b's mono-log

« January 2012 | メイン | March 2012 »
 1 |  2 |  3 |  4 | all

2012/02/29 (Wed.)

中野区鷺ノ宮のロースにんにく焼き

インフルエンザでまるまる 5 日間ほども寝ていたこともあって、快復した今でもまだ体力が戻ってきていない感があり、ちょっと疲れやすいんですよね。食事もしばらくおかゆとかうどんとかいった炭水化物生活が続いていたので、ここはタンパク質摂取でしょう、久しぶりにドスンと入れていくか!ということで、仕事帰りにちょっと放浪してきました。

とんかつ みやこや

みやこや

ドラマ『孤独のグルメ』の第 6 話の舞台になった、鷺ノ宮のとんかつ屋さんに遠征。こどグルの聖地巡礼は池袋の汁なし担々麺に続いて 2 軒目になります。我ながらミーハーな気もしつつ、深夜にあんな映像を流されたら自分でも実物食べてみたくなるじゃないですか!(´д`)

私は基本的にとんかつ屋でとんかつ以外のものを頼むのは失礼ではないかと思っていて、お店に来るまでには劇中でも紹介されたミックスカツで「二階建てにはソースだ。」をやろう、ご飯は絶対大盛りで食おう、と思っていたんですが、でもドラマを見る限りではあのくらいのカツを出すお店は他にもけっこうありそうだし、むしろサブタイトルになるくらいだからカツよりもロースにんにく焼のほうが美味いんじゃないか?と思い直して、ロースにんにく焼をオーダー。

みやこや

ロースにんにく焼に限らず、多くの料理に「並」と「上」があるのですが、「上」はどうやら質が変わるわけではなく、肉の量が大盛りになるということのようです。ガツンと入れたかったので、私は上を注文しました。

本当は、「迷ったときは両方だ」の格言に倣い、あわよくばゴローちゃんよろしくミックスカツ定食+ロースにんにく焼というチャレンジをしてみようかとも思ったんですが、私もさすがにそこまでの自信はありませんでした(^^;;

みやこや

厨房で料理する様子を見ていると、フライパンにこれでもか!というほど大量のニンニクが入っていて軽くビビリました。食べてみると、口の中が燃えるような刺激を感じます。唐辛子も少し入っていますが、この刺激は間違いなくニンニクの辛さ。でも、豚ロースの甘みのある脂とのコンビネーションが絶妙で、辛いのに甘くて旨い。
肉もとんかつに使うのと同じ豚ロースを使っているのか、パサパサした感じはなくジューシーで、厚みもあるので食べ応えは十分。

いいぞいいぞ、ニンニクいいぞ!白いご飯に合いすぎる。

ドラマに出てきた常連のおやじのお勧めに従って生ビールを注文するつもりでいたんですが、このニンニクだれと白飯のハーモニーの前にすっかり忘れてしまっていました。このときばかりは私もゴローちゃんの心境だったに違いない(笑

みやこや

このマカロニサラダ、見るからに手作りだ。それを手作りと書いてないのがいい。凝りすぎてない手作り感が丁度いい。
付け合わせのキャベツもすごく張りがあってシャキシャキした歯ごたえで、にんにく焼の間に挟むのにうってつけな感じ。

みやこや

店内には、ロケで訪店した際の井之頭五郎こと松重豊さんのサイン入り色紙が飾られていました。なるほど、ロケは 1/18 だったのか。ここ、店構えはわりとどこの駅前にでもありそうな地元のとんかつ屋さんで、とても「テレビで紹介された店」という雰囲気のない、気取らないお店だと思うんですが、これを見たときに改めて本当にロケで使われたお店なのだと思うと、感慨深いものがありました。

私がお店に入ったのは遅い時間帯だったので、常連さんらしき人が一人いただけでしたが、聞こえてきたその常連さんとお店の主人の会話によると、やっぱり放送から 2 週間くらいはずいぶん混んでいたようです。私もただの一見さんですみません(^^;;
しかしテレビの影響力が下がったと言われていながら、テレ東の深夜ドラマでもそれだけの影響力があるということなんですね。鷺ノ宮までホイホイ行った私が言えたことではありませんが(笑。

だいぶ迷ったけど今回はやっぱりにんにく焼にして大正解でした。鷺ノ宮、満足。

でも私がこの後コンビニに駆け込んで大量のブレスケアを胃に流し込んだことは言うまでもありません(ぉ。今度来る機会があるなら、次は金曜の夜とかにしよう・・・。

関連ランキング:とんかつ | 鷺ノ宮駅都立家政駅

投稿者 B : 00:29 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

2012/02/28 (Tue.)

