b's mono-log

« April 2013 | メイン | June 2013 »
 1 |  2 |  3 |  4 | all

2013/05/31 (Fri.)

平日ランチ限定。西麻布「三河屋」

珍しく平日昼間に西麻布に出る用事がありまして。西麻布でランチと言ったら豚組だろうが!と思っていたら、同僚が良い店がある、というので、ついて行ってみました。

三河屋

三河屋

西麻布の交差点からすぐのところにある定食屋さん。恥ずかしながら初めて知りましたが、かなり有名なお店のようです。開店時刻である 11:30 に行ったらすでに満席(実際には 15 分前くらいには開いているもよう)、最初のお客さんが一回転するまで待ち。先頭で並んでいたら、あれよあれよという間に後ろに行列が連なっていき、30 分後には 15 人くらいの行列に。
とはいえ定食屋なので 30 分もあれば一回転します。ほどなくして、それほど広くはない店内に通されます。

並んでいる間に注文していたので、着席するとすぐにお盆が運ばれてきました。

三河屋

頼んだのは「ミックス定食」。揚げ物のミックス定食で、メンチカツ・チキンカツ・ハムカツ・コロッケから二品選ぶというシステムになっているようです。迷ったときには全部だ、と言いたいところでしたが、チキンカツ好きな私としてはチキンカツとコロッケを選択。

三河屋

どどん!

大きめのチキンカツに小ぶりなコロッケが三個、さらに上に載っているのはハムカツです。どうやら、オーダーしたものとは別におまけが一品ついてくるようです。こういうサービスがうれしい。初めて来たはずなのに、いつもおまけしてもらえる常連さんになったような気分です。

三河屋

コロッケはアツアツで、外はサクッ、中はほわっ。コロッケにして正解。すごく高級なコロッケというわけではないけど、逆にこういうのが落ち着くんですよ。

ハムカツはなかなか肉厚で、おまけしてもらったものとは思えないボリューム感があります。ハムに味がしっかりついていて、これはソースなしでも全然イケル。

三河屋

チキンカツはみっちりと身が詰まっていて、それでいて筋張っておらず、すごく柔らかい。軽く歯を立てるだけで噛み切れるような柔らかさで、こういう類のチキンカツは初めて食べました。肉汁がじゅわっと出てくる地鶏系のチキンカツとはちょっと方向性が違うけど、なんだかほっとする味だなあ。軽めの食感なので、ソースの味がよく合います。

そしてこのボリュームで 950 円、という値段にまた驚き。西麻布の一等地ですよ?どうやら、戦後からこの場所でお肉屋さんを営んでいたのが、西麻布が住宅地からオフィス街に変わっていくタイミングで定食屋に業種替えして成功したお店なんだとか。それにしたって破格だと思います。しかも、開店しているのが平日(水曜日除く)のランチタイム三時間限定、というのだから、本当に利益が出ているのか心配になるレベルですが、このスタイルで長年やってきているんですもんね...。

「平日のお昼時に西麻布」というなかなかハードルが高いお店ですが、ムリヤリ用事を作ってでも食べに来たい、と思えるだけの美味しさでした。同じ揚げ物でも豚組とは方向性が違うけど、どっちも良い。
実は同僚が食べていたメンチカツがまたすごくうまそうだったんですよね...これは再度チャンスを作って来るしかないか(笑。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:とんかつ | 乃木坂駅六本木駅広尾駅

投稿者 B : 00:00 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2013/05/30 (Thu.)

カルガモの親子

先日、いつもの公園に写真撮りに行っててですね。まあ、毎回手応えのある一枚が撮れるというわけでもなくて、ちょっと今日は空振りだったかな...なんて帰りの道すがら、たまにしか寄り道しない小さい方の池のある公園を覗いてみようかな、と思ったわけですよ。
そっちはそっちで静かで落ち着いているものの、あまりいい被写体に巡り会うことがない場所なので、それほど期待せずにぐるっと一周回って帰ろうかな、と思っていたら、

カルガモの親子

[ Sony α77 / Sony 70-300mm F4.5-5.6 G SSM ]

なんかいる(笑!

