b's mono-log

« α6000 にシューキャップを | メイン | 東京都新宿区神宮球場のウィンナー・カレー »

2014/04/19 (Sat.)

BASEBALL

BASEBALL

[ Sony α6000 | Sony 70-400mm F4-5.6 G SSM ]

私にしては珍しく、プロ野球観戦に行ってきました。神宮球場の巨人×ヤクルト戦。

球場での観戦は本当に久しぶり。最後に観たのは野茂英雄の全盛期にアメリカで観たドジャース戦(残念ながら野茂の登板試合ではなかったけど)。日本のプロ野球で言うと中学の修学旅行で行ったグリーンスタジアム神戸の近鉄×オリックス戦。というくらい、久しぶりの野球観戦でした。これでも一応野球少年だったけど、社会人になってからはすっかり野球に興味がなくなってしまい。でも、久しぶりにこういうのもいいか、と思って、カメラを持って球場に足を運びました。

BASEBALL

[ Sony α6000 | Sony 70-400mm F4-5.6 G SSM ]

長い間ろくにプロ野球中継を観ていないので、現役選手の顔と名前も一致しないんですが、去年シーズン本塁打記録を更新したバレンティンはさすがに知ってました。確かに、打席に立っているだけですごい威圧感を発しています。

BASEBALL

[ Sony α6000 | Sony 70-400mm F4-5.6 G SSM ]

私が座ったのは三塁側の内野指定席。ちょっと低い位置の座席だったので、内野はネット越しでした。望遠レンズを使えばネットはある程度溶かすことができましたが、それでも少し気になりますね。
ちなみに、このあたりの座席であれば、APS-C センサとの組み合わせならレンズ的には 300mm まであればそこそこ撮れそうです。神宮球場は狭いですからね。

BASEBALL

[ Sony α6000 | Sony 70-400mm F4-5.6 G SSM ]

カメラを持って球場に来たのは、先日の「御苗場」で何枚かの印象的なスポーツ写真を見たから、というのがきっかけの一つ。でも、撮り慣れないスポーツで、しかも指定席からの撮影だと、迫力あるシーンを捉えるのはなかなか難しい。バットがボールにミートする瞬間を押さえるのだけでも難しいのに、滅多にないクロスプレーを撮るとか、不可能に思えます。スポーツカメラマンって改めてすごい。

BASEBALL

[ Sony α6000 | Sony 70-400mm F4-5.6 G SSM ]

私が知っている数少ない現役選手の一人、阿部慎之助。

BASEBALL

[ Sony α6000 | Sony 70-400mm F4-5.6 G SSM ]

阿部はこの日は 2 本塁打と、大いに当たっていました。

BASEBALL

[ Sony α6000 | Sony 70-400mm F4-5.6 G SSM ]

そして試合終盤に代打で登場したのが、高橋由伸!私がよく野球を観ていた最後の時期にデビューした選手ですよ。まだ現役だとは思ってなかった(ごめんなさい

チャンスに代打で送り込まれて、ヒットこそ打たなかったもののしっかり四球を選ぶあたり、さすがのベテランです。

BASEBALL

[ Sony α6000 | Sony 70-400mm F4-5.6 G SSM ]

乱打戦だったこの試合、1 点差の 9 回裏に抑えで登板したピッチャー、マシソン。長身から繰り出される速球でヤクルト打線をピシャリ...と思いきや、バレンティンに同点ソロを浴びるという(;´Д`)ヾ。巨人のリリーフ陣がシャキッとしないの、昔から変わりませんねえ...。

BASEBALL

[ Sony α6000 | Sony 70-400mm F4-5.6 G SSM ]

バレンティンの同点ホームランの直後、バレンティンがマシソンを挑発したのか?暴言の応酬からあわや乱闘、というハプニングがありました。暴力沙汰にこそなりませんでしたが、球場内に緊張が走った瞬間でしたね。

BASEBALL

[ Sony α6000 | Sony 70-400mm F4-5.6 G SSM ]

延長 10 回、阿部慎之助のこの日 2 本目のソロホームランで巨人が勝ち越し。

この日は合計 5 本のホームランが飛び出し、なかなか見応えのある試合でした。投手陣にしてみれば、たまったものじゃなかったでしょうが(笑

BASEBALL

[ Sony α6000 | Sony 70-400mm F4-5.6 G SSM ]

10 回裏、2 アウト 1、2 塁。最後までハラハラさせてくれます(笑。

BASEBALL

[ Sony α6000 | Sony 70-400mm F4-5.6 G SSM ]

試合終了は 22:30。かなり長いゲームになりました。

ここまで 3 塁側内野席からはほとんど顔を見ることができなかった原監督が、ようやく登場。コーチ陣は川相、川口と、私が最も野球を観ていた時期(田舎なので当然巨人戦しか中継がなかった)の現役選手たちが今や監督とコーチか...と思うと、胸が熱くなります。

試合自体がシーソーゲームだったから、というのもあると思いますが、久しぶりの野球観戦、非常に楽しめました。やっぱり、他のファンと一緒に盛り上がれるのは、テレビ観戦ではなかなか味わえない体験です。この雰囲気を味わえるなら、これはまた時々観に来ても良いなあ、と思います。久しぶりにテレビ観戦もしてみようかなあ。

投稿者 B : 00:00 | Photograph | Sony 70-400/F4-5.6 G SSM | α6000

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

なかなかの好ゲームをご覧になりましたね~

F1も野球も相変わらず40D+1.4テレコン+サンヨンで頑張っていますが、これでもまあそこそこは寄れます。野球は装備よりも座席位置がポイントでしょうかね。ネット越しでも近くorネットなしで距離ありみたいな感じになりますから・・・
ところで、ホワイトバランスってオートですか?
神宮の光源だと黄色に引っ張られることが多いような気がするんですが、白が綺麗に出ていますね!

投稿者 ‘み’ : 04/20 20:52

ありがとうございます!とても楽しかったです。
実はどういう装備で臨むのがちょうどいいか判らなかったので、実は事前に‘み’さんの blog をいろいろチェックしてイメージトレーニングをしていました(笑。ネット越しで近くから狙うか、超望遠でネットなしで撮るか、は確かに悩ましいところですよね。

WB はオートだと仰るとおり黄色に引っ張られたので、実は Lightroom で少し色温度をいじっています。RAW 現像、こういうシチュエーションだと WB や多少の露出は後から救えるので、オススメですよ。

投稿者 B : 04/20 23:04

うちのマニアックな写真&装備が参考になれば良いんですが・・・

WBはRAW現像されていましたか。

野球撮影時もたまにRAWで撮りますが(光量がどうしても足りない時とか)、枚数も多くて現像しているとどれが正しい色なのか分からなくなってしまう人なので余り得意ではないんですよね(^_^;)

なにより40DではISO1600が実質限度なので野球とかはかなり厳しいです。7Dの後継狙っているんですが、噂ばかりなんですよねぇ

投稿者 ‘み’ : 04/22 23:15

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« α6000 にシューキャップを | メイン | 東京都新宿区神宮球場のウィンナー・カレー »