b's mono-log

« October 2015 | メイン | December 2015 »
 1 |  2 |  3 |  4 | all

2015/11/30 (Mon.)

perspective #2

perspective

[ Sony α7S | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

こういう遠近感があってシンメトリーな構造物を、正面からズバンと切り撮る写真が好きです。

投稿者 B : 23:45 | Photograph | Vario-Tessar FE 24-70/F4 ZA OSS | α7S | コメント (0) | トラックバック

2015/11/29 (Sun.)

炭火焼肉 本牧亭 再訪

半年ぶりに、長原の焼肉店・本牧亭に行ってきました。

本牧亭

本牧亭

前回行ってとても気に入ったので、何かの機会にまた行きたいとずっと思っていました。「いい肉の日」なら、これ以上相応しい日はないと思い(ぉ
ここは私が今までに行った焼肉店の中でも、トップクラスに属する店です。けっこういい値段するけど、同じくらいの味でもっと高い店はたくさんあるので、肉の質からすると決して高くはない。

本牧亭

店内にはスポーツ選手をはじめとした有名人のサインがビッシリ。最近プロ野球は見ていないので名前を知らない選手のほうが多いんですが、元ジャイアンツの元木選手やレスリングの吉田沙保里選手など、名を知った人のサインもたくさん。色紙の日付を見ると月に数度は有名人が訪れているようなので、遭遇するチャンスは多そうです。

本牧亭

まずは大ジョッキ。1 リットルくらいある大ジョッキで飲みごたえあります。しかも、この大ジョッキがしっかり凍っているので、ビールがうまい!最近ビールを少し控えている身としてはちょっと背徳感あるけど、今日くらいはいいか(ぉ

本牧亭

肉は前回もいただいた「ファミリー盛り」から。薄切り肉・カルビ・ロース・ハラミをセットでいただける、これだけでもけっこう満足感高いやつです。写真の量で、二人前。

本牧亭

最初は薄切り肉から焼いていきます。すぐに火が通ってしまうので、二つ折りにして表面だけ焼く程度でじゅうぶん。お店で一頭買いしている新鮮な牛肉なので、ちょっと赤すぎるかなと思うくらいがおいしい。

本牧亭

で、焼けたらタレをつけた上で、生卵に通してすき焼きっぽくいただきます。やっぱりこれはたまらない。
薄切り肉の枚数に対して卵の量が多いので、ここでライスを頼んで TKG を作成し、焼いたカルビを TKG に乗せて食べてもまたうまい。

本牧亭

そしてカルビ、ロース、ハラミと順に焼いていきます。どれも、サシがよく入った上質な肉なのに、かといって脂っこすぎず、胃に重くない。本当にうまい肉ってこうなんですよね。

野菜焼きも、普通にタマネギとピーマンとニンジン...というわけではなくて、その季節の旬の野菜を持ってきてくれるのがうれしい。今回はギンナンだったりパプリカだったり、あとトマト焼きがあるのも珍しい。

本牧亭

でもそれ以上に驚いたのが、このアルミ容器に入ったやつ。右のアボカドバター焼きは前回もありましたが、左はなんと栗。栗をバターとブランデーに浸けたもので、焼くとバターの甘みとブランデーの深みが栗に染みこんで、まるで濃い味のモンブランをいただいているかのような、絶品のうまさ。ただし重めのスイーツを食べているような感覚でお腹に来るので、むしろデザートに取っておきたい感じです。

本牧亭

そこにキムチ三種盛り。けっこうしっかり辛いキムチだけど、肉三昧の口の中をリセットしてくれる、重要な役どころ。

本牧亭

飲み物は赤ワインに移っていきます。ハイボールとか焼酎もいいけど、ここの肉はワインが飲みたくなる感じ。
ものによって使われるグラスも違ったりして、ちゃんとしてます。

