b's mono-log

« Anker USB 急速充電器(6 ポート) | メイン | Lollipop Xperia の UI カラーを変更する »

2015/08/20 (Thu.)

YAMAHA AVENTAGE

ヤマハ、Atmos対応で新ESS製DAC搭載のAVアンプ「AVENTAGE」3機種 - AV Watch

AVENTAGE
ヤマハの AV アンプ「AVENTAGE」シリーズの 2015 年モデルが発表に。待ってました!

昨年のモデルで既にドルビーアトモスには対応していたものの、HDCP 2.2 に未対応だったのが惜しいところでした。今年のモデルは HDCP 2.2 への対応はもちろんのこと、後日ファームアップで DTS:X と HDR にも対応予定、ということで、今後数年のトレンドとなる規格にフル対応。今回こそ買って損はない、長く使えるモデルになっていると言えます。
ドルビーアトモスの使用時にはストレートデコードとなりヤマハの特長であるシネマ DSP は使用できませんが、そもそもドルビーアトモスが「製作者の意図する音場を正確に再現するための規格」であり、仮想音場を生成するシネマ DSP とは方向性が異なるので、やむを得ないかと。まあ 5.1ch 環境では多チャンネル前提のドルビーアトモスの恩恵はあまり受けられそうもないため、実際にはシネマ DSP のほうが活躍の機会は多そうです。

いつもならば同じくバーチャルサラウンド機能が豊富なソニーの 5x00ES シリーズと比較検討するところですが、日本向けは三年前の TA-DA5800ES を最後にハイエンドモデルが出てこなくなってしまったので、もう AVENTAGE 一択の状況。スペック的には一番下の RX-A1050 でも十分すぎますが、DSP-AZ2(もはや 13 年前のモデル!)からの買い換えなので、同クラスとなると RX-A2050 が妥当かな。
これからしばらく物入りになりそうなので、年末に買えるかどうかはまだ分かりませんが、狙っていこうと思います。

投稿者 B : 21:50 | Audio | Audio & Visual

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« Anker USB 急速充電器(6 ポート) | メイン | Lollipop Xperia の UI カラーを変更する »