Cyber-shot DSC-HX30V

ソニー、"全画素超解像"搭載の30倍ズーム機「サイバーショットDSC-HX200V」 - デジカメWatch
ソニー、1,820万画素で20倍ズームやGPS機能を搭載した「サイバーショットDSC-HX30V」 - デジカメWatch
ソニー、厚さ21.6mmの10倍ズームレンズ搭載機「サイバーショットDSC-WX100」 - デジカメWatch
ソニー、有機ELタッチパネル採用のスリムモデル「サイバーショットDSC-TX66」 - デジカメWatch
ソニー、"全画素超解像技術"などを備えた薄型防水モデル - デジカメWatch

なんかいろいろいっぱい出てきたー。CP+ のときには TX300V くらいしかなかったのに、むしろこっちのほうが本命という人は多いんじゃないでしょうか。

トピックは機種にもよるけど全画素超解像技術、GPS ロガー機能搭載、TransferJet 内蔵、電子水準器内蔵、ピクチャーエフェクト強化、といったところ。
全画素超解像は主にデジタルズームの画質向上用途として訴求されているようですが、個人的には高感度ノイズ低減にも使われるようなのが気になるところ。まあこの全画素超解像技術自体は昨年後半のモデルから搭載されているようですが。

ここ数年、カメラの内部的なソフトウェア処理で画像を加工して画質を向上させる技術が次々に追加されていきますね。ピクチャーエフェクトなんかはまだかわいいほうで、露出を変えながら複数枚連写して合成する HDR 機能だとか、富士フイルム X-Pro1 にみられるようなローパスフィルタレスセンサでのモアレ低減にセンサ内に複雑なロジックを入れたりとか。最近では一眼レフでもレンズの収差補正機能搭載がトレンドになっていますが、コンデジの世界ではずいぶん以前からレンズの収差補正が実装されている(これによってレンズの設計・製造コストを抑えている)という話ですし。
ここまで撮った写真にいろいろ手を加えてしまうと、それはもう「写真」ではなくて「画像」にすぎないと思ってしまうわけですが、それはそれ。ほとんどのユーザーは「真実をありのままに写し取りたい」わけではなくて、「単にきれいな写真が撮りたい」だけだったりするわけで、まあこれも決して間違った方向性ではないとも思います。

今回の新機種でちょっと気になるのは、従来どおりのコンパクトな筐体に光学 10 倍ズームを入れてしまった DSC-WX100 です。明るいレンズではないですし、内部的にはソフトウェア的な収差補正をかなりやっているんじゃないかと思いますが、25-250mm 相当のレンズがあれば、今までだったら HX シリーズを買っていたような望遠が欲しいユーザーも、WX100 で十分と感じるかもしれません。
まあ私はかつて WX1 のレンズで残念な思いをしたことをまだ忘れていないので、WX シリーズのレンズは信用していないのですが(´д`)・・・、それでも今回のモデルの多くの光学系が刷新され、AA(高度非球面)レンズを使っているということで、レンズの素性自体も良くなってはいそうです。

あと順当にいって気になるのはやっぱり HX30V かなー。

ソニー / Cyber-shot DSC-HX30Vicon

iconicon

私が持っている DSC-HX9V の正統な後継機種ですが、光学 20 倍ズーム(デジタル超解像だと 40倍ズーム)、GPS ロガー対応、電子水準器搭載、Wi-Fi 搭載、TransferJet 搭載など「全部盛りだったはずの HX9V が実はまだまだ全部盛りじゃなかった」というバラモスの後のゾーマ状態で出てきました(ぉ。

私的には HX9V が買って半年で旧機種になってしまったわけですが、まあそれを覚悟で値下がりするのを待っていたので、そんなに悔しくありません。
というか、今の HX9V 自体にもほとんど不満がないというか、何でも無難に撮れすぎてしまって面白くないのが最大の不満というか(笑。そういう状態なので、まだ当分 HX9V でいいや、と思っています。

むしろ今コンデジを買うなら PowerShot S100 か DP1/2 Merrill のほうが欲しいんですよね・・・。

投稿者 B : 23:41 | Camera | Compact | コメント (0) | トラックバック

Xperia P/U

ASCII.jp:次世代Xperiaが3兄弟に! 「Xperia P」「Xperia U」発表|最新スマホが次々登場 Mobile World Congress 2012レポート

Xperia NXT

バルセロナで開催中の Mobile World Congress にて、ソニー・エリクソン改めソニー・モバイルコミュニケーションズが Xperia の新型を発表しました。出てきたのは Xperia S/NX に続く「Xperia NXT」シリーズとして Xperia P、Xperia U の 2 機種。
タッチ式のホームボタン下部に透明基板を使ったアクセントを含む基本的なデザインは Xperia S と共通で、素材感やカラバリで微妙に差をつけつつ、本体サイズを少しずつ変えてきたというところです。

ディスプレイは Xperia S/NX の 4.3inch/720×1,280 に対して、Xperia P は 4inch/540×960、Xperia U は 3.5inch/480×854。個人的には、特にヨーロッパやアジアではある程度の製品バリエーションが求められることは想像できるものの、いたずらにラインアップを増やすのはどうなの、という気がしないでもないです。ただ一点興味深いのは、Xperia P の液晶が RGBW の 4 色画素で構成された「White Magic」ディスプレイであるということ。このデバイスが発表された当初は基本的にデジカメ向けのディスプレイという風に言われており、実際リコー GR DIGITAL IV や富士フイルム X-Pro1 などでの採用例もありましたが、ここにきてスマートフォンに採用とは。まあ、カメラよりもさらにディスプレイの重要度が高いスマートフォンでは、RGBW 液晶の省電力性が活きるので、言われてみれば当然なのですが。

