b's mono-log

« 民生用 AV アンプがドルビーアトモスに対応へ | メイン | KitKat on Xperia Z1 f »

2014/06/26 (Thu.)

SawanoHiroyuki[nZk]:Aimer / UnChild

SawanoHiroyuki[nZk]:Aimer / UnChild

B00K4VR07G

ガンダム UC ep7 の主題歌『StarRingChild』に続いて、澤野弘之×Aimer のタッグによる企画モノアルバムが発売されたので、買ってみました。ジャケットが『貴婦人と一角獣』というところからもう胸熱なアルバム。

あまり事前にチェックしないで買ったので、知ってる曲は『RE:I AM』と『StarRingChild』くらいかと思ったら、逆にこの 2 曲は英語版が収録されていて、他の曲も既存のサントラで他のシンガーが歌っていた『A LETTER』『But still...』(ドイツ語曲『Sternengesang』の英語版)『REMIND YOU』『EGO』といった名曲のカヴァー、そして UC に登場する各キャラクターをイメージした新曲、と多彩。新曲の中には、サントラの『MOBILE SUIT』(ep1 の冒頭、クシャトリアとジェガンの戦闘シーンの曲)をヴォーカル曲に再構成したものや、アンジェロをイメージした『bl∞dy F8』あたりはロックしていて本当にカッコイイ。

この熱量があってパワフルな唄い方、独特だし、英語の唄い回しも巧いよなあ...と思っていたら、Aimer 自身がアヴリル・ラヴィーンの影響を受けているんですね。確かに、納得するところがあります。この歌唱力と、澤野弘之(今年からヴォーカリストを手がける際には「SawanoHiroyuki[nZk]」名義で活動するとのこと)の「感動するツボ」を押さえた楽曲の組み合わせは、本当に破壊力がありますね...。

このアルバムは UC のサントラとしてではなくアルバムとして秀逸なので、しばらくヘビロテになりそうです。でも、同時発売された Aimer 名義のセカンドアルバムのほうも妙に気になってきました。でもこちらは UC の主題歌 2 曲以外は澤野弘之作曲ではなさそうなので、ちょっと視聴してみてから考えようかな...。

投稿者 B : 00:00 | Music

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

« 民生用 AV アンプがドルビーアトモスに対応へ | メイン | KitKat on Xperia Z1 f »