b's mono-log

« June 2011 | メイン | August 2011 »
 1 |  2 |  3 |  4 | all

2011/07/31 (Sun.)

z、山を越えて 〜君は豚の肉汁を見る〜

またしても豚組 [しゃぶ庵]に行ってきました。

豚組 [しゃぶ庵]

もう何度目だか覚えてもいないくらいに来ているしゃぶ庵ですが、今回は新潟からはるばる @taka_z さんが出てくるということで、集合。会のタイトルは「タカゼータ」にちなんで、クマデジタルさんと私との合作です(ぉ

豚組 [しゃぶ庵]

例によって運ばれてきた @hitoshi さんからのサービス、自家製チャーシュー。仁さんが我々を気に入ったから・・・ではなく(ぉ、Twitter 経由で予約するとサービスしていただけます。
このチャーシューにも銘柄豚が使われていて、この日の銘柄は北海道の「夢の大地」というもの。誰ですか「肉の大地」とか間違って記憶してる人は(笑。

豚組 [しゃぶ庵]

毎度のことながら、このチャーシューが絶品。脂身さえもしつこくなくて、サービスでもらえる二きれじゃ足りないよ!金払うからもっと持ってこい!と言いたくなる美味なんですが(笑、これからしゃぶしゃぶを思う存分いただくために、ここはがまん。

と、ここで

HERE COMES A NEW CHALLENGER!

豚組 [しゃぶ庵]

クマデジさんが乱入。自ら幹事を買って出たのに都合が悪くなって参加できなくなったということで(笑)iPhone の FaceTime を使っての参加でしたが、黒い iPhone 4 だとどう見ても遺影です本当にありが(ry

というところで、メインのしゃぶしゃぶが届きます。

豚組 [しゃぶ庵]

今回はとにかく肉を食べまくろう!が主旨で(?)、いつものコース料理ではなくしゃぶしゃぶ食べ放題を選択。3 種類あった豚肉のグレードのうち真ん中を選んだところ、高級牛肉で有名な松坂のポークが出てきました。最上位を選んでいたらなんとマンガリッツァ食べ放題(!)だったらしく、心の中で臍を噛んだのは秘密です。

豚組 [しゃぶ庵]

まあ、松坂ポークでも十分すぎるほど美味しいわけですが。ただ、食べまくろうと思っていた割に、話が弾みすぎで食べ放題負けしたかもしれません(´д`)。

最近しゃぶしゃぶといえば豚組にしか来ていないので、そろそろ牛しゃぶの味を思い出せなくなりつつあります(´д`)・・・。

豚組 [しゃぶ庵]

というわけで、今回もごちそうさまでした。

@taka_z さんとはリアルでお会いするのは初めてでしたが、普段から Twitter で絡んでいることもあってあまり初めてという感覚もなく、例によってすんなり打ち解けられましたね。新潟と東京は近いようで遠い、けど新幹線を使えば意外とすぐだったりもするので、機会があればまたぜひお会いしたいです。

投稿者 B : 21:00 | Dinner | Gourmet | コメント (2) | トラックバック

2011/07/30 (Sat.)

うまい水

「オヤジ、まずはうまい水をくれ。それからメシだ」

うまい水

現在、我が家で取っている宅配式のミネラルウォーター。その名も「うまい水」です。秋葉原のガンダムカフェで取り扱っていそうな名前の水(笑。

水のクリタのうまい水 Minerise Water

3 月の震災後、東京都の浄水場で放射性ヨウ素検出騒ぎがあって都内のコンビニや自販機からミネラルウォーターの在庫が消えたとき、ウチも小児を抱えているから念のため水の安全は確保しておきたいよな・・・と思って注文しました。その後、水道水での放射性物質検出はあまりニュースになっていませんが、この水が名前のとおり美味しかったので(笑)継続して定期購入しています。

水は 1 回あたり 1.5l×6 パック×2 箱、合計で 18l 届きます。これで¥1,890/回、我が家ではこれを隔週で取っています。リッター 100 円というのはペットボトルのミネラルウォーターの値段からすると、まあこんなもんかな。スーパーとかだと 2l で¥100 前後のものもありますが、水を運ぶのってけっこう大変なので、そういうのを考慮すれば妥当な気はします。
ビニールのパックに入って届くので、これを専用のパックスタンド(ボトル)にパックごと入れて、パックの封を切って使うので、衛生面も安心。

