b's mono-log

« September 2013 | メイン | November 2013 »
 1 |  2 |  3 |  4 | all

2013/10/31 (Thu.)

そうだ 京都、行こう (3)

祇園

[ Sony RX1 ]

錦市場からは、祇園~鴨川~先斗町エリアへ。祇園は去年もちょっとだけ行きましたが、あまりにも仕事の合間すぎて食い足りなかったので、改めてこの界隈の町家をスナップショット的に撮ってみたいと思っていました。

ただ、実際に行ってみると観光客がとても多く(自分もその一人だったので文句を言う筋合いはないのですが)、どうもいい雰囲気に撮るのが難しい。去年来たときは早朝の、あまり人がいない時間帯だったからなあ...。そんなわけで、ついついメインの通りよりも一本入った小路や路地に足が向いてしまいます。

祇園

[ Sony RX1 ]

辿り着いたのはちょうどお昼時。せっかく来たからには、ここで何か入れていこう...と思ったんですが、さすが祇園、どの店も高価い。雰囲気が良くて入りたくなる感じの暖簾を見つけては、掲げられている値段を見て引く、という繰り返しで、なかなか店が決まりません。安い店でもランチ 1,500 円は下らず、昼から 5,000 円以上する店もざら。さすがは京都の観光地の中心。とりあえず目で楽しむだけにして、店は鴨川を渡って探すことにしました。

先斗町

[ Sony NEX-7 / Carl Zeiss Planar T* 35mm F2 G ]

そんなわけで、鴨川を渡って先斗町(ぽんとちょう)へ。去年来たときにも、このあたりで軽く飲みつつ食べられるお店を探してここをうろついてみましたが、雰囲気のいいお店が多くて、歩いているだけで楽しかったのを憶えています。鴨川に沿うように走っている小路なので、鴨川の景色を眺めながら食事が楽しめる店が多いのもポイント。
でも、この町自体の雰囲気がとてもいい。地元の人だろうと、観光客だろうと、あまねく受け入れる懐の深さのようなものを感じます。

先斗町

[ Sony NEX-7 / Carl Zeiss Planar T* 35mm F2 G ]

先斗町は、祇園に比べると年齢層が若く、それほど気取らずに歩ける印象。歴史は感じるけど気安く楽しめる場所だと思います。昼間の雰囲気もいいけど、たくさんの提灯が灯った夜の雰囲気がまたいいんだ。

今の時期はさすがに夜は肌寒いですが、初秋に京都を訪れて先斗町で一杯引っかけて鴨川で夕涼み、とかやってみたい。

先斗町

[ Sony NEX-7 / Carl Zeiss Planar T* 35mm F2 G ]

こういう、ちっちゃな路地がたくさんあって、その路地の向こう側にも気になる店が軒を連ねている光景、私の大好物。いいじゃないか。

ほうら、ちゃあんと腹が、減ってきた。
というわけで(ぉ)ランチに選んだ店は、こちら。

鮨くいじーぬ しゃり

鮨くいじーぬ しゃり

[ Sony RX1 ]

町家を利用した店舗の二階で、寿司と京料理を中心に楽しめる、雰囲気のいいお店。安いわけではないけれど、このへんの相場からすると高くない。ランチはサーロインステーキと握り五貫が楽しめるコースでいただきました。

京都駅からここまで 3 時間ほどたっぷり歩いたところなので、このボリューム感が嬉しい。しかも、ちゃんと美味しい。

鮨くいじーぬ しゃり

[ Sony RX1 ]

ほんの短時間ではあったけど、孤独の京都小旅行、堪能しました。
本当はシーズンオフに泊まりがけで来たいところではあるけれど、これはこれで楽しい。

関連ランキング:寿司 | 祇園四条駅河原町駅三条駅

投稿者 B : 00:12 | Gourmet | Lunch | NEX-7 | Photograph | Planar 35/F2 G | Sony RX | コメント (0) | トラックバック

2013/10/30 (Wed.)

