b's mono-log

« May 2014 | メイン | July 2014 »
 1 |  2 |  3 |  4 | all

2014/06/30 (Mon.)

QUADRASPIRE Q4D

久しぶりにリビングの AV 周りに手を入れました。とはいってもメイン機器を入れ換えたわけではなくて、ラックです。

QUADRASPIRE / Q4D (ダークオーク+ブラックポール)

QUADRASPIRE Q4D

12 年前にホームシアターに手を出したときから「いつかは使ってみたい」と思っていた、QUADRASPIRE のオーディオラック。剛性がどうの音質がどうのというよりも、そのたたずまいの美しさに惚れ込んで、ずっと憧れのラックでした。
今のマンションに引っ越してから買おうと思いつつ、資金的になかなか順番が回ってきませんでしたが、ようやく導入。

QUADRASPIRE Q4D

この絶妙なカーブが美しいんですよ。
どうしても物々しい雰囲気になりがちな機器周りを、上品にまとめてくれます。

カラーバリエーションが豊富にあって迷いましたが、他のインテリアに合わせてダークオーク+ブラックポールを選択。
通常のキットは 4 段のところ、収納したい機器の数のほうが多かったので、オプションで 1 段追加して購入しました。手配してくださった富山の電器店の某氏、ありがとうございました。

QUADRASPIRE Q4D

組み立てはセルフですが、基本的に棚板にポールをねじ込んでいくだけなのでそれほど難しくはなく。むしろ、機器の設置と配線のほうが大変でした。せっかくラックが美しいのに配線がぐちゃぐちゃでは意味がないので、今回は気合いを入れてスパイラルチューブとケーブルタイを使って徹底的に整理しました。アンプとの接続が HDMI になればケーブルの数も 2/3 くらいに減らせてもっとスッキリするはずだし、この 10 年選手の DSP-AZ2 もそろそろリプレイスしてやりたいところ。年末には買い換えたいなあ。
ちなみに長年ラックの一角を占めてきた MD デッキも、置いてあるだけで数年ろくに使っていないし...というわけで、この際廃棄する決心をしました(遅。

QUADRASPIRE Q4D

ラックをローボードタイプから縦型に変更したので、テレビ周りがスッキリ。リビングの空間が少し広々と感じられるようになりました。実は 1 年半前に BRAVIA を壁寄せ設置に変更したのは、これを見越してのことだったんですが、1 年半かかるとは思ってなかった(笑。
ただ、テレビ周りがスッキリすると、今度は画面が小さく感じるようになってきました(;´Д`)ヾ。4K がもう少し手の出る価格帯になってきたら一回り大きくしたいけど、それよりもプロジェクタ優先かなあ...でも、その前に AV アンプは新調したいし、未だに再設置できていないサラウンドスピーカをどう置くかも考えたいし、久しぶりに AV 関連の物欲がふつふつと湧いてきています。

QUADRASPIRE / Q4D (ダークオーク+ブラックポール)

B001O0TRAO

投稿者 B : 00:44 | Audio & Visual | コメント (0) | トラックバック

2014/06/29 (Sun.)

LIFE

LIFE

[ Sony α7 | Carl Zeiss Sonnar T* 90mm F2.8 G ]

目の前に立ちふさがる幾多の障害物。

避けて通るのか、
飛び越えるのか、
むしろ敢えてぶつかってみるのか。

そしてその先に辿り着くのは、どこか。

投稿者 B : 00:37 | Photograph | Sonnar 90/F2.8 G | α7 | コメント (0) | トラックバック

2014/06/28 (Sat.)

CONTAX G-αE AF マウントアダプタがモデルチェンジ

デジカメアイテム丼:AF対応のコンタックスGアダプターが実用レベルに - デジカメ Watch

澤村徹さんによるデジカメ Watch の記事ですが、しばらく前に発売されていた CONTAX G-NEX AF 対応マウントアダプタに第三世代モデルが発売されたとのこと。ポイントは、

  • フルサイズセンサ対応
  • AF 高速化
  • アダプタ自体のファームアップが可能に
の 3 点。 このアダプタ、以前から気にはなっていたものの、AF 速度はあまり実用的じゃなさそうだし、CONTAX G レンズを使うメインボディを α7 に切り替えてしまったこともあって、手を出さずにいました。が、新型ではそのあたりの問題が改善されていて、AF もそれなりに実用レベルになっているようなので、再び気になってきました。AF/MF の切り替えも純正レンズの DMF 的な感覚で使えそうだし(ただ、MF リングが極小なので MF はしづらそう)、これはいいかも...。

純正のレンズラインアップがなかなか揃ってこないので、しばらくこっちで遊んでみるのもいいかもしれないなあ。

TECHART / TA-GA3

B00KVHSDGK

投稿者 B : 00:30 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2014/06/27 (Fri.)

