b's mono-log

« F1 バーレーン GP 2015 | メイン | TOGAKURE BAG in BAG »

2015/04/20 (Mon.)

食の軍師

「俺はいつも、かの三国志の蜀の名軍師・諸葛亮孔明を心に置いて食い物と対峙している」

食の軍師|ドラマ|TOKYO MX

B00VFXF9DO

普段全くといっていいほどドラマを観ない私が、今季唯一観ているテレビドラマがこれ。もちろん...久住昌之先生繋がりです。

原作・久住昌之、作画・泉晴紀による漫画家コンビ「泉昌之」名義による同名コミックのドラマ化で、この 4~6 月クールに TOKYO MX で放送中。『孤独のグルメ』のヒットがあったからこそドラマ化された作品でしょうが、それだけではなく、共同テレビの『孤独のグルメ』ドラマチームが製作を務め、音楽を久住氏率いる THE SCREENTONES が手がけている、ある意味「純正品」と言って良い体制で作られています。かつての『花のズボラ飯』のドラマ化が倉科カナが可愛いこと以外に見るところがなかったのとはワケが違うのですよ!←

基本的には『孤独のグルメ』と同じく、ただひたすらメシを食うだけの話。だけど、そこには毎回「料理対決」が絡みます。といっても『美味しんぼ』や『ミスター味っ子』のそれとは違い、メニューの組み合わせや頼む順番による勝負であるところが、今までの料理バトル漫画にはない新しさ。
主人公・本郷播(津田寛治)は井之頭五郎とは全く違う完全なギャグキャラで、心の中の諸葛亮孔明(篠井英介)の声を聴きながらメニューの「陣」を敷きます。そこに、なぜかどの店に行っても遭遇するライバル・力石馨(高岡奏輔)と毎回(一方的な)料理対決を挑み...というお話。

それにしても、このクドく馬鹿馬鹿しい芝居をよくもまあこれだけ真正面から演じられること(笑。個人的には、異色の俳優・篠井英介氏(初めて見たのは『トリック』の最初のシリーズで、切れた演技に圧倒された)が諸葛亮孔明役、というのがツボ。メインキャスト陣の胃もたれしそうなほどクドい演技が続きますが、そこは『こどグル』スタッフ、料理のブツ撮りカットのうまそうさには抜かりがありません。これも深夜視聴注意な夜食テロドラマと言えます。

食のスタイルとしては、人とメニューがかぶることを恐れずに自分が食べたいと思うものを自由に頼み、他人が頼んだうまそうなメニューを真似ることを厭わない井之頭五郎のほうが私好みではありますが、『食の軍師』もあくまで亜流、ギャグとして観ればこれはこれでアリ。ただ、スタッフがこちらにかかりきりということは、少なくとも今年はこどグルの Season5 はないということだと思うので、それはそれで寂しいかな。
さておき、私はとりあえず原作のほうも電子書籍を平行して購読中です。

泉 昌之 / 食の軍師 (1) [Kindle]

B00KQJI9PS

投稿者 B : 23:58 | Japanese Movie | Movie

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« F1 バーレーン GP 2015 | メイン | TOGAKURE BAG in BAG »