うまい水

パックスタンドは四角い形状で、高さは牛乳パックに合わせてあるので、冷蔵庫のドアポケットにもムダなく収まります。

うまい水

水の種類は含有カルシウム量によって、一般的な水道水の約 2 倍にあたる「ミネラル 100」と約 4 倍の「ミネラル 200」の 2 種類がありますが、我が家で取っているのはミネラル 100。日本人が飲用として日々使うならば軟水系のほうが飲みやすくて好きです。evian とかはたまに飲むには良いんですが、たくさん飲むと途中でしんどくなってくるので。ミネラル 100 は口当たりがよくてすっと入ってくる感じ。

もともとは子どものために買ってみた水ですが、大人も気に入ったので、今後も続けます。美味しいのでつい飲んでしまって、宅配が来る前になくなってしまうのが難点(笑。

投稿者 B : 00:41 | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2011/07/29 (Fri.)

SO-01C&SO-02C ソフトウェアアップデート

ドコモ、「Xperia arc」「Xperia acro」のソフトウェアアップデートを開始 - ITmedia +D モバイル

docomo 版 Xperia arc/acro のソフトウェアアップデートが突如として始まりました。まあ、前日に au 版 IS11S のアップデートがあったので、ある程度予想はつきましたが。しかし、arc のほうはこないだ Android 2.3.3 へのアップデートがあったばかりなので、若干ペース早いな、という印象。ただ、今回はあくまでバグフィックスのみということで、比較的軽微な更新のようです。

Xperia arc&acro

アップデートは OTA(ネットワーク経由で端末から直接)もしくは PC に接続して「PC Companion」ソフトウェアから。Xperia のアップデートって OS のバージョンアップを伴うときには Update Service、ビルドアップのみのときは PC Companion というように使用するソフトウェアが異なりますが、ややこしいので統一してほしいですね。まあ、OS の変更とビルドの変更ではレベルがだいぶ異なるので、事情としては理解できる気はしますが・・・。

Xperia arc&acro

各 10 分ほどでアップデート完了。更新後のビルドは仲良く「3.0.1.F.0.131」。まあこの 2 機種はソフトウェア的にはほぼ共通なので、ビルドのベースも共通なのだと思います。
今回の更新での修正点は、arc が通話中に音声が途切れることがあること、acro がいわゆるリブート問題の解消。私の acro は買って以来まだリブート症状が出ていませんが(arc のほうでは数度出た)、arc の通話音声が途切れる問題は何度か遭遇していたので(あれ不具合だったのか!)、助かりました。最近やたら忙しいせいかよく社用ケータイである arc のほうに電話かかってくるんですよね・・・。

とはいえアップデートして一日、電話がかかってこなかったので改善っぷりを確認できていないのですが(笑、とりあえず良しとします。

投稿者 B : 01:02 | Mobile | Smartphone & Tablet | コメント (0) | トラックバック

2011/07/28 (Thu.)

Sony Ericsson HBH-608

ケータイを完全に Xperia acro に乗り換えたら、気になったのは通話品質。基本的に他の部分はほぼ完全にフィーチャーフォンよりスマートフォンのほうが良いと思っていますが、通話の音が悪いのだけはどうも許せません。まあ、スマートフォンではそもそも通話は二の次の機能なので、贅沢は言えないんですが。

でも、音が悪いのはあくまでも内蔵スピーカやデコーダの質が悪いだけで、回線が変わっていない以上は元の音声自体の質が劣化しているというわけでもないんだよね?ならば、ということで、久々にこんなものを引っ張り出してきました。

ソニー・エリクソン / Akono Headset HBH-608

Sony Ericsson HBH-608

音声だけ Xperia 本体からそのまま取り出して、デコードと再生を専用機に任せてやれば多少はマシな音質で通話できるだろう、と思って。

もういつのかも忘れてしまったくらい古い製品ですが、4~5 年前に VAIO(オーナーメードモデル)と一緒に買えた Bluetooth ヘッドセットです。最近の機種だともう型番のルールからして全然変わっちゃってるというくらいに旧型(´д`)。でも、通話は基本的に自宅へのカエルコールくらいにしか使ってないので、いいんです(ぉ

