b's mono-log

« March 2015 | メイン | May 2015 »
 1 |  2 |  3 |  4 | all

2015/04/30 (Thu.)

寄生獣 完結編 @新宿バルト 9

後編も観に行ってきました。

映画『寄生獣』

寄生獣

前編は、原作を大胆に省略したりシーンを組み替えたりしているわりにシンプルなテーマにまとめていて「悪くない」と思いました。それに対して、この完結編は...大事なところを削って余計なものを足してしまった、というのが正直な感想です。

2 時間のうちに田宮良子、広川、後藤、浦上...とたくさんのエピソードを詰め込まなくてはならないから尺が足りないのは分かります。けど、この作品の良さは結末から逆算して周到に張り巡らされた伏線だったり、各キャラクターの心理や存在理由を描いた「溜め」のシーンによって成り立っている部分が大きいので、なんというか「おいしいシーンだけ掻い摘まんでまとめました」的な話になってしまっています。
パラサイトとの戦いを通じて人間性を喪っていく新一と、逆に新一との交流を経て人間くさいキャラになっていくミギーの対比も阿部サダヲの軽い演技では浮き上がってこないし、後藤の圧倒的な強さを具体的に見せるシーンがないため(グロシーンを隠したかったのか、VFX を作りきれなかったのか)クライマックスの盛り上がりもない。市役所のシーンに新一が絡まないので、結果的にエピローグが取って付けた形になっている。極めつけは後藤との対決シーンで、産業廃棄物の設定を安易に時事ネタに絡めてしまったせいで無駄に科学的な突っ込みどころが増えてしまい、後半に行くに従って白けていくばかりでした。これではカタルシスも何もあったものじゃない。

個々のシーン単位でみれば役者陣はいい芝居をしていたし、中でも深津絵里が演じる田宮良子の演技は圧倒的。個人的には、中盤の「あのシーン」がクライマックスで、あとは盛り下がっていくばかりでした。

脚本や演出の問題もありますが、やはり 2 時間×2 回で完結させるにはテーマが大きすぎたのかもしれませんね。テレビアニメ版が 2 クールかけて丁寧に物語を描いていたのがとても良かったので、逆に粗ばかりが気になってしまいました。実写だから却ってグロシーンが描きにくくなってしまった、というジレンマもあったのだろうし、そもそも実写映画よりもテレビアニメのほうが相性が良かったということかもしれません。

まあ劇場で私の隣に座っていた二人連れの女性客は「面白かったねー」と話していたようですし、私も原作を読んでいなければ面白いと思えたのかもしれません。でもやっぱり、前編が良かっただけに完結編は「どうしてこうなった」という思いの方が強いなあ。

投稿者 B : 23:09 | Japanese Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2015/04/29 (Wed.)

炭火焼肉 本牧亭

なにやらうまい焼肉屋がある、という噂を聞きつけて、食べに行ってきました。

本牧亭

本牧亭

東急線長原駅すぐのところにある焼肉店。店構えからして期待が持てそうな雰囲気を漂わせていますが、店内には有名人のサインが所狭しと貼られており(プロ野球選手をはじめ、スポーツ選手のサインが多かったのが印象的)、美味しいものが好きな人の間でクチコミによって知られていった店であることが窺えます。予約も取りづらく、取れても原則 2 時間制限という人気店。予約が取れたのはラッキーだったかもしれません。

ちなみにこの店、牛を一頭買いして捌いています。そういうのは肉を知り尽くしていないとできないことで、基本的に牛にしろ羊にしろ一頭買いしている店に駄店なし。この時点で当たり確定と言えます。
日によって牛の仕入れ先は違うようですが、この日は静岡牛でした。

本牧亭

まずはタン塩から焼いていきます。レモンの他に、オプションでネギ(別料金)をたっぷり添えていただくと、コリコリすぎず、あくまで程良い弾力を持った柔らかいタンの味が堪らない。