本牧亭

ちょっとこだわりの部位をいただきたくなったので、肩サンカクをわさび醤油で。サンカクといえば、沼袋の平和苑にもあって、あれもうまかったよなあ。わさび醤油でいただくと、あのわさびカルビを思い出します。

本牧亭

そして最近お気に入りのホルモン。ホルモンってけっこう脂っこい部位だけど、ここのは脂分にうまみは凝縮されているものの、他の部位と同様に全然もたれない感じ。上等で上品なホルモン、おいしいです。

本牧亭

ホルモンから、改めて普通の焼肉に戻ってみたり。
この店、けっこう細かく網を替えてくれるので、常に最良の状態で肉がいただけます。さらには何も言わなくてもこまごまと焼きのサポートまでしてくれて、質の良い肉を最高の焼き加減で提供したいという思いが伝わってきます。

俺は今、本当にうまい焼肉を食らっている。うおォン!

本牧亭

最後はユッケジャンクッパで〆。

いやあ、今日もいい肉の日だった。
予約を取りづらいお店だからそうそう来れないけど、ここは間違いなくいい肉の店。次はいつ来ようかなあ。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:焼肉 | 長原駅旗の台駅北千束駅

投稿者 B : 23:29 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2015/11/28 (Sat.)

ILLUMINATION #2

ILLUMINATION

[ Sony α7S | Sony FE 70-200mm F4 G OSS ]

α7S を手に入れたので、この冬は夜景を重点的に撮りに行こうと思っています。

11 月に入って、あちこちの街でライトアップが始まっていますが、まずは東京ミッドタウンのイルミネーションに行ってきました。

ILLUMINATION

[ Sony α7S | Sony FE 70-200mm F4 G OSS ]

都内のイルミネーションは開催している場所が年々増えている気がしますが、これは当然 LED 普及の恩恵でしょう。ただ、光源が小さいのでイルミネーション自体を撮ってもあんまり面白くない。必然的に、光源以外の何かを主題にして、イルミネーションは大きくぼかすか、ライトアップされているものを撮るか、という手法に陥りがちなのが難しい。もう少しバリエーションを増やしたいところです。

ILLUMINATION

[ Sony α7S | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

この手のイルミネーション撮影は別に α7S でなくてもそこそこきれいに撮れてしまうけど、こういう写真↑のほうが高感度ノイズの少なさを実感できますね。

ILLUMINATION

[ Sony α7S | Carl Zeiss Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA ]

イルミネーション的には、私はもうちょっと立体感ある展示のほうが好みなんですが、この大量の光源をバックに撮るなら、これはこれで面白い。でもこれを撮るなら違うレンズを持ってくれば良かったかな、とも思ったり。

ILLUMINATION

[ Sony α7S | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

さて、次はどこに撮りに行こうかな。

投稿者 B : 23:30 | Photograph | Sonnar FE 55/F1.8 ZA | Sony FE 70-200/F4 G OSS | Vario-Tessar FE 24-70/F4 ZA OSS | α7S | コメント (0) | トラックバック

2015/11/27 (Fri.)

渋谷区代々木上原のエマダツィとパクシャパ

「間違いなく、トウガラシが国王。全ての食材がトウガラシのために働いている」

ガテモタブン

ドラマ『孤独のグルメ Season5』聖地巡礼も順調に回ってきていますが、今回は先週放送されたばかりの代々木上原、ブータン料理の聖地に来てみました。
代々木上原自体にも久しぶりに来たんですが、劇中にもあったとおりここは坂と路地の街。比較的大きな駅のはずなのに、ロータリーとか広場的なものはなく、駅を出たところからいきなり上り坂が始まります。この坂がまた、実に走りたくなる坂である(ぉ

南口の坂を登り切ったあたりにちょこんと存在するのが、都内には一軒しかないというブータン料理の店「ガテモタブン」。

ガテモタブン

ガテモタブン

ブータン料理...俺の胃袋の辞書にはない国だ。

ブータン料理は世界一トウガラシを使う料理とのこと。激辛回としてはこれまでにも池袋の楊京成小岩の珍々神宮前のシャンウェイなどが登場しましたが、映像を見た限りでは今回が歴代最辛と言って良さそう。辛い物好きを自認する俺だけど、今回ばかりは食べきれるんだろうか。

