b's mono-log

« August 2012 | メイン | October 2012 »
 1 |  2 |  3 |  4 | all

2012/09/30 (Sun.)

鍵泥棒のメソッド @品川プリンスシネマ

最近邦画づいている私ですが、今回は以前から気になっていたこの作品を見てきました。

鍵泥棒のメソッド

鍵泥棒のメソッド

そんなに大量の広告を投下している作品でもありませんが、堺雅人と香川照之という二人が共演していて、しかもコメディという、私の好きな要素しかないような作品なので、面白くないわけがないじゃないですか。どちらかというと『踊る THE FINAL』よりも楽しみにしていたと言っても過言ではないかもしれません。

ストーリーは、自殺願望の売れない俳優が、記憶を失った凄腕の殺し屋と入れ替わって...というお話。『コラテラル』だったり『ザ・マジックアワー』だったり、殺し屋とカタギが出会って始まる作品には個人的にハズレはないと思っています。片方が殺し屋であることによる緊張感と、心温まるストーリーや笑いとのコントラストが気持ちを盛り上げるのでしょうか。

香川照之といえば、こないだ『るろ剣』でも悪役をやっていたばかりでしたが(というか、これもまだ上映中ですよ)、今回も悪役(まあ、二重の意味でこれが悪役と言えるのかどうか...)。これまでは深みのある善人の役として引っ張りだこだった印象が強いですが、意外にも悪役は悪役でハマる。何とも引き出しの多い役者さんだと思います。むしろ善人役のときよりも活き活きとした「キレた演技」がこれまた面白くて、つい見入ってしまいます。
対する堺雅人も、舞台っぽい芝居がこの喜劇にこの上なくマッチしていて、笑いどころでしっかり笑わせてくれました。この人も、舞台俳優出身だけあって、こういうコメディのほうが本当は合っていますね。

ストーリーのほうは、終盤でのどんでん返しで大前提を覆されたあたりはすっかりやられてしまいましたが、基本的に誰も不幸にならない、コメディらしい良いオチだったのではないかと。最後まで緊張感がありつつ、笑いもふんだんにあり、とても楽しかったです。
三谷幸喜の次々と追い打ちをかけるような笑いとはちょっと方向性が違いますが、コメディ好きならば楽しめるんじゃないでしょうか。個人的には、今年観た映画の中でも上位に加えたくなる作品でした。

投稿者 B : 23:00 | Japanese Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2012/09/29 (Sat.)

洗濯機も買い換え

我が家の白物家電買い換えの〆は、洗濯機。

パナソニック / 9.0kg 全自動洗濯機 NA-FS90H5-N (シャンパン)

Panasonic NA-FS90H5

どーん。

今まで使っていた東芝の洗濯機がここ 1~2 年、洗濯中に止まってしまうというトラブルが発生するようになってきたので、冷蔵庫よりもむしろ先に買い換えたいとは思っていました。

洗濯機については何となくのイメージでドラム式が良いのかな、と思っていたら、白物家電に詳しい某氏のアドバイスもあり、調べてみたら洗浄力はやっぱり通常の縦型のほうがありそう。なおかつ、新居ではバルコニーが広くなったので外干しがしやすくなったのに加えて、よく乾く浴室乾燥機もついているので、洗濯機に乾燥機能は不要。そうなると、ドラム式洗濯乾燥機全盛の昨今、自ずと選択肢は絞られてきます。
ヨドバシの店頭で主に扱われている縦型の洗濯機はパナソニックか日立、東芝、シャープ、AQUA(中国のハイアール。旧三洋の流れを汲むブランド)といったところで、「モーターの日立」の BW-9PV か、「泡の力で落とす」という触れ込みのこの NA-FS90H5 かにまずは絞りました。オーソドックスに洗濯槽そのものの洗浄力を取るか、洗剤をよく泡立てることで洗浄力を高めるほうを取るか迷ったんですが、洗浄力の違いなんて実際洗ってみないと分からないし、最終的には静音性の違いとデザインの好みで選択。最近白物家電はパナソニックづいているような気はしますが、特に狙ってやっているわけではありません。

しかし乾燥機能がつかないだけで値段が 4~50,000 円も違うんですね...。ちょっとしたレンズ 1 本買える値段ですよ(ぉ。浴室乾燥機に感謝。

Panasonic NA-FS90H5

白物はそれほど詳しくないし、普通の洗濯機なので特に書くこともないんですが(笑、従来のものよりも洗える量が増えて、かつ止まらなくなったので、それだけでも満足です。

Panasonic NA-FS90H5

洗濯槽の内側が真新しくてまぶしいです(笑。

店頭では「この内側の突起の独自形状が汚れを落とすのに一役買って...」みたいな説明をしていたメーカーもありましたが、正直ふうん...という感想だったのに対して、店頭で流れていたパナソニックの泡洗浄のムービーはなかなか説得力がありました。本来の目的とは違う意味でとても勉強になった(笑。

