b's mono-log

« February 2014 | メイン | April 2014 »
 1 |  2 |  3 |  4 | all

2014/03/31 (Mon.)

日本の春

日本の春

[ Sony α6000 | Carl Zeiss Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA ]

春ですね。

そろそろ外出に上着が必要ない気候になりました。まあ、まだまだ対花粉メガネとマスクは手放せませんが(´д`)。

日本の春

[ Sony α6000 | Carl Zeiss Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA ]

東京は、この週末で一気に桜が咲き始めました。

来週末あたりは、お花見日和でしょうね。
どこに行くかが悩ましい。騒がしい花見は好きじゃないので、静かに桜を眺められる場所がいいなあ。

日本の春

[ Sony α6000 | Carl Zeiss Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS ]

また、春は変化の季節、でもあります。
どんなことでも、できる限りポジティブに捉えていきたいところ。

日本の春

[ Sony α6000 | Carl Zeiss Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS ]

ともあれ、日本人で良かったと思えるこれからの 1 週間、カメラを片手に楽しみたいと思います。

投稿者 B : 00:45 | Photograph | Sonnar E 24/F1.8 ZA | Vario-Tessar E 16-70/F4 ZA OSS | α6000 | コメント (0) | トラックバック

F1 マレーシア GP 2014

マレーシアGP決勝 メルセデス1−2、ヴェッテルが3位

第 2 戦マレーシア、セパン。今季チャンピオン最右翼のハミルトンが、今回はマシントラブルもなく、非の打ち所のない走りで鮮やかにポール・トゥ・ウィン。ロズベルグも 2 位につけて、2010 年のチーム設立以来初の 1-2 フィニッシュを飾りました。いやあ、トラブルさえ起きなければメルセデスの強さは本物ですね。ロズベルグのペースがそれほど上がらず、ハミルトンとの差が開いてしまったことが少し不安要素でしょうが、2009 年のブラウン GP のような勢いを感じます。ヨーロッパラウンド開幕までこの勢いを維持できれば、そのまま逃げ切りも見えてくるでしょう。

しかし、3 位につけたレッドブルも侮れません。オーストラリアでもリカルド 2 番手フィニッシュ(規定違反で失格にはなったものの)、今回はヴェッテルが 3 位表彰台と、プレシーズンテスト時の状況からすると想像以上にリカバリーが早い。それでもメルセデスとの差はまだ大きいように見えますが、フェラーリよりはスピードもありそうだし、ヨーロッパラウンドに戻るまでの間にどこまでメルセデスに食い下がれるか、がシーズンの行方に大きな影響を与えそうです。
前戦失格のリカルドは、今回も 5 位につけていながらピット作業のミスで発車時に左フロントタイヤが脱落しかけ、大きくタイムロス。5 秒ペナルティを受けた後にフロントウィングを縁石にヒットさせ、その後もしばらく走り続けていましたが結局リタイア。さらには「危険なリリース」のペナルティで次戦 10 グリッドダウンペナルティ...と散々な結果となりました。まあ、走りの内容だけを見れば全然悪くないし、めげずにアタックしていってほしいところ。個人的には、他のどんな F1 ドライバーとも違うあの屈託のない笑顔も好感度が高いですし、応援しています。

ほかに特筆すべきは、新人のマグヌッセンとクビアトがデビュー早々に 2 戦連続の入賞、というのも見逃せません。ウィリアムズのボッタスも、早くもチームメイトを凌駕する走りをし始めていますし、これは本格的に F1 の世代交代が始まる予感。廄