Sony Ericsson HBH-608

HBH-608 はオーソドックスな耳かけ型。これが出た当時はサイバーでかっこいいデザインだなあ、と思っていましたが、もうこのタイプも当たり前になったし、よりカジュアルなデザインのものが一般化してしまった今では却って野暮ったく見えます(´д`)。まあとりあえず試してみたかっただけだから、いいんです・・・。

また、イヤーピースもオーソドックスなイヤホン型で、カナルタイプに完全に慣れきってしまった私には、耳の奥まで入れられない形状のイヤホンには逆に不安だったり。最近の機種だともうカナルタイプが当たり前みたいですが。でもまあ普通に聞こえるので問題はない(^^;;

Sony Ericsson HBH-608

耳かけのパーツは取り外しが可能。まあ取り外しが目的なわけじゃなくて、2 軸で回転させて耳にフィットさせるための機構だと思いますが。つるの部分はプラスチックとシリコンのハイブリッドになっていて、形状をしっかりさせつつも耳の後ろが痛くならないよう配慮されています。

Sony Ericsson HBH-608

古い製品なので細かな不満点はいろいろありますが、その中でも最も不満というか、古くさいと感じたのはこの AC アダプタ。専用の AC アダプタなので使い回しがきかないし、旅行や出張のときにはこれごと持ち運ばないといけないんですよね・・・。イマドキならこういうのは汎用の microUSB 端子になっていて、ありもののケーブルで PC に繋いでも充電できるのが普通なので。

Sony Ericsson HBH-608

Xperia とのペアリングは、ヘッドセットの電源を入れて「+」と「-」ボタンを同時に長押しすると待機状態になるので、Xperia 側で機器検索してやると見つかり、ペアリングできるようになります。

Sony Ericsson HBH-608

ペアリングが完了したら、あとは本体側で電話をかけるだけで「接続しています」の下に Bluetooth ヘッドセットのアイコンが現れ、Bluetooth ヘッドセット経由で通話していることを示してくれます。逆に電話がかかってきたときには、ヘッドセット側のボタンを押すだけで受けられます。
古い機種なので音質は期待できないかもなあ、と思っていたんですが、カナルタイプではない割に音はけっこうクリアに聞こえるし、マイクがかなり口から遠いところにある割にはちゃんと自分の声も拾ってくれるし、(複数機種比較したわけではありませんが)ヘッドセットの性能としては合格点をあげてもいいレベルだと思います。

まあこれはこれで便利なんですが、欧米人でもあるまいし常に片耳にヘッドセットをつけたまま生活もできないので、自分からかける場合か、あるいは重要な電話がかかってくることがあらかじめ分かっているときに準備しておくか、くらいになってしまうのが実際のところ。主に使うのがカエルコールくらいなら、通勤時の音楽再生用を兼ねて MW600 のようなタイプのほうが使いでがあるかもしれません。
また、ヘッドセットタイプでも現行の VH410 であればカナルタイプ・microUSB 充電・8 台までのマルチペアリング対応と、私が求めている機能には一通り対応しているっぽい。あまり高くもないようだし、一本買ってみようかな・・・。

ソニー・エリクソン / VH410/B

B0045T0JUI

投稿者 B : 00:08 | Mobile | Smartphone & Tablet | コメント (0) | トラックバック

2011/07/27 (Wed.)

DUALSHOCK 3 充電スタンド CECH-ZDC1J

新型 BD リモコンに続き、新型 PS3 に合わせて周辺機器を追加しました。

ソニー・コンピュータエンタテインメント / DUALSHOCK 3 充電スタンド CECH-ZDC1Jicon

CECH-ZDC1J

今まで、コントローラの充電スタンドとしては HORI のイルミネーション充電スタンド 3 を使っていましたが、構造的に抜き差しする際に PS ボタンを押しがち(PS3 の電源を落として片付けようとしているときにボタンを押してしまって PS3 の電源が入ってしまう(´д`))なのが難点だし、まあイルミネーションは目障りなので常にオフにしているし(ぉ)で、いろいろと不満があったのは事実です。
が、春に発売されたこの純正スタンドは、「2 台充電できる」のと「意外と抜き差ししにくい miniUSB コネクタの欠点を解消している」という 2 点において、なかなか完成度が高い。