CPU は 1GHz 動作のデュアルコアプロセッサということですが、「STE U8500」という CPU は今まで聞いたことがありませんでした。調べてみたら、Ericsson の子会社で ST-Ericsson というモバイル向けデバイスベンダーが開発している CPU のようですね。Xperia S/NX 等が採用している Qualcomm の Snapdragon MSM8260(1.5GHz)ほどの性能はないでしょうが、中級機以下はコストパフォーマンス重視でこちらを選択した、というところでしょうか。

今年は MWC よりも先に CES で Xperia S/ion というフラッグシップ機が発表されてしまったので、その派生モデルという位置づけに近い今回の 2 機種に関しては、思ったような機種じゃなかったので残念、という反応もけっこう見受けられました。が、去年の Xperia arc 以降の動きを見ていると、年初にハイエンドモデルを新プラットフォームで立ち上げ、あとはコアの部分を流用しながら年間かけて派生モデルを出していく、というサイクルで回そうとしているようにも見受けられるので、まあ予想できた範囲内ではあります。無駄にハンパなバリエーションを増やすより、iPhone のように単機種長期販売で利ざやを稼いだ方が長期的にはいいんじゃないの、という気もしますが・・・。

個人的には、まあ少なくとも acro の 1 年割賦が終わるまでは身動きが取れないので、これらの機種が国内販売されようとされなかろうと、当面買い換えるつもりはありません。ただ、仕事のほうがそろそろ時々海外出張もあるかも、という気配になりつつあるので、そういうときのために海外でも使える SIM フリー端末が 1 個欲しいとは思っているんですよね。通話だけなら W880i を引っ張り出してきても良いんですが、データ通信系が貧弱なのでどうにも・・・。
まあ、今すぐ必要になるわけでもないので、そのうち誰かが Xperia mini pro に飽きるのを待つとします(ぉ。常用端末としては、Xperia ion の日本版か、それに近いスペックの LTE 対応 Xperia が夏~秋に出てくるらしい、という噂がけっこう出てきているので、それ待ちかな。

投稿者 B : 00:31 | Mobile | Smartphone & Tablet | コメント (0) | トラックバック

2012/02/27 (Mon.)

Xperia acro に Xperia S のアプリをインストールしてみる

なんだか面白そうな情報が出ていたので、私も試してみました。

Xperia Sのシステムファイルがリーク、旧機種の一部をXperia S化する | ゼロから始めるスマートフォン

Xperia S(Xperia NX の海外版)のプリインストールアプリの一部が流出し、これを適用することで Xperia の旧モデルでも最新型と同等のアプリが使えるようになるというもの。
私の知人関係でもこの週末に Xperia NX を購入した人がけっこういるようで、少し羨ましいとは思いつつも、LTE に対応すると言われている夏以降のモデルまで買い換えはガマンするつもりなので、とりあえず Xperia acro にこれを入れてお茶を濁してみることにしました(^^;;

※この作業は当然ながらメーカーや通信キャリアの動作保証外の行為であり、これを実施することによって万が一製品に不具合等が発生した場合はメーカーもキャリアも、もちろん私もサポートするものではありません。インストールする場合はあくまで自己責任の範疇で実施してください。また、作業手順の詳細などに関するご質問にはお答えできません。

Xperia S Apps

ダウンロードした zip ファイルを解凍すると、多数の apk ファイルに加えてバッチファイル(INSTALL.cmd)も含まれていました。

Xperia S Apps

Xperia を PC に USB 接続してこのバッチファイルをダブルクリックするだけで、一通りのアプリが自動インストールされました。が、いくつかインストールに失敗したアプリもあり。どうやら内蔵メモリの容量不足で入れられなかったようなので、それに関しては不要なアプリをアンインストールして容量を空けた上で apk ファイルを acro の microSD にコピーし、microSD 上の apk ファイルを直接実行することでインストールしました。

Xperia S Apps

一通りインストールした直後のホーム画面。

公開されているアプリには Xperia S のホームアプリも含まれていて、インストールすることでホーム画面のデザインが微妙に変わりました。また、新しいライブ壁紙「地球」も追加されたので、壁紙も変更してみました。

Xperia S Apps

今回もっとも変わったのはウィジェット周りじゃないでしょうか。通信系を中心とした各種機能のオン/オフウィジェットは従来のものよりもかなり小型化され、ホーム画面上のスペースを節約できるようになっています。

このほか、ミュージックプレーヤーウィジェットや天気ウィジェットもデザインが変更されています。機能的にそれほど変わるものではありませんが、全体的にデザインがサイバーかつソリッドになった印象。

Xperia S Apps

ミュージックアプリ本体はずいぶんデザインが変わりました。従来は基本的に再生画面がメインで、楽曲を選択する際にはフォルダアイコンをタップするとアーティストやアルバムから絞り込む、という手順でしたが、新しいアプリでは再生中画面とマイミュージックをタブで選択する形になっています。

機能面での改善がどの程度かはまだ分からないので、しばらく使ってみたいと思います。Bluetooth の音切れが少しでも改善されていればいいんですが。

Xperia S Apps

カレンダーアプリもデザインが変わりました。基本的な画面構成はあまり変わっていませんが、スケジュールの同期元(Google Calendar、MS Exchange、Facebook など)によって色が分けられていたり、いちいちメニューを呼び出さなくても月表示/週表示/日表示の切り替えボタンが表示されていたり。細かいところですが、確実に使いやすくなっています。

こんな感じで、全体的にはちょっとしたデザイン変更や機能改善が多く、これを入れたからといっていきなり Xperia acro が Xperia S に見えてくるというほどのことはありません(笑。それでも、周りにつられて早まって買い換えたくなる衝動を抑えるのにはちょうど良いかも(^^;; 少なくとも acro の 1 年間の割賦が終わるまではガマンしないと・・・。

投稿者 B : 00:00 | Mobile | Smartphone & Tablet | コメント (0) | トラックバック

2012/02/26 (Sun.)