Panasonic NA-FS90H5

洗濯槽の内側の洗剤投入口に洗剤を入れて電源を入れると、

Panasonic NA-FS90H5

まずは洗濯槽の外側に給水して洗濯槽を回し、洗剤をよく泡立ててから投入することで、汚れの分解能力を高めるんだとか。よくシャンプーなんかでも「髪の毛に直接つけるより、いったん手で泡立ててからつけたほうがきれいに洗えて、髪や頭皮へのダメージも少ない」みたいな話を聞きますが、それと似たような話でしょうか。

まあ以前の洗濯機よりもきれいに洗えているかと聞かれると判断が難しいところですが(笑、懸案だった大物家電の買い換えがひととおり完了できて満足です。まとめて買い換えると、また買い換え時期がまとめてやってくるのが世の定めですが、とりあえずそれは考えない方向で...。

パナソニック / 9.0kg 全自動洗濯機 NA-FS90H5-N (シャンパン)

B007ZAPR4C

投稿者 B : 21:59 | KADEN | MONO | コメント (0) | トラックバック

2012/09/28 (Fri.)

ハミルトンはメルセデスに、ペレスはマクラーレンに

メルセデス ハミルトンと3年契約 - GPUpdate.net
マクラーレン ペレスと複数年契約 - GPUpdate.net

日本 GP を前に、今週は F1 関係のニュースも一休みかな...と思っていた矢先に驚くべきニュースが。ハミルトンがマクラーレンを離脱し、メルセデス AMG と 3 年契約。入れ替わりにペレスがマクラーレンと複数年契約、という衝撃的な移籍が発表されました。

バトンがチームと複数年契約を交わしたのに対して、ハミルトンがマクラーレンと主に契約金の点で交渉がまとまっていないという噂は以前からありましたが、ハミルトンがテレメトリーデータを Twitter に投稿した事件など、昨今チームとの関係がうまくいっていないと思わせる言動や状況もいくつかありました。それでもメルセデス移籍の噂はマクラーレンとの交渉を有利に進めるためのブラフだろうと思っていたら、本当に移籍とは。
マクラーレンはハミルトンにとっては少年時代から接してきたチームでしたが、最大の支援者だったロン・デニスがチームを離れ、ハミルトンと同じくらい速くてワールドチャンピオンの肩書きを持つバトンが入ってきて、それまでのようにマクラーレン自体が「チーム・ハミルトン」でなくなってきたことは事実でしょう。それでも現に今シーズン最多タイとなる 3 勝を挙げ、最速マシンを擁するマクラーレンから、参入以来今季ようやく 1 勝を挙げたばかりのメルセデスに移籍するというのは、明らかに自身の 2 度目のワールドチャンピオンの可能性を潰してしまったようなもの。移籍先がレッドブルやフェラーリというならまだしも、常に撤退の噂がちらつくメルセデスですし、私がハミルトンの立場だったら、減俸を受け入れてでもチャンピオン獲得の可能性が高いチームに残るほうがレーサーとして得策だったと思うけどなあ(2007 年のアロンソのように、最速マシンでありながらチーム内で孤立した状況であれば、話は別だけど)。極端な言い方をすれば「金でレーサーとしての将来を棒に振った」という印象。

これでメルセデスはハミルトンとロズベルグの 2 人体制。自動的にミハエル・シューマッハーのシートがなくなったことになりますが、マッサの後任としてフェラーリに電撃復帰、というサプライズでもない限り、このまま引退→メルセデス F1 の幹部としてチームに残る、という可能性が最も高いのではないでしょうか。

そして同様に驚いたのがペレスのマクラーレン移籍。ペレスはデビューイヤーの昨年から印象的な走りを見せ、今季既に表彰台 3 回という結果を残していますが、フェラーリ・ドライバーズ・アカデミー出身のペレスがフェラーリではなくマクラーレンに移籍というのがまずサプライズ。ただ、アロンソが絶対王政を敷くフェラーリでセカンドドライバーに甘んじるのと、曲がりなりにも対等に扱ってくれるマクラーレンでバトンの経験に学ぶのとではどちらが良いか?そしてマシン開発の基礎体力としてどちらが優秀か?を考えれば、マクラーレンは最良の選択肢でしょう。ただ、個人的にはバトン+ハミルトンという長所短所が対照的なコンビがけっこう気に入っていたので、「二人ともタイヤに優しい」新しいコンビはメリハリがなくてつまらないなあ、とは思います。