CECH-ZDC1J

スタンドには AC アダプタが同梱されています。値段(2,000 円ちょっと)的に AC アダプタは別売りだろうなと思い込んでいたんですが、箱を開けてみたら入っていたのでちょっと驚きました。
電圧は 5V で、コネクタ形状は PSP の AC アダプタと同じ。ただし電流量が少ない(PSP の純正 AC は 2A、こちらは 1.5A)ので PSP の充電は保証されないでしょうが、充電自体はできそう。

CECH-ZDC1J

もうひとつ(2 つ)の付属品がこのアタッチメント。USB miniB のコネクタがついていて、これを PS3 の DUALSHOCK 3/SIXAXIS コントローラに装着します。

CECH-ZDC1J

アタッチメントの裏面には、このように電気接点が露出しています。これがスタンド側のばね式接点と接触することで通電する仕組み。コネクタの抜き差しではないので着脱がラクなのがありがたい。

CECH-ZDC1J

DUALSHOCK 3 に装着してみました。表側から見ると、何かアタッチメントはついているけど、それほど違和感なく収まっています。

CECH-ZDC1J

背面から見ると、思いっきり接点が露出しています。金メッキされているとはいえ、接点を指で触ったり、汚れてしまうような扱い方だけは避けたいところ。

CECH-ZDC1J

コントローラ 2 台をセットするとこんな感じに。PS3 が出てから 5 年近く経つタイミングで出てきたものにしては、まるで最初からこれが用意されていたかのような統一感。このギミックとデザインを考えた人の発想には敬服します。
今まで 1 台を HORI の充電スタンドにセットしつつ、もう 1 台は USB ケーブルをつないだままそのへんに転がしておくしかなかったので、これで PS3 周りがスッキリしました。スタンドにはおもりが入っているのか、自重によって動きにくいようになっているのもポイント。

が、問題があるとすれば、ウチには 2 台(旧型 PS3 用を入れると 3 台)のコントローラがあるのに、最近の私の PS3 の使い方からすると、コントローラよりも BD リモコンのほうがはるかに稼動率が高い、ということでしょうか(´д`)。

投稿者 B : 00:03 | Game | PS3 | コメント (2) | トラックバック

2011/07/26 (Tue.)

Gillette Fusion PROGLIDE POWER

久しぶりに髭剃りを買い換えました。

ジレット / フュージョン プログライド パワーホルダー 替刃 1 個付

B004H4YC9A

3 年半前にフュージョン 5+1 パワーを試して以来気に入ってしまい、ずっと使ってきましたが、フュージョン 5+1 のさらなる進化版として発売されたのが、このプログライド。従来のフュージョン 5+1 との違いは、All About と家電 Watch に詳しいレビュー記事がありました。

日本未発売のシェービングアイテム [メンズコスメ] All About
やじうまミニレビュー - ジレット「フュージョン プログライド」 - 家電Watch

刃の実物をみるとあらゆるところに肉抜きがされていたので「もしかして材料費削減のためのコストダウン?それとも剃りやすくするための軽量化(笑)」と思っていたら(ぉ、肌への密着度を増しつつ、剃った髭やシェービングフォームが詰まりにくいようにして剃り味を良くするための構造変更だったようです。そう思って見ると、確かによく考えられている。
また、5 枚刃のうち 4 枚は従来モデルよりも薄型化されていて、実際に剃ってみてもそれが感じられるくらい、肌に密着しながらも軽く剃れる感覚。もともとのフュージョン 5+1 シリーズ自体が 5 枚刃のおかげで力を入れなくてもよく剃れるものの、ヘッドが大きくて小回りが利かない(あご下あたりへの密着感が足りず、剃り残しがある)印象だったのが、随分改良されています。

私はそんなに髭が濃くないほうですが、さらにツルッと深剃りするのが好み。このプログライドはそんな私にピッタリなので、今後はこれを愛用していこうと思います。ただ、フュージョンシリーズは替え刃が高いのが難点です(´д`)。

投稿者 B : 00:51 | MONO | コメント (2) | トラックバック

2011/07/25 (Mon.)