で、可夢偉。開幕戦はブレーキトラブルでスタート直後にリタイアせざるを得ませんでしたが、今回は無事 13 位完走。後ろには僚友のエリクソンとマルシアのチルトンしかいなかったものの、2 ストップ作戦を成功させて一時はポイント圏内を走るほどの健闘でした。明らかにマシン性能に勝るロータスのグロジャンを相手に、一つ目の DRS ゾーンでわざと先行させて二つ目の DRS で抜き返す、といったテクニックには震えましたね。ここまで、予想していたほどはマシントラブルで脱落するマシンが多くありませんが、少なくとも 12~13 番手につけていれば、入賞が転がり込んでくることもある。逆に言えば、現在のケータハムのマシンではそういう展開をうまく拾わないとポイント獲得は難しい、ということでもありますが...諦めずに、しぶとくポイントを狙いにいってほしいものです。

次は連戦でバーレーン。ほとんどマシンアップデートなしで臨まなくてはならないグランプリなので、信頼性という点ではマレーシアと大差ないことでしょう。可夢偉には次回もまだまだチャンスはあるはず。次回も、諦めない走りを見せてほしいところです。

投稿者 B : 00:18 | F1 | Season 2014 | コメント (0) | トラックバック

2014/03/30 (Sun.)

東京都練馬区石神井公園のカレー丼とおでん

「公園を南に見下ろすように...ホントいい場所にちゃんといい家が建っているんだな」

石神井

『孤独のグルメ』聖地巡礼【原作版】もかなりのお店を網羅してきました。あと残っているのは個人的に行きにくい場所やシチュエーションばかりになってきましたが、今回はそんな中から第 11 話に登場した、石神井公園を訪れました。
石神井公園って、確か大学 1 年のときに来たことがあるんですが、雰囲気くらいしか憶えていません...もう 18 年も前のことだからなあ。

石神井公園

こりゃあ井之頭公園や代々木公園とはまるで違う雰囲気だ。
やっぱりどこの駅からも遠いし、近くに大きな繁華街がないせいかな。

えーと...たしかこの辺に古い休憩所みたいなのがあった筈なんだが。

豊島屋

豊島屋

あったあった、ここだあ。

いつからこの場所に存在するのか判らない、まさに昭和レトロな公園の休憩所。ドラマの Season1 に登場した、永福町の「武蔵野園」にもどこか似た雰囲気を感じます。まあ、ドラマのほうが原作のこの回のオマージュ、ということなんだろうけど。

ただ、残念なことにお店には店内撮影禁止の貼り紙が。他にも、飲食物持ち込み禁止だったり、ペットをテーブルに上げないでくださいだったり、座敷は禁煙だったり、禁止事項の貼り紙が至るところに貼られています。昼間からお酒が飲める店でもあるし、それだけ迷惑なお客さんも少なくないということなんでしょうが、あまり多すぎるのも気持ちが良くないもので。この点だけは、ちょっと残念に感じました。

豊島屋

「このワザとらしいメロン味!」

というわけで(笑)劇中に登場したチェリオもちゃんとまだ売られていました。ガラス瓶はペットボトルになり、販売方法も自動販売機落ちして店売りになっていましたが、健在。この回は料理よりもむしろチェリオのインパクトのほうが強いくらいの回なので(笑)、あって良かった。

続いて、料理。撮影 NG だったので、店内写真はナシで...。

豊島屋

まずはおでん。おでん屋のおでんとも、コンビニのおでんとも、当然静岡おでんとも違う、シンプルであっさりとしたおでん。具はおまかせで 500 円。私は大根、厚揚げ、ちくわ、ちくわぶ、こんにゃくの五品。感動的というわけでもなく、ごく普通に美味しいおでんだけど、頼んですぐ出てくるのがうれしい。こりゃあ昼間っからここで飲みたくもなるわけだ。

豊島屋

そしてカレー丼、750 円。そうそう、これこれ!確かにばあちゃんちみたいな味だ。ばあちゃんにカレー丼作ってもらったことないけど(ぉ
蕎麦屋のカレーに近い、出汁が効いたカレーで、あんまり辛くなく、ほっとする味。

この店、石神井公園の真ん中にあって、しかも花見シーズンだからか、なかなかの人出。休日だけかもしれないけど、そこらの有名レストランよりも繁盛しているように見えました。

