後だけじゃなく左右も!)、両手がフリーになるというのは、現物を見るとあらためてすごい。原付くらいの値段で発売されたら間違いなく買っちゃうと思います。

動画を撮ってくるのをうっかり忘れてしまったのですが(汗)、YouTube に上がっていた動画を参考までに貼っておきます。

という感じで、インディ観戦でくたびれ果ててはいましたが、コレクションホールの中もみっちり堪能させていただきました。ただ市販車はあまりじっくり見る元気がなかったので、もう少し元気があるときに改めて来たいかも。来年のインディかスーパー GT で再訪するチャンスを今から狙っておきたいと思います。

投稿者 B : 00:03 | F1 | NEX-5 | Photograph | Sony E 18-55/F3.5-5.6 OSS | コメント (0) | トラックバック

2010/09/25 (Sat.)

Honda Collection Hall (1)

インディジャパンに行った帰りに、ツインリンクもてぎ内にあるホンダコレクションホールを見学してきました。

Honda Collection Hall

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

ホールに入っていきなり我々を迎えてくれたのは、本田宗一郎の有名な『夢』のサイン。ガラスに刻まれていて、この向こうにホンダ黎明期のクルマや F1 マシンが並び、夕方には夕陽を受けて朱に染まる様子には、ホンダファンならばグッとくるものがあります。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

その『夢』の後ろにディスプレイされているホンダの F1 初参戦マシン、RA271。実物を見るのは私もこれが初めてで、ちょっと感激。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

こちらは 3F に展示されていた、第一期ホンダ F1 初優勝を飾った記念すべきマシン「RA272」のリッチー・ギンサー車です。
ここに展示されているマシンの多くが動態保存のためにレストアされており、実際に走行できるということに、ホンダのレーシングカーへの愛を感じます。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

こちらは元ワールドチャンピオン、ジョン・サーティースが駆った RA300。ホンダ F1 の 2 勝目を飾ったという、これも有名なマシンですね。
1967 年のマシンですが、この当時の F1 はサイドポンツーンのない葉巻型のボディ、剥き出しのエンジン、溝つきのタイヤでウイング類はほぼ一切なし、と今の F1 とは全く違うカタチになっていて、比較するととても興味深いです。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

一気に時は流れて 1983 年、第二期ホンダ F1 が活動を始めた年のこのマシンはスピリット・ホンダ 201C。第二期といえばウィリアムズやロータス、マクラーレンがあまりに有名で、このスピリットのマシンはそれほど知られていませんが、ホンダ F1 の黄金時代はここから始まったと言っても過言ではありません。
でも、このクルマではほとんど目立った成績は残せていないんですよね。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

そしてスピリットからウィリアムズへとパートナーを代えたホンダの快進撃がここから始まります。ノーズに輝く赤いナンバー「5」は、言わずもがな「サーキットの荒法師」(懐)ナイジェル・マンセルのウィリアムズ・ホンダ FW11 です。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

その翌年にアイルトン・セナと中嶋悟という日本人にとってのゴールデンコンビが乗った、ロータス・ホンダ 99T。この車体は中嶋悟のものですね。
ロータスのオリジナルカラーは今年のロータス F1 や KV レーシングの佐藤琢磨車のような「ブリティッシュグリーンにイエローライン」が伝統ではありますが、この時期から F1 を観始めた私にとっては、ロータスといえばこのキャメルイエローだったりします。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

そしてこれはホンダ最盛期、16 戦中 15 勝を飾ったマクラーレン・ホンダ MP4/4。ベルギー GP でのセナのウィニングカーそのものです。
MP4/5 は 5 年前に「本田宗一郎と井深大 展」で展示されていたものを見たことがありますが、MP4/4 の実車はこれが初めて。感激。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

このクルマはセナが 1 度目のワールドチャンピオンを獲得したクルマでもあります。
このシートに実際にセナが座っていたんだなあ・・・。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

また一気に時代は流れ(残念ながらマクラーレン・ホンダは MP4/4 しか展示がなかった)、今度は第三期 F1 のジョーダン・ホンダ EJ12。2002 年に佐藤琢磨が日本 GP で 5 位入賞したマシンですね。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