コクリコ坂から @TOHO シネマズ 六本木ヒルズ

観てきました。

コクリコ坂から

コクリコ坂から

宮崎駿氏の息子である宮崎吾朗氏の監督第 2 作。しかし、前作『ゲド戦記』は内容的には私のジブリ内ワーストに位置づけられている作品で、事前の期待値としてあまり高くない状態で劇場に足を運びました。

私は映画を観るときに事前情報をあまり仕入れずに劇場に行くほうなのですが、それでも多少なりとも得ていた情報から「吾朗氏が生まれる前の日本が舞台の作品をどう描くのか?」「処女作では父親殺しの少年を描いた吾朗氏に、今度は幼くして父を亡くした少女を描かせる宮崎駿の意図は何だろうか?」とか、どちらかというと分析的なバイアスを持ってシートに座りました。それはもちろん、『ゲド戦記』のとても悪いイメージが頭にこびりついていたからに他ならないのですが、上映が始まって 15 分もした時点では、『ゲド戦記』のことも変な先入観も完全に忘れ、映画に見入っている自分がいました。

たくましさと芯の強さを持ち、団結力のある女たち。不器用ながらも一途な男たち。ジブリ映画ではもうお約束となった構図ですが、この作品でもそれは典型的に表現されています。女の園であり、生活感に溢れた「コクリコ荘」と、男たちがやや浮世離れした活動を営む学生会館「カルチェラタン」。物語は主にこの 2 つの舞台を中心に繰り広げられます。
私がまず圧倒されたのはこの「カルチェラタン」の描写で、小汚い学生会館でありながら、外の世界と切り離されたその内部はまるでアミューズメントパーク。『アリエッティ』における人間の家だったり、『千と千尋』における湯屋のように、これから何か事件や冒険が起きそうな未知の世界として表現されています。また、この「カルチェラタン」の内部に限らずですが、この映画では『アリエッティ』と同様に音響が非常に効果的に使われており、自分がこの学生たちの一員になったかのように錯覚する音響的ギミックが多く、しかしいやらしくない程度に仕込まれています。個人的には、講堂で学生たちが校歌(学生歌?)を斉唱するシーンの包囲感にやられてしまいました。また、音といえば武部聡志の音楽も非常に良く、いつもの久石譲とはまた違った雰囲気でありながらも、ジブリの絵とこの作品の世界観にマッチしていて、好ましく感じました。

作品の舞台となっている昭和三十年代というのは、おそらくまさに私の父が青春を過ごした時代で、私はその当時のことを知る由もありません。が、経済成長し始めた時代背景もあるのでしょうが「明日は今日よりもきっと明るい」と信じられる空気感、学生ながらにさまざまなことに真剣に取り組める真摯さ、そういったものに学生時代にあまり触れられずに過ごした私には、却って新鮮に映りました。ああ、自分もこの世界の一員になってみたい、と感じたほどに。

物語の軸は海と俊、少女と少年二人の爽やかな恋と出生の秘密。どこか『耳をすませば』にも似た甘酸っぱい手触りを持ちつつも、後半にはドラマチックな展開が待っています。上下関係や礼儀を重んじ、男女はけっこうきっぱりと分かれている、という学生観は今の時代には薄れてしまったものではありますが、おそらくどちらかというと古い私の恋愛観(笑)からすると、ストレートに迫ってくるものがありました。二人が電車を待つあのシーンには、正直、きゅんとした。

本作の全体を映画として見たときに、この作品はディテールの描写や活き活きとした人間の生活の描き方、あるいは男女の位置づけ、小さな世界でもワクワクを感じさせる世界観、そういったものの全てにおいて「とてもジブリらしい映画」と言えるのではないでしょうか。今の駿氏がこの映画を脚本だけでなく監督まで担当していたら、もしかしたら「昔は良かった」がもっと前面に出て、どこか説教くさい、小うるさいものになっていたような気がします。そういう意味では、吾朗氏が監督を担ったのは正解だったのかもしれません。『ゲド』のときとは吾朗氏自身も製作体制も変わっているので単純に『ゲド』と比較するわけにはいきませんが、個人的には『ゲド』のことは忘れて、新しい宮崎吾朗監督とスタジオジブリを評価しても良いように思いました。今なら、この映画を私のジブリ作品の中でのベスト 5 に入れられるような気がします。そう評価してもいいくらい、『コクリコ坂から』は素晴らしい作品でした。