さあ、これでこの店の肉の良さは判った。問題はここから先、どういう陣立てをしていくかだ(←さっそく『食の軍師』に影響されすぎ)。

本牧亭

肉が焼ける間の繋ぎに、まずはキムチ三点盛りから投入していきます。これがまた、それぞれのキャラがちゃんと立ったキムチで、なんならこれだけをつまみに飲み食いできてしまうレベルの高さ。繋ぎ扱いするのが申し訳なくなります。

本牧亭

土地勘のない焼肉屋で策に迷うた時は、道は一つ。値段の分かる盛り合わせのテッペンを取れば、その国(店)の全容を山の頂上からながむるに等しい!(←

というわけで次に頼むのは焼肉の盛り合わせ「ファミリー盛り」。カルビ、ロース、ハラミ、赤身うす切りの 4 点セットです。それぞれの肉に美しいサシが入っていて、見るからにうまそう。焼けるのを待ってなんていられない、そのままかぶりつきたい勢いです(ぉ

本牧亭

焼いていくわけですが、店員さんがそれぞれのテーブルを細かく気にしていてくれて、焼き方についても適宜アドバイスをいただけます。

この赤身うす切りについては、畳まれた状態で出てきたのを、大人ならば畳んだまま火を通し、まだ赤みが残っているくらいでいただくのがおいしい。

本牧亭

しかも、タレを軽くつけた後に生卵(別料金)に浸してすき焼き風にしていただくこともできてしまうわけです。こどグル八王子編のロースすき焼き風に、こんなところで再会できるとは!しかも、この卵は白身を除いた黄身だけ、それもしっかり卵黄が立った質の良い卵ですよ。これは、赤身うす切りのくせに、同じく盛り合わせられているロースとカルビが霞みかねないうまさだ。

本牧亭

気分はすっかり盛り上がってしまい、ビールから焼酎ロック方面に進軍せざるを得ないわけです。

本牧亭

盛り合わせはそれぞれ美味しかったけど、ハラミの肉々しさをもっと味わいたくなったので、ハラミをおかわり。

個人的には、ロースとカルビがなくてもハラミさえあれば焼肉を堪能できる自信があります。

本牧亭

そして、こどグル聖地巡礼の末にそのうまさに目覚めてしまった、ホルモン。当然、皮の方から先に、皮 8 割、脂 2 割の法則に従って焼いていきます。

この絶妙な弾力感と中から溢れ出てくる脂の甘みが、癖になりますね。この店のはただ脂っこいだけじゃなくて、どこか上品さも兼ね備えた、いくらでも食べられそうなホルモン。

本牧亭

〆はユッケジャンクッパで。肉がうまい店は、こういう〆の料理まで間違いなくうまい。

味はもちろんのこと、焼肉屋にしてはこざっぱりとした店内とか、接客に至るまで抜かりなし。この店、私の焼肉人生の中でもトップクラスに位置する名店じゃないでしょうか。素材が良いだけに値段もそこそこするけど、ここはまた必ずリピートしたい。素晴らしいお店を見つけてしまいました。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:焼肉 | 長原駅旗の台駅北千束駅

投稿者 B : 22:29 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2015/04/28 (Tue.)

JODECI / The Past, The Present, The Future

R&B 界隈では最近 D'Angelo だったり Le'Jit だったり、まさかまた彼らの新作が聴けるとは思っていなかった系のリリースが続いていますが、これはもうその極めつけと言えるんじゃないでしょうか。

JODECI / The Past, The Present, The Future

B00TUQ3J7Q

1990 年代に一世を風靡したヴォーカル・グループ「JODECI」の、実に 20 年ぶりとなるニューアルバム。活動休止後はそれぞれソロ活動に専念し、私も主に K-Ci & JoJo を中心に追いかけてきていました。この 20 年、幾度も再結成の噂が出ては消えを繰り返し、結局このまま再結成することはないのかな...と思っていたら、最後のアルバムが発売されてから 20 年というこのタイミングで突如現実のものとなりました。