石神井公園

ああ...こんな土曜のこんな場所に俺がいるなんてなにか不思議な感じだ。
でもなんでだろう...このとろんとした雰囲気、ずっとここにいたいような居心地の良さ。

外は春にしては軽く汗ばむくらいの暑さでしたが、この季節に外の空気に触れながら食べるものって、なんだか妙に美味しいですよね。

ごちそうさまでした。

久住 昌之、谷口 ジロー / 孤独のグルメ 【新装版】

459405644X

関連ランキング:カレーライス | 石神井公園駅

投稿者 B : 00:14 | Curry | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2014/03/29 (Sat.)

MG ガンダムエクシアリペア II

「ガンダムエクシア、刹那・F・セイエイ...未来を斬り拓く!」

MG 1/100 GN-001RE2 ガンダムエクシアリペア II

MG ガンダムエクシアリペア II

プレミアムバンダイにて購入。ガンダムダブルオー セカンドシーズンの最終話に登場した、エクシア R2 です。無印 1/100MG イグニッションモードリペア I と来て 4 体目のエクシア。大艦巨砲主義、万能選手なダブルオーガンダムやクアンタよりも、やっぱりこういう特化型 MS のほうが潔くて好き。

MG ガンダムエクシアリペア II

驚いたことに、キットにはノーマルエクシアの全てのランナーがそのまま入っていました。それに加えて、R2 用の追加ランナーという構成。RG Z ガンダム 3 号機もものすごい力業で作られたキットでしたが、このキットもなかなかの力業ぶりを発揮しています。以前は既存キットの色替え程度の商品が多かったのに、最近ではかなりオリジナリティのある商品展開を進めてきているあたり、バンダイ的にもプレバンの仕組みがうまく回っている証拠なんだろうな、と仕事目線で見てしまいます(笑。それに、こういうコストのかかる力押しでオリジナル商品を作れるのも、利益率の高い直販ならではですね。

MG ガンダムエクシアリペア II

ノーマルエクシアと比べると、上半身は、装甲の外に露出していたフラットケーブル類がなくなった程度の違いしかありませんが(でもそのフラットケーブルの処理の違いのためだけに肩アーマーはまるっきり新規パーツだし、腰や腕のパーツもわざわざ変えてあったりする)、

MG ガンダムエクシアリペア II

下半身はけっこう違う。太腿がさらに太くなり、ケーブルの露出もなくなって、ダブルオーガンダム的なマッシブな印象になりました。

MG ガンダムエクシアリペア II

前よりも後ろから見たほうがノーマルエクシアとの違いが明確です。
肩アーマーの後ろ、ノーマルエクシアではビームサーベルを懸架していた部分にはサブスラスターが追加され、

MG ガンダムエクシアリペア II

後部腰アーマー、脹脛の部分にもスラスター追加。ノーマルエクシアよりも機動力がずいぶん向上している設定。
で、GN ソード II がセットされていた両腰には、他の箇所から移ってきたビームサーベルを装備。「ガンダムセブンソード」だったのが、3 本の剣しか装備しなくなりましたが、あくまでダブルオーの予備機だし、運動性の向上や全体的なスペックアップでカバー、といったところでしょうか。まあ、キット的にはエクシア本来の武器もひととおり入っているので、好きな設定で遊ぶこともできます。

MG ガンダムエクシアリペア II

GN ドライヴ周辺。支持アームの展開ギミックは元からありましたが、結果的に最終話に登場したブースト状態の再現が可能になりました。
最近の MG では、ガンプラ LED ユニット対応がほぼ当たり前になりましたが、やっぱり GN ドライヴに仕込むのが最もカッコイイと思います。

MG ガンダムエクシアリペア II

メイン武装は「GN ソード改」。エクシアの GN ソードの刀身部分のみを、ダブルオーライザーの GN ソード III 相当に換装したもの。このクリアパーツがカッコイイ。

MG ガンダムエクシアリペア II

エクシアはやっぱり好きですねー。このキットも、ベースはかれこれ 4 年半前のキットだけど、実によくできている。

ところで、ラストバトルで戦ったオーガンダムのほうはキット化されないんでしょうか...。もうダブルオー関連で新しい話題が出ることもないし、難しいかなあ。むしろ、さらなるパーツ追加でエクシア R3 のキット化のほうが早そうな気はします(笑。

投稿者 B : 00:12 | GUNPLA | Hobby | コメント (0) | トラックバック

2014/03/28 (Fri.)

