b's mono-log

« 新湊大橋を渡る | メイン | 真夏の方程式 »

2013/08/16 (Fri.)

東京都北区赤羽の鰻重

「腹の中がキレイにすっからかんだ。9 時半か...よし!駅前で何かサッサッとかき込んでいこう」

赤羽

聖地巡礼でわざわざ赤羽にまで来たら、やっぱりここにも行かなきゃいけない気分になるじゃないですか(ぉ。『孤独のグルメ』聖地巡礼【原作版】、第 4 話「東京都北区赤羽の鰻丼」に登場した「まるます家」でも食べてみることにしました。

しかし、赤羽。ドラマのほうでゴローちゃんが「変わったなぁ~っ」と内心しみじみつぶやくシーンがありましたが、原作の 20 年前とはかなり景色が違う。上の写真は、原作の 1 コマめと同じ位置から同じ構図を狙ったものですが、スズラン通りがこんなに立派なアーケード商店街に変貌しているとは(笑。

赤羽

「OK 横丁」も、大きな横長の看板がなくなっていたりして。それでも「いかにも」って感じの飲み屋街なのは変わりませんが。

でも、この店は...ぜんぜん当時から変わってないよ!(笑

鯉とうなぎのまるます家 総本店

まるます家

原作の中でも、とびきり異彩を放っていた赤羽の鰻丼回。多くの名言が飛び出した回でもあります。ちなみに「川栄」は、ほぼこのはす向かい。

周囲の飲み屋のほとんどでまだシャッターが下りているこの時間帯に、既に店を開けているというのが驚き。
バカな...今、朝の 9 時半だぞ。(今リアルに 9 時半(ぉ

まるます家

お店の前では、ベテランの板前さんが延々と鯉を捌いています。見事な腕前で、登校日か何かで登下校中の小学生(近くに小学校がある。飲み屋街の近くに小学校ってどうなの(笑))も群がって見入っていました。

というか、作中でゴローに「ウチはなんでもおいしいよ」と言ってた板前さん、もしかして若かりし頃のご本人がモデルなんじゃないですか!!!そう思うと、なんだか感激です(ぉ

まるます家

ともあれ入店。ゴロー席の正面にあたるカウンター席に座ります。

そして壁にズラリと並んだお品書き。これこれ、これですよ(何
ここに並んだ大量のおつまみが、すべておかずとして立ち上がってくる!

それにしても、他のお客さん、当たり前のようにみんな朝から飲んでいるなあ。いったいみんな何の仕事をしているんだろう...って、私も他のお客さんからそういう目で見られているに違いない(ぉ
ちなみにこのお店、「酔っての入店お断り」かつ「お酒は一人三本まで」がルール(店内の貼り紙には「約束」と書かれている)のようです。明け方までやっている飲み屋も多い赤羽で、酔っ払ってこの店に入ってきて延々飲まれたら後が大変なんでしょう。お客さん側もそれをわきまえてか、あまり長居しない雰囲気が店内に漂っているようです。

俺の生活とはまったく無縁と思える世界が、ここにこうして展開されている。
この奇妙な空気の肌ざわりが、なんとなく現実感を遠のかせている。

まるます家

平日の朝っぱらからだけど、ここに来たからにはよーしパパお酒飲んじゃうぞー、ということで、原作で他のお客さん(私が座った席のお客さん(笑))が頼んでいた青りんごサワー、改め青りんごハイ(名前が変わったようです)を注文。

隣の席では、常連っぽいおじいちゃんが、常連っぽくないおじさんに「このメンチカツ、食い切れないからよかったらあげるよ」みたいなやりとりが展開されていて、感じだなあ(笑

...青りんごサワー?鯉こく?常連...?俺は...夢でも見ているようだ...。

まるます家

では、まずは生ゆば刺しから。しかし...生ゆばと青りんごハイなんて、考えてみたらデタラメな組み合わせだったな。

噛むと歯との摩擦で「キュッキュッ」という食感が心地良い。けっこうしっかり辛いもみじおろしのおかげで、どんどん次の生ゆばを求めていける。

まるます家

ちょっと待ったところで、うな重が出てきました。
「うな丼」ではないのは、うな丼がメニューになかったから。これまた店内の貼り紙によると、うなぎの価格高騰で値上げを余儀なくされたらしく、うなぎはうな重の「鶴重」以上しか今は出していないようです。いくらのどぶ漬けもなかったようだったし...うな丼の余ったご飯でいくら丼、やってみたかったなあ。まあ、その二品がなくても決めかねてしまうくらいにメニューが多いので、聖地巡礼者以外にはあまり影響のない話ですが。

まるます家

うまいうまい。脂が乗ってる...こりゃあいいうなぎだ。通常よりも高い「鶴重」だから、というのはあるだろうけど。
ほくほくっと焼き上げられたやわらかいうなぎにたれがよく絡んで、これはどんどん食べていける。

でも、うな丼とうな重じゃやっぱりうなぎ本体の大きさが違うのか、ごはんが余ってしまった...ということもなく、ちょうどいい感じで食べ切れてしまいました。

まるます家

ごちそうさまでした。

朝の 9 時半の飲み屋、こんな世界があったとは...。
俺はちょっとくらっときた...時間がずれてしまったかのような錯覚におちいる。
...しかし、目が醒めたときあの店の光景をほんとうに夢だったように思うかもしれない。

久住 昌之、谷口 ジロー / 孤独のグルメ 【新装版】

459405644X

関連ランキング:居酒屋 | 赤羽駅赤羽岩淵駅

投稿者 B : 00:00 | Gourmet | KODOGURU | Lunch

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« 新湊大橋を渡る | メイン | 真夏の方程式 »