22 年ぶりのランドセル

私が小学校を卒業して 22 年になるでしょうか。22 年ぶりにランドセルというものを手にしました。

ランドセル

まあ、当然私のものではなく、長女のものなんですけどね。4 月からいよいよ小学校です。

順当にいけば、私と価値観が近い人の影響で、私も土屋鞄のランドセルを買っていただろうと思います。が、私は勤務先の福利厚生の一環で、子どもが小学校に上がるときにはランドセルをもらえることになっているので、ありがたくいただいた次第。
ランドセルを兄姉から受け継ぐとか、おじいちゃんおばあちゃんに買ってもらえるとかいう児童は同等金額の文具セットをもらうこともできる制度なので、文具セットをもらってランドセルは土屋鞄で買う、という選択肢もありました。でも、私も小学校に上がるときに父の勤務先からけっこう立派な絵の具セット(バッグつき)をいただいてとても嬉しかった記憶があるので、このランドセルを使わせることにしました。

いただきものなので詳細は分からないながらちょっと調べてみたところ、このランドセルは協和というメーカーが作っている「ふわりぃランドセル」というシリーズを微妙にカスタムオーダーしたものだと思われます。「ふわりぃ」というだけあって、クラリーノ使用でとても軽い。公称 1kg を切っていて、持った瞬間驚きました。小学生時代と今の私の感覚の違いを差し引いても、20~30 年でずいぶん進歩したものだなあと感心しました。

ランドセル

ショルダーストラップの付け根の部分とか、ストラップの根元が常に上を向くようなパーツがつけられていて、担いだときにできるだけ重みを感じないような作りになっています。さらには身体の成長に合わせて付け根が左右に拡がるようにもなっているので、6 年間の成長にもある程度対応できるそう。
私が使っていた時代のランドセルはもっと無造作に金具で取り付けてあるだけでしたよ?

ランドセル

側面についているナスカンは、ある程度以上強い力で引っ張られたとき(例えばここにぶら下げた荷物が道路で車やバイクに引っかかって・・・とか)に根元から抜ける作りになっていて、安全性に配慮されていたり。
このへんは土屋鞄あたりだと良い感じの金具で留められていたりして高級感を醸し出すところでしょうが、このランドセルはそういう高級感はない代わりに合理的な作りをしています。

ランドセル

開口部。イマドキのランドセルはもう A4 対応が当たり前なんですね。私の子ども時代はノートも学校でもらうプリント類もほとんどが B5 や B4 でしたが、PC やプリンタ普及の影響もあるのか、最近は A4 や A3 が使われることも多いようで。その気になれば 13inch 級のモバイルノートも学校に持って行けてしまうんじゃ・・・と思って試しに VAIO Z2 を入れてみたら、完璧にピッタリ入りました(ぉ

ランドセル

ランドセルといえば底部にあるロック。イマドキのランドセルではこれがオートロックになっているんですよ奥さん!(誰
フラップ側の金具をロック部の奥にまで通すと、ロック金具が自動的に回転してロックされる仕掛けになっています。私は最初全然知らずに触っていて、自動的にロックされた瞬間に真剣に感動してしまいました。だってこのロックをうっかり or 面倒くさくて締め忘れた挙げ句、何か物を落として拾おうとした瞬間にランドセルから教材全弾発射してしまった記憶が誰しも複数回はあるはずです。それがほぼ確実になくせるのだから、今の子どもたちは恵まれていると思うと同時に、こういうことに自分から注意することを覚えなくなるんじゃないか、という危惧も抱いたりします。

ともあれそんなに高級感があるというほどのものでもないですが、これから小学校に上がる娘が大切に、時には乱雑に扱う日々の道具としては必要にして十分な品質なんじゃないでしょうか。嬉しそうに担いでいる本人の顔を見ると、私もつい表情が綻びます。
それにしてもこないだ生まれたと思っていた長女がもうランドセルを担ぐ歳になったんだなあと思うと、感慨深くもあり、どこか少し寂しくもあり。

投稿者 B : 00:22 | MONO | コメント (0) | トラックバック

2012/02/25 (Sat.)