雨のち晴れ

雨のち晴れ

[ Canon EOS 5D Mark III | Canon EF24-70mm F4L IS USM ]

若さで乗り切れるのも 今年ぐらいだね
この先どうなるのかなんて 誰もわからない
その日暮し 楽しく生きりゃいいのかもしれないね
そんな事思いながらも また日が暮れる

雨のち晴れ

[ Canon EOS 5D Mark III | Canon EF24-70mm F4L IS USM ]

春から一気に梅雨に入ったかと思えば、数日で今度は真夏のような暑さ。が一週間続いたと思ったら、また梅雨っぽい...を通り越してゲリラ豪雨とか雹とか。最近の天候はどうも読めません。
雨が降ってきたら、そうそう外でレンズ交換もできないしなあ、と考えると、日々持ち出すカメラやレンズにも悩みます。

雨のち晴れ

[ Canon EOS 5D Mark III | Canon EF24-70mm F4L IS USM ]

そろそろ紫陽花のピークも終わり、次は朝顔とか向日葵とか、夏の花の出番。
ヌケのいい青空をバックにどう撮ろうか、今から構図をイメージしています。

雨のち晴れ

[ Canon EOS 5D Mark III | Canon EF24-70mm F4L IS USM ]

もうちょっと もうちょっと
頑張ってみるから
ねえもっと ねえもっと
いい事があるかな
今日は雨降りでも いつの日にか

Mr.Children 『雨のち晴れ』より

投稿者 B : 00:37 | EF24-70/F4L IS USM | EOS 5D Mark III | Photograph | コメント (0) | トラックバック

2014/06/26 (Thu.)

KitKat on Xperia Z1 f

ドコモの「Xperia Z1 SO-01F」と「Xperia Z1 f SO-02F」がAndroid 4.4に - ケータイ Watch

docomo 版 Xperia Z1/Z1 f に Android 4.4 対応ファームウェアが提供開始されました。
私もさっそく自分の Z1 f、および奥さんの Z1 に適用。

Xperia Z1 f

Z1 f に関しては、これで外観以外はほぼ完全に A2 と同等になるようですね。既に Z2 を使っているので目新しさはありませんが、通知バーやホームボタンの背景が黒ではなくホーム画面とシームレスに繋がったことで画面が大きく見えるようになりました。あと、通知/クイック設定などの挙動が Z1 と Z2 で異なっていたのが共通化されて、二機種間を行き来しても戸惑わなくなったのはありがたい。あと、Bluetooth Low Energy に対応したことで、SmartBand に対応したのも見逃せません。まあ、現状の SmartBand はライフログを貯めた上で「何に使うか」がイマイチ明確ではないのですぐに欲しいとは思いませんが(ただ、何か判らないけどこれから応用分野が広がりそうだ、という点で盛り上がっているのはよく解る)、ちょっと気にはなっているところ。

あと「充電器から端末本体を取り外した際、一定時間タッチパネルが動作しない場合がある事象について改善」という不具合修正、確かにこの症状はまれに出ていました。それと、カメラのシャッター音が Z2 同様に小さめになったのも、実用上はなにげにありがたい。今まではちょっとうるさすぎたので(´д`)...。

見た目や使い勝手が大幅に変わったわけではありませんが、痒いところに手が届く改善、という印象のアップデートでした。Android は次期バージョン「Lollipop」の情報も出始めてきましたが、スマホ向け OS としてはそろそろ成熟期に入ってきた感があります。Xperia Z1~Z2 世代は比較的長く使えるスマホになりそうですね。ただ、docomo 的に去年ツートップと担いで売りまくった Xperia A に KitKat 対応の予定がないのはちょっとひどいと思います。何とかならないんですかね...。

