b's mono-log

« シュレッダーを買い換え | メイン | 大手町の博多とんこつラーメンライス缶詰付き »

2015/02/03 (Tue.)

旧友は春に帰る

東 直己 / 旧友は春に帰る

4150310424

探偵、暁に走る』を読んだら気持ちが乗ってきたので、続編を勢い任せで一気に読み終えました。

今回のタイトルはシリーズの中でも特に情緒的な響きをもっています。この「旧友」というのが、なんとシリーズ第 1 作『探偵はバーにいる』でヒロイン役に位置づけられていたコールガール、通称モンロー。『バーにいる』のラストでススキノから逃げ出し、沖縄に渡った彼女が、四半世紀ぶりにススキノに戻ってきます。
しかしすっかりオジサン・オバサンになった二人がススキノで旧交を温めるしんみりした話、になるわけもなく。過去にも「俺」を引っかき回したモンローでしたが、今回も完全にモンローのペース。カーチェイスあり、海を渡る逃避行あり、今までは事件を追う側だった「俺」が暴力団に追われる側になるという展開もなかなか目新しく、手に汗握るストーリーに引き込まれました。

「俺」といえば一貫してケータイを持ち歩かないキャラとして描かれていますが、今回もそのポリシーは健在。しかしケータイメール全盛(この作品が書かれた頃はまだ SNS は一般化していなかった)の現代において、ケータイを持たずに時々刻々と変化する状況に対応する探偵を描くのはリアリティがないという判断か、定期的にネットカフェに行って PC で Web メールをチェックするようになっています。これはこれで、以前に比べればタイムリーな情報交換ができていつつも少しタイムラグがある、という状況を作り出していて、なかなか面白い。そしてメールチェックの合間に YouTube で動画を見たり、その数分間の間に二桁を超えるスパムメールが届いていたりする半端な現代っぽさが面白い(笑。

「俺」は最後まで振り回されっぱなしで結局何かを解決できたわけではない、という割り切れない結末でしたが、そういうのも含めて感傷的になれる物語でした。過去作に登場した主要キャラが多数登場することもあり、シリーズここまでの集大成と言える作品だと思います。面白かった。

投稿者 B : 22:09 | Book | Novel

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« シュレッダーを買い換え | メイン | 大手町の博多とんこつラーメンライス缶詰付き »