そうだ 京都、行こう (2)

錦天満宮

[ Sony RX1 ]

昨日に続いて、京都でぶらり撮ってきた写真を載っけていきます。

西本願寺のあとは、そのまま歩いて錦市場のほうへ。
京都の街中にこんな市場があるなんて、今まで知りませんでした。だってこの通りの一本隣の道、大丸とかブランドショップとかが建ち並ぶ京都の中心街ですよ...。でも、こういう下町っぽい雰囲気はフォトジェニックで好き。都会的な街並みと、こういう場所が共存できる二面性も京都らしいよなあ、とか思いながら、ぶらぶらと。

錦市場

[ Sony RX1 ]

雰囲気的には金沢の近江町市場にちょっと似たものがあります。歴史はこっちのほうがはるかに古いですし、売ってるものの内容もだいぶ違いますが。狭い通りにごちゃごちゃっと人や商品が溢れていて、活気に満ちているこの感じが、今は悪くない。

錦市場

[ Sony RX1 ]

そして、売っているものがいちいち京都っぽい。ああ、寺社とか祇園みたいないかにも京都っていう観光地に行かなくても、こうやって京都を感じることができるじゃないか。聞くところによるとこの錦市場もかなり観光地化が進んでいるとのことですが、それでも地元の人々の生活感が感じられる場所というのは、観光客向けに誂えられた場所よりも、写欲をかき立てます。

錦市場

[ Sony RX1 ]

京都と言えば漬物。京都駅なんかに売ってるパックのやつじゃなくて、量り売りというのが嬉しい。

こういういろんな種類の漬物を見るだけで、白いごはんの味を連想してしまうのが、やっぱり自分は根っからの日本人なんだなあと。

錦市場

[ Sony RX1 ]

それでも、こういう赤ちょうちんの魅惑には抗えないんだよなあ(笑。

錦市場

[ Sony RX1 ]

なんかつい印象に残ってしまった鯉のうま煮。海沿いの私の故郷ではあまり鯉(というか淡水魚全般)を食べる習慣がなかったので、こういうものを見ると異邦に来たことを実感します。

こういう市場や商店街には、何かと試食だったり買ってすぐ食べられるような商品だったりが置いてあるもので、私もついつい買い食いをしたくなるところですが、なんだかすごいことになっちゃうのが目に見えていたので、涙を呑んで自粛(笑

錦市場

[ Sony RX1 ]

錦市場、とても活気があって楽しい場所でした。活気とか商売っ気だけじゃなくて、人情が感じられる場所なのがいい。

今度京都に来られるのはいつになるか分かりませんが、機会があればまたカメラを提げて来たい場所のひとつになりました。

投稿者 B : 00:11 | Photograph | Sony RX | コメント (0) | トラックバック

2013/10/29 (Tue.)

そうだ 京都、行こう (1)

西本願寺

[ Sony NEX-7 / Carl Zeiss Touit Distagon T* 12mm F2.8 ]

先週末、大阪方面に出張に行っていました。その移動の合間に、3~4 時間ほど自由にできそうな時間があったので、せっかくだからどこか写真を撮りに行こうかと。こないだ行った新世界も時間が足りなくてちょっと不完全燃焼気味だったので、改めて撮りに行っても良かったんですが、せっかくだから「そうだ。京都、行こう」とリアルに思い立って(笑)弾丸京都旅行へ。
京都はじつに 4 年ぶり。前回も全然ゆっくりできませんでしたが、清水寺とか金閣寺とかは混むばっかりで楽しめないので、ぶらりと楽しめそうなところを見繕って歩いてみました。

西本願寺

[ Sony RX1 ]

まずは西本願寺から興正寺にかけて。私の実家の宗教が浄土真宗本願寺派(西本願寺派)で、確か小学四年生の頃に父方の祖父母の納骨に来て以来だから、26 年ぶりかな。この境内の雰囲気とか、何となくだけど憶えています。私は信心は持ち合わせていませんが、久しぶりに訪れてみたくなったので。