『アリエッティ』『コクリコ坂から』と 2 作続けて完成度の高い作品が出てきたことで、スタジオジブリの後継者問題にはある程度出口が見えてきたと言っていいのではないでしょうか(これらの作品に宮崎駿、鈴木敏夫両氏が実際どの程度深く絡んでいるかにもよりますが)。ただ、これらの作品から言えるのは、今のジブリは『ナウシカ』や『ラピュタ』のジブリではなく、「アニメファンでなくても楽しめる、クオリティの高い作品を製作するスタジオ」という定義が相応しいようだ、ということです。確かに『アリエッティ』も『コクリコ坂から』も良い作品だし、ジブリという完成されたブランドを守っていくという意味ではそれも正しいような気はしますが、ジブリの若手スタッフ(吾朗氏が若手、と呼べるかはやや疑問ですが・・・)には、新しい時代のジブリにこそ期待したい。次あたりはラピュタを超えるような冒険もので、我々をワクワクさせてほしいところです。

投稿者 B : 00:44 | Anime | Movie | コメント (1) | トラックバック

2011/07/24 (Sun.)

F1 ドイツ GP 2011

今日も現時点では地上波放送前なので、例によってネタバレ防止策を入れておきます。











ドイツGP決勝 ハミルトンが今季2勝目、ヴェッテルは4位 - GPUpdate.net

前戦イギリスからフェラーリの相対的な戦闘力が向上して、混戦の様相を呈してきた今シーズン。ここドイツではマクラーレンにも上昇傾向が出てきて、三つ巴の印象がさらに強くなりました。
ヴェッテルが予選でフロントロウを穫れなかったのは昨年のシンガポール GP 以来 15 戦ぶり。そしてポディウムに上がれなかったのも昨年の韓国 GP 以来 12 戦ぶりという出来事ですが、それでも 4 位に入りランキング 2 位のウェバーとはまだ 77pt の差を保っている(実に 3 戦欠場してもまだ首位にいることになる!)という圧倒的な状況には変わりません。

ヴェッテルが苦しんだのはエンジンマップレギュレーションの変更、サーキットとマシンの相性、あとどうやらブレーキマップのマッチングがイマイチだったようですが、やはりエンジンマップの件がサーキットによっては意外と影響が大きいのかもしれません。このあたりはフェラーリやマクラーレンとの位置関係だけでなく、同じマシンに乗っていながら今年のトリッキーなエンジンマップとピレリタイヤに馴染めず最近までペースの上がらなかったウェバーが、ここ数戦で速さを取り戻し始めたことが示しています。
また、勝ったハミルトンだけでなく 2 位に終わったアロンソにも十分に勝つチャンスはあったと思われますが、両者を分けたのは完全にピットストラテジー。今年のタイヤ特性からすると、タイヤの温まりが良いクルマ(レッドブルやマクラーレン)は競っているときには早めにピットイン(アンダーカット)したほうが良く、逆にタイヤの温まりが悪いクルマ(特にフェラーリ)はできるだけタイヤ交換のタイミングを遅らせたほうが良い、というのがセオリー。それなのにライバルのタイヤ交換のタイミングに合わせてしまったことが今回のフェラーリの敗因でしょう。逆に、ピットストップのタイミングをそれぞれあと数周ずつ遅らせていたら、ハミルトンの前で抑え切れていた可能性が高い。このあたりは、臨機応変なストラテジー変更をさせたら F1 界随一のマクラーレンと、ロス・ブラウンが離脱してからどうしてもコンサバで固定的な戦略に走りがちなフェラーリとの差でしょうか。
ともあれ、マシンやサーキットとタイヤとの相性、それに伴うピット戦略で勝敗が決するという意味では、このドイツ GP は今季ここまでのレースで最も 2011 年のピレリ時代らしいレースになったと言えるのではないでしょうか。エキサイティングなレースで、私は非常に楽しめました。

また、チャンピオンシップではヴェッテルを追う 3 人(残念ながら、バトンはここ 2 戦でちょっと離されすぎてしまった)がヴェッテルの前でフィニッシュしたことで、少し差は詰まりました。が、逆に言えばこの 3 人がポイントを食い合っている状況でもあるわけで、よほどのことがない限りヴェッテル圧倒的有利な状況は変わらないでしょう。そろそろ、どのタイミングでヴェッテルの連続チャンピオンが確定するか、を考え始めたほうが良い頃かもしれません。鈴鹿までもつかなあ・・・。