ペレスの移籍で気になるのはやっぱり可夢偉の動向。仮にペレスが残留だった場合、「結果を残せてスポンサーも持ってるエースドライバー」がいるならある程度安定したポイント獲得は期待できるわけで、「けっこう速いけどお金持ってないセカンドドライバー」よりも「速さはそこそこだけどお金持ってるセカンドドライバー」のほうが特に台所事情が厳しいザウバーにとってはありがたいわけで。かつ、今季の好成績でザウバーのシートは買い手市場。正直言って可夢偉の残留はかなり難しいと思っていました。が、こうなってくると可夢偉は開発もできるエースドライバーとしてチームに残留し、セカンドはまたフェラーリの育成ドライバーか他チームからスポンサー持ち込みで...となる可能性が高いのではないでしょうか。可夢偉よりも実績のあるドライバーが市場に出て、結果総取り替えという可能性もありますが、ザウバーは比較的継続性を重んじるチームですし。

現時点での来季シート状況はこんなところでしょうか。

  • レッドブル: ◎ヴェッテル、◎ウェバー
  • マクラーレン: ◎バトン、◎ペレス
  • フェラーリ: ◎アロンソ、△マッサ?
  • メルセデス: ◎ハミルトン、◎ロズベルグ
  • ロータス: ○ライコネン、○グロジャン
  • フォースインディア: ○ディ・レスタ、○ヒュルケンベルグ
  • ザウバー: ○小林可夢偉、△アルグエルスアリ?/△ピック?/△グティエレス?
  • トロロッソ: ○リカルド、△ベルニュ?
  • ウィリアムズ: ○マルドナド、△ボッタス?
  • ケータハム: ○コヴァライネン
  • HRT: △カーティケヤン
  • マルシャ: △グロック、△ピック?

この中で空きが出ている/出る可能性が高く、競争率が高そうなのはフェラーリとザウバーのセカンドシート。場合によってはウィリアムズにも人気が集中しそうです。個人的には可夢偉にはロータスあたりに移ってほしい気もしますが、グロジャンはそれなりに結果を出していることと、フランス系スポンサー(トタル)との関係を考えるとグロジャン残留は濃厚だろうなあと。
可夢偉はチーム戦略との歯車が噛み合っていない印象ですが、ペレスが抜けることになった今、これまでのような「おりこうさん」ではなく、リーダーシップを発揮してチーム自体を可夢偉自身のために全力を尽くす組織に変えていかなくては、来季以降の結果もついてこないのではないかと思います。アロンソとフェラーリの関係のように、マシンが駄目でも自分が引っ張り、それにチームが応えていくような信頼関係を築くことが急務。まずは来週の鈴鹿で今季最高の結果を出すことからですね。

投稿者 B : 23:14 | F1 | Season 2012 | コメント (0) | トラックバック

2012/09/27 (Thu.)

インテリアホン JD-7C1CL

最近家電買い換え中の我が家ですが、イエデンワも買い換えました。

シャープ / インテリアホン JD-7C1CL-W

SHARP JD-7C1CL

最近、電話といえばスマートフォンのほうが圧倒的に使用頻度が高くて、イエデンワを買い換える必要性に迫られていたわけではありません。でも、だからこそ今まで使っていた FAX の設置スペースがもったいないよなあ、とは思っていました。イエデンワはほとんど実家との連絡くらいにしか使っていないんですが、幼稚園や小学校の緊急連絡網に電話番号の登録が必要だったこと(携帯番号を登録している家もありますが、まだ少数派のもよう)、それから年に 2~3 度程度とはいえ学校・幼稚園関係で FAX の出番があることなどを考えると、FAX 機能は持ちつつより省スペースにしたい。
そうすると、以前から少し気になっていたシャープの「インテリアホン」が有力候補に挙がってくるわけです。

このインテリアホンはかれこれ 3 年くらい前に発売されたもので、現在ではこれまでありそうでなかったスマートフォン連携機能付きの新機種なんかも出ていたりしますが、FAX 機能がついているのはこの初代機のみ。なので、選択肢が他にありませんでした。
カラーはブラックとホワイトがありますが、ブラックにするとフォトフレームにポートレート写真を表示させたときにどう見ても遺影ですどうもありがとうございました状態(ぉ)になるので、あえてホワイトを選択。