どっちもハブ

【PC Watch】 動画と写真で見る、バッファローコクヨの上下どっちでも挿せるUSB Hub

発表されたときにすごい気になっていたこの USB HUB。どうして今までなかったか不思議なくらい、誰もが抱くであろう USB ポートの形状の問題を見事に解決した製品です。

USB コネクタを挿したときに内部で電子接点が動くギミックでも内蔵しているのかと思ったら、純粋に「逆挿し防止用の内部のプラパーツを薄くして、両向きに電子接点をつけた」という至極シンプルな解決法で、逆に目から鱗でした。むしろ、この構造にすることでジャック側の耐久性に問題が出やすくなるのがおそらく今までどこからも製品化されなかった理由でしょう。汎用性と低コストが求められがちな USB ジャックにそんな新規設計やってられない、という事情もあるでしょうが。
しかしこういう独自実装をすることで USB の認証が取れず、USB ロゴが貼れないというのは盲点でしたが、確かに・・・。まあ「USB 規格準拠かどうか」を気にする人もそうはいないでしょうが。

少し気になるのは、電子接点が両側についていることで、例えば私が昔使っていた超小型の USB メモリなら 1 ポートに 2 枚挿さってしまいそうなこと。そうしたときに壊れたりエラーが出てしまうのか、内部的にちゃんと 2 ポート HUB として扱われるのか(たぶん前者でしょうが)。

個人的には、USB ポートのこの形状の問題は「ユニバーサル・シリアルバス」を自称しているにも関わらず、ユニバーサルな形状(誰がどう見ても挿し間違えない形状)になっていない、USB 規格とその名称そのものの問題だと思っています。まあ Ethernet や IEEE 1394 6pin と挿し間違える人がそっち業界でも多い多い。

バスパワー HUB なら余らせるほど持っている私ですが、これは純粋に興味あるので発売されたら 1 個買ってみたい。

バッファローコクヨサプライ / USB HUB バスパワー 4 ポート BSH4U17BL

B007BYYN7E

投稿者 B : 00:33 | PC | PC Peripheral | コメント (0) | トラックバック

2012/02/24 (Fri.)

CP-ELSVPW

これ買いました。

ソニー / USB 出力機能付きポータブル電源セット CP-ELSVPW (ホワイト)

CP-ELSVPW

私は USB 給電に対応したモバイルバッテリでは eneloop stick booster とソニー CP-AL を持っていますが、どちらも PS Vita の充電には対応していません。まあ USB ケーブルを改造するなりすればいいって話ではあるんですが、新しいモバイルバッテリを試す口実にもなるしってことで購入(ぉ。

CP-ELSVPW

eneloop stick booster とはサイズ感が近いですが、より細長い stick booster、ずんぐりむっくりの CP-ELSVP という感じ。stick booster はアルミ筐体で質感は良いけど、逆にこの筐体を傷つけそうで扱いが慎重になりがちなのに対して、最初からプラスチックな CP-ELSVP は気がラクです(笑。

CP-ELSVPW

充電/放電方法はちょっと変わっています。放電は本体の端に付いている USB A 端子に USB ケーブルを挿し、ケーブルの反対側に充電対象の機器を接続するという、いたって普通の方法ですが、

CP-ELSVPW

バッテリ自体の充電時には、反対側の端に付いている USB microB 端子に USB ケーブルを繋いで、PC なり USB AC アダプタなりを使って充電します。

この USB 充電できるというのが地味に便利で、CP-AL のように間違えてコンセント側を持ち歩いてしまう心配もないし(笑)、充電についても eneloop stick booster は予備電池を持ち歩くなりコンビニ等で買うなりする必要があるし(それはそれで、補充しやすいという点ではメリットでもある)、充電の汎用性が高いことは、普段持ち歩く予備バッテリとしてはこの上なく重要。私の場合は巻き取り式 microUSB ケーブルなら、常にカバンに入れてあるし、職場だろうと、外出や旅行先だろうと、充電にはまず困ることはないと思います。

CP-ELSVPW

ちなみに、放電時には黄色の LED が、

CP-ELSVPW

充電時にはオレンジの LED が薄ぼんやりと光るようになっているのは、ソニーの CP シリーズに共通する仕様ですね。個人的には、放電をオンにするスイッチがなく USB A コネクタを挿すと即時に放電が始まってしまうのは、ケーブルの抜き忘れで気づいたら空っぽになってしまう事故のもとなので、ちょっと困りもの。まあこれは運用時に気をつけるしかないかな。

まあ今のところ Vita を外出先でからっからになるまで遊んだこともないんですが(笑、今まで買ってきた中で最も取り回しの良いモバイルバッテリなので、常にカバンに忍ばせておいて損はないかと。

投稿者 B : 00:33 | MONO | Other Gadget | コメント (0) | トラックバック

2012/02/23 (Thu.)

PowerShot G1X を見てきた

先日の CP+ のときに触れなかった PowerShot G1X を触りに、品川のキヤノン S タワーに行ってきました。お昼休みの S タワーは意外なほどに穴場。

キヤノン / PowerShot G1X

PowerShot G1X

どどん。やっぱりデカいです。CP+ の展示でも大きさは伝わってきましたが、単品での展示、さらにレンズキャップまで付いているとなおのこと威圧感がありますね。

PowerShot G1X

現行の PowerShot G12 との比較。正面からの投影面積では、確かに G1X のほうが大きいながらも、それほど大きな差はないように見えますが・・・、

PowerShot G1X

上から見るとこのとおり。ボディのサイズ感だけならそれほど違わないまでも、グリップの出っ張り、レンズの出っ張り、さらにレンズキャップの出っ張りまで合わせると持ち運び時の厚みは G12 比で 1.5 倍くらいあるように感じます。これはカバンの中でもかなり嵩張るんじゃないでしょうか・・・。