中位グループでは、今回も白眉だったのは小林可夢偉。予選でトラフィックに捕まって好タイムが出せず、Q1 脱落という苦しい立ち上がりでしたが、17 番グリッド(ブエミのレギュレーション違反ペナルティにより一つ繰り上がり)からみるみる順位を上げての 9 位フィニッシュ。3 戦ぶりの入賞ではありますが、可夢偉の走りはそろそろ Q1 脱落からでも入賞を期待していいレベルになってきました。
ただ、ロケットスタートに成功して序盤でポイント圏が見えて以降はどちらかというとチームのピット戦略がイマイチで、もう少し上げられそうなポジションをなかなか上げられず、後半はむしろ「何とか 9 位」と言ったほうが相応しいほどにペースを上げることができませんでした。このピット戦略の柔軟性のなさはフェラーリにも通じるものがあり、獲れるポイントをみすみす逃してしまったようで、悔しいです。可夢偉自身はマシンの実力を超えた走りを見せてくれていると思うので、トップチームからの誘いがあるのならば、本当に来年はもっと良いチームで走らせてあげたい・・・。

投稿者 B : 23:46 | F1 | Season 2011 | コメント (0) | トラックバック

2011/07/23 (Sat.)

Android 用モバイル Suica、サービスイン

今日付で Android 用のモバイル Suica がようやくサービス開始したので、私もさっそく利用してみました。

モバイル Suica

いやあ長かった・・・。「端末の普及台数から考えるとサービスはほとんど普及していない」と言われるモバイル Suica ですが、おサイフケータイの Edy 機能と並んで私には必須機能。職場周辺のお店やサービスはほとんどが Edy または Suica に対応しているので、これがないと不便でしょうがない。逆に日常的には現金を使う機会のほうが少ないので、財布を忘れても帰宅するまで気づかないことさえあるけど(笑、おサイフケータイを忘れたらたいへん困る(そもそも電車にもバスにも乗れなくなるので、忘れたら出かけることすらできないわけですが)というくらい、生活必需品になっています。

実は Xperia acro を買ったものの、モバイル Suica が使えないので昨日までは引き続き SIM を N-04A に戻して、acro は SIM なしで Wi-Fi モデルとして使っていたという(ぉ。

モバイル Suica

モバイル Suica アプリはプリインストールはされておらず、「おサイフケータイ」アプリを起ち上げると出てくるサービス一覧の中から「モバイル Suica」を選択すると、Android Market からアプリをダウンロードしてくるようになっています。

モバイル Suica

で、これがそのモバイル Suica アプリ。ほぼケータイ用のアプリをそのまま Android に移植したような見た目になっていますが、まどろっこしいカーソル操作ではなくタッチ操作できるのがありがたい。画面のレスポンスもケータイ用よりも速く感じます。

また、機能的にも「クイックチャージ」というものが追加されていて、通常だとパスワードを入れてログイン→チャージ金額を入力→支払い方法を選択、というけっこう面倒な手順を踏む必要がありますが、クイックチャージならパスワードを入力してプリセットの金額(例えば¥1,000 とか¥5,000 とか)から選ぶだけ。かなりラクになります。
さらにはオートチャージ(残高が¥1,000 以下になったら事前に指定した金額を自動チャージ)にも対応しているので、もう改札口で残高不足で止められることもありません。知らない間に使いすぎている危険性もあるので、注意は必要ですが。

モバイル Suica

おサイフケータイ系の機能は、おサイフケータイアプリのメニューから辿るのは煩雑だし、かといって各アプリアイコンをホーム画面にばらまいておくのも邪魔だし、ということでフォルダ機能を使っておサイフ系のアイコンをまとめておくことにしました。アプリではなく Web サービスの形態を取っているものもあるので、そういうのはブックマークとしてフォルダに入れておきます。

モバイル Suica

モバイル Suica で意外と便利だと思ったのは、ウィジェット機能。何の変哲もないアイコンに見えますが、Suica ペンギンをタップするとアプリが起動し、スイカのほうをタップすると

モバイル Suica

スイカが割れて残高が表示されるという(笑。いちいちアプリを起動しなくてもいいのは助かります。今までのケータイ用アプリだと、改札に入る前に残高が不安になって立ち止まってアプリ起動→足りなければその場で面倒な手順を踏んでチャージ、というのがすごく面倒でしたが、これならウィジェットで残高チェックして足りなければサクッとクイックチャージ、という流れで、数分の時間を節約できます。