SHARP JD-7C1CL

親機のほうには受話器はついておらず、ぱっと見では完全にデジタルフォトフレームです。ただ 3 年前の商品なので、液晶は WVGA(800×480)だし、じっくり見ると階調表現はトーンジャンプがあったり、フェードイン/アウトもなめらかでなかったり、フォトフレームとして大満足できる性能というわけではありません。ただ、FAX 機能付きイエデンワとして考えると、受信した FAX は基本的にディスプレイで確認して、必要に応じて外部メモリにコピー(→プリンタで印刷)できるし、省スペースなので悪くないかと。

SHARP JD-7C1CL

操作は全てタッチパネル。留守番電話機能のオン/オフもタッチパネルで行います。感圧式なので操作感は一昔前の雰囲気ではありますが、電話をかけたり受けたりするぶんには子機だけですべて用が足りてしまうので、このディスプレイに触れることは滅多にないでしょう。

SHARP JD-7C1CL

背面。特になにもありません(^^;;。

SHARP JD-7C1CL

側面のカバーを開けると SD/MS コンボスロットが。ここに画像データを入れてフォトスライドショーを再生したり、FAX データの出し入れもここから行います。そう、FAX 送信時は外部メモリに画像データを入れておいて、そこから送信します。紙を直接 FAX 送信することはできませんが、我が家には別途スキャナ/プリンタ複合機もあるし、FAX の使用頻度を考えれば、それができれば十分。

SHARP JD-7C1CL

コードレス子機。何の変哲もありません。電話をするだけならほぼ子機しか使いませんが、これで十分です。唯一不満があるとすれば、モノクロ液晶の一部(中央下)に黒いシミのようなムラがあることくらいですが、実用上差し支えないので気にしないでいます。

これを買ったのは「デッドスペースになりがちな新居のキッチンのカウンターの空きスペースにちょこんと置いておける FAX」という観点でしたが、利用頻度の低い FAX を邪魔にならず、雰囲気良く LDK に溶け込ませておけるので、けっこう気に入っています。フォトフレーム機能に関しては、デジタルフォトフレームが出始めの頃には気になっていましたが、結局中の写真の入れ替えが面倒でそのうち写真を入れ替えなくなる→いずれ電源すら入れなくなる、という流れが痛感できた今では(ぉ)、デフォルトの写真を BGV 的にオートスライドショーにしてるだけでも十分かなと思っています。これで NAS にアクセスして自動的に新しい写真からスライドショーでもしてくれたら話は違ったのですが、Wi-Fi さえ入っていない機械にそれはちょっと求めすぎか。

まあ、イエデンワの買い換えには悪くない選択肢なんじゃないでしょうか。でも FAX が必要ないならスマホ連携できる最新機種のほうがいいかな。

シャープ / インテリアホン JD-7C1CL-W

B002MBNWGO

投稿者 B : 23:17 | KADEN | MONO | コメント (0) | トラックバック

2012/09/26 (Wed.)

VANGUARD Quovio 26 レビューのまとめ

16932-2969-290246

VANGUARD「Quovio 26」のレビューをそろそろまとめたいと思います。

VANGUARD / Quovio 26

VANGUARD Quovio 26

実はこの一ヶ月、土日も忙しくてあまり写真を撮りに出かけられていないのですが、それでもムリヤリ機材を詰め込んであちこち出かけるときに持ち歩いていました(笑。

VANGUARD Quovio 26

まず前回、「標準ズームをつけたボディ+望遠ズームだとちょっときついけど入る」と書きましたが、フルサイズセンサ搭載の EOS 5D3 はやっぱり背が高かったようで、APS-C 機ならば中級機クラスでも比較的余裕あります。α77+標準ズーム(VS16-80)に 70-300G ならご覧の通り、けっこう余裕。小さめの単焦点 1 本またはコンデジくらいなら追加で入ります。どちらかというとフルサイズよりも APS-C 中級機ユーザーあたりを想定して作られたバッグなのかもしれません。

VANGUARD Quovio 26

実際のサイズ感はこんな感じ(鏡越しに撮った写真なので、画質がイマイチなのはご勘弁を)。横幅が狭くてスクエアな形状のおかげで、正面から見るとけっこうコンパクト。あまりカメラバッグらしくないカジュアルなデザインもあって、比較的使いやすいです。

VANGUARD Quovio 26

ただ厚みはやっぱり厳しい。カメラバッグだからある程度仕方ないとはいえ、混雑した場所や公共交通機関の中ではけっこう引っかかって他人に迷惑をかけがちです。単にマチがあるだけならまだしも、形状がしっかりしていて角張っているので、余計にあちこちぶつけやすいのだと思います。まあ外装がソフトな素材なので、誰かに怪我をさせる危険性は低いでしょうが。