PowerShot G1X

PowerShot S100 との比較、というか比較にならないほど G1X は別物のカメラになってしまいました。コンデジとか高級コンパクトとか呼ぶのがおこがましいです。フォーサーズ級のイメージセンサにコンデジとしては考え得るほぼ全ての機能を詰め込んでレンズ一体型なら、これくらいの物量になってもしょうがないとは思えるのですが。
逆に PowerShot S100 がいかに絶妙なバランスの上に成り立っているかというのを改めて実感する差です。

PowerShot G1X

かなり威圧感のあるレンズ。フォーサーズ相当のイメージセンサに 28-112mm F2.8-5.8 相当というスペックのレンズをつけるとこうなる、というのをまざまざと見せつけられます。これだけ前玉が大きいとボケ味や描写がどの程度のものなのか気になりますね。

このレンズ、繰り出し量がけっこう大きくて、

PowerShot G1X

ワイド端(28mm 相当)でもこれだけレンズが飛び出します。

PowerShot G1X

テレ端(112mm 相当)だとここまで出て、重量バランス的に本体だけでは自立できない状態になります。

PowerShot G1X

レンズリングは、PowerShot S100 のようにコントロールダイヤルとして使えるのかと思って回してみたら、外れちゃいました(笑。
調べてみたら、マクロライト装着用のアダプタ(別売)をつけるために取り外せるようになっているようです。

PowerShot G1X

内蔵ストロボはポップアップ式。けっこう高さが出るようにはなっていますが、テレ端で 112mm 相当のレンズなので、どこまで届くかは不明。まあその気になれば EOS 用のスピードライトを外付けすることもできるので、内蔵はあくまで非常用といったところでしょうか。

PowerShot G1X

グリップは拳銃のグリップのようなパターンでカットしてある金属製で、重厚感があります。で、その上に付いている一眼レフライクな電子ダイヤルで、絞り等を調節するようになっています。このあたりは一眼レフユーザーにも受け入れられる作り。

PowerShot G1X

背面に回ってみましょう。キヤノンの伝統的な横開きタイプのバリアングル液晶に、ボタン配置等は他の PowerShot シリーズ等と共通のもの。操作系は S100 などとほぼ同じですが、S100 では絞りや露出は十字キーを兼ねたホイールの回転で行っていたのが、G1X では露出は上面のダイヤル、絞りやシャッタースピードはグリップ部の電子ダイヤルで行うという違いがあります。このあたりは G1X がコンデジよりも一眼レフ寄りという位置づけゆえでしょう。

上面につけられた二段式のダイヤルは、下が露出補正、上がモードダイヤルになっています。フジの X100 以降、露出補正がハードダイヤル式という機種が徐々に増えてきていますね。
ズームレバーはシャッターボタンを囲うように配置されています。これは設定次第でステップズーム式の動作に変更することも可能。シャッターボタンは半押し時の感触が緩く、半押しのつもりがシャッターが切れてしまうことが多いように感じたのは、あまり私の好みではありませんでした。

背面から見たときのデザインはかなりごつごつしていて、良く言えばクラシカルですが、個人的にはむしろ「デザインされていない」という印象を受けました。S100 のように小ぎれいに、とはいかないまでも、もう少し現代風にまとめてほしかったところ。

PowerShot G1X

UI も S100 あたりとかなり共通しています。違うのは絞りや露出を変更するときに回す物理ダイヤルが違うだけで、UI の動作はほぼ同じ。

PowerShot G1X

ISO 感度や連写モード、撮影解像度の設定などは [FUNC. SET] キーを押してメニューに入っていくのも S100 などと同じ。PowerShot/IXY ユーザーであればすんなり移行できるでしょう。

PowerShot G1X

撮影時には背面ディスプレイにヒストグラムや電子水準器まで表示できるのも、一眼レフ的な機能満載の G1X ならでは。これだけ見るととてもコンデジの画面ではなく、一眼レフでライブビュー撮影しているかのようです。

PowerShot G1X

ただ難点をあえて挙げるとすれば、光学ファインダが単に「ついているだけ」というレベルであること。レンズとのパララックスが発生するのはまあ良いとしても、ファインダを覗くと必ずレンズリングが映り込んでしまって、これではフレーミングさえまともにできないと感じました。まあ撮影はほぼ液晶モニタで行い、光学ファインダはよほど日差しが強くて液晶が見えにくい屋外などに限定されるとは思いますが、曲がりなりにも視度調節つきの光学ファインダでこのレベルはないんじゃないの?と思ってしまいました。

全体的な感想としては、まあ PowerShot シリーズのフラッグシップとしては機能てんこ盛りだしよくできているんだけど、じゃあ誰が買うんだろう?と考えると少し難しいカメラなのかな、と思いました。センサが大きいのはいいとして、ミラーレスや Kiss ではなくあえて G1X、という選択をする決め手に欠けるというか。クラシカルなデザインも相まって、「レンズ交換式にはもう億劫になったカメラ好きの初老男性」みたいなところは思い浮かぶのですが、それ以上の想像ができないんですよね。
逆に言えば、一眼レフやミラーレスのサブ機としての PowerShot S100 のバランスが秀逸すぎて、G1X が新機軸と言えば聞こえは良いけどニッチ方向に行かざるを得なくなってしまった、キヤノンのカメララインアップの悩みみたいなものが見えるカメラです。

これを踏まえて、ミラーレスがどういった形でいつ出てくるのか?というのが余計に気になってしまいました。

キヤノン / PowerShot G1X

B0076FR33Y

投稿者 B : 00:15 | Camera | Compact | コメント (0) | トラックバック

2012/02/22 (Wed.)