一期一会、ブータンが俺を呼んでいる。

ガテモタブン

ゴローちゃんが翻弄されたメニューの実物はこんな感じ。

「ホゲ」「ギュン チャン パ」「ツェム」...雲をつかむような料理名だ。
ブータン料理、イメージが全く湧かない。写真がついてなければオーダーすることさえできなかったに違いない。

ガテモタブン

黒板メニューにも、気になるものがいろいろ。「ポークスペアリブ山椒風味」とかスッゴク食べてみたいけど、この日はあいにく売り切れでした(´д`)。

そして「エマオムレツ」ってこの店にしちゃあ優しそうな料理だな...と思ったら、これにも唐辛子入り!
ゾンカ語(ブータンの公用語)では「エマ」はトウガラシの意味らしい。

ワインも気になるけど、唐辛子まみれの舌でワインの味の違いなんて分かるんだろうか...。

ガテモタブン

メニューを読んてただけで喉が渇いてきた。
とりあえず、ビールで潤そう。

今日はこの後、きっとこのビールが湧水のように感じられるんだろうなあ(笑

ガテモタブン

まずはモモから。ブータン流餃子。
見るからにモチモチしておいしそうだけど、この複雑な包み方、どうやって作ってるんだろう?

添えられている赤い薬味は「エヅェ」で、モモ自体は辛くないけど、このエヅェが辛い、という。

ガテモタブン

あと「チーズモモ+チーズエヅェ」がおいしそうだったので、それも。
こっちは餃子というよりは、小籠包みたいな感じだ。

まずは、お手並み拝見。

ガテモタブン

おぉ...こうきたか。
皮、もっちり。

おっ、トウガラシがジャブを出してきた。
でもうまい。噛むほどに肉汁が。こういう餃子的おいしさがあったか。

メニューを見て、チーズ入りのほうがマイルドに違いないと思ったら、チーズ入りのほうが鋭い辛さ!逆に、ノーマルモモのほうが予想の範囲内の辛うまさ。これは完全に逆を突かれたな。

ガテモタブン

ホゲ、なんとも情けない名前からは想像できない鮮やかさ。
「ホゲ」って、1990 年代にプログラミングやってた人ならば絶対テストコードに「hogehoge」って入れた経験があるに違いない(笑

サラダ的な位置づけにもかかわらず、山椒がしっかり入っていて、味覚がおかしくなっちゃう感じだ。
ホゲ~ッ!これ、全然箸休めじゃないぞ。

でも、妙にくせになるうまさだ。
いいぞお、ホゲ。
なんだか楽しいぞ、ブータン。

ガテモタブン

エマダツィ、ブータンの真打ち登場。
赤と緑、まんまトウガラシ。それがびっしり。見た目だけで判断するなら、罰ゲーム的な何かにしか見えない(笑

ガテモタブン

合わせるのは赤米と白米の二色ライス。
ブータンでは、少量の味の濃いおかずで米をたっぷり食べるのが流儀らしい。
メシに合うトウガラシってことは、そんなに辛くないのか...?

よし、心の準備はできた。

ガテモタブン

ライスにエマダツィをかけるようにして、いただきます。

この白いスープみたいなの、実は溶けたチーズなのか。このチーズ、濃くてすごくおいしい。
全然、辛くない。もしかして...辛いのは見た目だけ?

ん...ん、なんだ?
おっ、おっ、来たぞ?本気がやってきたぞ...!!