向う端にすわった男

東 直己 / 向う端にすわった男

4150305641

探偵はひとりぼっち』に続いて読了。物語的には前後していますが、あまりそういうことを気にせずに読める短編集になっています。『向こう端にすわった男』『調子のいい奴』『秋の終わり』『自慢の息子』『消える男』の 5 作を収録。
「ススキノ探偵シリーズ」では、主人公の「俺」が関わる事件の合間に、飲み屋のツケを回収したり、強請られて困っている人を助けたり、人捜しをしたり、知り合いのホステスの子どもの面倒を見たり、ゲームセンターでペンゴに興じたり、賭場で日銭を稼いだり、山奥で大麻を栽培したり(ダメだろ(笑))という日常を送っています。この短編集は、ある意味でそういう「俺」の日常であったり、長編にするほどではないちょっとした事件をまとめた作品。どうにも救われないオチ、がこのシリーズに共通する読後感で、本作も基本的にはそういう手触りの短編ばかりですが、悲壮感よりも軽いタッチの作品が多いのが、重い話の続く本シリーズの中にあって、少しホッとさせてくれます。たまには、こういうスタイルの作品もいい。

このシリーズ、個人的には今まで「俺」の行動理由がもうひとつ解らない部分があったのが、実は純粋に正義感や人情という部分に動かされての話なんだなあ、というのが、この短編集を読んでよく解りました。ススキノを愛し、ススキノの街で困っている人がいたら助けずにはいられないのが「俺」であり、同じ気持ちでススキノを見つめ続けているのが東直己という作家なんだろうなあ、ということです。短いエピソードの集まりだけに、そういうエッセンスが凝縮されていて、なかなか良かった。

ううむ、また、ススキノで飲みたくなってきました。

投稿者 B : 00:06 | Book | Novel | コメント (0) | トラックバック

2014/03/27 (Thu.)

ARCHITECTURE #2

ARCHITECTURE

[ Sony α7 | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

巨大建造物萌え。

というわけで、先日京都に行ってきたときに、京都駅舎もちょっと撮ってきました。このビル、一度撮ってみたいと思っていたんですよね。

ARCHITECTURE

[ Sony α7 | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

この、無数の幾何学模様が織りなすアミアミを、現代のカメラとレンズで収めてみたかった。こういうのはオールドレンズよりも最新設計のレンズのほうが得意です。

ARCHITECTURE

[ Sony α7 | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

ただ、ここまで巨大な建造物となると、24mm でもちょっと足りないと思うところもあり。α7 を買ってから、より広角な単焦点レンズが欲しくなってきています。α6000+Touit 12mm でもいいんですけどね。

ARCHITECTURE

[ Sony α7 | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

京都は街並みもいいけど、駅もいい。もっと広角なレンズを手に入れたら、改めて撮りに来てみたいと思います。

巨大建造物といえばサグラダ・ファミリア。日本のサグラダ・ファミリアといえば横浜駅ですが、横浜駅ってなぜかそれほど撮りたいと思えないんですよね...。
そういえば、北陸新幹線開通に向けて富山駅がリニューアル中なんでした。金沢駅も今の駅舎はなかなか壮観だし、来年あたり帰省がてら駅舎撮影に没頭してみるのも楽しそうです。

投稿者 B : 00:29 | Photograph | Vario-Tessar FE 24-70/F4 ZA OSS | α7 | コメント (0) | トラックバック

2014/03/26 (Wed.)