投稿者 B : 22:44 | Mobile | Smartphone & Tablet | コメント (0) | トラックバック

SawanoHiroyuki[nZk]:Aimer / UnChild

SawanoHiroyuki[nZk]:Aimer / UnChild

B00K4VR07G

ガンダム UC ep7 の主題歌『StarRingChild』に続いて、澤野弘之×Aimer のタッグによる企画モノアルバムが発売されたので、買ってみました。ジャケットが『貴婦人と一角獣』というところからもう胸熱なアルバム。

あまり事前にチェックしないで買ったので、知ってる曲は『RE:I AM』と『StarRingChild』くらいかと思ったら、逆にこの 2 曲は英語版が収録されていて、他の曲も既存のサントラで他のシンガーが歌っていた『A LETTER』『But still...』(ドイツ語曲『Sternengesang』の英語版)『REMIND YOU』『EGO』といった名曲のカヴァー、そして UC に登場する各キャラクターをイメージした新曲、と多彩。新曲の中には、サントラの『MOBILE SUIT』(ep1 の冒頭、クシャトリアとジェガンの戦闘シーンの曲)をヴォーカル曲に再構成したものや、アンジェロをイメージした『bl∞dy F8』あたりはロックしていて本当にカッコイイ。

この熱量があってパワフルな唄い方、独特だし、英語の唄い回しも巧いよなあ...と思っていたら、Aimer 自身がアヴリル・ラヴィーンの影響を受けているんですね。確かに、納得するところがあります。この歌唱力と、澤野弘之(今年からヴォーカリストを手がける際には「SawanoHiroyuki[nZk]」名義で活動するとのこと)の「感動するツボ」を押さえた楽曲の組み合わせは、本当に破壊力がありますね...。

このアルバムは UC のサントラとしてではなくアルバムとして秀逸なので、しばらくヘビロテになりそうです。でも、同時発売された Aimer 名義のセカンドアルバムのほうも妙に気になってきました。でもこちらは UC の主題歌 2 曲以外は澤野弘之作曲ではなさそうなので、ちょっと視聴してみてから考えようかな...。

投稿者 B : 00:00 | Music | コメント (0) | トラックバック

2014/06/25 (Wed.)

民生用 AV アンプがドルビーアトモスに対応へ

新立体音響「Dolby Atmos」がホームシアターに展開。頭上からも音。BDは'14年秋 - AV Watch
立体音響の「Dolby Atmos」、オンキヨー新AVアンプに初採用。TX-NR838/636も対応へ - AV Watch
Dolby Atmosへの対応をPioneer/DENON/Marantzが海外で予告。新AVアンプでサポート - AV Watch

B00KCCNYJK

なんか唐突にドルビーアトモスが民生用 AV アンプへの展開を始め、AV アンプメーカー各社が対応を表明しました。

ドルビーアトモスといえば、先日『アメイジング・スパイダーマン 2』を TOHO シネマズ日本橋で鑑賞した際に初体験し、ちゃんと作り込まれた作品と設備の整った映画館であれば想像以上の体験ができることを実感したばかり。でも、ドルビーアトモスって確か映画館向けという位置づけのソリューションじゃなかったっけ?
...と思ったら、以前の本田雅一さんの記事に

【本田雅一のAVTrends】サラウンドの常識を打ち破るドルビーATMOS -AV Watch

現状、サウンドオブジェクトの個別データ+ベクトルデータを管理しなければならないため、ブルーレイディスクに入れることは難しいと言わざるを得ない。音声トラックの収録規格の問題もあるが、容量そのものも問題だ。
ということで、結論は難しいということなのだが、決して不可能ではないとも考えているようだ。すなわち、ドルビーとしては「今はまだ劇場向けで手一杯」なので、落ち着いたならば家庭向けをということになる。
というわけで、想定はしていたということのようですが、それにしてももっと先というイメージで言及されていたので、こんなに早いとは思いませんでした。対応 BD タイトルも今秋には出てくるとのことで、ハードとソフトの足並みは揃っています。