ヴォーカル・グループ全盛期の頃は、ど真ん中王道・優等生的な Boyz II Men に対をなす存在として、ややダーティでイケイケな JODECI、という位置づけだったように思います。その「俺らってかっこいいだろ?」的な側面が鼻につきながらも、圧倒的な歌唱力に打ちのめされ、二十代の前半は JODECI と K-Ci & JoJo ばかり聴いていました。

あれから月日が過ぎて、JODECI のメンバーも全員が四十代半ば。どう変わってくるかと思ったら、いきなり冒頭から当時を思わせる勢いあるサウンドに頭を殴られるような気分です。でも、全体を通して聴いてみると、当時の勢い任せに叫びまくりだった歌い回しに比べれば随分落ち着いて、大人でも聴きやすい音になった印象。まあ、そりゃあみんな歳を取っていますからね...。中でも白眉は #5 "Every Moment"、これは明らかにセカンドアルバム収録の "My Heart Belongs To U" あたりを狙ってやっているんだろうと思いますが、いかにも JODECI らしさに溢れる曲で「これを聴きたかったんだ」と思わせてくれます。全体的には JODECI のコーラスワークに K-Ci & JoJo でやってきたことを織り交ぜて現在の JODECI らしくまとめた、という内容。ただし昔に比べるとコーラスの押しはおとなしく、もっと分厚いコーラスでガンガン押してきてもいいのよ的な物足りなさは感じますね。

まあ、それでも 20 年の時を経て彼らの新作が聴けるとは思っていなかったので、それだけでも満足。時の流れによって変わったものと、変わらなかったもの。タイトルのとおり「過去、現在、未来」の JODECI を包括するような作品に仕上がっていると思います。

投稿者 B : 23:00 | Music | コメント (0) | トラックバック

2015/04/27 (Mon.)

ホビット 決戦のゆくえ [Blu-ray]

ここのところ欲しい BD のリリースが続いていてお財布的には苦しい。でもこれは買っとかないといかんでしょう。

ホビット 決戦のゆくえ 3D&2D [Blu-ray]

B00PUDTZTE

『ホビット』三部作の主要な登場人物はホビット&ドワーフ、悪役もメインはオーク、と LOTR 本編に比べて地味め。原作にないレゴラスの登場シーンを追加したくなる製作サイドの気持ちも解りますが(笑、戦闘シーンの迫力に関してはこちらのほうが上じゃないでしょうか。まあ CG の技術も『LOTR』からは 10 年以上進歩しているわけですからね。ちなみにジャケット画像にはビルボが「つらぬき丸」を構えている絵が使われていますが、本編ではビルボが戦うシーンはありません(ぉ

戦闘シーンに圧倒されがちな作品ですが、ちょっと勿体ないと感じたのはドワーフの王・トーリンの心理描写について。まあエレボール奪還とアーケン石に執着するところまでは分からなくもないのですが、そこからの改心が唐突すぎる印象。原作には出てこないはずのレゴラスとかサウロンを登場させる暇があったら、もうちょっとここを丁寧に描いてほしかったかなあ。映画としての派手さは嬉しいけど、構成と脚本にがそれを消化し切れていないのが残念です。このへんは、BD エクステンデッド・エディションで補完されるのかもしれませんが...。
逆に、主人公のキャラクターという点では『LOTR』のフロドよりも『ホビット』のビルボのほうが感情移入しやすいかな。フロドは指輪に翻弄される役回りでその人となりについてはあまり描かれていませんでしたが(代わりに相棒サムの好感の持てるキャラクターはとても良かった)、コミカルながらも誠実で前向きなビルボ・バギンズという人物像は、こういうファンタジー作品の主人公に相応しいものだと思います。このあたりはマーティン・フリーマンの演技によるところも大きいのでしょうね。

音響については、戦闘シーンを中心に音がグルグル回り込むように作られているので、5.1ch のサラウンド環境の本領発揮といったところ。音声トラックとしては英語版が 7.1ch DTS-HD Master Audio で収録されているので多チャンネル環境であるほど恩恵を受けられますが(日本語吹き替えはドルビーデジタル 5.1ch)、劇場公開時に観た TCX&ドルビーアトモスの臨場感を思い出すと、やっぱりこの映画はできるだけ設備の良い映画館で観てこそなんだと思います。

