b's mono-log

« TGS 2011 | メイン | 子どもが寝たあとで -Olasonic TW-D7OPT レビュー (3) »

2011/09/23 (Fri.)

スター・ウォーズ コンプリート・サーガ BD-BOX

スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイ BOX [Blu-ray]

B004HB2KF6

首を長くして待っていたスター・ウォーズの BD-BOX がようやく発売されました。相変わらず忙しくてちゃんと観れていませんが、気に入っているシーンだけ何箇所かかいつまんで視聴。

去年の BS hi での一挙放送では HD 放送ながらソースのクオリティやビットレートの割り当て等の問題で満足できる画質ではありませんでしたが、今回の BD はさすがにリマスターし直されているだけあって、超絶画質と言って良いレベル。旧三部作が「フィルムってこんなに情報量多かったんだ!」と思わせられるほどの高画質に仕上がっているのもさることながら、新三部作も今まではまともな HD ソースがなかった EP1 もようやく HD クオリティになったし、EP2/3 も今までに観たどのソースよりも高画質。実写と CG の境目は旧三部作では DVD 版でも気になるレベルでしたが、BD になると EP1/2 あたりでも十分に気になりますね。だってもう 10 年も前の作品なんだもの・・・。

などなど、画質面での評価についてはいつもの「買っとけ! Blu-ray/DVD」にまだレビューが掲載されていないのですが、Phile-web のほうにこれでもかというほど詳細な記事がアップされていたので、こちら↓で。

発売直前最速レポート!『スター・ウォーズ』BD-BOXのクオリティ&見どころを総力検証 (1/8) - Phile-web

発売前に議論を呼んでいた、EP6 クライマックスでのダース・ベイダーが「NOOOOO!!」と叫ぶという新編集については、個人的にはそれほど違和感はなし。ただ、旧三部作に関しては 1997 年の「特別篇」のときに追加されたシーンが冗長だったり、EP6 のラストに出てくるアナキンの亡霊が DVD 版以降はセバスチャン・ショウ(中年アナキン)からヘイデン・クリステンセン(青年アナキン)に差し替えられているのが気に入らなかったり、ファンとしては不満もあります。BD なんだから好きなエディションを観られる機能くらい入れておいてほしいんですが、そういうのはまた得意の「オリジナル BD-BOX」商法ですかね(´д`)。

ともあれ、11 月くらいになれば、ようやくまともに土日休める生活に戻れる見込みなので、時間を見つけてじっくり鑑賞したいと思います。そういえば、私が DVD 時代にホームシアターを構築したのは「大画面でスター・ウォーズの DVD が観たい!」が原点でしたが、BD がリリースされたことでひさびさにここに手を入れたい欲求がふつふつと沸いてきました。ただ、サラウンドスピーカを再設置するのは、次女がもう少し大きくなる 1 年後くらいかなあ・・・。

投稿者 B : 22:00 | Foreign Movie | Movie

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« TGS 2011 | メイン | 子どもが寝たあとで -Olasonic TW-D7OPT レビュー (3) »