b's mono-log

« Logicool ワイヤレスマウスのチャタリング対策 | メイン | F1 日本 GP 2014 決勝 »

2014/10/04 (Sat.)

F1 日本 GP 2014 予選

日本GP予選 ロズベルグPP、ハミルトン2位

今年も F1 が鈴鹿にやって来ました。予選はメルセデス圧倒的有利という予想通り、フロントロウを独占。ただいつもと違うのは、ロズベルグがハミルトンに約 0.2 秒の差をつけて PP を獲得したことでしょう。金曜のフリー走行からロズベルグ有利で進んできており、鈴鹿サーキットと今年のマシンの組み合わせでは、ハミルトンのアグレッシブな走りよりもロズベルグの比較的スムーズなドライビングのほうが適している、ということかと思われます。ま、最終的に決勝でどちらが勝つかが大事なので、現時点での有利不利にすぎませんが。
グリッドはメルセデスの後ろにウィリアムズの 2 台、そしてアロンソと続き、今の勢力図をそのまま反映した順位と言えそうです。ここ 5 年間鈴鹿を席巻してきたヴェッテル+レッドブルの組み合わせは 9 位に沈みました。もう少し行けるかと思ったんだけどなあ...。

直前まで出走が不明だった小林可夢偉は、水曜になってようやく鈴鹿への出走が確定。その直後にリーフィールドのチームファクトリーが差し押さえられたという報道が出るなど、不安定な状況に変わりはないようですが、少なくとも明日の決勝まではもちそう。今回ようやく投入された新しいエアロパッケージを金曜のクラッシュで壊してしまい(予備パーツがなく)、予選では可夢偉だけ旧パーツで走らなくてはならなかったなど、厳しいのは事実です。予選タイムはスーパーフォーミュラより遅いというのも情けないですが、決勝では可夢偉がどれだけ気を吐いてくれるか、だけに期待したいと思います。金曜の FP2 で不可解なコースオフを喫したことからも分かるとおり、コース上にマシンを留めているのがやっとというマシン状況のようなので、多くは望めないとは思いつつ(´д`)。

そんなことより、今日一番驚いたのはこのニュースですよ。

ヴェッテル 今シーズン末にレッドブル離脱
ホーナー ヴェッテルのフェラーリ移籍を認める

昨年までの 4 年連続ドライバーズ&コンストラクターズチャンピオンを獲得してきたヴェッテルが、今季限りでのレッドブルチーム離脱を突然発表しました。「ヴェッテルは将来のフェラーリ移籍を望んでいる」とか「マクラーレン・ホンダがアロンソ or ヴェッテルの獲得を狙っている」といった噂は以前からありましたが、それが唐突に現実のものとなった格好です。少なくとも来季のトップチームにはいずれも既存の契約があり、主だったドライバーラインアップは変わらないだろうと思っていただけに、大きな衝撃。
確かにヴェッテルはレッドブルで 4 回のワールドチャンピオンを獲ったとはいえ、今季からレギュレーションが一変して従来のアドバンテージは消滅。ルノーが来季いきなりメルセデスに伍するパワーユニットを作れる可能性は高くなく、加えて常勝マシンを作り続けてきたエイドリアン・ニューウェイも今季限りでマシン開発の一線を退くとあっては、今こそフェラーリ行きを実行に移すべき時、という判断も理解できます。フェラーリはフェラーリで、シューマッハー離脱後のアングロ・イタリアン体制が今季のステファノ・ドメニカリ(チーム代表)とルカ・ディ・モンテゼーモロ(フェラーリ会長)の相次ぐ更迭で終焉し、来季はフィアット直轄体制でより合理的な組織に生まれ変わる望みはあります。再びドイツ人のエースドライバーを得て、シューマッハーによるチーム再建劇の再演となるかどうか。

当のフェラーリは現在のアロンソ/ライコネンというダブルエースのどちらかが離脱することになります。アロンソは昨シーズン以来チームとの折り合いが悪くなってきており、かつシューマッハー的な絶対エース待遇をチームに求めているとも言われているため、アロンソとヴェッテルが同じチームでジョイントナンバーワン体制を築くとは考えにくい(ライコネンもエースドライバー格ではあるけど、性格・年齢を考えてアロンソが例外的に受容したものと思われます)。そうするとアロンソ離脱の線が濃厚でしょうが、今日の予選のテレビ中継で川相ちゃんが「木曜日に東京でアロンソ、ロン・デニス、ホンダの幹部が来季の契約書にサインした、らしい」という話をしていたので、もう確定的でしょう。来季のマクラーレン・ホンダのエースシートにはアロンソが座るものと見られます。

現時点ではフェラーリからもマクラーレンからもプレスリリースが出ていないため、確定しているのは「ヴェッテルがレッドブルを離脱」という事実のみですが、これを契機に来シーズンに向けたストーブリーグが一気に加速していくことは間違いありません。

投稿者 B : 21:21 | F1 | Season 2014

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« Logicool ワイヤレスマウスのチャタリング対策 | メイン | F1 日本 GP 2014 決勝 »