VANGUARD Quovio 26

そしてこのフラップは非常に使いやすいですね。カバンを肩から提げた状態で、フラップが向こう側に開いてくれるので、鞄の中身がとても確認しやすい。一般的なメッセンジャータイプのカメラバッグだと、フラップが邪魔になりがちなので、これは助かります。今後カメラバッグはこういうタイプのものを積極的に選んでいきたくなりました。

実際に使ってみると、他にもストラップのギミックや気の利いたところについているハンドルなどが非常に使いやすくて気に入りました。ただ、ウエストに固定するためのベルトは、あって困るものじゃないけどこのサイズのカメラバッグを腰に固定したいシーンが思い浮かびません。写真撮影を兼ねた山歩きならもっと容量のあるカメラバッグやザックを使うだろうし、ちょっと中途半端な気が。同じ Quovio シリーズでも上位機種はかなりプロ用を意識した仕様になっていますが、個人的にはこのサイズ感ならばもう少しタウンユースを前提とした仕様(スマホや iPod などを想定したポケットがついているとか)ならもっと使いでがあっただろうな、と思います。あと、マチのあるポケットがもう少しだけ欲しかったです。

VANGUARD Quovio 26

というちょっとした不満はないわけでなないですが、このくらいの容量で作りが良く、タブレットを想定したカメラバッグというのはありそうでなかったので、けっこう気に入りました。ちょっとした撮影にいろいろ機材を持って行った挙げ句、単焦点 1 本と望遠 1 本しか使わなかったというケースはかなり多いので、実はこのクラスのカメラバッグが普段使いとしては最も出番が多いのではないかと思います。

同クラスの他社製品も比べてみたいところですが、ひとまず購入の候補に挙げておいて損はないかな。

VANGUARD / Quovio 26

B0090X1M7S

■関連エントリー
VANGUARD Quovio 26 レビュー(外観編)
VANGUARD Quovio 26 レビュー(内装編)

16932-2969-290246

投稿者 B : 23:26 | Camera | Camera Accessory | Minpos Review | コメント (0) | トラックバック

2012/09/25 (Tue.)

『ツァイス 激動の 100 年』、購入

アーミン・ヘルマン 著、中野 不二男 訳 / ツァイス 激動の 100 年

ツァイス 激動の 100 年

以前図書館で借りて読んだ本を、今さらながら購入。最近、あまり紙の本の在庫を増やしたくなくて、できるだけ電子版で買うようにしているんですが、さすがにこういう数の出ない旧著の電子化はあまり期待できるものではないですね。でもツァイスファン的にはこの本は持っていても良いかなと思いました。1995 年刊でとっくに絶版になっている書物ですが、古本でも良ければ Amazon マーケットプレイスにはかなりの数の出品がありました。

ツァイス 激動の 100 年

注文したのは「良い」状態の中古品。どの程度の状態なのか若干不安ではありましたが、ものすごくきれいというわけではないにせよ、まあきれいかな、と思える品でした。少なくともブックオフの棚に並んでいろんな人の手垢がついたものよりは良いでしょうし、梱包も丁寧で好感が持てました。届くまで現物が見られないデメリットはあるものの、絶版本を探して古本屋を巡る必要がないという点では、良い時代になったものです。

この本の内容については以前書いたので割愛しますが、改めて現代の、これからの日本企業のありようについて考えさせられる一冊ですね。知財とブランドだけ残れば良いとは思いませんが、何を自社の本質価値と認識して高めていくか。ツァイスが追求したこの品質をどのように自社で実現していくべきか。やはり何度読んでも、この一文が胸に刺さります。

「ずるがしこさではなく、徹底した正確さと信頼性、もういっぽうでは、商品の投げ売りではなく、安定した価格と、顧客に対する専門的アドバイスとサービス、そしていつも同じようにもうしぶんない応対」

そういえば、来年にはツァイス自身がミラーレスカメラ向けレンズ市場への参入を予定していますが、ソニーやコシナ経由ではない製造・販売がどのような形態になるのか、そしてそこからどのように上記の哲学を感じることができるのか、今から楽しみです。

投稿者 B : 23:09 | Book | Camera Mook | コメント (0) | トラックバック

2012/09/24 (Mon.)