この作品も LOTR と同じく「エクステンデッド・エディション トリロジー BOX」とか、LOTR 三部作と合わせて「エクステンデッド・エディション ダブル・トリロジー BOX」とかが後日発売されるんでしょうが、そろそろ LOTR 関連のディスクだけでいくらかけたんだよ!という状態になりつつあるので、これで打ち止めにするつもり(´д`)。

投稿者 B : 22:30 | Foreign Movie | Movie | コメント (0) | トラックバック

2015/04/26 (Sun.)

WILD TURKEY

引き続き、おいしいハイボール作り道を探訪中です。キリン富士山麓は求めていたものとはちょっと違ったので、今度はこのウィスキーを試してみました。

ワイルドターキー 8 年 1,000mL

WILD TURKEY

居酒屋まめぞと同じ 50.5° のウィスキー、というと最も入手性が良いのはこのワイルドターキーの 8 年。でもさすがにあの値段のハイボールに市価 2,000 円を超える値段のお酒は使っていないんじゃないか...と思って、他のものから当たっていました。しかしあの味はそこそこのウィスキーを使って作らないと出せるものじゃないと思い直して、カクヤスで購入。700mL 版に 500 円足すだけで 1,000mL 版が買えるので、意外とお買い得。

WILD TURKEY

ラベルにもしっかり「50.5% ALC」の文字。つまりこの 1L のうち 505mL はアルコール、という計算に(笑。

前回、富士山麓でハイボールを作ってみて痛感しましたが、アルコール度数の高いウィスキーでハイボールを作ると、いつもと同じ感覚で飲んでいても回りが速いから注意が必要です(;´Д`)ヾ。

WILD TURKEY

ハイボールにするのはちょっと勿体ない気もするので、まずはロックで。

バーボンの代名詞といわれる銘柄だけに、スコッチにはない荒々しさを持った味と香りがいい。でもアルコール度数が高いだけにストレートだとちょっとキツく、ロックでちょうどいい感じ。

WILD TURKEY

ハイボールにしてみました。

うん、これこれ!...と言いたいところだけど、何かが違う。富士山麓よりはまめぞハイボールに近づいた気はするけど、本物はもっと雑味が抑えられた、端正な味わいだったような。レモンスライスじゃなくてポッカレモンを使っているから酸味が先に立ってしまうのかな。そもそも分量ももっと厳密にやらないといけないんだろうし。うーん、やはりハイボールは奥が深い。

まめぞでは今までテーブル席にしか座ったことがありませんでしたが、今度は 1~2 人で行ってカウンターに座り、おかみさんの仕事ぶりをじっくり観察する必要がありそうです。

ワイルドターキー 8 年 1,000mL

B00PLHAC9G

投稿者 B : 23:50 | Drink | Gourmet | コメント (2) | トラックバック

2015/04/25 (Sat.)

MILLET TARN 25 PHOTO

新しいカメラバッグを買いました。春になるとカバン(ry

MILLET / TARN 25 PHOTO MIS0506 (DEEP HORIZON)

MILLET TARN 25 PHOTO

通勤カバンを 3 ウェイバッグにしたのと同じ理由で、しばらく前から肩と腰の負担を和らげるためにバックパックタイプのカメラバッグが欲しいと考えていました。が、いざ選ぼうと思うとバックパックタイプは肩掛けタイプ以上に難しいジャンルで、なかなか「これ」というのに出会えない。機材の出し入れがしやすくて、そもそもリュックとして扱いやすく負担が少なく、かつゴツすぎないシンプルなデザイン...というのは贅沢な望みだったかもしれません。