カルガモだけならもう珍しくもなく、カメラを向けることも滅多にないくらいなんですが、雛鳥とは珍しい。このあたりでは初めて見ましたが、そういえばちょうど繁殖期ですねえ。

カルガモの親子

[ Sony α77 / Sony 70-300mm F4.5-5.6 G SSM ]

うーーーん、かわいい。

ファインダを覗き込みながら、自然と表情が綻んできます。

カルガモの親子

[ Sony α77 / Sony 70-300mm F4.5-5.6 G SSM ]

雛は全部で 9 羽いました。

私より先に撮っていた野鳥好きそうなおじさんの話では、去年もたくさん孵ったけど、ノラネコやカラスやスッポン(このあたりの池に棲んでいるようです)に喰われて 1 羽も成鳥になれなかった、とのこと。今年は 1 羽でも多くおとなになってほしいなあ。

カルガモの親子

[ Sony α77 / Sony 70-300mm F4.5-5.6 G SSM ]

母親が泳ぐ後をおとなしくついていくかと思えば、いつの間にかてんでばらばら、好き勝手に行動していたり。とにかく目に映るものが珍しくてしょうがないんでしょうね。まるで我が家族のことのように思えて微笑ましい一方で、親ガモの苦労が慮られるというか(笑

水滴を玉の状態で弾いてしまうふわっふわな羽毛の質感が、見ているだけで堪りません。

カルガモの親子

[ Sony α77 / Sony 70-300mm F4.5-5.6 G SSM ]

この無邪気さを見ているだけで、自分の中の汚れた部分が表れていくような気がします(笑。元気に育っていってほしいなあ。

たぶんあっという間に大きくなって飛びたって行っちゃうんでしょうが、休日のたびに、できるだけ様子を見に来ようと思います。

投稿者 B : 00:12 | Photograph | Sony 70-300/F4.5-5.6 G SSM | α77 | コメント (0) | トラックバック

2013/05/29 (Wed.)

monCarbone Mini Smartt Mate

iPad mini の液晶保護シートを貼り替えたら、ケースも替えたくなって(ぉ

monCarbone / Mini Smartt Mate (ミステリーブラック)

monCarbone Mini Smartt Mate

ちょっと前に発売されていたので、モバイルとカーボンと言えば私、と自負している身としては買わざるを得なかった(ぉ

monCarbone のカーボンケースは Xperia arc 用を今でも愛用しているので、信頼感があります。

monCarbone Mini Smartt Mate

カーボンケースと言えば、TUNEWEAR からもカーボンルックケースが出ていますが...カーボンルックとリアルカーボンの間には越えられない壁があるんですよ(かつてのトラウマ


monCarbone Mini Smartt Mate

このケースのカラーは 2 種類あって、高光沢の「ミッドナイトブラック」とマット系の「ミステリーブラック」。Xperia arc ではミッドナイトブラックを使っていましたが、iPad mini は本体背面がマット系なので、ミステリーブラックのほうが合うかな、と。

ミステリーブラックは単にマット系なだけでなく、表面が滑らかなミッドナイトブラックとはコーティングのかけ方が異なるようで、カーボンプリプレグの編み目の凹凸がそのまま活かされています。そのおかげで指がかりが良くなって、滑りにくくなるというメリットが生まれています。

monCarbone Mini Smartt Mate

翻って、裏面はとても美しい高光沢仕上げ(笑

エッジの部分を見れば分かりますが、このカバーは薄さ 0.6mm という極薄になっています。カーボン素材ならではの薄さですが、そのぶん耐衝撃性は期待できません。あくまでキズ防止とドレスアップを最小限の厚みと重量で兼ねるカバーです。

monCarbone Mini Smartt Mate

本体に装着してみるとこんな感じ。

表面に細かな凹凸があるぶん複雑に光を反射するので、角度によってカーボンがさまざまな表情を見せてくれるのが面白い。

monCarbone Mini Smartt Mate

ただ、よーく見るとコーナーのあたりに微妙にシワがよっていて雑に見える部分も。カーボンは基本的に伸縮しないので、こういうところを綺麗に仕上げるのって難しいんですよね...。光沢仕上げのほうが、コーティングの厚みでシワを誤魔化せるので、その点ではミッドナイトブラックのほうが見栄えが良いように思います。