佐藤琢磨が大活躍した 2004 年の B・A・R ホンダ、BAR006。日本人 2 人目の F1 での 3 位表彰台を獲得したのもこのマシンです。この当時は翌年の低迷とチーム離脱を誰が予想したでしょうか・・・。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

BAR007 はすっ飛ばして、オールホンダ初年度の RA106 が展示されていました。第一期ホンダ F1 を彷彿とさせるアイボリーホワイトのボディに日の丸を彷彿とさせる "Racing Revolution" のロゴに強い思い入れのあるマシンです。ハンガリー GP での初優勝のシーンは、今でも思い出すと目頭が熱くなるほど。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

デザイン的には BAR005 あたりからずっと順当進化で来ていますが、このマシンはひとつの完成形といえる形状をしていますね。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

翌年の RA107。空力的に大きな賭けに出たのが全くの裏目に出てしまった、オールホンダ 2 年目のマシン。このクルマには全く良い思い出がないですね・・・。RA106 ベースのスーパーアグリ SA07 の活躍のほうが印象に残っています。

Honda Collection Hall

[ Sony NEX-5 / Sony E 18-55mm F3.5-5.6 OSS ]

このマシンは "myearthdream.com" のマーケティングで本体に地球のイラストが描かれましたが、募金活動を行って賛同者の氏名をマシンに刻むという試みもやっていました。が、これは 1991 年のコローニ(予備予選すら通過できなかった弱小チーム)が個人スポンサーを募ってマシン上にその名前を載せていたのを思い出させて、あまり好きになれなかったなあ。
この地球デザインのマシンはレースごとに描かれる地球の角度が違うのも話題になっていましたが、このノーズ中央に日本が描かれているのは富士日本 GP 仕様です。

ホンダつながりでスーパーアグリのマシンも展示されていることを期待しましたが、残念ながら 1 台もなし。チーム消滅の際に破産管財人にでも押さえられて、ホンダには残っていないのか・・・SA06・SA07 あたりはぜひ実写を見たかったので、とても残念です。

コレクションホールの写真は他にもたくさん撮ってきてしまったので、明日に続きます。

投稿者 B : 00:15 | F1 | NEX-5 | Photograph | Sony E 18-55/F3.5-5.6 OSS | コメント (2) | トラックバック

2010/09/24 (Fri.)

iPhone を光ポータブルで運用する

絶賛愛用中の光ポータブルですが、意外にも(?)最も使用時間が長い端末は iPhone だったりします。

光ポータブル

光ポータブルで使っているイー・モバイルの SIM は、iPhone の SBM 回線と同様に HSPA。でも SBM よりは EM 回線のほうがカバーエリアも通信速度も良いようで、iPhone を SBM 回線よりも多少快適に使えるようになりました。
特にカバーエリアは iPhone では大きな安心感と利便性を得られており、SBM 回線が圏外、もしくはアンテナ 1 本の状況でも快適に通信できる気持ち良さは、今まではなかったもの。ただ、イーモバ回線側の電波状況が iPhone から確認できない(Safari から光ポータブルの設定画面を覗きにいけば確認できるけど)のはちょっと不便ですが、それでも SBM 回線よりは常に電波状況が良いので(笑。

なぜか山手線・京浜東北線の線路上は iPhone 3GS の回線の掴みが弱い気がするのですが、これもイーモバ回線なら全然 OK。光ポータブルの恩恵は、これが最も大きいかもしれません(笑。
少し前ならイーモバのカバーエリアには穴が多い印象だったけど、穴の少なさ・通信速度ともに SBM より良いな、これは。

体感的には SBM 回線で使うより少し速くなったような気もするけど、実際のところどうなの?というのを Xtreme Labs の Speedtest アプリで計測してみました。

Xtreme Speedtest

SBM 回線だと下り 750kbps、上り 44 kbps、レイテンシは 250msec といったところ。場所によっても違うとは思いますが、回線の理論速度からすると決して速いとは言えず、特に上りの遅さはこりゃ Twitter での写真アップロードでイライラするわー、という数値です。

Xtreme Speedtest

光ポータブル+イーモバ回線では下り 1103kbps、上り 138kbps、レイテンシ 80msec なので明らかに SBM より良いです。下りで約 1.5 倍、上りでは実に約 3 倍のスピードが出ており、iPhone で Safari や Twitter を使っているときの自分の体感速度差もこれくらいの感じ。

最近ではもうすっかりイーモバ回線でしか iPhone を使わなくなってしまいました。SBM 回線を使うのは、イーモバの電波が入らなくて SBM が入る場所のみ(それもかなり少ないけど)。
iPhone は GPS 機能が便利なので、これをもって次からは iPod touch にしようとは思いませんが、来月以降の SBM の請求金額がこれで下がってくれることを密かに期待していたりします。

投稿者 B : 00:30 | Mobile | Mobile Network | iPhone & iPad | コメント (0) | トラックバック

2010/09/23 (Thu.)