機動戦士ガンダム UC 虹にのれなかった男

福井 晴敏、葛木 ヒヨン / 機動戦士ガンダム UC 虹にのれなかった男

B00HA7E32C

そういえば、一年前に一話目だけ読んでそのまま忘れていたガンダム漫画が単行本化されていたことに気づき、今さらながら読んでみました。既に電子版が発売されていたので、電子版で読了。
単行本化、というより、単行本一冊で完結。もともとそういうボリュームを前提として原作が用意されていたんでしょうね。

まず大事なことをネタバレしてしまうと、本作にはガンダム UC の登場人物は(ブライト以外)出てきません!これでタイトルに『機動戦士ガンダム UC』を冠するのはちょっと狡いんじゃないの、と思いますが、UC に至るまでのブライトの生き方と後悔の念を回想した作品という意味では、UC の世界観を裏付けることができていると言えるでしょう。歴代のガンダムパイロットと同じ艦に乗っていながら、必ずしも彼らを正しい方向に導けたことばかりではないブライトの、どちらかといえば悔恨のほうが強い想い。

「かつてガンダムに乗った者たちと同じく、君もガンダムに選ばれたのだと思いたい。いつもそれは、結果的に必然だった...良くも悪くも、だがな」
「状況に潰されるな。絶望を退ける勇気を持て。君がガンダムのパイロット――ニュータイプであるなら」

UC episode 5 でバナージ・リンクスにかけたこれらの言葉がどういう気持ちから出てきた言葉か、ということの裏を読めただけでも、この作品を読んだ意味はあったと言えます。

本作の原作は『ガンダム UC』と同じく福井晴敏氏。作品の登場人物が、半ば独白に近い形で作中に描かれなかった想いを語る、というスタイルで言えば、UC に関連して開催された朗読劇『赤の肖像 ~シャア、そしてフロンタルへ~』や『機動戦士ガンダム UC FILM&LIVE 2012 Reader's Theater "hand in hand"』(いずれも ANIMAX でたまに放送されています。後者は UC ep6 の BD 初回限定版の特典ディスクにも含まれていました)に似たようなやり方をコミックという形態で表現したもの、と言えるでしょう。文字で読むと長ったらしくて苦痛な福井節(笑)も、朗読劇や漫画だとスッと入ってきてしまうから不思議なものです。

Kindle だと明日(27 日)まで半額セールをやっているので、読むなら今のうちに(^^;;。

投稿者 B : 00:00 | Book | Comic | コメント (0) | トラックバック

2014/03/25 (Tue.)

ARTISAN&ARTIST ACAM-E25S

α6000 は買ったけど、やっぱり初代 NEX-5 系統の大胆なデザインこそが E マウントの象徴だと思っています。個人的にも思い入れの深いモデルだけに、一線は退いても手放す気にはなれず。画質的にはまだまだ一線を張れるカメラでもあるし、とりあえず自分用のカメラを欲しがっていたウチの奥さんにお下がりとしてあげることにしました。

カメラは私がかなり使い込んだ中古ですが、ストラップくらいは新品に換えてあげようかと。今まで使っていたアルチの ACAM-E25 は私自身気に入っているので、これはそのまま α6000 にスライドさせることにしました。リストストラップのほうが取り回しがいいかと思ったら、本人に聞いてみるとリストストラップよりもネックストラップ、それもあまり幅広でないものがいいとのこと。確かに子ども連れてると両手空いてるほうがいいからなあ。

というわけで、最終的にこれにしました。

ARTISAN&ARTIST / イージースライダーカメラストラップ ACAM-E25S (パープル)

ACAM-E25S

あまりにも芸がないかもしれませんが、結局同シリーズのストラップにしました。長さを変えられてナナメ掛けにも対応、というのは子連れだとこの上なく便利なんですよね。色はピンクと迷ったけど、夫婦どちらが使っても違和感ないパープルで。