西本願寺

[ Sony RX1 ]

由緒正しき、ひとつの宗教の総本山に来たからには、写真でもそういう神々しさのようなもの(仏教を前にして「神々しさ」もあったもんじゃないですが)を表現できないかと考えて、いろいろと試行錯誤。

最近、いろいろな人の写真に少しずつ影響を受けているのを実感しています。

西本願寺

[ Sony NEX-7 / Carl Zeiss Touit Distagon T* 12mm F2.8 ]

色味の少ない、伝統的な日本建築だからこそ、光と影の関係を強く感じられる。そんな気がします。

興正寺

[ Sony RX1 ]

靴を脱いで歩く板の間の、木目の感触であったり、歩みを進めるごとに軋む床の音だったり。日本家屋に住まなくなってから忘れていた感覚を、懐かしく思い出します。

興正寺

[ Sony RX1 ]

ここに初めて来た子どもの頃には、「お寺って、ちゃんとしていないといけないし、面白いものがないから退屈な場所」という感覚しかありませんでしたが、いい大人になってくると、信心がなくてもこういう場所の良さがわかる。やっぱり、私は生まれながらにして日本人なんだなあ。

西本願寺

[ Sony RX1 ]

以前からの念願だった京都への一人旅。短時間ながらあちこち巡ってきたので、もうちょっと写真を載せていきたいと思います。

投稿者 B : 06:45 | NEX-7 | Photograph | Sony RX | Touit 12/F2.8 | コメント (1) | トラックバック

F1 インド GP 2013

インドGP決勝 ヴェッテル優勝で4連覇達成! - GPUpdate.net

ヴェッテルのワールドチャンピオン確定がかかったインド GP は、いつもとは違うレース戦略でも圧倒的な速さを見せつけたヴェッテル&レッドブルがシナリオ通りの優勝。夏休み明け以降破竹の 6 連勝で、ドライバーズ&コンストラクターズでの 4 連覇を成し遂げました。

いつもならばポールスタートから 3 周の間に圧倒的なリードを築き上げて最後まで逃げ切るレッドブルですが、今回はなんと 2 周目にソフトタイヤを捨ててピットイン。そこからはミディアムタイヤで追い上げ、オーバーテイクして勝つ、というレッドブルらしからぬ戦略。スタート時に履いていたソフトタイヤが極端にもたないから、というのも理由の一つでしょうが、チャンピオンを決めに行くにあたり「こういう勝ち方も実はできる」ことを見せつけたかったのかな、と穿った見方をしたくもなります。加速重視のギヤレシオを選択しがちなセッティングでも、今回はオーバーテイクを前提にトップスピード重視にしてきた、というのも興味深いところ。
さりとてこの勝利も簡単なものではなく、中盤にウェバーがオルタネータートラブルでリタイア。その後、ヴェッテルにもピットから「ドリンクを使うのをやめろ」という指示が出るなど、同様のトラブルを抱えていた可能性はあります。終盤はペースセーブする場面も見られましたが、今季後半のヴェッテルはどんな戦略も遂行してしまう力強さと、悪運を寄せ付けない神がかり的な強さを兼ね備えていました。文句なく、4 年連続のワールドチャンピオンに相応しい。ヴェッテルばかり勝ちすぎると面白くない、と思う部分もありますが(笑)、この結果には素直におめでとうと言いたいです。