PS Vita と torne でいろいろ連携してみた

体調もずいぶん戻ってきた・・・けどドクターストップで会社に行けない間に、今までやろうと思いつつやれなかったことをいくつかやっていました。まずは Vita を買って以来、ほぼゲーム機としてしか使えていなかったので、ポータブル AV 機器としてのポテンシャルを試すべく、PS3 の torne との連携機能をようやく使ってみました。

まずはリモートプレイでのワイヤレス視聴から。

Vita+torne

PS3 と Vita を同一ネットワーク上に設置し、簡単なリモートプレイ設定をするだけ。で、Vita のリモートプレイから PS3 の torne を起動すると、ごくあっさりと Vita 上で torne アプリが動いてしまいます。ロケフリなんかだともっと面倒な手順が必要だった記憶があるので、拍子抜け。
操作に対するレスポンスも PSP でのリモートプレイよりずいぶん良い気がします。このへんは対応している Wi-Fi の規格(PSP:.11b、Vita:.11b/g/n)の違いでしょうかね。

Vita+torne

torne の UI が Vita のディスプレイ上で見えるのはなかなか新鮮です。操作性も PS3 のコントローラがそのまま Vita のコントローラに置き換わっただけなので、違和感もない。

VIta+torne

再生画面。映像はおそらく Vita のディスプレイ解像度である 960×544 ちょうどで出力されているので、ドットバイドットの精細感高い画質が楽しめます。これはどうやら先月の不具合修正前までは PSP 相当の解像度しか出ていなかったらしいですが、以前の状態を知らないので、私はとりあえず満足。

有機 EL ディスプレイの発色の良さはやはり素晴らしいものがあって、PS3 で再生→BRAVIA で観るよりも暗部の階調がクッキリ見えるシーンさえあるくらい。我が家の BRAVIA はかれこれ 5 年目に突入しているちょっと古いモデルなので、大画面やフル HD がそれほど重要でないソースであれば、画質的にはむしろ Vita のほうが楽しめるかもしれません。

Vita+torne

リモートプレイなので当然 torne の番組表にもアクセスできます。torne の番組表はかなり情報量が多いので、さすがに Vita の画面サイズじゃ厳しいか・・・と思ったら、意外にも無問題。上の写真では 5ch 表示にしていますが、老眼な人でなければ 7ch 表示でもいけるくらいだと思います。リモートプレイ越しでもヌルヌルした操作性は健在だし、これはクセになりそう。

Vita+torne

もちろんここから録画予約も投入可能。私は PS3 をほとんどゲーム機として使っていないので(笑)、このまま torne+リモートプレイ専用機にしてしまっても良いんじゃないかと思ったほど。

面倒な設定はほとんど要らず、簡単に始めることができて、しかも気持ちが良い。「PS ファミリーの流儀に慣れているならば」という前提はつきますが、PS3/torne/Vita の UX は Apple のそれにまともに対抗できる数少ない完成度を持っていると思います。

続いて、おでかけ転送・・・もとい、「uke-torne(ウケトルネ)」での番組転送も試してみました。まあ外出先に持って行ってまで観たい or 消化したい番組もそんなにないんですが。

uketorne

torne から Vita への番組転送には、Vita 側に uke-torne アプリを予めインストールしておく必要があります。uke-torne は PS Store から Vita 用アプリとしてダウンロード可能。

PSP の場合だと、PSP 側を USB モードにして PS3 と接続して動画を転送していましたが、torne→Vita の転送では、Vita 上で uke-torne を起動して「ビデオを受け取る」をタップしてやる必要があります。

uketorne

「ビデオを受け取る」を選択した後、PS3 上で torne 起動→uke-torne を起動した状態の Vita を PS3 に USB 接続、という手順で転送可能になります。Vita 側で uke-torne の起動が必要なのは、Vita 側でも CPRM のソフトウェア的な処理が必要、ということでしょうか。若干面倒ではあります。

torne

これは torne 側の画面。転送時には番組の操作メニューから「書き出し」を選択すると、Vita 側で uke-torne の準備ができていれば書き出し容量や転送先の残容量が表示され、書き出し可能な状態になります。
事前にクイック書き出しの設定を行った状態で録画してあれば、録画時に同時に書き出し用のファイルもエンコードしておいてくれるため、書き出し時間が短縮できます。