ACAM-E25S

初代モデル ACAM-E25 との違いのひとつが、ワンタッチで長さを変えられるイージースライダーの反対側にも長さを変えるためのバックル(ただしこちらはイージースライダーではない)がついたこと。E25S のほうはカラバリからも分かるとおり女性を意識した作りになっているようで、身体の小さい女性なら、あらかじめこちらのバックルで最大長を決めてしまえるのは便利でしょう。イージースライダーは身体の小さい人が使うと、縮めたときにスライダーが身体の後ろに回ってしまうことがありましたが、これならそれを防げることになります。

ACAM-E25S

それともうひとつ、カメラ側に通すストラップ部分が E25 よりも細幅になっています(E25S の「S」は「Slim」の意か)。より小型のミラーレスカメラやコンデジでの使用を想定した仕様でしょう。

「ARTISAN&ARTIST」のロゴも品良く入れられているのがいいですね(笑。

ACAM-E25S

NEX-5R の三角カンには初代 ACAM-E25 のストラップ幅でもピッタリだったので、逆に細くなってしまうことで不安定になるのでは?と少し心配していましたが、実際につけてみるとそんなこともなく。少し余裕はありますが、問題なく収まっています。

ACAM-E25S

シルバーボディにブラックの E25 はちょっと無機質な印象でしたが、有彩色のストラップをつけるとまたイメージが変わっていいですね。こうして見ると、なんだか譲るのが惜しくなってきた(笑
まあ、これで NEX-5R にとっては第二の人生、有意義に使ってもらいたいと思います。

ARTISAN&ARTIST / イージースライダーカメラストラップ ACAM-E25S (パープル)

B00BQPEQBM

投稿者 B : 00:25 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2014/03/24 (Mon.)

ホビット 竜に奪われた王国 @109 シネマズ木場

ホビット 竜に奪われた王国

ホビット 竜に奪われた王国

公開を楽しみにしていた作品を、ようやく観に行ってきました。

ファンタジー世界に登場するさまざまな種族が活躍する LOTR 本編に比べると、ホビットとドワーフの冒険といういかにも地味な映像になってしまうのが『ホビット』三部作の傾向なんだろうな、というのは前作を観て感じていました。戦闘シーンもシリアスというよりコミカルな描き方になりがちで(『スター・ウォーズ』でいう C-3PO や R2-D2 の戦闘シーンに近い、と言えば分かるかな)単調な映画になるんじゃないかという懸念を抱いていましたが、とんでもない!今作は LOTR も含めたシリーズ中で最も戦闘シーンが白熱する(実際に灼熱するわけですが)映画ではないでしょうか。

今回の主な舞台はエルフの森からはなれ山まで。というわけで、エルフが登場する戦闘シーンもふんだんにあるわけですが、なんかコンセプトアートにレゴラス(オーランド・ブルーム)に似たエルフがいるな、と思っていたら、本当に本人じゃないですか(笑。原作(私は未読)には登場していないようですが、設定上はこの時代にも生きているはずで、ストーリーの解釈次第ではビルボ・バギンズの冒険に絡んでいても不思議はない。まあ、映像的にむさ苦しくてイケメン成分の足りない本シリーズに女性ファンを呼び込むためのサービス的な位置づけでしょうが、それにしてもレゴラス無双すぎる(笑。LOTR でもここまでの獅子奮迅ぶりではなかったはずで、しかもオーランド・ブルーム自身が当時より 10 年分の歳を取ったことも相まって、むしろ LOTR の後の時代の話に見えてしまったほど。おかげでアクションシーンは見応えがありましたが、レゴラスについてはファンをニヤリとさせる程度の扱いで十分だったのではないかと思います(笑。

