b's mono-log

« BRAVELY DEFAULT | メイン | キヤノンとシグマの新レンズの話 »

2012/11/05 (Mon.)

F1 アブダビ GP 2012

アブダビGP決勝 ライコネンが復帰後初の優勝を飾る! - GPUpdate.net

アブダビ GP は本当に見応えのある面白いレースでした。韓国~インドとヴェッテル圧勝すぎ、可夢偉残念すぎで退屈なレースが続いていたんですが、番狂わせが起きるとやはり興奮しますね。

まずは予選、3 番グリッドを手に入れたはずのヴェッテルが、燃料規定違反(予選後の燃料残量が規定未満だった)で予選失格のペナルティ、最後尾スタートとなりました。昔からレースは「圧倒的に速いマシンが後ろから追い上げる展開は面白い」と相場が決まっていますが、まさにその通りの展開に。序盤からものすごい勢いで追い上げていたにも関わらず、2 度のつまらない接触でフロントウィングを壊し、緊急ピットインで再び最後尾からのスタート。上位を争っていたウェバーもマルドナドとのくだらない接触がありましたが、今回のレッドブルはチャンピオンチームらしくもなく、チームにもドライバーにもしょうもないミスが目立ちましたね...。
それでもヴェッテルはセーフティカーに救われたこともあって、気がつけば上位に進出。最後は実力でバトンをパスし、なんと最後尾スタートからのポディウムを獲得してしまいました。いくらヴェッテル&RB8 が速いとはいえ、この結果には驚き。そして、PP からのスタートでなければヴェッテルの走りはこんなに面白いのか、と思わされました(笑。

2 位のアロンソも、絶対的なスピードがないながらうまいレース運びでした。きっちりペースを揃えて走りつつ、ここぞというところで確実にプッシュできるコントロールのうまさは現役ドライバー随一でしょう。要所要所でオーバーテイクを決め、ウェバーとマルドナドを実力で抜き去っての 2 位。「最低でもヴェッテルの前でゴール」を達成できたので、アロンソとしては今回は満足の結果だったんじゃないでしょうか。
そして復帰後初優勝となったライコネン。スタートから逃げを打って圧勝かと思われたハミルトンが突然のエンジンブローで消えて以来、最後までトップを守り抜きました。今季のライコネンはワンチャンスをモノにできればいつ勝ってもおかしくない状態でしたが、このシーズン終盤でそのチャンスがやってくるとは。そしてその勝利の美酒になるはずだったポディウムがノンアルコールというのは、もう皮肉としか思えません(笑

我らが可夢偉は日本 GP 以来久しぶりに見せ場を作ってくれました。予選は全くふるわず 15 位、決勝もスタートに成功して順位を上げたものの、チームメイトのペレスのペースにさえついて行けずずるずる下がるだけ...と思いきや、前を走るマシンたちのアクシデントをうまくすり抜けてスルスルとポジションアップ。ペレスの「自滅」にも助けられて、最終的には 6 位フィニッシュを果たしました。やっぱり、ザウバーはこないだの鈴鹿が例外的だっただけで、基本的には予選がダメでも決勝重視のセッティングでしぶとく走った方がうまくいく、ということなのかもしれませんね...。ともあれ、ガマンしてマシンをゴールまで運んだ可夢偉には天晴れと言いたい。
いっぽうで、ペレスはマクラーレン移籍が決まってからなんかおかしい。ちょっと調子に乗っているというか、以前の新人らしからぬクレバーな走りが一転、無謀なプッシュと言える走りが目立ってきましたね...無理なオーバーテイクを仕掛けた結果の接触で、自身のみならずウェバーとグロジャンを巻き込んでのリタイア。マクラーレン入りの前に一度冷静になっておかないと、一時期のハミルトンや今年のマルドナド、グロジャンのように「危険なドライバー」の烙印を押されることにもなりかねませんよ。特に今回は、ダブル入賞を果たしていればコンストラクターズポイントでメルセデスの逆転に王手をかけられただけに、チームとしても残念なリタイアでした。

ともあれ、2012 年の F1 も泣いても笑ってもあと 2 戦。アメリカ大陸での 2 連戦を残すのみとなりました。ひさびさの北米開催となるアメリカは F1 ではまだ誰も走ったことのないサーキット。どのクルマが一番速く、強いのでしょうか。

投稿者 B : 23:47 | F1 | Season 2012

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

« BRAVELY DEFAULT | メイン | キヤノンとシグマの新レンズの話 »