対称的なのはアロンソ。どんなマシンでもクルマの素姓以上の結果を残せる強さはヴェッテル以上だとは思いますが、ヴェッテルに比べると運のなさは否めないところ。今回もスタート直後に接触し、順位を大きく落とした時点でヴェッテルの戴冠はほぼ確定していたと言えます。来季はチームメイトにライコネンが来ることになりますが、発奮してより高い成績を残せるのか、それともフェラーリのモンテゼモロ会長との確執がより強まることになるのか。
ロータスは 2 台とも 1 ストップ戦略に出るというギャンブルを敢行。このまま手をこまねいていてはコンストラクターズランクでフェラーリとメルセデスに勝てないので、一発逆転のチャンスを狙ったというところでしょうが、これが成功。ライコネンはラスト数周でタイヤ・燃料ともに限界を迎え、2 位から 7 位に後退してしまいましたが、グロジャンが 3 位表彰台を獲得。なにげに韓国 GP からの 3 戦連続ポディウムで、最近高まってきている安定性を証明する結果になりました。来季のチームメイトはスポンサーの PDVSA 持ち込みでマルドナドが濃厚と言われていますが、この状況ならばグロジャンがエース待遇を受けてもおかしくありません。

両チャンピオンが決定して残り 3 戦は消化試合という形になりますが、それぞれのレース自体はまだまだ目が離せません。特に、メルセデス・フェラーリ・ロータスのコンストラクターズ争いと、ストーブリーグに向けて残り少ないシートを賭けた争いがさらに熾烈になりそうです。いっぽうで、チャンピオン争いの重圧から解き放たれたヴェッテルの切れた走りと、現役生活残り 3 戦となったウェバーが最後にもう一花咲かせるのか、にも注目していきたいところ。アブダビ GP は、もう今週末です。

投稿者 B : 00:00 | F1 | Season 2013 | コメント (0) | トラックバック

2013/10/28 (Mon.)

SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM 発売日・価格決定

シグマ、「24-105mm F4 DG OS HSM」キヤノン用を11月15日に発売 - デジカメ Watch

先日発表されたばかりのシグマ 24-105mm F4 DG OS HSM の発売日と価格が決定。11/15 って想像していたよりも早いじゃないですか。しかも、価格は定価 ¥131,250 とありながら、実売価格は既に ¥90,000 を切っているという安さ。レンズメーカー製レンズはカメラメーカー純正に比べて割引率が高いというのはあるにせよ、スペックを考えるとかなりお買い得感が高い。2005 年設計のキヤノン EF24-105mm よりも安いわけですからね...。

ネックがあるとすれば、キヤノン純正よりも大きくて重いことでしょうが、最近のシグマの大きくて重いレンズは描写がいいものばかりなので、逆に期待してしまうところです(笑。評価は実写画像を見てからにしたいですが、これはそれまで物欲を抑えるのが大変そう(;´Д`)。

シグマ / [Art] 24-105mm F4 DG OS HSMicon

iconicon

投稿者 B : 01:00 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

GT6×Senna

アイルトン・セナ財団と「グランツーリスモ6」がパートナーシップを締結 - GAME Watch

なんか出張に行っている間にいろいろとニュースが出ていました。GT6 とアイルトン・セナ財団がコラボ、GT6 向けのダウンロードコンテンツとしてセナのコンテンツを提供。「プレーヤーはアイルトン・セナのレースキャリアのルーツを巡る旅をゲームプレイによって体験できます」とのことですが、どんなコンテンツになるんでしょうね...。
セナと言えばちょっと前にもホンダが当時のテレメトリデータを使ってセナの鈴鹿での走りを音と光で再現したというのが話題になっていましたが、クルマ業界的には改めてセナを再評価する動きが出ているのでしょうか。まあホンダの F1 復帰だったりタイミング的には盛り上げどきなんでしょうし、逆に言えば「結局クルマ関係に投資するのはセナ世代が最後」ということなのかもしれませんが...。

私は GT6 は PS4 版が出てから買おうかと思っていましたが、こういうことされるとすぐに買いたくなってしまうので困ります(;´Д`)ヾ。PS3 版をダウンロード購入したら、追加購入なしで PS4 版も使えたりしませんかね。

グランツーリスモ 6 初回限定版 -15 周年アニバーサリーボックス-

B00F29F2V6

投稿者 B : 00:30 | Game | PS3 | コメント (0) | トラックバック

2013/10/27 (Sun.)