Edy

Suica に引きずられて今まで他のおサイフケータイ機能も N-04A を引き続き使っていましたが、今日で Edy など他の機能もまるっと Xperia acro に切り替え。Edy はビットワレットが楽天に吸収されてからケータイアプリに余計なメニューが増えて使いにくくなってしまい、最近使用頻度が下がっていましたが、Android 版はレスポンスやメニュー構成がケータイに比べればまだきれいなので、扱いやすいかな。

ビックカメラ

あとはポイントカード系。私がおサイフケータイで主に使っていたのは ANA マイレージクラブ、ビックカメラ、ヨドバシカメラの 3 種類。これらはアプリとしてではなく、プラグインを介して Web サービスを利用するようになっています。
とりあえず ANA とビックは設定しましたが、ヨドバシのほうは例の POL の不正アクセスに伴う不正請求(と思われる状況)があったのでカード番号を第三者に知られている可能性があり、いったんクレジットカードを解約してクレカなしのポイントカードに移行手続き中なので、仮カードしかないため未設定です。

ちなみに、Android 用のおサイフ/ポイントカード系アプリはほとんどが 3G 回線必須ではなく、Wi-Fi 経由のインターネット環境でも利用できるサービスになっていました。私は以前からこのあたりのサービスはキャリアが囲い込みのために利用するのではなく、回線とは切り離して市場競争に委ねるべし(それが結果的に市場拡大とユーザーの利便性に繋がる)と思っていたので歓迎ですが、個人的にも維持費を抑えるために acro では 3G 通信を切って Wi-Fi のみで使っているので、助かります(笑。

ともかく、これでようやく N-04A を退役させ、メイン端末の座を Xperia acro に譲ることができました。今まではおサイフ機能があるフィーチャーフォンは生活必需品で、スマートフォンはあくまで情報端末という位置づけでしたが、これでスマートフォンが名実ともに生活必需品になってしまいました。小型のハンドヘルドコンピュータが自分の財布代わり、というのはなんだか時代だなあ、とすら思います。

投稿者 B : 23:59 | Mobile | Smartphone & Tablet | コメント (0) | トラックバック

2011/07/22 (Fri.)

東京麺通団

たまたま新宿方面でごはんを食べる機会があったので、前から行ってみたいと思っていた東京麺通団に行ってみました。

讃岐うどん大使 東京麺通団

月並みではありますが、映画『UDON』を観たときから食べに来てみたいとは思っていたんですが、新宿西口でごはん食べるチャンスってなかなかなくて(;´Д`)ヾ。

一口に「うどん」といってもいろいろな食べ方があるもので、このお店にはうどんのメニューがやたらたくさんあります。お店の軒先でメニュー表を眺めながら 2~3 分悩んで、入店。

東京麺通団

うどんをオーダーし、丼に盛られたうどんを持って店内に進むと、サイドメニューコーナーがどーんと。天ぷら類がとても充実していて、つい余計に取りたくなってしまいます。どれも美味しそうなんだもの。

ということで、ぅどーん!

東京麺通団

めんたいしょうゆうどんの大(400g)、ちくわ天、半熟卵天、かき揚げの定番セット。こういうお店に来るとうどんは釜玉が定番でしょうが、私は水で締めたうどんのほうが好きなんです。このボリュームで 690 円、って異様に安くないですか?そりゃ本場讃岐ならもっと安いんでしょうが、ラーメン一杯 1,000 円でも当たり前な場所で生活していると、ありがたみが強いです。

うどんは普通に美味しい。いや普通に美味しいんですが、なんか讃岐うどんといって想像するものに比べると軟らかくて、なんかちょっとコシが強めの普通のうどんといった食感なんですよね。天ぷら類はとても美味しいし、全体として満足感は高かったんですが、肝心のうどんだけは丸亀製麺のほうがまだ好みだったかなあ・・・。
あと、400g のうどんはかなりお腹いっぱいになります。小サイズは 200g で、これだと少し物足りなさそうですが、二十代でもなければ小サイズ+天ぷら等サイドメニューで調整、が正解な気がします。

今度来る機会があったら次は釜玉に挑戦してみよう。

関連ランキング:うどん | 新宿西口駅西武新宿駅西新宿駅

投稿者 B : 23:53 | Gourmet | Udon & Soba | コメント (0) | トラックバック

 1 |  2 |  3 |  4 | all
« June 2011 | メイン | August 2011 »