劇場版 機動戦士ガンダム 00 @チネチッタ

観てきました。

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-

機動戦士ガンダム 00 -A wakening of the Trailbrazer-

まだ公開から日が浅く、しかもこの映画について語ることはネタバレを避けて通れないので、念のためネタバレ防止策を入れておきます。










2 期にわたったテレビシリーズは、最初のうちはあまり期待していなかったんですが、なんだかんだでハマってしまい、トランザムのバーゲンセール状態(笑)から始まった戦力の異常インフレとか、戦術予報という名の力押しによる戦闘(ぉ)とか、脳量子波交信による裸祭り(ぉ)とか、いろいろとツッコミどころはありながらも、全体としてみるとけっこうおもしろいと感じていたのは事実です。概念というか理想そのものになろうとする主人公・刹那の言動に共感するところもあり。なので、テレビシリーズで散々張り巡らされた伏線にどうオチをつけるのか?という興味もあって、劇場公開はけっこう楽しみにしていました。

この作品はテレビシリーズの頃からアーサー・C・クラークとの『2001 年宇宙の旅』や『2010 年』の影響を色濃く受けており、SF ファン的な面でもいろいろと刺激される部分はありました。が、劇場のスクリーンに映し出されるにあたり、これらの映画へのオマージュと言えるような映像がふんだんに盛り込まれており、かなり狙ってるなー、と感じます。また、『逆シャア』へのオマージュと思われる箇所もいくつか紛れていて、SF とガンダムを愛するクリエイター達が自分たちの好きな映像を作りたかったんだろうな、というのが画面の隅々から伝わってきました。

しかし、この映画は、いわゆる「ガンダム」のフォーマットではなく、むしろ SF 映画、中でも宇宙人とのファーストコンタクトものの典型的な手法で描かれています。未知の異星体「ELS」の恐怖を描いた前半なんかは、特に SF ホラー的な要素が強い。
「ガンダム」の名がつく作品の中でこういった表現を行うこと自体には挑戦を感じましたが、『2001 年』『2010 年』をベースにあのアニメやあのアニメ、あの映画・あの映画・あの映画あたりを掛け合わせてガンダムで割ったような感じの「なんか見覚えのある」設定や映像も多く、そこまでの新規性は感じませんでした。

ストーリーに関しては、「戦争根絶と相互理解」をずっと掲げてきた『ガンダム 00』というシリーズなら、完結編はこういう結末しかあり得ないんだろうな、という至極真っ当なまとめ方になっています。が、ちょっと唐突すぎるというか、「本当にこれで良かったの?」と感じるところもあり、同じ余韻を持たせた終わり方をするのであれば『逆シャア』のようなまとめ方もあったんじゃないか・・・と思います。でも、今までのどのガンダムでも描けなかった結末を、制作陣は描きたかったんだろうな、というのは理解できる。
でも、私の他にも観終わった後になんか複雑な顔をしているお客さんが多かったので、これはきっと賛否両論が分かれる作品であることは、間違いないと思います。結末だけでなく、途中にも「えっ?」という場面がいくつもあって、多少のことでは呆れないつもりで臨んだ私ですら、4~5 回はお口があんぐりしてしまったのは事実。幕引き後の気分としては、『まごころを、君に』を見終わった瞬間の気分に通じるものがありました(あそこまでひどくはないにしろ)。

戦闘シーンの描写は非常に派手でスピード感もあり、速すぎてちょっとついていけなくなりそうなくらい気合いが入っています。といってもマクロス的なミサイルとビームの世界なので、逆シャアのような白兵戦の醍醐味がないのが、私にはちょっと物足りないですが。

総じて、演出や映像はとても良かったけど、肝心の脚本がちょっと・・・。なんというか、「劇場版ガンダム」として見た場合には、こういう作風はサイドストーリーや外伝ならアリだろうけど、本流の完結編としてはもっとスッキリしたものが求められているんじゃないかな?と思います。

まあ作品に納得いってなくても映像的にもう少しじっくり観たい部分もあるから、BD 出たら買うと思いますけどねー(笑。

投稿者 B : 00:00 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック

2010/09/22 (Wed.)