東京都武蔵野市吉祥寺の廻転寿司

「腹は減りすぎている...どうしよう。何でもいいと思いながら、入る店の無さとこみあげる空腹感にいらだちを覚える」

吉祥寺

というわけで、順調に消化してきている『孤独のグルメ』聖地巡礼【原作版】、今回は第 2 話に登場した吉祥寺の回転寿司店にやってきてみました。

海沿いの町で生まれ育った身としては、東京で魚食べたってまず美味しくないに決まっている、という先入観があって、寿司はおろか魚料理さえ普段あまり食べなかったりします。ましてや、東京で回転寿司、なんて初めてかも。北陸だと、回転寿司で十分すぎるくらい美味しいですが...。

さあて、そんな東京の回転寿司。どんなもんでしょうか。

天下寿司

天下寿司

回転寿司屋って、かっぱ寿司、くら寿司、元気寿司、いろいろあるけど、どこも入ったことがないなあ。この「天下寿司」(劇中では「天国寿司」)も、ここの他に下北沢、池袋、高田馬場、渋谷...と、山手線の西側を中心に展開するチェーン店らしい。
「1 皿 120 えんより」というのは、劇中(130 円)よりも逆に値下がりしている珍しい例ですね。これがデフレか...。

さあて、なにからいくかな。
とりあえず順当に定番マグロからいくか。

天下寿司
(「孤独のカメラ」使用)

うぉ...いきなりこれは強烈。スーパーに並んでる安いマグロでさえ、こんな色はしてないような。むしろ食品サンプルかと思ったほどの「いかにもって色」に驚きました。

でも、味はまあ普通(笑

天下寿司

サーモンって、昔は寿司で食べるネタじゃなかったのが、回転寿司の隆盛とともに市民権を得た、って話を聞いたことがあります。昔は衛生面での問題があったのかもしれないし、偏見もあったんだろうけど、今はサーモンの握りってうまいよね。
ここのサーモンもなかなか。まあ、冷凍が当たり前、物流も発達した現代にあっては、「その日朝水揚げされたばかりのネタ」でもなければ、日本のどこで食べても味はそう変わらない、か。

天下寿司

続いて、密かに好物の鰯。鰯の刺身や握りって、小ぶりだけど脂が乗っててうまいんですよね。大井町のいわし料理屋にも行きたいけど、この鰯もなかなか。

ん...なんだなんだ、みんな流れてないもん注文するぞ。
なんだか俺だけが損しているような気になってきた。

よし!

天下寿司

というわけで、流れていないものを個別注文。うにうに。

原作と違って混んでると注文が板さんに聞こえにくいということはなかったですが(笑)、周りがどんどん注文していくので、こういうときについ遠慮してしまう私の注文はなかなか通らず(´д`)。...いかんな、タイミングがズレてる。

天下寿司

この日は休日の真っ昼間だったのでサービスタイムはなく、原作のように大トロ狙いのおばさんでいっぱい、ということはありませんでした。が、ランチタイムは常に満席で、軽く行列ができるほど。かつ年齢層も比較的高くて、自分がいつも行くような店とは雰囲気がちょっと違います。板前さんが握りながら駄洒落や冗談をよく言う感じで、それもまた楽し(笑。

天下寿司

〆はやっぱり大トロ...と思ったら、この日は大トロがないらしく、中トロで。でもこの中トロもまた、とろける感じで間違いなくうまい。

ゴローと同じ 11 皿でお勘定。タイムサービスがないので、ゴローよりもちょっと高くついちゃいましたが、それでも満足。「ラストの 2 枚...あれが効いたな」とハードボイルドに決めようかと思ったけど、もうちょっと食べられたような気も(笑。