monCarbone Mini Smartt Mate

参考までに、Xperia arc 用のミッドナイトブラックと比較してみましょう。ミッドナイトブラックが光沢、ミステリーブラックがマットと言いましたが、実際にはミステリーブラックにも光沢があり、ミッドナイトブラックは滑らかで均一な印象、対してミステリーブラックはカーボンの編み目によって抑揚の強い質感が出ている、と表現した方が正確でしょうか。

monCarbone Mini Smartt Mate

薄いので、正面から見ると何もつけてないかのような自然さ。クリスタルカバー系だとエッジがキラキラ反射してちょっと目障りになる瞬間があるんですよね。

Retina iPad mini が出るまでの繋ぎのつもりで買った初代 iPad mini でしたが、しばらく使ってみて、電子雑誌読むにもこれくらいの解像度で十分じゃね?という気がし始めています。大きな不満が出るようなことがなければ、このまま 2 年くらい使ってもいいかな(笑。

monCarbone / Mini Smartt Mate (ミステリーブラック)

B00CHLR1BQ

投稿者 B : 00:33 | Mobile | iPhone & iPad | コメント (0) | トラックバック

2013/05/28 (Tue.)

容疑者 X の献身 [DVD]

容疑者 X の献身

B001OF63WE

なんかすごい今さら感があるんですが、テレビドラマ版『ガリレオ』をじわじわと観ていたりします。

私はもともと原作を読んでいて(それも、以前のテレビシリーズでひとしきり話題になった後に、ではあるけど)、テレビドラマがあまり好きではないこともあってドラマ版は敬遠していたのですが、それほどドラマファンでない人からも意外と評判が良いということで、ちょっと前にやっていた再放送から順に、少しずつ観てみました。
そしたら意外にもいいじゃないですか。原作を読みながら脳内に浮かんできていたイメージが、そのまま映像化されたような感じで、これほど原作に忠実に映像が作られるドラマもなかなかないんじゃないかと。あえて難点を挙げるとすれば、主役と(ファーストシーズン版)ヒロインの演技が残念な感じなのと(ぉ)、「ガリレオ先生」のキャラクターがデフォルメされすぎな点くらいでしょうか。大学教授も含め才能に秀でた理系研究職は何人も見てきましたが、所構わずいきなり数式を書き出す人には会ったことがありません(笑。というか、計算式を書かないと解けないトリックなんてほとんど出てこないし、本当に天才だったら閃きと暗算で解決できるはずだ(笑。まあ、あのシーンは水戸黄門の印籠や金さんの桜吹雪みたいなものなのでしょうが。

さておき、劇場版『容疑者 X の献身』。さすがに買うほどではないな、と思って TSUTAYA で借りてきましたが(笑、BD がなかったので DVD での視聴となりました。なので画質に関しては特に語るところはありません。

この作品、原作でもこれはシリーズ初の長編として書かれたものですが、確かに映画でじっくり描くのに相応しい内容だと思います。とはいえ、他の回に比べると派手な物理的トリックはないし、謎解きも地味。『ガリレオ』シリーズにあって最も『ガリレオ』らしくない話でもあります。でも、テレビ版以上に原作に忠実に映像化されていて(石神役の堤真一は原作の設定からすると二枚目すぎるだろ、とは思うものの)とても良い。あの「数式書き殴りシーン」がないというだけでも好ましいです(笑
原作との違いとしては...というか、これは原作を一度読んだから言えることかもしれませんが...原作ではどうにも気づきようがなかった真のトリックに対する伏線を、この映画では映像でそれなりに丁寧になぞっているな、ということに気づきました。まあ、この作品のトリックは、先日観た『探偵は BAR にいる 2』と同じく「そんな伏線もマトモにないようなところからタネ明かしするのは無しでしょう」というレベルのものなので、ミステリーとしてはどうなの、とは思います。まあ、今作に限って言えば、この良さはトリックの難解さよりも登場人物たちの苦悩と、真相が明らかになろうとなるまいと誰も幸せになれないやるせない後味だと思うので、これでいいのでしょうが。

ドラマのセカンドシーズンも視聴率は好調だそうですが、確かにこの内容なら主役の人気だけによるものではないんでしょうね。来月には映画化第二弾『真夏の方程式』も封切られるようだし、これは劇場に足を運んでも良いかも、と思っています。

投稿者 B : 00:24 | Japanese Movie | Movie | コメント (2) | トラックバック

2013/05/27 (Mon.)