カメラバッグメーカーの製品を一通り調べてみて、どれも決め手に欠ける...と思ったところで、ふとカメラバッグはカメラバッグメーカーのものを買うべきと、誰が決めたんだァ!と思い直してアウトドアブランドのカメラザックに視野を広げてみたところ、自分の望むものに最も近いと思えたのが、このミレーの「ターン 25 フォト」。同デザインでカメラ用ではない「ターン 25」というモデルがまずあって、そのバリエーションとしてカメラ用が発売されています。
カラーは普段あまり選ばない色味で、ブルーグリーンっぽい DEEP HORIZON。カメラバッグって黒いのばかりだし、休日に写真撮りに出かけるときくらい元気になれる色がいいと思って選びましたが、今でもまだブラックでも良かったかなと半分思っています(笑。

MILLET TARN 25 PHOTO

このバックパックは本格的な登山用というよりはタウンユース~日帰り登山向けのスペックですが、アウトドアブランドらしく、ショルダーストラップやバックパネルはクッション性が高く、機材を詰め込んでも苦になりません。またショルダーストラップにはハンドレストや隠しポケットがついていて、なかなかに機能的。

MILLET TARN 25 PHOTO

チェストストラップのバックルには、緊急用ホイッスルが無駄に仕込まれています(笑。

ここのところアウトドアグッズづいている私ですが、AV/IT 機器でなくても、こういう機能性の高いギアに触れるのは楽しいですね。

MILLET TARN 25 PHOTO

カメラ用バックパックでも軽さ重視で薄いナイロンを使っているものが少なくないですが、この製品では生地にコーデュラナイロンを採用していて、しっかりとした安心感があります。

気室は二つに分かれていて、メインコンパートメントには取り外し可能なクッションボックスが仕込まれています。

MILLET TARN 25 PHOTO

クッションボックスには、背面と底面に細長いベルクロが取り付けられていて、歩行中のガタツキを抑えています。全面ベルクロでないので付け外ししやすいのも便利。

MILLET TARN 25 PHOTO

このクッションボックスは比較的大容量で、EF24-70/F4L を装着した EOS 5D Mark III に加えてレンズ 2 本程度を収納可能。ただし 70-200mm クラスの長玉は収まりきらないので、そういう場合は上蓋を開けっ放し(上蓋を 90° 開けるとちょうど上部気室の高さと同じになる)にして使うことになります。

MILLET TARN 25 PHOTO

下部気室もカメラ用。これまたベルクロで調節可能なセパレータが入っていて、機材を仕分けて収めることができます。

MILLET TARN 25 PHOTO

下部気室の容量は、パンケーキレンズをつけた 5D Mark III+標準ズームレンズ+小さめの単焦点レンズが収まる程度。レンズの本数を欲張らなければ 5D3+24-70/F4L+16-35/F4L のセットも収納できます。望遠レンズを使わない撮影用途であれば機材は下部気室にまとめて、上部気室はまるまるカメラ以外の荷物を詰めるのに使えます。ミラーレスならボディ+小三元セットまで収まってしまうんじゃないでしょうか。

リュックタイプのカメラバッグの欠点として、縦に長いために機材が収めにくい/取り出しにくいということがありますが、この構造ならば機材の出し入れもしやすく、非常に使い勝手が良いと言えます。

MILLET TARN 25 PHOTO

なお、下部気室のクッションボックスも取り外し可能。カメラ用ではない「ターン 25」相当のバックパックとしても使えてしまうわけです。
さらには上部気室と下部気室を分けている隔壁もファスナーで開くことができ、25L の容量を持つバックパックとして、大きめの荷物を収めることもできます。この使い勝手の良さは他のカメラバックパックにはなかなか見当たらず、購入の決め手になりました。

MILLET TARN 25 PHOTO

背面のジップポケットには 8inch タブレットまでが入ります。カメラ用途としては他にもメモリカード、予備バッテリ、クリーニングクロス等々いろいろ入れるものがあるので、もう少しポケットが欲しいくらい。まあメインコンパートメントが広いので、そこを上手く活用することでしょうか。

