b's mono-log

« 中野区鷺ノ宮のミックスかつ定食 | メイン | 開花 »

2013/03/16 (Sat.)

F1 2013 シーズン開幕

公式予選Q1 雨のセッションでロズベルグがトップ - GPUpdate.net
公式予選Q2とQ3が日曜日に延期 - GPUpdate.net

今年もいよいよ F1 のシーズンがやってきました。というか 11 月末まで昨シーズンのレースをやっていた(しかもチャンピオン決定が最終戦までもつれ込んだ)せいか、冬の間待たされた感があまりないという(;´Д`)ヾ。むしろ、チームのみなさんもドライバーさんもご苦労様です...としか。

さて、その開幕戦オーストラリア GP 予選ですが、アルバートパークにしては珍しく雨。しかも Q1 から降雨でディレイした挙げ句、Q2 以降は走れなくなって日曜日の朝に順延されることになりました。鈴鹿あたりでは驚かない天候ですが、オーストラリアでここまで、というのは珍しい。オールドファンとしては、むしろアデレード開催時代の 1989 年、中嶋悟が 4 位入賞した年のレースを思い出してしまいます(懐。

ただでさえ路面状況が厳しく、レースウィーク以外ではシミュレータでしか走り込めない半公道コースで開幕戦、しかも雨、というのは今季デビューの新人ドライバー達にはハードルが高かったようで、Q1 では新人ドライバーがスピンやクラッシュを喫しているシーンが何度も映し出されていました。その中でもひときわ派手にぶつけていたのが雨の苦手なフェラーリのマッサというのが(笑
そんなわけで、結局今日に至っても開幕時点での勢力図は明らかになっていないわけですが、フリー走行のタイムから推測すると上位 5 チームの戦闘力はそれなりに拮抗、中でもレッドブルが頭一つぶん抜けている、という感じなのかなと。いずれにしても、明日の Q2~Q3 から決勝にかけての戦いぶりでようやく見えてくることでしょう。

いっぽうで、今週頭にはこんなニュースもありました。

可夢偉、フェラーリと正式契約。今季はWEC参戦 - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、Fニッポン etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb)

結局 F1 では 2013 年のシートを見つけられなかった小林可夢偉ですが、今季はフェラーリのワークスドライバーとして WEC(耐久レース)に参戦することになりました。最近だと、F1 で浪人するドライバーはピレリのタイヤ開発ドライバーに収まるか DTM あたりにいったん転向するか、若手ならば GP2 に出戻ることが多いようですが、WEC とはまた珍しいですね。まあフェラーリと直接のコネクションができたことになるので、このままフェラーリの上層部にアピールを続けることができれば、マッサの後任としてお鉢が回ってくる可能性があるかもしれません。
テレビ観戦するならスカパー!の J SPORTS がありますが、これだけのために ¥2,400/月 というのはいくらなんでも高いよなあ...。

投稿者 B : 22:25 | F1 | Season 2013

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« 中野区鷺ノ宮のミックスかつ定食 | メイン | 開花 »