F1 モナコ GP 2013

モナコGP決勝 波乱のレースを制し、ロズベルグが優勝 - GPUpdate.net

60 回目、伝統のモナコ GP。これまでの流れからすると予選はメルセデスが獲るも、決勝で失速...という予想を良い意味で裏切られる結果になりました。

予選はウェットから乾いていくという、状況が刻々と変わる見応えのある内容。最終的にメルセデスの 1-2 で予選を終えましたが、タイミング次第で PP は変わっていただろう、とても面白い予選でした。

決勝は、メルセデスに続くレッドブル、ロータス、フェラーリから最も良いタイミングでアンダーカットを決めたドライバーが勝つんだろうな、と予想していましたが...蓋を開けてみると、メルセデスが「蓋」になることはほぼなく、ロズベルグがスタートから首位を明け渡すことなくチェッカーを受けるレースに。
これは意外でしたが、ひとつはメルセデスが「予選で速い=燃料搭載量が軽いと速い」という特性を持っていることが大きく影響しているでしょう。モナコという比較的燃費に厳しくないサーキットであれば、マシン特性を活かした戦い方ができる、という計算はあったのではないかと思います。而してその通りになったと。もう一つはモンテカルロという市街地サーキットの特性。オーバーテイクが不可能に近く、DRS の効果も小さいサーキット特性がロズベルグに有利に働いたのは間違いないでしょう。でも、モナコは他のどこよりも明確な「ドライバーズサーキット」。スタートからチェッカーまでレースをコントロールしきったロズベルグには、純粋に賞賛を送りたいです。

危なげないレースで 2-3 フィニッシュを決めたレッドブルは、チャンピオンシップを考えれば事実上このグランプリの勝者と言って良いかもしれません。直接のライバルであるライコネン、アロンソよりも確実に前でチェッカーをうけ、ポイント差を広げたわけですから。目先のレースにとにかく勝ちたいヴェッテルは悔しいでしょうが。

新人が多いシーズンのモナコは荒れた展開になりがちですが、今年もひどかったですね...。何台クラッシュしたか分かりませんが、特にマクラーレンのペレスとロータスのグロジャンがひどかった。結局、去年の批判から根本的には改善できていない、ということなのかもしれません。場合によっては、可夢偉のレギュラーシート獲得の可能性に繋がる話なので、引き続き注視していきたい(笑
フェラーリのマッサもフリー走行・決勝とクラッシュしていたようでしたが、テレビ放送を見る限りでは決勝のクラッシュで負ったダメージはけっこう重そう。あまりこういうことを言いたくはありませんが、代役として可夢偉にお声がかかる可能性もあるのでは...と思うと、日本人としては期待してみたくなるわけで(^^;;

というわけで、途中まではパレードで退屈なレースでしたが、中盤以降はなかなか見どころが多く、面白いレースでした。
次はまた波乱のレースになる確率が高いカナダ。新ウィナーが生まれやすいサーキットですが、誰がポディウムの中央に立つんでしょうね。

投稿者 B : 00:10 | F1 | Season 2013 | コメント (0) | トラックバック

2013/05/26 (Sun.)

東京都千代田区秋葉原のカツサンド

「こんなにあるとどれがいいんだか、どれが安いんだかさっぱりわからない」

秋葉原

...というわけで『孤独のグルメ』聖地巡礼【原作版】、今度は第 17 話「東京都千代田区秋葉原のカツサンド」に登場した秋葉原にやってきました。

まあ、ここは原作に登場したエリアで私が最もよく知る場所と言っても過言ではありません。学生時代、アキバがまだパソコン街だった頃には、月に 2~3 回は必ず来ていたので、どのコマがどこかほぼ把握できます(笑。とはいえ、アキバも今や事実上電気街ではなくなってしまったので、街の景色も随分変わっちゃいましたが...。

秋葉原

ゴローをして「この街には"食欲"というものが欠乏している気がする」と言わしめた秋葉原。確かに、当時はアキバで何かを食べようと思ったら、じゃんがららぁめんか牛丼のサンボかキッチンジロー、そうでなければ今はなきアキハバラデパートの 1F でなんか食べるか、という位しか選択肢がありませんでした。が、今は飲食店には困らない状態。それだけ観光地化が進んだということでしょうが、散策にはありがたい反面、その飲食さえ忘れさせるような「熱」が失われてしまったようで、寂しいような。