MILLET TARN 25 PHOTO

カメラバッグメーカー製のバックパックに比べると弱いのは、三脚/一脚用のアタッチメントがついていないこと。まあ一脚程度ならばサイドポケットとコンプレッションストラップでなんとかつけられますが、もうちょっと短くできる一脚が欲しいところですね...。

MILLET TARN 25 PHOTO

底面にはレインカバーが仕込まれています。展開するとブルーグリーンから一気に鮮やかオレンジにイメージチェンジ。
濡れると困る機材をたくさん詰め込むので、こういう機能は重宝しますね。

MILLET TARN 25 PHOTO

カメラバッグ選びは難しくて毎度苦労しますが、私の求めていた要件をほぼ満たすバックパックにようやく出会うことができました(まあ、それでも使っていくうちに不満点も出てくるでしょうが)。
これなら重い機材も今までよりはラクに持ち運べると思うので、改めてアクティブにいろいろ撮りにでかけるぞー。

MILLET / TARN 25 PHOTO MIS0506

B00TPOZFDE

投稿者 B : 22:25 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2015/04/24 (Fri.)

機動戦士ガンダム UC FILM&LIVE the FINAL [Blu-ray]

THE ORIGIN I と同日発売のこちらも確保しましたよ。

機動戦士ガンダム UC FILM&LIVE the FINAL "A mon seul desir" [Blu-ray]

B00R7GGA8G

当日に生で聴いたら、すごく良かったコンサート。まさか単体で BD 化されると思っていなかったので驚きましたが、これは買わざるを得ませんでした。ep7 のクライマックスでミネバが演説の最中、心の中でバナージを呼び続けていた想いが朗読という形で表現されていて、ファンならそこだけでも一度は観る価値があると思います。

ep1~7 をダイジェスト映像で振り返りながら、主要な楽曲の多くを生演奏で聴かせてくれ、かつ途中には主要キャストの朗読劇も織り交ぜた、とても内容の濃いライヴイベントでした。個人的には、このイベントでようやく真に UC が完結した、という気がします。

音声の収録はリニア PCM 2.0ch。臨場感という点ではマルチチャンネル収録のトラックも入れておいてほしかったところですが、やはりコンサートなので音質重視での収録、ということでしょうか。まあ、この場合サラウンドチャンネルはホールの反響音しかないので、AV アンプのバーチャルサラウンド機能でもある程度補完できますが。いずれにしても、この演奏を直接肌で感じる体験はその場にいないとできなかったわけで、チケットが買えた私は本当に運が良かったと思います。
逆に、当日は座席の位置的にステージ上が見えにくい場所だったので、ステージの様子を改めてじっくり観ながら音楽を堪能できたのもまた良し。また、特典映像として昼公演・夜公演両方のトークショー映像が収録されていたのも良かったです。私は夜公演に行きましたが、その場で「昼はこんな話をしていて...」みたいなことをちらっと言っていて、気になっていたので。

ただ返す返すも残念なのは、冒頭とアンコールに登場した Aimer のパートが丸々カットされていたこと。のっけから『StarRingChild』で始まり『RE:I AM』の熱唱で締まる構成がすごく良かったので、それがないことには物足りない。Aimer は基本的にメディアに顔出しをしておらず、CD のジャケットや PV でもちゃんと顔形が分かる撮り方をしていないので、ライヴ映像も NG ということなんでしょうが...引き絵+後ろ姿+アニメ映像の組み合わせでも良いから収録してほしかったところです。

昨今はもっぱら THE ORIGIN 祭りで UC はすっかり完結した作品扱いになってしまいましたが、久しぶりに観るとやっぱりいいなあ。GW を利用して、もう一度最初から通して観るのもいいな。

投稿者 B : 23:37 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック

2015/04/23 (Thu.)

