b's mono-log

« monCarbone Xperia arc 専用リアルカーボンケース | メイン | F1 日本 GP 2011 決勝 »

2011/10/08 (Sat.)

F1 日本 GP 2011 公式予選

ベッテル、得意の鈴鹿でポール獲得! | 日本GP | F1ニュース | ESPN F1
可夢偉、7番グリッドからスタートへ | 日本GP | F1ニュース | ESPN F1

2011 年の F1 グランプリも、いよいよ日本にやってきました。「バトン優勝、ヴェッテル無得点」という条件を満たさない限りヴェッテルの 2 年連続チャンピオンが確定してしまう、明らかにヴェッテルの戴冠グランプリではありますが、それでも鈴鹿は私も毎年最も楽しみにしているグランプリ。そりゃ興奮するというものです。

予選はヴェッテル/レッドブルが圧倒的・・・かと思いきや、ここでもマクラーレンが良い。ヴェッテルの予選アタックで少しミスがあったとはいえ、Q3 タイムでバトンがヴェッテルに 0.009 秒差に迫るという内容で、ヴェッテル PP、バトン 2 位という布陣に。それに続くハミルトン、マッサ、アロンソ、ウェバーというのはまあ順当なところでしょうか。

チームリーダーとして 1 年ぶりの凱旋となり、昨年日本中を沸かせてくれたような健闘が今年も期待される小林可夢偉。マシン性能としてはルノー、トロロッソ、フォースインディアに完全に逆転され、Q3 進出が厳しい状況ではありました。
Q1 ではオプションタイヤでのアタックでトップタイムを記録し、Q2 ではザウバーを侮ってタイヤ温存戦略に出たトロロッソをうまく喰えたという面もありましたが、ヘアピンで微妙にタイヤロックしながらもラップタイムをうまくまとめて見事 Q3 進出。で、Q3 ではレースシミュレーションのためプライムタイヤで 2 周だけ走って(タイム計測はせず)タイヤ温存策に出ましたが、ミハエルとルノーの 2 台がタイヤ温存で完全に出走しなかったため、結果的に 7 番グリッドを獲得。自己最高グリッドからのスタートとなりました。
そうはいってもザウバー C30 は決勝で 3 強に追いつける戦闘力は持ち合わせていないので、実際には後ろから追い上げてくるミハエルやルノーからポジションを守るレースになることは間違いないでしょう。が、守りに入るのではなく、攻めのレースを見せてほしいところ。どういうタイヤ戦略をとるのかも含め、注目です。

投稿者 B : 23:08 | F1 | Season 2011

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

« monCarbone Xperia arc 専用リアルカーボンケース | メイン | F1 日本 GP 2011 決勝 »