α/NEX @photokina 2010

ドイツ・ケルンで photokina が始まっていますね。

やっぱり photokina イヤーは各社ともに気合いが入っていて、カメラファンとしては楽しい限り。特に富士フイルムの X100 あたりはいろんな意味で興味深いモデルですが、そのあたりは先日 Twitter でツイートしたので省略(人はそれを手抜きという

いろいろなニュースがあった photokina ですが、キヤノン・ニコンに目新しいニュースがなかったこともあり、私が最も興味を引かれたのはα/NEX でした。

ソニー、フォトキナ2010でEマウントレンズ7本を参考出品 - デジカメWatch
進化する"α"Eマウントシリーズの世界 | デジタル一眼カメラ"α"(アルファ) [Eマウント] | ソニー

主なトピックはこんな感じ。

■レンズロードマップの公開

2011 年に 4 本、2012 年に 3 本の E マウントレンズが予定されているとのこと。待望の Carl Zeiss、G レンズも含まれているのに激しく期待!
ただ、ちょっと残念なのはどのレンズもあまりコンパクトではなさそうなこと(それでも A マウントレンズよりは小型だけど)。モックを見る限り、マクロらしきレンズ以外はどれも E 18-55mm と同等かそれ以上の長さがありそうで、せっかくの小型ボディとのバランスを考えるともっと小さく作ってほしいところです。まあ、いくらボディがコンパクトでも APS-C センサなので、画質を考慮すると光学的にはある程度のサイズが必要なのだろうとは思いますが。

いずれにしても、今までのα(A マウント)ではレンズのモックアップが公開されても発売時期までは言及されないことがほとんどだったので、年単位でも具体的な時期が明らかにされたのはポジティブに受け止めたいです。

■カラーバリエーションの参考出品

NEX-5・NEX-3 それぞれに 4 色ずつのカラーバリエーションが参考出品されています。このまま全部出てくるということは考えにくいですが、反応の良かった色に関して後から 1~2 種類くらい追加で発売、ということはありそう。
というか NEX-5 に CONTAX G 用ツァイスレンズにピッタリなシャンパンゴールドっぽいカラーがあるよ!!!これは出たら追加で買ってしまいそう。でもレンズロードマップ上のツァイス・G レンズはブラック鏡筒になるようなので、これはブラックボディも買えということか(ぉ

■ファームアップによる操作性の向上

キタ!!!

ソフトキーのカスタムアサインは絶対に欲しいと思っていた機能ですが、これがようやく実現されます。また、カーソルキーの回り込み(メニューの一番下←→一番上の行き来)ができるようになったり、ラストカーソル記憶設定が可能になったり、むしろ発売時点から当然実装しておくべきじゃないの?というものも見受けられますが(笑)、操作性の改善は素直に歓迎したいです。これで操作上のイライラが軽減されることを期待。

■ファームアップによる A マウントレンズの AF 対応

これもキタ!!!!!

長らく待望していた A マウントレンズ(マウントアダプタ LA-EA1 経由)の AF 対応。SSM/SAM レンズに限られますが、これで A マウントレンズも積極的に NEX で使ってやることができるようになります。
私の手元にある SSM/SAM レンズは今のところ 70-300G のみですが、私は E マウントの望遠レンズを持っていないので、これが使えるだけでも非常に助かります(手ブレ補正がない、という弱点はあれど)。

あと、AF 対応したら A マウントのマクロレンズを買おうと思っていたけど、ロードマップで E マウントのマクロレンズが予告されてしまったので、どうしようかと(´д`)。