機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル [Blu-ray]

機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル [Blu-ray]

B00Q9VX37G

プレミア上映会から数えて 2 ヶ月余り。ようやく BD が発売になったので(正式には明日発売で、フライングなわけですが)さっそく入手しました。
劇場にはプレミア上映会を含めて三度観にいきましたが(ぉ)、BD の発売はそれはそれで楽しみにしていました。劇場限定版の BD は単にプレミア価格がついているだけであれば買ったところだけど、LD サイズのボックスとなると置き場所がなく、一般発売までガマンせざるを得ませんでした。いやあ長かった...。

自宅では味わえない迫力の映像と音響を堪能できる劇場公開もいいですが、BD は自宅で気になるところを停めたり繰り返したりしつつじっくり楽しめるのがやっぱりいい。特に、安彦良和先生のコミックでの描写と比較しながら観るとなお味わい深いです。キャラクターの表情による演技や細かい動きをよく動画として表現できていると感じる一方で、静止画なのにコマ割り等を駆使してこれだけ動きや所作を表現できている安彦先生の漫画は、やっぱりアニメーター出身ならではのものなんだろうな、というのがよく解ります。うーん、深い。

多くの人から突っ込みを受けている「キャスバルがパズーまたはクリリンにしか聞こえない問題」に関しては、さすがに 4 回目以降の視聴ともなると馴染んできました(笑。変声後のシャアの声との整合性とかを考え出すとキリがありませんが、曲がりなりにも超ベテラン声優の田中真弓氏だけに、演技そのものは「さすが」としか言いようのないレベル。困難に負けない芯の強さをもつ少年を演じさせたら今は右に出る声優はいないわけで、安彦良和総監督の指名で決まったというのも、改めて頷けます。

これから GW に突入することだし、あと 5 回は観るかな(笑。そして、秋公開予定の『哀しみのアルテイシア』も、今から楽しみにしています。

投稿者 B : 23:59 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック

2015/04/22 (Wed.)

ZEISS Batis

ツァイスが新しい交換レンズシリーズ「Batis」を発表しています。

Batis | ZEISS 日本

ZEISS Batis

Touit、Otus、Loxia に続く新シリーズで、鳥類をモチーフとした命名規則に準ずると「Batis」はヒタキの一種・セワタビタキ属を示すラテン語から取られているようです。

Touit が APS-C のミラーレス系マウントに対応した AF レンズ、Otus は一眼レフ用の超弩級 MF レンズ、Loxia は E マウントフルサイズに対応した MF レンズだったのに対して、Batis は E マウントフルサイズに対応した AF レンズとしてきました。純正以外で E マウントフルサイズにネイティブ対応した AF レンズはこれが初ではないでしょうか。

当初のラインアップは 25mm F2、85mm F1.8 の 2 本。25mm は Distagon、85mm は Sonnar 構成を採っているようです。レンズ構成図などの詳細が明らかになっていませんが、外観デザインを見る限りでは Touit によく似ているため、伝統的なツァイスのレンズ構成を踏襲した素直な描写の代わりに AF はさほど速くない、という Touit の特徴をそのまま受け継いでいると推測できます。ソニー製のツァイス FE レンズは AF が速くてシャープネスが高い代わりに描写はちょっと硬めなので、用途や描写の好みによってうまく棲み分けることができそうではあります(そもそも純正で同焦点距離のレンズはまだ用意されていませんが)。

ユニークなのは、距離指標窓が一般的なアナログメーターではなく、有機 EL ディスプレイを用いたデジタル表示になっていること(!)。もともとミラーレス用レンズのほとんどは MF 時にも内蔵モーターを使ってフォーカス駆動するためアナログの距離指標を備えていませんが、それを逆手にとってこういうギミックをつけてくるとは。しかも、電源投入時にはここに「ZEISS」と表示されるというから、ツァイスヲタ的には一本持っていたくなりますね(;´Д`)ヾ。

発売は 7 月予定、海外で既に予約を受け付けているオンラインショップの価格を見るとどちらも 1,000 ドルオーバーなのでそうそう手は出ませんが、早く実物に触ってみたいところです。

投稿者 B : 21:25 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2015/04/21 (Tue.)