そういえば、当時は石丸電気の真っ赤な看板が、そのときには存在さえしなかったエディオンという青い看板に掛け替えられる日が来るなんて、誰が想像したでしょうか。

秋葉原

「ん?肉の万世橋だ。そうそう、あそこのカツサンドが確かうまかったなあ」

手前の赤いビルの TDK の看板、いつの間になくなってたっけ...。

秋葉原

というわけで今回の舞台、肉の万世に向かいます。

地下のパーコーメン、けっこう好きだったなあ。何年食べてないだろうか。

肉の万世

肉の万世

こういう形で肉の万世に来ることになるとは思いませんでした(笑

肉の万世

万かつサンド、ヒレかつサンド、ハンバーグサンド(と言いつつ実態はメンチカツサンド)とありますが、ここではゴローと同じく定番の万かつサンドを購入。

なにげにここで万かつサンドを買うのは初めてか、あっても 2 回目な気がします(^^;;。むしろ、慌ただしく出張や旅行に出るときに、羽田空港や東京駅の売店で買って、移動しながらとりあえず空腹を満たすことのほうが多いような。だから、個人的には万かつサンドは旅の味だったりします。

秋葉原

世の流れに乗りながら、どんどん変わっていくアキハバラという街にあって、変わらずに常にそこにある「肉の万世」。なんだかホッとしたよ。

缶コーヒーでも買って、どこかベンチか何かで食べよう。

秋葉原

古いものの上に、どんどん建て増しで最新の設備を上乗せしていくような街。

東京って不思議なところだなあ。

GEORGIA

うー、つめたーーい。

ジョージア・ゾットなんてさすがにもう売ってないので(笑)とりあえずエメラルドマウンテンブレンドのブラックで。

秋葉原

そうだ、駅の向こう側に広場があったな。

秋葉原

...まあ、もうないけどな(ぉ

駅前の広場といい、アトレに建て替えられたアキハバラデパートといい、UDX やベルサールといい、駅の反対側のヨドバシといい、そもそも道路の作りも全然変わっちゃったし、この 15 年の秋葉原の変化はすさまじいものがありますね。

万世かつサンド

というわけで、このあたりで強引に座れそうなところを探して、万かつサンドをいただきます(笑。広場ならともかく、ガンダムカフェ前の駐車場でものを食べる、というのはなかなか勇気が要りますね...。

でも、やっぱりここまで再現しないと聖地巡礼にならないじゃないですか(ぉ

万世かつサンド

万かつサンド、当時から 170 円値上がりして、650 円。

当時はサンドイッチの向きが互い違いに入っていたようですが、今は向きが揃えられていますね。

万世かつサンド

「こういうの好きだなシンプルで、ソースの味って男のコだよな」

この台詞がこの万かつサンドの全てを物語っているような気がします。肉厚のとんかつ、ほんのりソースが浸みてしっとりしたパン。余計な味付けは一切ないけど、だから逆に食欲をそそられる。しかも、見た目以上のボリュームがあって腹持ちもいいんですよね。

うん、上等上等。

ドラマも Season3 が始まりますが、さすがにこのカツサンド回は再現されることはないでしょう(笑。甘味パートならあり得るか?(^^;;

久住 昌之、谷口 ジロー / 孤独のグルメ 【新装版】

459405644X

関連ランキング:洋食 | 秋葉原駅岩本町駅淡路町駅

投稿者 B : 00:56 | Gourmet | Junk Food | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

2013/05/25 (Sat.)

孤独のグルメ Season3

[孤独のグルメ]実写ドラマ早くも"Season3"へ 主演・松重豊「過剰に期待しないで」 | エンタメ | マイナビニュース

キ タ コ レ ! ! !