日本では薬味のトウガラシが、まさかの主役。
これは辛い。今まで味わったことのない辛さ、いや辛(つら)さだ。
迂闊にたくさん食べたら、それこそ失神してしまいそうだ。

これを食べた後だと、山椒が強烈だと思っていたホゲが、まさかの爽やかさ。これは箸休めになるぞ。
ホゲ~、おまえがいて、助かった。

ガテモタブン

続いて久住's セレクションから、ジャシャパ。
鶏肉とキャベツに、当然のようにトウガラシが入った炒め煮。

これも確かに辛いけど、エマダツィに比べたら全然普通。
鶏肉とキャベツの炒め物なら日本でも一般的だから、ようやく自分の得意な戦場に持ち込めたような感覚で、ちょっと安心(笑
あっという間におかわりしてしまったご飯がさらに進みます。

ガテモタブン

自家製のレモンチェッロ。ブータン関係ないけど(笑

自家製というだけあって、レモンの酸っぱさ全開。
でも、この辛さの中では、口の中をリセットするのにちょうどいい存在だ。

ガテモタブン

干し肉のパクシャパ。そのど真ん中に、真っ赤なトウガラシが鎮座。うわあ、いるいる。

干し肉、一見角煮的な柔らかさを想像するけど、食べてみると噛み応えあり。
そして、干し肉のうまみがしっかりしみた大根がうまい。これ、ブータンのブリ大根的な何かか。

あ~、これは...大根の甘みとトウガラシの辛さが、口の中で丁々発止の戦いをしている。
ん~、なんだか、だんだんカラダがトウガラシに慣れてきたような...。

ここで改めてエマダツィを食べてみると、実際さっきのめまいがするような辛さを感じない。むしろトウガラシのうまみを感じるとは...。
まるでロンダルキアについた瞬間にはモンスターに一撃で瀕死のダメージを受けていたのが、はぐれメタルを倒しまくっているうちにレベルが上がったかのようだ(何

ガテモタブン

タイのウィスキー「メコン」のソーダ割り。

スコッチやバーボンとは全然違うと思ったら、サトウキビと米を原料に、タイのスパイスで香りをつけたものなのか。
これ、合う。ブータン料理にものすごく合う。

ガテモタブン

「シャダフィン」。見てのとおり、鶏肉と春雨のスープ。そして言うまでもなく、トウガラシ。

中華料理の春雨スープの亜流みたいな感じで、なじみのある味。
とはいえ自分の辛さ耐性が高まった状態で食べているので、実際どれくらい辛いかは不明(笑

ガテモタブン

「ケワダツィ」。「エマ」ダツィはトウガラシのチーズ煮込みだったけど、「ケワ」ダツィはジャガイモのチーズ煮込み。

エマダツィのチーズがすごくおいしかったので、これの辛さマイルド版があったらいいと思ったけど、それがまさにこれ。
チーズの濃い味がむちゃくちゃうまい。これ、何のチーズを使ってるんだろう?
トウガラシも控えめだし、最初はこれから始めれば良かったかも。

ガテモタブン

〆は「チョーメン」。ブータン風焼きそば。
これ自体は辛くなくて、パクチー等でオリエンタルな香味をつけた普通のソース焼きそばという感じ。

ガテモタブン

でも、一緒に出てくる特製ケチャップをかけると、一瞬にしてトウガラシ味(笑
辛い、けど、止まらない!まるでブータンの魔法にかかったようだ。

ブータン料理、日本の味付けとは違う意味で、これ以上ご飯が進む料理を知らない。
今、俺の中で、トウガラシ・パラダイムシフトが起こっている。

ガテモタブン

胃袋からブラボーの拍手鳴り止まず。
ああ、辛うまかったぁ~っ。

ブータンのトウガラシ愛、食の世界をくまなく照らしている。
ああ、でも、こういう満足感、生まれて初めてだ。

ごちそうさまでした。

ドラマを観た直後は、ゴローちゃんが素の松重豊さんとして本気で辛がっているように見えたので(笑)、これはネタ回的な位置づけで、一回行けば十分かな...と思っていましたが、最後には想像以上にうまかった。ここは、再訪ありだな。
次回来ることがあったら、今度はもう少しスロースターターになるように、順番考えて頼もう(笑

孤独のグルメ Season5 Blu-ray BOX

B017D5ESCK

関連ランキング:南アジア料理(その他) | 代々木上原駅代々木八幡駅代々木公園駅

投稿者 B : 23:58 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

2015/11/26 (Thu.)