一雨ごとに

キバナコスモス

[ Sony NEX-7 / Sony E 50mm F1.8 OSS ]

先週くらいまでの関東は、朝夕はともかく昼間はけっこう厳しい蒸し暑さでしたが、先週の台風あたりをきっかけに、一雨ごとに秋らしくなってきている気がします。そりゃああと 1 週間で 10 月ですからね。暑さが苦手な私としては、ようやく過ごしやすい季節がやってきました。

キバナコスモス

[ Sony NEX-7 / Sony E 50mm F1.8 OSS ]

引越しとか仕事とかでいつもの公園にもここ 2 ヶ月ほどゆっくり来れていませんでしたが、これからは多彩な植物が視覚を楽しませてくれる季節。カメラ的にもいろいろ新しいものが出てくる時期でもありますし、じっくり写真を撮りに来たいと思います。5D3 もまだあまり使い込めていないんですよね...。

投稿者 B : 23:59 | NEX-7 | Photograph | Sony E 50/F1.8 OSS | コメント (1) | トラックバック

F1 シンガポール GP 2012

シンガポールGP決勝 ヴェッテルが優勝、ハミルトンはリタイア - GPUpdate.net

F1 サーカスはヨーロッパからアジアへ。唯一のナイトレースであるシンガポール GP は、ヴェッテルが久々の優勝でようやく今季 2 勝目。ドライバーズランキングも 2 位に躍り出ました。

予選はハミルトンが圧倒的速さで PP。マクラーレンはこれで 4 戦連続の PP で、純粋な速さだけなら現時点での最速マシンと言えるのかもしれません。しかしここにきてマクラーレンはマシンの信頼性に疑問符がつき、前戦でバトンが、今回はハミルトンが、上位走行中にトラブルで単独リタイア。個人的には、2005~2006 年頃の「速いけど壊れる」マクラーレンが戻ってきたようでちょっとワクワクするんですが(ぉ)、チャンピオンシップを争っているチーム/ドライバーにとっては笑い事ではありません。今回のリタイアでハミルトンもアロンソに 52pt も離されてしまい、逆転に向けて一歩後退する状況となりました。

今回のレースで最も得をしたのは間違いなくアロンソでしょう。シンガポールでは滅法強いアロンソも、今回は絶対的なスピードが足りず、マクラーレンとレッドブルに追いつくことはできませんでした。ただこういうときにダメージを最小限に抑えることができるのがアロンソの強さで、今回もしぶとく 3 位表彰台。ヴェッテルにはポイント差を詰められたものの、当面のライバルであったハミルトンとの差を広げることに成功し、結果的にランキング 1 位の座を強固にしたと言えます。まだ 6 戦も残っている状況で断定的なことは言えませんが、ノーポイントレースが 1 回あってもまだまだ 1 位、というのは今後の戦い方の幅を考える上で、非常に意味のある状況だと思います。

可夢偉は本人も言っているとおりフリー走行から予選から全然スピードが足りず、どうにもなりませんでした。それでも粘りのレースを見せてくれてはいましたが、ピットインを減らした戦略が功を奏さず、タイヤがタレてきたところでそれまで抑えてきた後続に次々と襲いかかられ、ヒュルケンベルグとの接触で万事休す、という...。リタイアこそ免れましたが、最初からポイントがほぼ絶望的なレースで、見ていて辛かったです。
ただ、同じような状況でもチームメイトのペレスは Q2 に進出し、決勝でもウェバーへのペナルティの結果とはいえ 10 位入賞。ペレスは今季かなり成長していて、良いときにも悪いときにもそれなりの結果を持ち帰ることができるドライバーになりました。今季の可夢偉は残念ながらそれに見合う結果を残せていないのは事実で、やはり、このままペレスが来季も残留なら、ペイドライバーに取って代わられる可能性も高いと言わざるを得ないでしょう。次は毎年最高の結果を残している鈴鹿、ここでどこまでセッティングをまとめ上げて、週末を通じて可夢偉らしい走りを見せられるか...が、来季に向けての分水嶺となるのではないでしょうか。毎年、鈴鹿は最も楽しみなレースなのですが、今年ばかりはちょっと見方が違ってしまいそうです。

投稿者 B : 23:40 | F1 | Season 2012 | コメント (0) | トラックバック

2012/09/23 (Sun.)