■α700 後継機の続報

今年の CP+ でモックが出品されていた中級機の情報が少しだけアップデート。噂されていたとおり APS-C 機であることとα55/33 同様の透過ミラー方式であることが確定情報となりました。あとは縦位置グリップのモックが登場したことと、もしかしたら DT の標準レンズがモデルチェンジする可能性もあるようです。少なくとも名称は「α77」で決まりっぽいなー。
α55/33 の EVF は実機に触ってみて十分実用になると感じましたが、同時にまだまだ弱点もあることは間違いないので、この中級機のリリースまでに EVF をどこまでブラッシュアップできるかがカギでしょう。発売時期は来年の PMA で正式発表→春発売となるか、来年末まで引っ張るか。

私はそろそろα700 のリプレースが欲しいと思っていますが、仮にα77 を買うとしても、光学ファインダを覗きたいときにはα700 も引き続き使うと思います。新機種が出たからといって、機能的に陳腐化はしても旧型の画質が悪くなるわけではないですし。

ということで、相変わらず勢いの止まらない NEX はすごいですね。噂されていた NEX-7 やフルサイズ機の話が出てこなかったのはちょっと残念ですが、それでも今回の新情報は十分注目に値すると思います。早く来い来いファームアップ!!

投稿者 B : 22:22 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2010/09/21 (Tue.)

INDY JAPAN 2010 (2)

昨日に引き続き、インディの写真を掲載します。

INDY JAPAN 300 mile

[ Canon EOS 7D / Canon EF70-200mm F4L USM ]

2 位に入ったチップ・ガナッシのダリオ・フランキッティのマシン。ポイントランキングでも最終戦マイアミを残して 2 位につけ、シリーズチャンピオンの座を虎視眈々と狙っています。
やっぱり赤いレースカーはカッコイイですね。でも同じ赤でもフェラーリとはずいぶん印象が違うのが面白い。

INDY JAPAN 300 mile

[ Canon EOS 7D / Canon EF70-200mm F4L USM ]

こちらは 3 位でフィニッシュしたウィル・パワー。その名前のポジティブさがすごい(笑。
ポイントランキングで堂々首位につけ、年間チャンピオン最有力のドライバーです。レースではフランキッティと激しく 2 位争いを繰り広げ、レースの大半でペンスキーの 1-2 体制を守っていましたが、終盤のピットでフランキッティに交わされて残念ながら 3 位。

INDY JAPAN 300 mile

[ Canon EOS 7D / Canon EF70-200mm F4L USM ]

最初から最後まで独走だったペンスキーのエリオ・カストロネベスのマシン。もう圧倒的な独走で、何度も導入されたペースカーのタイミングでも全く首位を譲らず、ひとり次元の違う走りをしていました。

ガナッシが赤でインディのフェラーリとするならば、ペンスキーのマシンは黒白×蛍光レッドでマクラーレンみたいなものでしょうか。と思っていたら、ペンスキーはかつてマールボロカラーのマシンで走っていたようなので、まんまインディ版マクラーレンみたいな感じですね。
ちなみに上のウィル・パワーのマシンと比較するとわかるとおり、同じチームでも微妙にカラーリングやロゴの配置が異なっています。Verizon(アメリカの大手通信会社。規模や通信方式でいえば日本の au みたいな位置づけ)のロゴの大きさが違うのは、チームスポンサーだけでなくウィル・パワーにパーソナルスポンサーとしてついているということなのでしょうか?

INDY JAPAN 300 mile

[ Canon EOS 7D / Canon EF70-300mm F4-5.6 IS USM ]

このクルマはコンクエスト・レーシングのアレックス・タグリアーニのマシン。特に走りが印象的だったというわけではないですが、サイドポンツーンの「B&W」のロゴが気になって。B&W はイギリスの音響機器メーカーで、国的にもブランドイメージ的にもアメリカのレースにスポンサードするイメージが全くなかったので、こんなところでロゴを見かけてちょっと驚きました。

INDY JAPAN 300 mile

[ Canon EOS 7D / Canon EF70-200mm F4L USM ]

コース上には路面のギャップがある箇所があるのか、そこをマシンが通ると必ず火花が散るポイントがあり、撮影のしがいのあるポイントでした。F1 だとレギュレーションでフロア高が高めに決められているので、最近のレースでこういう火花が見られることは滅多にないですからね。

INDY JAPAN 300 mile

[ Canon EOS 7D / Canon EF70-200mm F4L USM ]