でも、個人的にはアクションシーンはクライマックスの火竜(スマウグ)とのバトルが最も燃えました(いろんな意味で)。LOTR の戦闘シーンは基本的に多対多の混戦が多く、スピード感ある殺陣はそれはそれで魅力的なのですが、巨大なクリーチャーとの一対多のバトルは初。ドワーフたちの小ささを実感するような圧倒的な迫力と、「この炎に包まれたらもうダメだ」と思わせるファイアブレスの CG に圧倒されました。だからバトルはガチンコ勝負ではなく『ゼルダの伝説』的な頭脳戦になるのも目新しく、とても楽しめました。
ラストは三部作の二作目によくある「そこで終わるのかよ!」という食い足りなさでしたが、逆にそれがいい。三作目も楽しみになりました。

劇場は、前回が XpanD X103 を導入した HFR 3D で観たので、今回は IMAX 3D で観ようと思って木場まで足を運びました。ただ、前回観たのが 1 年以上前なので、正直比較のしようがない(笑。でも、やはり IMAX 3D らしい安定した明るさ・コントラスト・解像度。XpanD X103 も十分なクオリティだと感じましたが、IMAX はやはり安心感がありますね。そして、HFR(ハイフレームレート) 3D は通常の 24p が主流の映画館において、気持ち悪いくらい生々しい動きがスクリーン上に映し出されていて、今までの映画との世代の違いが感じられました。
映像的にも、前作同様に序盤で 3D らしいインパクトのある画作りをしておいて、徐々に馴染み感のある(自然な感じでありながら、効果的に 3D 表現を取り入れた)3D にしていっているのが印象的でした。

ちなみに、本作は劇場公開中であるにも関わらず、発売日未定ながらもう BD/DVD の予約が始まっているという...ここまで来るとちょっと異常とも思える状況になっています。自宅でじっくり鑑賞もいいですが、これは HFR 3D と劇場の迫力ある音響で堪能してこその映画でしょう。シリーズのファンのみならず、映画ファンであれば劇場で体感すべき作品だと思います。

ホビット 竜に奪われた王国 3D&2D [Blu-ray]

B00IN21YXE

投稿者 B : 01:24 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2014/03/23 (Sun.)

目黒区駒場東大前のマッシュルームガーリックとカキグラタン

「あ...腹が、減ってきた。幸せって、腹が減る」

駒場東大前

ドラマ『孤独のグルメ Season3』聖地巡礼も、そろそろ佳境に入ってきました。今回は、第 7 話の舞台となった駒場東大前。間食パートのプチハッシュの店には一度来ましたが、今回は本編を攻めていきます。

写真は劇中でゴローがダイニングテーブルを買い付けに来たアンティークショップ。この真向かいにあるのが、本編の登場店です。

ボラーチョ

ボラーチョ

ボラーチョはスペイン語で「酔っぱらい」の意。店名からしていいじゃないか。

いい感じの照明に、ずらりと並べられたボトル。そして、いかにも昭和っぽいネオンサイン。
今の心にスコーンと入ってきた。俺のタイプかも、この店。

ボラーチョ

店内はほぼ満席。お客さんが出ていっても、すぐに入れ替わりで別のお客さんが入ってくる。予約してなければ即死だったに違いない。

初めて来たのに、何か懐かしい感じ。昭和生まれなら共感できるに違いない、この空気感。落ち着くなあ。

ボラーチョ

まずはメインの「マッシュルームガーリック」から。オリーブオイルにマッシュルームとすり下ろしたニンニクを入れてオーブンで熱し、香りづけにパセリか。これはいい。

ボラーチョ

私はつまみに何もないけどワインを飲みたいとき、オリーブオイルにパルミジャーノチーズのすり下ろしを入れたものを用意することがあります。これに、バケットを浸して食べるだけで、この上ないワインのつまみになるわけです。
これはそれと似たような発想のワインのつまみだけど、マッシュルームとニンニクをプラスするだけで、こんなに深みを増すものなのか。

