b's mono-log

« AtermWM3500R をスリープなし運用にしてみる | メイン | イチ肉の会とパワーフォーカスレンズ »

2011/06/25 (Sat.)

Sony Reader でコミックを読む

【PC Watch】 ソニー、電子書籍端末「Reader」をバージョンアップで.book対応化 ~講談社のコミック約5,700冊と書籍約300冊が購入可能に

Sony Reader の更新版ファームウェアが配布開始されたので、私もアップデートしてみました。

Sony Reader

Reader は買ってみたものの、ソニーの Reader Store にしろ他の電子書籍配信サービスにしろ私が読みたい本がほとんど見当たらず、結局サンプルコンテンツをいくつか読んだり、手持ちの PDF を転送して試してみたりした程度で、かれこれ 4~5 ヶ月は放置してました(´д`)。
で、アップデートしようとしたところ、バッテリがなくなってしまっていて、USB でファームウェアを転送したところで電源断(;´Д`)ヾ。まさかファーム更新失敗でこのまま文鎮に・・・と焦りましたが、少し充電して電源を再投入してみたところ、アップデートが始まりました。ほっ。

Sony Reader

更新後のバージョンは 2.0。末尾についている数字はビルドの日付だと思われます。
このバージョンで対応したのは .book フォーマット。これであとは EPUB 3.0 に対応してくれれば、今後登場する主要な電子書籍はほぼひととおり(iOS 向けなどの独自フォーマットを除く)扱えることになります。

これと同時に、Reader Store で講談社の書籍、およびコミックの配信が始まったので、試してみました。実は従来の Reader Store の品揃えには非常に不満で、今まで Reader Store で電子書籍を購入したことがなかったので、初体験。

Sony Reader

文学系の作品には結局欲しいものが見当たらなかったので(Reader Store には未だに東野圭吾の作品が一冊もない・・・)、コミックを買ってみました。中学~高校時代に読んでいた『3×3 EYES』を久しぶりに読んでみようと思い、何冊かダウンロード。

ダウンロードは PC で行うんですが、ダウンロードが完了すると、PC にインストールしておいた eBook Transfer for Reader が Reader に自動的にコンテンツを転送してくれます。

Sony Reader

Reader でのコミックの表示はこんな感じ。ディスプレイが 5inch しかない Pocket Edition では、表示領域は文庫よりも一回り小さくなってしまうので、コミック文庫よりもさらに読みにくいかと思っていましたが、意外とまともに読めるレベル。今回のファームウェアではコミック向けの表示を最適化しているとのことですが、確かに効いていると思います。

Sony Reader

ただ、拡大表示をすると斜め線の部分でけっこうジャギーが目立つのが気になりました。拡大機能でのスケーリング処理があまりうまくないのかな。
ま、デフォルトサイズの表示がうまくて細かい文字もけっこう読めるので、普通に読む上では拡大が必要なシチュエーションはあまり多くないでしょうが、ちょっと改善してほしいところ。

Sony Reader

じゃあ自炊したコミックの PDF ではどうか?でも私は自炊環境を持っていないので、J コミで『ラブひな』をダウンロードして転送してみました。
が・・・こちらは全然ダメで、拡大してもしなくてもジャギーだらけ。コミックの表示最適化は PDF では効かないようですね・・・少なくとも Pocket Edition ではあまり楽しめるレベルではないように感じました。Reader Store でのコミック配信は少年マンガで¥420、青年マンガで¥525 と割高感があり、旧作ならブックオフで買ってきて自炊した方が明らかに安上がりじゃないの?と思ったのですが、このクオリティじゃ厳しいなあ。

Reader Store での講談社のコンテンツは再ダウンロード期間が一年間という制限があったり、紙の本を買うのと価格的に大差なかったり(これは講談社に限ったことではありませんが)、妙に制約が厳しいのが気になりました。特に再ダウンロード期間の制限については、テレビのダビング 10 のようにコピー回数の上限があるならまだしも、ダウンロード期間で区切る目的が分かりません。講談社は電子書籍を推進したいのかしたくないのかよく分からないなあ・・・。
Reader Store 自体についても、まだまだ読みたいコンテンツが揃っているとは言い難い状況なので、コンテンツの収集についてはもっともっとがんばっていただきたい。

さておき、『3×3 EYES』は 10 年ぶりくらいに読みましたが、改めて前半は面白いですね。中盤から急激にダレてくるんですが(´д`)、久しぶりに少しずつ読み進めてみようかなあ。ただ、1 冊¥525 という価格だけがネックです(´д`)。

高田 裕三 / 3×3 EYES (1)

4063706672

投稿者 B : 23:00 | Comic | eBook

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

ラブひなは ChainLP
http://no722.cocolog-nifty.com/blog/chainlp/
を使って変換するといいかも

投稿者 y-Aki : 06/27 17:15

ありがとうございます。

というか、別にラブひなを読みたかったわけじゃないんですが(;´Д`)。

投稿者 B : 06/27 22:20

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

« AtermWM3500R をスリープなし運用にしてみる | メイン | イチ肉の会とパワーフォーカスレンズ »