先週、赤羽一番街商店街のツイートでリークされて確定情報と言われていた『孤独のグルメ Season3』の放送が正式発表。7 月 10 日(水)23:58 からテレビ東京で放送されるとのことです。

もはや聖地巡礼をこの blog のメインコンテンツの一つとしてしまった立場としては(ぉ、これは嬉しい。まあ、Season2 の聖地巡礼を一ヶ所残した状態で放送開始されるのは悔しいですし、聖地巡礼以外にも自分なりの「こどグル」な名店をゆっくりと探すつもりでいたので、その猶予なくまた忙しくなるなあ、とは思います(笑

三ちゃん食堂

それにしても、2012 年 1 月に放送開始されてからほんの 1 年半で Season3 まで製作されるとは思いませんでした。特定の層に深く刺さっているということでしょうね(笑。このペースでいくと、来年の 4 月には Season4 が始まる計算に...。
ある意味「飲食店の数だけ放送できる」のでほぼ無限に作れてしまうドラマだとは思いますが、似たような内容だとマンネリ化するし、スタッフの皆さんは実はかなり苦労しながらロケハンしているんでしょうね。

平和苑

でも、これまでの流れからすると「焼肉回」「激辛回」「食べ過ぎ回」「一人●●回」あたりは今後も定番化していくんじゃないかと思っています。果たして、どんな店で我々の深夜の胃袋を刺激してくれるのでしょうか...。

割烹ちゃんこ 大内

ロケは既に横浜市日ノ出町、北区赤羽で実施済みのもよう。どの店が出るかは今のところ分かっていませんが、赤羽といえば原作コミックの第 4 話「東京都北区赤羽の鰻丼」の舞台になった街なので、期待が高まります。まあ、原作に登場したお店は使わない、というのがドラマ版の方針らしいし、「昼から飲める居酒屋回」は Season2 で既に三ちゃん食堂でオマージュをやってしまっているので、まるます家が登場することはおそらくないと思いますが。

いやー楽しみだなあ。とはいえ、私はこれから当分忙しくなりそうなので、聖地巡礼はゆっくりとしたペースでしか回れなさそうなのが残念。サンマの季節に飯岡にも行かなくてはならないし、まあマイペースでがんばります。

孤独のグルメ Season2 Blu-ray BOX

B00AH9VRSI

投稿者 B : 00:03 | Japanese Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2013/05/24 (Fri.)

OverLay Magic for iPad mini

iPad mini の液晶保護シートを貼り替えました。

ミヤビックス / OverLay Magic for iPad mini 表面用保護シート OMIPADM

OverLay Magic for iPad mini

今までは eggshell for iPad mini を買ったときについてきた保護シートを使っていましたが、あの付属品はやっぱり品質が良くない。TUNEWEAR 製品はケース系は手堅い作りをしていますが、少なくとも付属保護シートはさっぱりですね...。
と思っていた矢先、Vis-a-Vis全品 5% オフ&送料無料キャンペーンをやっていたので、すかさず発注。ミヤビックス製品は Amazon 経由で発注することが多いですが、ときどきこういうキャンペーンをやってくれるので、そういうときには本家を利用します。

OverLay Magic for iPad mini

Vis-a-Vis 本店で OverLay シリーズを注文すると、おまけとして保護シートの端切れを利用したホコリ取りシートがついてきます。保護シートを貼る前にこれでディスプレイ表面に付着した細かいホコリを取ることができて、けっこう重宝。まあ、私はいつもは貼る前にはブロワー→メンディングテープ(セロハンテープと比べて糊残りがないので使いやすい)でホコリ取りしてますが。

OverLay Magic for iPad mini

貼ってみました。

ああ、やっぱりこっちのほうが変なムラもないし、美しい。iPhone/iPad 用の保護シートは OverLay シリーズかパワサポが至高だと思います。

OverLay Magic for iPad mini

サイズもいつもの OverLay クオリティで、ぴったり。余計なマージンがないほうが位置決めもしやすいので、キレイに貼りやすいというメリットもあると思います。

あえて難点を挙げるとすれば、ホームボタンの円の抜きが今ひとつスムーズさに欠けるところでしょうか。

OverLay Magic for iPad mini

私は SmartCover をつけずにカバンに突っ込む使い方をしているので、キズ修復タイプの OverLay Magic がベストかな。

この世代の iPad mini を買ったのは半ば消去法に近い形でしたが、使ってみると意外と重宝するもので(笑)これはけっこう長く使う端末になるかもしれません。

ミヤビックス / OverLay Magic for iPad mini 表面用保護シート OMIPADM

B00A7255LU

投稿者 B : 00:33 | Mobile | iPhone & iPad | コメント (0) | トラックバック

2013/05/23 (Thu.)