機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 哀しみのアルテイシア [Blu-ray]

機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 哀しみのアルテイシア [Blu-ray]

B010EWG8HC

プレミア上映会から一月あまり、『ガンダム THE ORIGIN II』の Blu-ray が発売されました。まあネット配信はとっくに始まっているので新規性も薄れつつありますが、このシリーズはしっかりディスクで手に入れておきたいところ。

本作のキモは、なんといっても「サイド 3 から地球に逃げ延びたキャスバルが、改めてザビ家に復讐を誓うまで」の物語。若い声作りに無理してる感はあるけれど(笑)、やっぱりこの役はその後のシャアを演じた池田秀一氏だからこそ演れる芝居なんだなあ、というのを繰り返し観るほどに実感しますね。
個人的な見所は、前作に続いてランバ・ラルとハモン。前作ではランバは若き熱血漢として物語を動かす役どころを演じ、ハモンは主役すら食う勢いの活躍を見せましたが、今回は二人とも歳を取り、「大人」としての渋い振る舞いが印象に残ります。今回のランバはドズル・ザビと対峙するシーンでの、短いやりとりの中での男同士の意思疎通や、モビルスーツの原型となるモビルワーカーを初めて見たときに思わず武人としての本能が刺激される様子など、セリフ外の演技がすごくイイ。ハモンも、男勝りだった前作とは打って変わって、ランバに注ぐ母性的な仕草だったり、「泣き」のシーンだったり、そういう人間性の深さが感じられるシーンがとても良い。安彦ガンダムは全体的にキャラクターの人間らしさが前面に出ていますが、この二人はアニメーションと声の芝居によってさらに魅力を増していると思います。

来たるべき『III』は約半年後、来春の公開。サブタイトルは『暁の蜂起』であることが公表されています。内容的にはコミック 10 巻の終盤から 11 巻にかけて、「シャア・アズナブル」となったキャスバルがジオンの士官学校に入学し、それを契機とするように連邦とジオンの対立関係が決定的なものになっていくまでが描かれるはず。もちろん、シャアの士官学校の同期にあたる「あの人」も登場します。ここまでの物語はドラマ中心でしたが、いよいよ戦闘シーンの割合も高まっていくはずですし、さらに期待が高まりますね。

投稿者 B : 23:00 | GUNDAM | Movie | コメント (0) | トラックバック

2015/11/25 (Wed.)

五反田の老舗洋食店 グリルエフ

以前から気になっていた、五反田の老舗レストランに行ってきました。

グリルエフ

グリルエフ

JR 五反田駅ロータリーの真向かい、歓楽街の入口の脇のところにあるお店。このあたりは確実に昭和からあるだろう店と、最近オープンしたと思われる真新しくてお洒落なお店が共存する、不思議なエリア。
「グリルエフ」もいつの時代から営業しているのか分からないくらいに年季が入った建物で、外観には蔦が這っています。今まではちょっと入る勇気が出ませんでしたが、今回は意を決して突入。

グリルエフ

店内は、想像通りの「年季の入った洋食屋さん」。あちこち古びてはいますが、50 年前は高級レストランだったんだろうなということを思わせる風格が漂っています。
私が通されたのはカウンター。ガラス越しに、厨房の様子が見渡せて、これはこれで逆に嬉しい席かも。

グリルエフ

メニューもまた、昭和がそのまま甦ってきたかのような、達筆な手書きのコピー。どのメニューもいいお値段しますね。
そして「牡蠣はじめました」って冷やし中華かよ!(笑

グリルエフ

頼んだのはハヤシライス。実はこれ、メニューに載っていないんです。裏メニューだけど、この店の他のどの料理よりも有名という(笑。
ランチタイムには、お客さんの半分以上がハヤシライスを頼んでいるようでした。しかも、こんなに入りづらそうな店構えにも関わらず、ほぼ満席。昔から多くの人に愛されてきたお店なんでしょう。