派手なクラッシュが多いのもインディの見どころ。平均時速・最高速ともに F1 より高い上にオーバルコースではランオフエリアもなく、クルマの姿勢制御が乱れたら即ウォールの餌食・・・というシビアな世界です。
今回のインディジャパンでは 5 回出たイエローコーションのうち 4 回は私がいた第 2 ターン付近で発生したクラッシュが原因になっており、そういう意味ではなかなか面白い席だったと思います。写真はその中でも最も激しい出火を伴うクラッシュを演じた、アレックス・ロイドのマシン。「ドパン!」という腹底に響くクラッシュ音を発し、火を噴きながらも慣性で数百メートルはスライドしていくインディカーのクラッシュは、観ているほうにもぞっとするものがあります。

INDY JAPAN 300 mile

[ Canon EOS 7D / Canon EF70-200mm F4L USM ]

それらのクラッシュで発生したイエローコーションで、毎度先導を務めたペースカー。国内未発売のアコードクーペでした。

おつかれさまでした。

INDY JAPAN 300 mile

[ Canon EOS 7D / Canon EF70-200mm F4L USM ]

もう 1 枚、佐藤琢磨車。同じシャシーでも、アメリカンなセンスのカラーリングが施された他車の中で、唯一ロータスの伝統的なブリティッシュグリーンを纏ったヨーロピアンな雰囲気のクルマなので、逆に目立ちますね。

ここまで掲載した写真は基本的にフェンス越しで、ある程度シャッタースピードを遅くして(といっても 1/250~1/320 程度)流し撮りをすると金網は多少溶けてくれますが、フェンスのフレームだけはどうしても残ります。
自由席だと一番上に陣取ってもほぼフェンスに遮られてしまいますが、どうやらメインスタンドであれば上の方はフェンスなしで狙えるっぽい。ただ、メインスタンドはもろにストレートの真ん中なので、バンク部分よりもスピードが高く、それはそれで撮影が難しそう(´д`)。でも、400~500mm クラスの望遠レンズを持ってメインスタンド席を取ったらもっと良い写真が撮れそうな気はします。
でも逆にフェンス越しでも良ければ、200mm クラスの望遠レンズでも十分大写しできてしまうのは、良い意味で誤算でした。富士や鈴鹿だと 300mm オーバー必須、というイメージでしたが、これはコースと客席が近いもてぎのオーバルコースならではのメリットですかね。

INDY JAPAN 300 mile

[ Canon EOS 7D / SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO ]

こちらはレース後、メインスタンド裏のスペースに展示されていた KV レーシングのショーカー。佐藤琢磨のロータスカラーがペイントされていますが、よく見るとノーズの形状が現行マシンと全然違うので、旧車を塗り替えたショーカーなのでしょう。
このショーカーも人気でしたが、今回のインディジャパンでは KV レーシングやスーパーアグリのキャップやピットシャツを身につけたファンが異様なほど多く(私も含め(笑))、根強い琢磨ファンの多さと F1 からインディへのファン流入を強く実感しました。国内ではインディカーは全くのマイナースポーツで、スーパー GT のほうが露出が多いくらいですが、ホンダはこの機会にもっとインディをアピールしても良いと思う。

私もインディ観戦は今回が初めてでしたが、クルマの形状は似ていても F1 とはエンジン音がけっこう違ったり、スピード感が F1 以上のものがあったり、エンタテインメント的な演出として野球のメジャーリーグに近い雰囲気を感じたり、なかなか新鮮な体験でした。予備知識があまりない状態で行っても楽しめたので、もうちょっと勉強したらもっと楽しめるかな、と感じました。
ただ、これはこれで面白いけど、私はやっぱり F1 の難しいコースと、マシンのテクニカルな競争、そして政治的な駆け引き(笑)まで含めてが好きだと再確認したのも事実だったりします。まあ、そういうのがない単純さがアメリカのレースの良さなんだと思いますが。

できれば来年も行きたいと思います。

投稿者 B : 23:00 | EF70-200/F4L USM | EF70-300/F4-5.6 IS USM | EOS 7D | F1 | Photograph | SIGMA 17-70/F2.8-4.5 DC MACRO | コメント (0) | トラックバック

 1 |  2 |  3 |  4 | all
« August 2010 | メイン | October 2010 »