b's mono-log

« 自宅の LED 電球化進行中 | メイン | PLATFORM »

2014/10/23 (Thu.)

ケータハム F1 チーム、消滅寸前

ケータハムのファクトリーが事実上の閉鎖状態に - AUTOSPORT web

小林可夢偉が所属するケータハム F1 チーム周辺に、ここ 1 週間ほどでさまざまな動きが出てきています。

ことの始まりは夏休み明けのベルギー GP、いきなりエースドライバーの可夢偉に替えてロッテラーを走らせるという事態から。その後も可夢偉の参戦は安定的なものではなく、1 戦ごとに確定するという状況。で、日本 GP では直前にチームのファクトリーが押収されたというニュースが出て、一気に雲行きが怪しくなりました。その後もなんとかロシア GP までは出走を続けたものの、ここにきてチーム側の「元オーナー(トニー・フェルナンデス)が悪い」、トニー・フェルナンデスも「新オーナーが買収の代金を払わないのが悪い」という、責任のなすりつけ合い状態。穿った見方をすれば、責任の所在を有耶無耶にすることで撤退にまつわる諸々の違約金や未払いのパーツ代金の支払いから逃れようとしているのでは...とすら疑いたくなります。

次のアメリカ GP は来週末。遅くとも週明けにはマシンを現地に送り出せていないと参戦が危うくなってしまいます。しかし個人的には、まともにレースで戦うつもりがなく、安全性に問題さえ抱えるマシンでドライバーを走らせようとするチームにこれ以上参戦してほしくない。可夢偉の走りが見られなくなってしまうのは残念だけど、このままチームを畳んでくれたほうが F1 とファンにとっては良いことなんじゃないかと思います。可夢偉はこれまでよく頑張ったけど、今季こんなチームにしか可夢偉を乗せられず、そして乗せてしまったマネジメントの罪は重いと言わざるを得ませんね。

あと 3、4 日もすれば結論は出ることでしょう。静かにそれを待ちたいと思います。

投稿者 B : 22:36 | F1 | Season 2014

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« 自宅の LED 電球化進行中 | メイン | PLATFORM »