ただ、家庭用として導入するにあたって、気になるのは以下の二点。

  • 天井スピーカって実際どうするの?
  • アトモスは劇場ごとに最適化したサラウンドデザインが可能で、それをリアルタイムレンダリングするのが特長なら、一般ユーザーにサラウンドデザインするツールまで提供するの?
前者に関しては、実際に天井スピーカを設置できない環境に対しては、ドルビーイネーブルドスピーカ(反響を利用して天井からの音を再現するスピーカ。いわゆるバーチャルスピーカ的なもの)をオプションとして発売するようですね。個人的には、パナソニックが出しているシーリングライトに重ねて取り付けるワイヤレススピーカがサラウンドチャンネルとしても動作するようになってくれれば現実的かなあ。 後者については、AV アンプ側でスピーカの自動位相調整による音場補正技術がかなり進んできたことを考えると、ユーザー側に設定を開放しなくても、AV アンプがある程度自律的に調整することはできそうです。ただ、音声とラックの容量的に BD に収録しきれない可能性もあるので、その場合はどうするんですかね...。トリプルレイヤー以上のディスクを使うのか、それともあらかじめ 5.1ch や 7.1ch にレンダリングした状態で収録するのか。レンダリングしてしまうとアトモスの自由度の高さが失われてしまいますが、家庭用でそれ以上は求めすぎな気もするので、それでもいいか(笑。

いずれにしてもせいぜい 5.1ch 程度のホームシアター環境では本領を発揮しきれない方式にも思えますが、そろそろ進化のネタがなくなりつつある(それ以上に市場のシュリンクのほうが早いように見えますが)AV アンプ業界の次の流行はこれなんでしょうね。私も AV アンプを新調したいと思い続けてはや幾星霜、そろそろ本当に今年の末くらいには...と考えているわけですが、効果のほどはさておき、アトモス対応の新機種から選ぶことになるんだろうなあ。

投稿者 B : 00:51 | Audio | Audio & Visual | コメント (0) | トラックバック

2014/06/24 (Tue.)

SanDisk Ultra microSDHC 32GB

Xperia Z2 Tablet を買ったら、写真や動画を突っ込んでおくのに大容量の microSD カードが欲しくなったので、買ってきました。

SanDisk / Ultra microSDHC 32GB SDSDQUA-032G-U46A

SanDisk Ultra microSDHC 32GB

まあ、タブレット本体に 32GB のフラッシュメモリを内蔵しているので容量的にはけっこう十分なんですが、ほら、スロット空いてると埋めたくなるじゃないですか(ぉ
スマホには以前買った microSD を機種変のごとに差し替えで使い続けているので、microSD 自体かなり久しぶりに買いました。

近年、有名メーカーのメモリカードは模造品が増えてきているので、Amazon マーケットプレイスで買ったことのあるお店か、秋葉原のリアルショップで並行輸入品(国内正規品は高いので)を買うようにしています。秋葉原は以前ならクレバリーが安定して最安値付近だったんですが、二年前に倒産してしまったのでorz...、最近は ark をよく使います(といっても年に数度だけど)。

SanDisk Ultra microSDHC 32GB

買ったのは信頼の SanDisk。動画をコピーしたりするので Class4 以下じゃちょっと厳しい、けど一眼カメラでガシガシ連写する用途じゃないから Extreme ほどは奢れない。というわけでミドルクラスの Ultra シリーズになるわけですが、それでも UHS-I/Class10 対応なので用途的には十分です。SanDisk は最近パッケージをちょこちょこ変えているようで、調べてみたらこれは少し古いパッケージのようですが、スペック的には現行品と変わらないはずです。

最近上位モデルで流行っている赤×グレーのツートンカラーがイカス。

SanDisk Ultra microSDHC 32GB

ま、裏面は黒いんですけどね(´д`)...。

一応 CrystalDiskMark でベンチ取ってみました。カードリーダはそろそろ旧型ですが、まだまだ現役の USB 3.0 対応 BSCR09U3BK

SanDisk Ultra microSDHC 32GB

おお。シーケンシャルリードが公称値(30MB/s)を大きく超える 45MB/s オーバー。対してシーケンシャルライトは 15MB/s も出ていませんが、このカードの用途的に動画や写真の再生といったシーケンシャルリードを多用する見込みなので、むしろちょうど良いです。

並行輸入品とはいえこれで ¥2,000 しないんだから、安くなったもんだよなあ。microSD じゃなくてノーマルサイズの SD も価格容量比ではほぼ同じくらいだし、最近カメラが増えすぎでメモリカードが(容量ではなく枚数的に)足りなくなってきたので、ノーマルサイズのカードも何枚か買っておこうかな...。

SanDisk / Ultra microSDHC 32GB SDSDQUA-032G-U46A

B007XZM6VG

投稿者 B : 00:32 | Mobile | Smartphone & Tablet | コメント (0) | トラックバック

2014/06/23 (Mon.)