SIGMA CONCEPT BOOK

一昨日、帰宅したところ、こんな荷物が届いていました。

SIGMA CONCEPT BOOK

シグマからの荷物なんて、初めてじゃないでしょうか。

それも、山木和人社長から「ロイヤルカスタマーのみなさまへ」というレター入り。嬉しいじゃないですか。イベント等で何度かお会いしたこともあるだけに、なおのこと嬉しいです。

SIGMA CONCEPT BOOK

中身はシグマとしては初めてとなる「コンセプトブック」という冊子でした。似たような雰囲気の冊子として、私はキヤノンの「禁断の書」こと L レンズカタログも一冊持っているので、さらにシグマからも物欲の深淵に引きずり込まれるのかよぉ、と覚悟してページをめくってみました。

その中に広がっていたのは、こういう世界。

SIGMA CONCEPT BOOK

ページの大半を割いて、会津の風景と、シグマの会津工場におけるレンズ製造の現場が紹介されていました。ワールドワイドで同じものを配布するためか、中にはいっさい文字はありません。むしろ文字がないことで、そこに写っている職人さんたちの真剣な息遣いが聴こえてくるような気さえします。

SIGMA CONCEPT BOOK

福島県にあるシグマの会津工場は、昨年の震災で大きな影響を受けましたが、現在は復旧して生産もすっかり軌道に乗っているもよう。シグマのレンズは全てこの会津工場で生産されています。

ちなみに、この会津工場の様子は、今回の Photokina に合わせてコンセプトムービーとしても公開されています。

コンセプトブックとはまたちょっと趣が違いますが、これもこれでいいですね。

「ものづくり」という単語が最近神格化されすぎているというか、それがそぐわないような分野でさえ「日本のものづくりが云々」と言ってしまうような風潮には、私はちょっと疑問を感じている部分はあります。でも、デジタルカメラの時代になり、設計がデジタルだったり、カメラ内で収差補正するのが当たり前になっても、カメラレンズの製造というのはアナログ技術の結晶。「ものづくり」という言葉がこんなに相応しい分野もそうはないと思います(単に高品質で高価なレンズだけあればいい、というわけじゃなくてね)。

そのあたりの話は、Photokina でジャーナリストの本田雅一氏のインタビュー記事やカメラマンの桃井一至氏による山木社長へのインタビュー動画でも語られています。

【フォトキナ】インタビュー:シグマ山木社長に交換レンズ新コンセプトを訊く - デジカメWatch

あとは Photokina で開発発表された 3 本の新レンズの商品写真とか。

SIGMA CONCEPT BOOK

外装デザインの品位がずいぶん良くなりましたね...これはグッとくる。

この冊子は Photokina に合わせて、シグマレンズを 2 本以上オンライン登録しているユーザーに送られたもののようです。

オンラインユーザー登録|株式会社シグマ

今まであまりオンラインユーザー登録するメリットを感じなかったのですが(不定期にメールニュースが送られてくる程度)、これは CR 活動を従来よりも強化する方向とみていいのかな。私自身、シグマレンズは何本か持っていて、シグマのいちファンである自覚はありましたが、それほど高価なレンズばかり買っているわけでもないのに「ロイヤルカスタマー」と言われてしまうと、逆に申し訳なくなってきます(笑。

規模が大きな会社ではないので、キヤノンやニコンと同じことをやってもしょうがないしできない、だから DP Merrill のような万人受けはしないけど一部のユーザーに強烈に支持される製品をリリースして企業価値を高めていく。ここ数年のシグマからは明確にその意志を感じることができていましたが、今回の Photokina 絡みの一連の活動はさらにそれを補強したのではないでしょうか。こういう言い方はアレですが、誰に何をどう売っていくべきか解っているね、と感じます。
しかもどうやらミラーレスもしくは新しい DP シリーズ向けレンズと思われる特許も出願されているようで、引き続きシグマから目が離せそうにありません。

シグマ / DP1 Merrill

B00931S35G

投稿者 B : 23:00 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2012/09/22 (Sat.)

京料理 あと村

今週は京都に出張に行ってました。大阪出張はよくあるけど、出張で京都は初。かなりの強行軍であまり京都を満喫する余裕もなかったんですが、一晩だけ京都らしい食事にありつくことができました。

京都府、京都市にある、京料理屋、あと村

京料理 あと村

鴨川沿いにある京料理のお店。同行した人のおすすめで連れてきていただいたのですが、もう門構えからして雰囲気があって、期待できそうじゃないですか。

京料理 あと村

まずは前菜の盛り合わせから。竹の器に、品良く少しずつ盛られていて、いかにも京都らしい。給仕さんの京都訛りがまた良いです。方言の中ではやっぱり京都弁が一番好きかな。

京料理 あと村

そして鱧!京都といえば鱧でしょう。既に旬は少し過ぎていますが、この時期の鱧は「名残鱧」と呼ばれてむしろ脂がしっかり乗ってくるのだとか。刺身と湯引きの両方出てくるのが嬉しいじゃないですか。