ボラーチョ

おぉっ、こいつぁいいや。
うんうん、これは、パンがどんどん進んじゃう料理だ。

そしてつまみ系を連続投入。次はチキンバスケットです。店員さんがオーダーを厨房に渡すときに「唐揚げ」と言ったのを我々は聞き逃さなかった(ぉ

ボラーチョ

バスケットを持ってきたときにも「唐揚g...チキンバスケットになります」っておい!結局唐揚げなのかよ(笑

チキンのいろんな部位をざっくりと揚げた唐揚gフライドチキンで、これまたお酒が進みます。

ボラーチョ

もうこれはワインいっちゃうでしょう。ボトル入れちゃうでしょう。

それほどワインリストが充実した店ではありませんが、そんなのはたいした問題じゃない。カベルネソーヴィニヨンをボトルでいただきます。

ボラーチョ

お次はスペアリブ。ゴローちゃんが食べていたものではありませんが、他のお客さんが食べていた映像がやたら美味しそうだったので、これは絶対食べたいと思っていました。

ボリュームあるなぁ~!
これは嫌が応にもテンション上がるよなあ。

ボラーチョ

ガッツリ系のスペアリブ。もう気取らずに、手づかみでいただきます。

うん、うまい肉だ。いかにも肉って肉だ!

ボラーチョ

ボラーチョスープ。トマトクリーム系の魚介スープです。
トマトクリームベースで魚介って、珍しい。

おぉ~っ、こっれは濃厚。今までに味わったことのないスープだぞ。
このスープ、汁というより、立派なおかずだ。

ここにスパゲティを投入しても、きっとうまいだろうなあ。

ボラーチョ

そして本命のカキグラタン。カキでグラタン、というのもまた、珍しい。
この表面のチーズがいい色に焦げたホワイトソースって、見ているだけで幸せだなあ。

ボラーチョ

カキ、発見。
う~ん、このグラタンの中のカキのあり方、いい。相互の関係性がバツグン。おいしいなあ。

ここまで、マッシュルームガーリック、ボラーチョスープ、グラタンと、パンをおかわり(有料)しながら何でもパンにつけて食べていきます。鶯谷のグラパンは味が単調で途中で少し飽きてしまったけど、こうやってパートナーが変わっていくことで、いくらでもパンが食べられる。完全に、春のパン祭りを開いてしまった(ぉ

ボラーチョ

こりゃあもう、赤ワインボトル、もう一本入れちゃうでしょう(笑

ボラーチョ

店名冠系でもう一品。「ふらっと QUSUMI」で久住さんが食べていた、スパゲティーボラーチョ。
牛肉のラグーソース系ですが、これがまたうンまい。

なんだろう、このうまさの正体は。これがボラーチョ?
店名冠系メニュー、どれも方向性が違うけど、どれもあやまたずうまい。きっと厨房の奥に「ボラーチョ」と呼ばれる秘伝のタレ的なものが満たされた寸胴鍋があって、そのタレを入れているからどれもうまいんじゃないか、という推論に辿り着きました(ぉ

どの料理も、懐かしく深い味わいと、じゅうぶんなボリューム。これは満たされるなぁ~。
ボラーチョ、ボラーチョ。

ボラーチョ

なんか、幸せな気分にさせてくれる店だったなあ。
やさしさのようなものが、身体の外と中からじんわり染みこんでくる。

ワインボトル 2 本入れたし、これは一人 6~7,000 円コースかな?と思ったら、意外にも一人 4,400 円。一人で来ると高くつくけど、複数人ならいろいろ食べられて、案外リーズナブルなのかもしれません。

近所にあれば、気取らずに付き合える人を入れ替わり連れて来たい、そういう店だと感じました。
実は渋谷からバスで数分で着いてしまうし、遅くまでやっているし、今度渋谷方面で誰かと食事する機会があったら、また利用したいと思います。

孤独のグルメ Season3 Blu-ray BOX

B00ESXXM28

関連ランキング:洋食 | 神泉駅駒場東大前駅池尻大橋駅

投稿者 B : 00:00 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

 1 |  2 |  3 |  4 | all
« February 2014 | メイン | April 2014 »