F1 オーストリア GP 2014

オーストリアGP決勝 ロズベルグが優勝、ボタスが3位表彰台を獲得

11 年ぶりの開催となったオーストリア GP。結果だけ見ればメルセデスの 1-2 といういつも通りのリザルトではありますが、内容的には前戦カナダに並ぶ面白いレースになりました。

波乱はまず予選から。今季の直線番長・ウィリアムズ FW36 とレッドブル・リンクの相性が良く、フリー走行から上位タイムを占めていました。が、メルセデス有利は変わらず...と思いきや、メルセデスの 2 台がお互いを意識するあまりか、ハミルトンが予選 Q3 ノータイム(1st アタックが白線越えででタイム抹消、2nd アタックではブレーキトラブル?でスピン)、ロズベルグがハミルトンのスピンの煽りを喰って 2nd アタック時にタイムを出せない、というアクシデントが発生。その結果、ウィリアムズがフロントロウを独占する、という予想だにしなかったグリッド順に。まさに、カナダで起きた「メルセデスの二台が競った結果、他者が漁夫の利を得る」という状況の再現になりました。

決勝は、3 番グリッドからスタートでボッタスをかわし、1st スティントでアンダーカットを成功させたロズベルグが難なく勝利。予選ノータイムで 9 番手スタートとなったハミルトンもスタートでジャンプアップし、最終的にはロズベルグの背後にまで迫ったものの、2 位フィニッシュ。そして、ボッタスがキャリア初となる 3 位表彰台を獲得しました。ボッタス、おめでとう!
ウィリアムズは 3-4 フィニッシュを果たし、メルセデスだけ別カテゴリに近い力関係の中では実質優勝にも等しい健闘と言えます。が、ピット戦略を間違えなければ勝てる可能性は十分にあったし、悪くても 2 位は獲れていた可能性は高く、その意味で課題の残るレースだったと思います。中継の中で森脇さんが仰っていたように、ロズベルグがアンダーカットに来たときに、ポジションキープのために同時にピットに入れていたら、そのまま優勝の目はあっただろうし、仮にどこかで抜かれていたとしても、メルセデスに食らいついていくことで前戦のリカルドのように相手のトラブルを誘発していたかもしれません。ウィリアムズの現在の課題は、勝つための思考をもってレース戦略の組み替えができないことにあります。前戦でも、メルセデスの 2 台にトラブルが発生したときに焦ってマッサをピットに入れていなければ、リスクもあったけど勝てるチャンスではあった。メルセデスがいるから 3-4 位でいい、ではなく、勝てるときに勝ちに行かなくては、この上はありません。まあ、ウィリアムズがメルセデスエンジンユーザーであり、かつチームの主要株主の一人がメルセデスチーム CEO のトト・ウォルフである、という事情が何かを遠慮させているのかもしれませんが...、かつての名門復活の最大のチャンスが来ている状況でこれ、というのはいかにも残念。

話をメルセデスに移すと、ハミルトンは予選 9 位から 2 位フィニッシュ、というのは優勝が同じマシンに乗るチームメイトであることを考えれば、望むべき最高の結果を得られたと言えます。しかし、チャンピオンシップにおけるロズベルグとの差が 29pt に開き、ロズベルグにとっては 1 回ノーポイントに終わってもまだ首位をキープできる、という状況が精神的な余裕を生むはず。私はこの先のロズベルグとハミルトンの戦いは最後まで冷静さを失わなかったほうが勝つとみているので、この状況の変化は興味深いですね。今回のグランプリでは、予選 3 番手でのインタビュー時にも、優勝後のポディウムでも終始ニコニコしていたロズベルグの余裕ぶりが印象的でした。

シーズン全勝が消えてもメルセデスの圧倒的優位は変わらないのが明らかになったオーストリア GP でしたが、ハミルトンとロズベルグの競り合いにより「付け入る隙がある」ことが、カナダ GP に続いて証明された形になりました。次のシルバーストンは高速サーキットなので、引き続きウィリアムズにも勝ち目があると言えそう。チームにとってのホームレースで、今回のような消極的なレースではなく、勝ちに行く戦略を見せてほしいところです。

投稿者 B : 23:00 | F1 | Season 2014 | コメント (0) | トラックバック

2014/06/22 (Sun.)

