b's mono-log

« WALKMAN A17 用のクリアケースを購入 | メイン | Canon EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM »

2014/11/10 (Mon.)

F1 ブラジル GP 2014

ブラジルGP決勝 ロズベルグがようやく優勝、地元マッサが3位表彰台

2014 年シーズンもいよいよ大詰めとなったブラジル GP。アメリカ GP までの流れだとチャンピオンシップの行方は完全にハミルトン、という雰囲気でしたが、ブラジルではロズベルグが巻き返しました。
まずは金曜フリー走行から土曜日の予選 Q1~Q3 まで、ロズベルグが全セッショントップタイムを記録。オースティンで自力優勝の可能性が消えて吹っ切れたということなのかもしれませんが、とにかくハミルトンに隙を見せたくない、自分はまだルイスに勝てるはずだ、と自分自身に言い聞かせるようにトップタイムを出し続けていたのではないかと思えます。

で、決勝もそのままロズベルグが最後まで逃げ切り。途中、オーバーカットしようとしたハミルトンがタイヤの限界を超えてスピンしたことに助けられた側面はあります。特に今季後半戦のハミルトンは「ロズベルグの後ろさえ走っていればレースのどこかで必ず抜ける」という自信を持っているように見え、今回もそれを実践する走りをしていたのですが、チームとのピット戦略の行き違いが文字通り足を掬った格好になりました。
それでも、ラスト数周に仕掛けようとしてきたハミルトンを最後まで抑えきったロズベルグの走りは見事。これまでのロズベルグとは雰囲気が違い、簡単に抜かれそうな気配もありませんでした。もうちょっと早くこの境地に達していれば後半戦はもっと僅差の戦いになったことでしょうが、それはそれ。

変わりやすい天候もあり、カレンダーの中でも特に荒れたレースになりやすいのがブラジルの特徴ですが、今年は珍しくほとんど波乱のないレースでした。でもそれで退屈したかというとそんなこともなく、ロズベルグとハミルトンのトップ争いに加えて、マッサ・バトン・マグヌッセン・ヴェッテル・アロンソ・ライコネンあたりの順位争いが非常にハイレベルで、見応えのあるレースとなりました。やはりチャンピオン経験者を中心に、駆け引きを見せてくれるクリーンなバトルは「これぞ F1」ですね。

今年も泣いても笑ってもあと 1 戦、2 週間後のアブダビを残すのみ。アメリカ GP 後の印象とは打って変わって、これは伯仲したチャンピオンシップ最終戦になりそうな気配が漂ってきました。まあ、18 戦中 10 勝したドライバーがまだ 2 位以上を獲らないとチャンピオン確定しない最終戦ダブルポイント制ってどうなのよ、という気はしますが、ハミルトンが 2 度目のチャンピオンに足る器であれば、文句なくチャンピオンらしい走りを見せてくれるはず。いずれにしてもメルセデスの 2 台についてこれるマシンはないわけで、ハミルトンのチャンピオン獲得に立ちはだかる最大の障壁はマシントラブルではないでしょうか。

とにかく、チャンピオンシップの行方が見応えのあるレースで終わることを願っています。

投稿者 B : 23:58 | F1 | Season 2014

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

« WALKMAN A17 用のクリアケースを購入 | メイン | Canon EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM »