b's mono-log

« F1 速報をスマートデバイスで読む | メイン | CEATEC 2011 »

2011/10/05 (Wed.)

iPhone 4S

iPhone 4S、10月14日よりソフトバンクとauから発売 - ケータイ Watch
国内初お披露目の「iPhone 4S」、iOS 5の新機能など紹介 - ケータイ Watch

iPhone 4S が正式発表に。デュアルコアだったり au からの発売だったり、ハードウェア的には事前に予想された範囲内でのアップデート。プラットフォーム部分としては 6 月の iOS 5 の発表時点で明らかになっていることもあり、おおむね予想範囲内でのアップデートにとどまっています。気になっていたのは、iPhone 4 の時点からある程度はデュアルコアプロセッサを想定したハードウェア設計になるだろうと思っていたのが、実際に出てくるにあたり設計上無理があった場合には根本的なリニューアルをしてくる思い切りのいいパイロット Apple だけに、蓋を開けてみたら違った、というシナリオもあり得たのですが、それは杞憂でした。

iPhone 4S でもたらされる新しい価値は iOS 5 そのものの価値であるわけで、今回のマイナーチェンジは予想の範囲内。iOS 自体もそろそろ常に「まったく新しい」というよりは、Android や WinMo の長所を吸収する形での熟成型のアップデートが主になりつつあるので、根本的なアップデートもない代わりに、そろそろいつ買ってもいいプラットフォームになってきたんだろうな、という印象です。
コンピューティングのパラダイム的な観点でいうと、「スマートデバイスは PC のコンパニオンデバイス」だったのが、iCloud の登場によって PC と同列に扱われるデバイスになったのは大きな変化ですが、その点では「PC や Mac を母艦にする」から「母艦はクラウド」への変化が iOS の進化であり、その他はブラッシュアップに過ぎないのかもしれません。

私としては、iPhone(というか SBM)をやめた以上、自分用のメインプラットフォームとして iOS 環境に戻るつもりはありません。が、興味の対象として iOS は触っておきたいので、iPhone 4S ベースの iPod touch が出たら買おうと思っていました。が、今回は iPod ファミリーの新製品はマイナーチェンジレベルで、touch に至っては OS が変わった程度。デュアルコア化されていたら買うつもりだったのに・・・。デュアルコアな touch はまた半年後、とかそういう時間軸で出てくるのでしょうかね。まあ安いし、実験用程度ならばとりあえず今の 8GB 版を何も考えずに買っておく、というのもなくはないですが。

投稿者 B : 23:59 | Mobile | iPhone & iPad

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

« F1 速報をスマートデバイスで読む | メイン | CEATEC 2011 »