I'll be back.

I'll be back.

[ Sony NEX-5R / Carl Zeiss Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA ]

ふと、戦場に向かう兵士の後ろ姿に見えたので。

しょういちさんの写真を日々見るようになって、風景を撮るにも「ここでこうやって人を絡ませたら面白そうだな」と思うことが多くなりました。たぶん確実に影響を受けています(笑。

投稿者 B : 01:18 | NEX-5R | Photograph | Sonnar E 24/F1.8 ZA | コメント (0) | トラックバック

2013/05/22 (Wed.)

The Long and Winding Beach

大磯

[ Sony NEX-5R / Carl Zeiss Sonnar T* 90mm F2.8 G ]

先日、大磯に行ってきたときの写真をいくつか。

今回は初の大磯でしたが、海水浴場で有名とはいえ湘南あたりと比べればいくぶん寂れた港町なんだろうな、という先入観のもと(笑)現代のレンズよりも少し古いレンズで雰囲気を写し取ってみたい、と思って、CONTAX G レンズセットを携えて行きました。

大磯

[ Sony NEX-5R / Carl Zeiss Planar T* 35mm F2 G ]

実際、漁船なんかはまさにイメージ通りで、現代のレンズの全くソツのない写りよりは、多少癖があったほうが面白いですね。

ただ、デザイン灯台の付近が立ち入り禁止で近づけなかったのは残念でした。広角系レンズで撮ってみたいイメージがあったんだけどなあ。

大磯

[ Sony NEX-5R / Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 G ]

大磯港のあたりはまるで縁日でもやっているかのような賑わいで、露店は出ているし、人はたくさんいるし、私が期待していた雰囲気とはずいぶん違って、戸惑いました。地元の人から、ちょっと遠くから来た人まで、かなりの賑わい。どうせみんな湘南や江ノ島に行くだろう、と高を括っていたのが甘かった(笑

大磯

[ Sony NEX-5R / Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 G ]

広場ではライヴパフォーマンスもやっていて。もう完全にイベント会場のノリですね。

平日は静かなんでしょうから、改めて平日に静かな港を撮りに来てみたいなあ...。

大磯

[ Sony NEX-5R / Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 G ]

やっぱりちょっと落ち着いた場所とか、雰囲気があるものが撮りたくなって、港の外をうろうろしてみたり。

大磯

[ Sony NEX-5R / Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 G ]

砂浜に出てみたり。
ここが「ロングビーチ」の由来なんでしょうね。ちょっと砂利が多いけど、田舎の海の景色にちょっと似ているな。

写真は上の方にマゼンタかぶりが発生してしまいましたが、雰囲気は悪くないので、これはこれで。

大磯

[ Sony NEX-5R / Carl Zeiss Sonnar T* 90mm F2.8 G ]

釣りをしている人もちらほら。

日本海と比べると、太平洋ってやっぱり青いなあ。この日は風も波もあったので、穏やかな太平洋、という雰囲気ではありませんでしたが。

大磯

[ Sony NEX-5R / Carl Zeiss Sonnar T* 90mm F2.8 G ]

しばらくの間、波を撮るのに耽ってみたりして。

大磯

[ Sony NEX-5R / Carl Zeiss Sonnar T* 90mm F2.8 G ]

刻々と表情を変える波は、なかなか構図が難しいし、撮っていて飽きませんね。

まあ、ずっとファインダだけを覗き込んでいたら、寄せてきた波に気がつかずに、脛までびしょ濡れになってしまいましたが(;´Д`)ヾ。

大磯

[ Sony NEX-5R / Carl Zeiss Sonnar T* 90mm F2.8 G ]

この海岸には、朝早くにはアオバトの群れが飛来するそうですし、夕焼けもきっと美しいんだろうなあ。海水浴の季節の前に、一日じっくりとこの海を撮影して過ごすのも良さそうだなあ、なんて思います。都心からだとちょっと気合いを入れないと出られない距離ではありますが、そのうち計画してみようかな。

投稿者 B : 00:00 | Biogon 28/F2.8 G | NEX-5R | Photograph | Planar 35/F2 G | Sonnar 90/F2.8 G | コメント (2) | トラックバック

 1 |  2 |  3 |  4 | all
« April 2013 | メイン | June 2013 »