b's mono-log

« Deff クリスタルリングフィンガーストラップ 新色アメジストパープル | メイン | TUNEWEAR eggshell for iPad mini »

2013/04/04 (Thu.)

URoad-Aero の使用感

先月機種変更(というかプロバイダごと乗り換え)した URoad-Aero。2 週間ほど経過したので、現時点での使用感などについて軽くまとめておきます。

URoad-Aero

本体が AtermWM3600R 比で大幅に薄く軽くなったのは良いですねえ...と言いたいところですが、こいつは常にカバンの中に入っているので、あまりコンパクトさを実感するシーンはありません。まあ薄く軽いことは正義ですが、ある閾値を超えてくるとメリットも感じにくくなるものです。
むしろ機種変した恩恵を感じられる点は、バッテリの持ちが AternWM3600R よりも明らかに良くなっているところ。まる一日(12 時間近く)電源を入れっぱなしで外出しても、帰る頃でもまだ電池が残っていることの安心感といったら。AtermWM3600R は WM3500R に比べてバッテリが持つようになっていましたが、それでも電源入れっぱなしで 10 時間以上はもたない印象だったからなあ。一緒に持ち歩く機器の Wi-Fi 省電力設定をちゃんと調整しないと、WM3600R では朝職場に行ってから帰る頃には電池が切れていることも少なくなかったので、結局職場に着いたら休止状態に入れて、帰るときにまた電源を入れるという運用をしていましたが、URoad-Aero ではそんな必要がないくらいに電池がもってくれます。

URoad Magic

ルータの設定はスマートフォン用アプリ「URoad Magic」から行います。ちょっと前まではモバイルルータの設定といえばブラウザベースで行うもの、でしたが、今やもうアプリが当たり前になってきましたね。
このアプリでできることは、

  • WiMAX 電波状態の表示
  • バッテリ残量の表示
  • WiMAX/公衆無線 LAN のモード切替
  • 休止状態への移行
  • タイマー予約
  • 電源オフ
といったところ。セキュリティ設定などはアプリからはできず、ブラウザから設定する必要がありますが、通常使用には十分な機能が入っていると言えるでしょう。 特に面白いのがタイマー予約機能で、

URoad Magic

休止状態への移行、および休止状態からの復帰がスケジュールできるようになっています。「通常寝ている時間帯は休止状態にしておく」とか「平日の職場にいる時間帯は休止状態にしておく」とか、ほとんど使わない時間帯をスケジューリングしておくことで、充電できない環境で気づいたら電池がなくなっていた!ということを防ぐことができます。
我が家はマンションの屋内では WiMAX の電波が全くと言って良いほど入らず、自宅では WiMAX ルータの電源を切っておかないと宅内でスマートフォンを使いたくなったときに通信できない(Wi-Fi の接続先を自宅用ルータに切り替えなくてはならない)のが面倒なので、夜間など自宅にいる時間帯は休止するようにスケジューリングしようかと。

Speedtest.net

ルータを買い換えたらまず気になるところで、一応、WM3600R 比で通信速度が向上したかどうかを計測してみました。Speedtest.netXtreme Labs の Android 用スピードテストアプリで、Xperia SX でルータごとに各 3 回計測した平均値を取っています。ちなみに場所は JR 品川駅の高輪口付近。

■Speedtest.net

環境So-net WiMAX+
AtermWM3600R
WirelessGate WiMAX+
URoad-Aero
PING233ms367ms
DOWNLOAD3399kbps3804kbps
UPLOAD3159kbps4043kbps

■Xtreme Labs Speedtest

環境So-net WiMAX+
AtermWM3600R
WirelessGate WiMAX+
URoad-Aero
DOWNLOADAVG3011.2kbps3694.9kbps
MAX3637.1kbps3746.5kbps
UPLOADAVG1233.6kbps1253.0kbps
MAX1700.9kbps1467.3kbps

WiMAX は 3G や LTE に比べるとスピードのバラツキが大きい(同じ場所で続けて測っていても、刻々と結果が変わる)のであくまで参考程度ですが、So-net WiMAX+AtermWM3600R よりも WirelessGate WiMAX+URoad-Aero のほうが 20% ほど速い、という結果が出ました。複数回計測した結果としてこういう値が出ているので、若干ながら速くなっているのは事実なのでしょう。PING 値が悪くなっているのはルータよりもネットワーク(ISP)側の問題ですかね...?
まあ、レイテンシが大きくなってしまったことも影響しているのか、20% 程度では体感的に速くなったとは感じないのが実情です(笑。でも、WM3600R に比べてバッテリの持ちが良くなったことと、全体的な使い勝手が向上しているので、今のところとても満足度しています。

投稿者 B : 22:24 | Mobile | Mobile Network

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

« Deff クリスタルリングフィンガーストラップ 新色アメジストパープル | メイン | TUNEWEAR eggshell for iPad mini »