b's mono-log

« Google フォト | メイン | RG ダブルオーライザー »

2015/05/30 (Sat.)

ASUS TransBook T90 Chi

新しいモバイル PC を買いました。

ASUS / TransBook T90 Chi

TransBook T90 Chi

「え~、オマエが今買うべきはそんなものよりも VAIO Z Canvas じゃないのかよ!」という心のツッコミが多数聞こえてくるような気がしますが(ぉ、Z Canvas は確かにいいマシンだとは思います。でも私が今まで個人用として買ってきた VAIO は全て 11inch 以下(Duo 13 だけ例外)。私の用途的には自宅用は完全に自作機、モバイルはできるだけ薄くて軽いのが良いんです。仕事ならば 13inch クラスでもガマンして持ち運ぶけど、プライベート用としての理想は 11inch のクラムシェルか、もっと小さいウルトラモバイルクラス。
VAIO(株)の体力的に、とにかく数を出さなくては利益の出ない「Bing タブレット」は、少なくとも当面出てこないはず。となると現行の Bing タブレットか 2in1 から選ぶことになるわけで、8inch クラスならば今はこれが TransBook T90 Chi がベストチョイスじゃないかと思います。もし想定より早く VAIO からこのクラスのが出てきたら、そのときは買い換えれば良いだけの話(ぉ

TransBook T90 Chi

合体式キーボードのついた 2in1 デバイスですが、キーボードと合体させた状態でも、単体の Windows タブレットとしてみてもかなり薄い。

ちなみにこれ、私が個人用として買った初の VAIO ブランド以外のノート PC ということになります(!)。

TransBook T90 Chi

充電は microUSB。Windows PC を microUSB で充電する日が来るとは思いませんでしたが、これならわざわざ専用の AC アダプタを持ち運ばなくても良いので、あちこちでかなり重宝しそうです。まあ単体でも公称 9 時間以上バッテリがもつことになっているので、一日くらいの外出では充電が必要になることもないでしょうが。

ただキーボードとはバッテリが別になっているので、キーボード側にも充電用の microUSB がついているというのがちょっと面倒と言えば面倒。

TransBook T90 Chi

キーボードは Bluetooth 接続。ノート PC スタイルで使うときにはヒンジに仕込まれた強力なマグネットでタブレットを固定します。

タブレット側よりも薄いキーボードなので、打鍵感は望むべくもありませんが、モバイル PC のストロークの薄いキーボードを長年使ってきた私にとっては許容範囲。キー配列もイレギュラーなところは特になく、F1~F12 キーも独立しているので、あまり不満はありません。右側のキーピッチが寸詰まったキー配置にだけ慣れれば、それなりに快適に打鍵できそうです。
ただキーボード側にはポインティングデバイスがなく、基本的には画面をタッチしてポインタ操作することになるわけですが、画面の下端がヒンジに近すぎてタスクバー上のボタンが押しづらいので、外付けマウスは欲しいところ。

TransBook T90 Chi

同じ 8inch 級タブレットである Xperia Z3 Tablet Compact と並べてみると、T90 Chi のほうが一回り大きく、少しだけ重いです。

Z3TC を買うときに Android にするか Windows タブレットにするかでけっこう悩みましたが、結局どっちも買ってしまったという(笑。
Windows タブレットは使い慣れたデスクトップアプリが使えたり、よりパワフルな作業をするのに向いていますが、ストアアプリが貧弱で、特に電子書籍を読もうと思ったら制約が大きい(多くの電子書籍ストアは Windows PC では専用アプリではなくブラウザベースで使わせることになっているので、オフラインでは読めない)のがネック。逆に Android タブレットは電子書籍に向いているし薄くて軽いのはいいけど、画像をいじったり長文のテキストを書いたりする作業に向いていないという弱点があります。なので今後はこの 2 台をその日の主用途によって使い分けていくことになりそう。

TransBook T90 Chi

T90 Chi は「VAIO type P っぽい」という話があったので試しに並べてみたところ、まさに少しだけ縦長な VAIO type P という雰囲気。私は VAIO C1 以来このサイズ感のモバイル PC を長年使ってきたので、久しぶりに使うサイズ感ながら、妙にしっくりきます。

TransBook T90 Chi

すごく高級感があるわけでも、ディスプレイの表示画質が特にいいわけでもありませんが、重い画像処理をやらせるのでもなければ特に不満を感じる部分もありません。4 万円そこそこでこれ、というのは非常にコストパフォーマンスが高いと言えます。
拡張性が microUSB×1+microSD×1 しかないので使いこなしに少しコツは必要ですが、そこは Dropbox などのクラウドサービスを活用することで大部分がカバーできそう。これは何かと重宝するマシンになりそうです。

ASUS / TransBook T90 Chi

B00TGYMG2G

投稿者 B : 23:59 | PC

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

« Google フォト | メイン | RG ダブルオーライザー »