TOGAKURE BAG in BAG

チェストストラップの追加に続いて、3 ウェイバッグ C-3 LINER の強化を続けています。
3 ウェイバッグは縦使いにしたり横使いにしたりするので、鞄の中身は常にかき回されていると言っても過言ではありません。取り出したいときに取り出したいものが咄嗟に見つからない、といってゴソゴソやるのも美しくない。そこで「カバンの中身」を使って荷物をできるだけ固定してやるようにしよう、と思ったんですが、「カバンの中身」の実物を見てみると、素材にクッション性が皆無で、細かいガジェットを整理するのにはあまり向いてないかもと思い、却下。代わりにこういうのを見つけたので、買ってみました。

MARK'S / TOGAKURE BAG in BAG L (MOCHA BROWN)

TOGAKURE BAG in BAG

ちょっと前まで全然知らない商品だったんですが、ロフトとか、丸善やブックファーストのようなチェーン系書店の文具売り場とかで最近よく見かけるようになりました。どうやら今年発売されたばかりのようです。

「TOGAKURE(戸隠)」というネーミングといい、「忍」と読めるシンボルマークといい、ニンジャが持ち歩くツールキットのようなものがコンセプトなのでしょうか。超軽量のポリエステル素材を採用し、ノート PC が入るインナーケースとしては非常に軽いのも、忍者のツールを公称する所以だと思われます。

TOGAKURE BAG in BAG

L サイズの「TOGAKURE」は、PC ケースとしては 13inch ノートに対応しており、VAIO Pro 13 を入れてみるとまるで専用ケースかのようにジャストサイズ。VAIO Pro 13 のキャリングケースはバズはウスデザインの VAIO Z 用ハンドメイドレザーケースをそのまま流用していましたが、今度からこっちに切り替えようと思います。軽いし。

TOGAKURE BAG in BAG

で、このケースの最大のキモがこのフロントポケット。どういう構造になっているかというと、

TOGAKURE BAG in BAG

このようにポケットの口がナイロンテープで押さえられて半固定されていることで、縦横どちらからでも中身を出し入れできるようになっています。

これなら縦にしようと横にしようとひっくり返そうと、中身が落ちてくることはまずありません。これはコロンブスの卵的発想ですね。PC ケース部分のファスナーもぐるっと回り込んで開閉するので、縦横どちら向きにでも出し入れできます。

TOGAKURE BAG in BAG

フロントポケットは大中小合わせて 3 つあり、中小のポケットにはスマホやモバイルバッテリ、ルータ等を入れておくのにちょうど良いサイズ。大ポケットには、8inch クラスのタブレット(Xperia Z3 Tablet Compact)がギリギリ入りそうで入らない微妙なサイズでした(´д`)。ここは手帳とか文庫本とかを入れておくのがせいぜいですね。個人的には前面ポケットは中小サイズを合わせて 5 個くらい配置しておいてもらえると、ちょうど良かったんですが。

TOGAKURE BAG in BAG

背面には、これまた縦横どちら向きにもアクセスできるように斜め方向にバンドが走っていて、A4 までの書類やノートを挟んでおくことができます。
私は紙の書類を持ち歩くことは滅多にありませんが、仕事上出先で書類をもらってくることはあるので、これくらい軽く挟んで持ち運べるのがちょうどいい。

TOGAKURE BAG in BAG

まさに 3 ウェイバッグを買った私のためにあるインナーケースだと思いますが、仕事とプライベートでビジネスバッグとリュックを使い分けるような人も重宝するんじゃないでしょうか。
私はこれにノート PC とモバイルバッテリ、ルータ、USB メモリ、USB ケーブル、あと VAIO Pro のディスプレイアダプタあたりを突っ込んで、必要なツールがいつでもすぐに取り出せるようにしておこうと思います。

MARK'S / TOGAKURE BAG in BAG L (MOCHA BROWN)

B00T4AWY24

投稿者 B : 23:59 | PC | PC Peripheral | コメント (0) | トラックバック

 1 |  2 |  3 |  4 | all
« March 2015 | メイン | May 2015 »