b's mono-log

« シグマ山木社長が語る、新コンセプトレンズ群に込めた想い | メイン | MIYABIYA ほうれん草とチーズのスープカレー »

2012/11/21 (Wed.)

F1 アメリカ GP 2012

アメリカGP決勝 ハミルトンが優勝、タイトル争いは最終戦へ - GPUpdate.net

今シーズンの最終戦の一歩手前、アメリカ GP。さすがにアメリカ大陸のレースはリアルタイム視聴が厳しいので録画で...と思ったら、生放送の録画に失敗していて(´д`)ものすごくタイミングを逸しながらもようやく観戦しました。

予選は相変わらずヴェッテルが速くて PP 獲得。2 番手ハミルトン、3 番手ウェバー、というグリッドでしたが、偶数グリッドのグリップが悪くてスタート直後にはレッドブルの 1-2 体制。このままヴェッテルが逃げ切って三連覇確定してしまうんじゃ...と思ったら、ハミルトンが思いの外いい。ウェバーもヴェッテルもコース上でオーバーテイクして、イタリア GP 以来の優勝をチームにもたらしました。
レッドブルはウェバーがハミルトンに抜かれた後にオルタネーターのトラブルでリタイア。アロンソを抑えての走行だったところ、チームメイトのサポートをするどころか最悪の結果になりましたが、これは逆にヴェッテル車にトラブルが発生しなくて良かった、と考えるべきなのかな?いずれにしても、今季のレッドブルはオルタネータートラブルでのリタイアは少なくとも 3 回目なので、相変わらず信頼性がアキレス腱になっているのは変わらないようです。ヴェッテルはハミルトンが速くて抑えきれなかった、という側面もあるでしょうが、「少なくともアロンその前でゴールすれば良い」という判断で無理をしなかった、と見るべきかもしれませんね。圧倒的に勝っていても最後にファステストラップを獲りに行くようなヴェッテルでさえ、チャンピオン獲得のためにここは我慢した、ということでしょう(笑。

アロンソは予選 9 位ながらもグロジャンのギヤボックス交換ペナルティで 8 番手に繰り上げ。しかしながらクリーンサイドの奇数グリッドを取るために、予選 7 位だったチームメイトのマッサのギヤボックスをあえて交換してペナルティを受け、アロンソを 7 番グリッドスタートにするという力業に出ました。結果、アロンソはスタートで一気に順位を上げ、ウェバーのリタイアなどにも助けられて 3 位表彰台なのだから、今のフェラーリ&アロンソの維持の力は並大抵ではありません。
ヴェッテルは本当は勝って三連覇に王手をかけたかったところでしょうし、アロンソもヴェッテルの前でゴールしたかったところでしょうが、ヴェッテル的にはアロンソの前でゴールでき、アロンソもダメージを最小限に抑えて最終戦に望みをつないだ、という意味では、両者にとって「最低限のことはやった」というレースだったことでしょう。

アメリカ GP の開催は実に 5 年ぶり。個人的には、過去に開催されたフェニックス(懐)やインディアナポリスはいかにもアメリカ的な単調で面白くないサーキットだと思っていましたが、今回からのテキサス州オースティンサーキットはオーバーテイクも多くてテクニカルな面白いサーキットですね。エキサイティングなレースで非常に楽しめました。

さあ、あとは間もなく開催の最終戦ブラジル GP。13 ポイント差でヴェッテル優位には違いないですが、過去にいくつものドラマを作ってきたのがインテルラゴスサーキット。史上稀に見る混戦のシーズンが、どのような結末を迎えるか、見守りたいと思います。

投稿者 B : 23:30 | F1 | Season 2012

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« シグマ山木社長が語る、新コンセプトレンズ群に込めた想い | メイン | MIYABIYA ほうれん草とチーズのスープカレー »