京料理 あと村

刺身はわさび醤油としその花をつけて、湯引きは梅肉でいただきます。これはシアワセだ...関東にいると鱧なんて滅多に食べられませんからね。

京料理 あと村

こうなってくると日本酒に手を出さざるを得なくなります。私は辛口の日本酒が大好きなので、普段は東北~北陸のお酒を頼むことが多いんですが、今回は京都らしく、京都の酒蔵しばりで。吟醸・大吟醸系はフルーティで香りのいいものが多く、京料理のやさしい味付けによく合います。これはこれでいい。

京料理 あと村

続いて鱧しゃぶ。しかも松茸入りですよ!鱧のふわっとした食感と松茸の香りがたまらんです。三つ葉とすだちのアクセントも効いてます。私は茸類は得意じゃないけど、これはおいしかった。

京料理 あと村

そしてこれは...う に 茄 子 ! ! !

大きくて形の良い賀茂茄子の半切りに、うにが贅沢にもどっさり載っています。それに京料理らしからぬ濃厚なたれがかかっています。茄子の肉質がしっかりしているので、これは食べ応えがある。自分内での今回のメイン料理はこれでしょう。

ここまでで既にかなりの満足感なので、これがメインディッシュかと思ったら、「あと 7 品ある」とのこと...!

京料理 あと村

こちらは稚鮎の塩焼き。頭から尻尾まで残さず食べられてしまう骨まで柔らかい稚鮎を、よもぎ酢につけていただきます。京らしい薬味としては抹茶塩はポピュラーだと思いますが、よもぎ酢は初体験。よもぎの青い香りと何とも言えない苦みの後に酸味が追っかけてくる感じが、鮎の生臭さを相殺してくれるようで、これがなかなか美味。川魚って普段なかなか食べませんが、こういうのはいいですね。

京料理 あと村

鱧寿司と唐墨。唐墨は、適当なものを食べたときにありがちなざらっとした食感がなく、クリーミーでとても繊細な舌触り。間違いなく今まで食べた唐墨の中で一番美味しかったです。これは日本酒がどんどん進みますね...ということで、調子に乗ってお猪口をカパカパ空けてしまいました。

京料理 あと村

ドカンと出てきたのは鯛のあら炊き。これ一皿で一人分ですよ!取り分けじゃないんですよ!!

これまた京都のイメージを覆すしっかり濃い味付けで、脂の乗った鯛と牛蒡の食感の対比が良くて、もうけっこうお腹がいっぱいになっているはずなのに、箸が進みます。

京料理 あと村

あら炊きの後はそろそろ締めに向かっていくということで、とうもろこしの天ぷら。世の中にこんなに甘いとうもろこしがあるのか、と思わせるほど甘く、それでいて自然な優しい甘みが癖になりそうです。これがデザートと言われても納得してしまいそうな甘さではあったんですが、

京料理 あと村

さらに茶碗蒸し。具が入っていないプレーンな茶碗蒸しですが、ちょうどいい蒸し具合と、底に銀杏ではなく梅肉が入っているのがポイント。甘みのある茶碗蒸しの最後に爽やかな酸味が味覚をリセットしてくれるようで、とても心地良い。具がいろいろ入っている茶碗蒸しも良いですが、これは気に入りました。

京料理 あと村

本当の締めは冷や麦。ここにきて麺類か...と思っても、案外つるつる入っていってしまいます。ちょうどいい濃さの出汁と生姜が効いているんでしょうね。
最後に果物(旬の梨と巨峰を少し)で本当に締め。

お店に入る前は京料理と言えば湯豆腐、そんなものでおなかがいっぱいになるわけがないだろうと思っていたら(←偏見)、味的にも量的にもこの上ない満足感。本当に美味しかったです。

鴨川床

ちなみにこのお店はいわゆる鴨川の川床を出しているお店のひとつで、今回はその外座敷でいただきました。ほんの 1 週間前まではまだ暑くて外では気持ちよく過ごせなかったそうですが、私が行ったときはちょうど良い季候で、時折涼しい風も流れてきて、とても気持ちよく過ごせました。対岸側から見ると、この川床の灯りが鴨川の水面に映って、とても幻想的なんですよね。

仕事で京都に来ること自体滅多にないので、次に来る機会がいつになるかも分かりませんが、また機会があればぜひ訪れたい店でした。この店に来れただけで、京都を堪能できたと言い切っても良いくらい。本当にごちそうさまでした。

関連ランキング:京料理 | 祇園四条駅河原町駅清水五条駅

投稿者 B : 21:09 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

 1 |  2 |  3 |  4 | all
« August 2012 | メイン | October 2012 »