東京の回転寿司、食べる前から馬鹿にしていたけど、これなら全然いける。これは嬉しい誤算でした。東京での色の選択肢を広げてくれた井之頭五郎に感謝。天下寿司は私が利用する駅の近くに支店がないけれど、別のチェーンのお店でも、今度開拓してみようかな。

久住 昌之、谷口 ジロー / 孤独のグルメ 【新装版】

459405644X

関連ランキング:回転寿司 | 吉祥寺駅井の頭公園駅

投稿者 B : 00:42 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2013/10/26 (Sat.)

unlimited sky

unlimited sky

[ Sony NEX-5R / SIGMA 19mm F2.8 DN A013 ]

「空を撮る」って、難しい。奥が深い。

それでも、多くの人が空に向かってカメラを掲げるのって、どうしてなんでしょうねえ。

投稿者 B : 00:30 | NEX-5R | Photograph | SIGMA 19/F2.8 DN A013 | コメント (0) | トラックバック

2013/10/25 (Fri.)

limited sky

limited sky

[ Sony NEX-7 / Sony E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS ]

たまには都会的なスナップ写真を。「緑の多い風景や野鳥が好きなのがちょっと意外」と言われるのも、なんだか癪なので(ぉ。

普段、あまり空の見えないところで生活していると、こういうビルの隙間に四角く区切られた青空を見つけるだけでも、ちょっと嬉しくなってしまいます。

投稿者 B : 00:50 | NEX-7 | Photograph | Sony E PZ 16-50/F3.5-5.6 OSS | コメント (0) | トラックバック

2013/10/24 (Thu.)

iPad mini Retina

アップル、薄型/軽量化した9.7型「iPad Air」11月1日発売 - AV Watch
アップル、Retina化した7.9型の新「iPad mini」 - AV Watch

iPad

iPad/iPad mini がモデルチェンジ。噂通り Retina 化された iPad mini と、さらに薄くなった「iPad Air」。薄型化はともかく、これに「Air」と名付けてくるとはちょっと想定外でしたよ。

意外だったのが採用されている SoC で、Air/mini ともに iPhone 5s と同じ最新世代の A7 を搭載してきました。Air はまだしも、mini のほうは先代が iPad 2 世代の A5 だったので、一気に A5X・A6・A6X 世代を飛び越して最新の SoC が載ったことになります。これはおそらく半導体の製造プロセスの問題で、iPad mini の A5 から A6・A6X はいずれも 32nm プロセス、A7 は 28nm プロセスのため、一気に A7 にしてしまったほうが消費電力的に有利だった、ということだと推測されます。

3 月に初代 iPad mini を購入し、カーボンケースまでつけて愛用している身としては、mini の Retina 化は気になっていたところ。個人的にはタブレットは iPad でも Android でもどちらでもいけますが、「F1 速報」電子版が快適に読める(アプリが安定している、スケーリングが適切、4:3 のアスペクト比が読みやすい)という一点において、私にとってモバイル用は今のところ iPad mini のほうが良い。
iPad mini Retina の、0.3mm 厚く、10% 重くなったことと得られる快適さとのトレードオフはどれほどのものでしょうか。正直なところ、iPad mini は毎日通勤カバンに入れて使っていますが、思いのほか不満が少なく、電子雑誌を読んでいても XGA で物足りなく感じることは少ないし、SoC の性能についてもむしろモバイルの回線速度や安定性のほうがボトルネックになっていて、パワー不足を感じることはまずありません。買ってまだ半年しか経っていないし、とりあえず来春の WiMAX の更新時期までこのまま使い続けて、WiMAX の乗り換えインセンティブで Retina モデルを買う、というので十分幸せな気はしますね(笑。

実は、まだ iOS 7 にもアップデートしていなかったりするので、まずはアップデートしてみてパワー不足を感じたら買い換えを考える、でもいいかな(笑。

投稿者 B : 00:00 | Mobile | iPhone & iPad | コメント (1) | トラックバック

 1 |  2 |  3 |  4 | all
« September 2013 | メイン | November 2013 »