書き出しのモードは Vita 向けの高画質(720×480)、PSP やウォークマンにも対応した汎用の標準画質(480×270)があります。Vita で使うなら迷わず高画質モード。ちなみに容量はだいたい 25 分の高画質データで 300MB 程度でした。

torne

地上デジタル放送の録画データなので、書き出し時にはダビング 10 を 1 回消費します。

そういえばソニーの BD レコーダだとダビング 10 消費前の表示は「10」(ムーブになる最後の 1 回もカウントして 10 回と数える)なのに対して、torne ではデフォルトは「9」(最後の 1 回はカウントせず、コピー(複製)可能な残り回数を表示)という表示なのが紛らわしいですね。同じ仕様を「ダビング 10」と呼ぶか「コピーナインス」と呼ぶかの違いではあるんですが・・・。

uketorne

書き出しが成功した番組データは、Vita の「ビデオ」アプリの中に「録画した番組」というカテゴリで出てきます。再生には uke-torne は絡んでこないのがミソ。

uketorne

再生画面はこんな感じ。解像度が 720×480 の全画面引き延ばしなので、さすがにリモートプレイで観るのに比べると少し輪郭が甘くなる印象はありますが、それでも今まで torne や BD レコーダから PSP やウォークマンに転送していたときの画質に比べれば天と地ほどの違いがあります。少なくとも私が知る限り、デジタル放送をモバイル書き出しした映像の中では最も高画質なソースとハードの組み合わせだと思います。

ただ残念なのはこのビデオアプリが完全タッチオペレーションで、ハードウェアキーによる操作を受け付けてくれないところ。同じ「torne で録画した番組を Vita で観る」という操作に対して、リモートプレイはハードウェアキーのみ、モバイル転送はタッチ操作のみ、というのはいかがなものかと思います。慣れ親しんだハードウェアキーで操作させてほしい・・・というのは、これに限らず Vita の基本 OS の操作全般に言えることですが。

ともあれやっぱり Vita は楽しいです。AV 性能の高いマシンなので、もっとゲーム以外に活用してやるべきだと再認識しました。これで専用メモリカードがもっと安ければなあ・・・。

投稿者 B : 00:00 | Game | PS Vita | PS3 | コメント (1) | トラックバック

2012/02/21 (Tue.)

PS Vita 用 アシストグリップ

こんなものを買ってみました。

クール・クラウン / PS Vita 用 アシストグリップ

PS Vita 用 アシストグリップ

PS Vita にドッキングさせて使う外付けグリップです。

というのも、PSP に比べて十字キーと△○□×キーが上にずれて配置されている Vita では、手が小さめな私にとってボタン位置がちょっと遠め。本体が大きくてフラットな形状であることも手伝って、長時間プレイしていると手が疲れてきて、小指の付け根あたりの腱が攣りそうになることもあります。今まで、この手の外付けグリップは使ったことがありませんでしたが、そういうわけで今回はちょっと試してみることに。

PS Vita 用 アシストグリップ

アシストグリップといっても比較的単純なプラスチックの成形品で、4 箇所に設けられたツメで本体を固定するようになっています。
背面カメラ、I/O ポート、ヘッドホン出力端子には穴が空けられているほか、ストラップをつけたままでも着脱できるような切り欠きもあるなど、使い勝手に配慮した形状になっています。が、当然のことながらこの状態では純正クレイドルにはセットできないので、ケーブル直挿しで充電するか、いったん本体を取り外してクレイドルにセットすることになります。

PS Vita 用 アシストグリップ

本体に装着してみたところ。グリップの形状が歴代 PlayStation の純正コントローラとほぼ同型状なので、握った感触としてはほとんど違和感がありませんが、Vita の本体から PS コントローラのグリップが生えている外観はやっぱり異様(笑。

PS Vita 用 アシストグリップ

背面はタッチパッド部分がきれいににくり抜かれています。通常だとタッチパッドの端が分かりにくいのが、これがあることで却って分かりやすくなるため、背面タッチパッドを多用するゲームタイトルでは操作性の向上に繋がるかもしれません(でも私はそもそも背面タッチパッドをまともに使うゲームタイトルを持っていないため、実際のところは不明(笑))。
あとこのタッチパッド穴のおかげで、アシストグリップから本体を取り外すときにはこの穴から本体を押し出してやると取り外しやすいという(^^;;

Vita はその形状からホールド時の中指~小指の置き場に困るところがあり、それが小指あたりの疲れに直結しているのだと思われますが、このグリップをつけることで長時間プレイしていても指の疲労が軽減されているように感じます。同時に、ボタンを押す親指にも余計な力をかけずに済むためか、親指が痛くなることも減りました。また、多少激しめにプレイしても本体が揺れることが少なくなったため、画面がブレたせいで操作に失敗するということも減ったように思います。
こうしてみると、このアシストグリップそのものが優れているというよりは、このグリップ(純正品ではありませんが)の原型となったと言っていい、17 年も前に発売された初代 PlayStation のコントローラ形状がいかに完成されていたかというのを改めて感じます。後藤禎祐さん(PS1~3 のハードウェアデザイナー)はやっぱりすごいわ・・・。

ただ、Vita のコントロールボタンは PS3 や PSP よりも上にずれた位置にあるので、このグリップ形状ではやっぱりボタンまでの距離がちょっと遠いので、ひとつ欲を言うならば、グリップの付け根をもう少し上の方から生やしておいてもらえると、指の短い私のような人でももっと快適になったのになあ・・・とは思います。でも、何もつけない状態よりは遙かにプレイしやすいので、結果的に良い買い物だったかと。
持ち出すにはちょっと大仰なデザインですが、自宅でプレイするときはこのアシストグリップは必須アイテムになりそうです。

クール・クラウン / PS Vita 用 アシストグリップ

B006B2DKE4

投稿者 B : 00:00 | Game | PS Vita | コメント (0) | トラックバック

 1 |  2 |  3 |  4 | all
« January 2012 | メイン | March 2012 »