Schick HYDRO 5

先週、次女の幼稚園の父親参観に行ったら、手作りの「おとうさんありがとう」の工作のほかに、こんなお土産をいただきました。

シック / ハイドロ 5

Schick HYDRO 5

なに最近の幼稚園ってイベント時に消費財のサンプリングまでやるようになったの(;´Д`)ヾ。
まあ、髭剃りってプリンタと同じで本体は安売りして消耗品(インクや替え刃)で利益を出すビジネスモデルなので、ホルダーなんて本当に「タダでバラ撒く」ようなものなんでしょうが、実際にこうやって(それも幼稚園で)もらってしまうとなかなか衝撃的ですね...。

私はもともと長年のシックユーザーだったのが、数年前にジレットを試してみたら気に入ってしまって、現在はプログライドパワーを愛用しています。以来シックは使っていなかったんですが、数年間の進化の度合い次第では出戻ってもいいかな、と思い、試してみました。

Schick HYDRO 5

シックらしい流麗なデザイン。ホワイト×メタリックブルーの爽やかな色使い。見た目は私好みです。というか、ジレットのいかにもアメリカンなギラギラしたデザインや色使いは本当はあまり好きじゃない(´д`)。まあ髭剃りは実用品なので見た目よりも剃り味なわけで、その辺は割り切ってジレットユーザーをやっているわけですが。

Schick HYDRO 5

髭剃りはホルダーよりも替え刃が命。シック、ジレットともにハイエンドモデルはもう 5 枚刃が標準ですが、「ハイドロ 5」はその名の通り大容量のスム-サー(刃の手前の白い部分)により、滑らかな剃り心地を実現していることにある、とのこと。ジレットのスム-サーもプログライド系なら容量は大きめですが、よく水切りしておかないと使っていない間に溶け出してドロドロになってしまうのが欠点でした。このスム-サーは滑らかだし、事故も少なそうだし、いいなあ。

ちなみに、このスム-サー部分は大胆に外れることで(フリップ式トリマー)、キワの部分が剃りやすいようにもなっています。ジレットは裏面に「ピンポイントトリマー」として 6 枚目の刃をつけていますが、意外とあれ使わないし、そこだけ 1 枚刃なのかよ!と思うところもあり(笑。ハイドロ 5 の替え刃にはなかなかアイデアが詰まっていますね...。

Schick HYDRO 5

ヘッドはフラットに近い状態から垂直に近い状態までフレキシブルに動きます。この動きの幅はジレットも同じくらいですかね。いずれも、肌への追従性を良くすることで滑らかに、かつ肌を傷つけにくいようになっています。

使ってみた感じでは、深剃りの度合いで言えばジレットのプログライドと同等、と言っていいと思います。髭が薄く、比較的カミソリ負けしやすい私の肌には合っている感じ。特に、大容量のスム-サーのおかげでプログライド以上に滑りが良く、滑らかに剃れる印象があります。
ただ、難点を挙げるならば 5 枚刃+フリップ式トリマーというギミックのせいかヘッド自体に厚みがあり、剃っているときのダイレクト感に欠けることでしょうか。対するプログライドはヘッドが薄く、スタビライザーの追従性の良さもあって、手の動きに小回り良くついてきてくれる感じ。まあこのあたりは慣れによるところもありますが。

結論としては...深剃りは甲乙つけがたいけど、使い勝手でやっぱり愛用のプログライドに分があり、かなあ。欲を言えば、ハイドロ 5 のスム-サーだけプログライドに移植できればベストなんだけど(笑

シック / ハイドロ 5

B00EXDCLX4

投稿者 B : 23:45 | MONO | コメント (0) | トラックバック

 1 |  2 |  3 |  4 | all
« May 2014 | メイン | July 2014 »