グリルエフ

一般的にハヤシライスというと、トロッとしたデミグラスソースの中に牛肉とタマネギ...を想像すると思いますが、ここのハヤシライスはほとんどソースがなく、大半がタマネギ。だけど、このデミグラスソース自体も創業当時から継ぎ足して使われ続けている、秘伝の味なんだとか。

グリルエフ

平皿に、けっこう大盛りに盛られたライスにかけて食べると、今まで食べたことのあるどんなハヤシライスとも違う味。真っ黒なデミグラスソースは、年期を感じる少しのほろ苦さがありながらも、どこか優しい味。で、タマネギはくたくたに炒められた...のかと思ったら、予想に反してシャキシャキした食感がしっかり残され、食べ応えがあります。そこに郷愁を誘うグリンピース。
ああ、これはおいしい。初めて食べたのに、子どもの頃に食べたような記憶があるというか...なんというか、胸がいっぱいになる味だ。

こういうの、たまーに思い出したように食べたくなるんだよなあ。またいずれ来よう。

関連ランキング:洋食 | 五反田駅大崎広小路駅高輪台駅

投稿者 B : 23:15 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2015/11/24 (Tue.)

Windows 10 TH2

Windows 10「November Update」、フォントレンダリングや日本語IMEの改良などを実施 - クラウド Watch
【特別企画】Windows 10初のアップグレード版「Threshold 2」、その変更点を見る - クラウド Watch

Windows 10 TH2

開発コード「TH2(Threshold 2)」と呼ばれていた Windows 10 の大規模アップデート、正式名称「November Update」(11 月度アップデート、ってそのまんまじゃないか)が先日リリースされたので、私もさっそく適用してみました。まあ Windows 10 における Windows Update は原則として強制適用なので、Win10 ユーザーであれば使わざるを得ない、というのが正しいところですが。すぐにアップデートは適用していたものの平日は忙しかったので、この連休の間に少しいじってみました。

■GUI の改良
スタートメニューや右クリックメニュー等の表示が改善されました。ここは地味ながら確実に使いやすくなったところ。
あと、システムフォントである「Yu Gothic UI(游ゴシック UI)」のレンダリングが修正され、小さなフォントサイズでの表示時にも崩れにくくなりました。これまでは表示がガタガタしたり文字のベースラインがずれて見えたりして、これなら従来の Meiryo UI(メイリオ UI)のほうがまだマシだったと思える部分もあったので、これは嬉しい。ただ、iOS や Android 等のモバイル用 OS で美しいフォント表示に見慣れてしまうと、TH2 での改善も「これでようやくまとも」というレベル。MS は昔から日本語フォント(というより 2 バイト文字?)の扱いがおざなりだったので、もう少し力を入れてほしいところです。

■IME の改良
私は ATOK ユーザーなので、触ってみてもいません(ぉ

■Edge ブラウザの改良
Internet Explorer に代わる MS の新標準ブラウザですが、初期バージョンは動きは遅いし IE から機能的にデグレしているし挙動は怪しいし、でちょっと触っただけで使うのをやめてしまっていました。改めて触ってみると以前よりはマシになっているようですが、アドオンが使えないなど機能面で今一歩。ただ後述する Cortana のデフォルト動作に設定されてしまっているので、ぼちぼち慣れていこうと思います。

■メモリの利用効率向上
メモリの圧縮ストア機能に対応したことで、メモリの利用効率が向上=体感パフォーマンスが向上したとのこと。メモリ 8GB の VAIO Duo 13 では違いが分かりませんが、もう少し低スペックなマシンなら判るかな。別途 TransBook T90 Chi で試してみようと思います。

■Cortana
Windows 10 から登場した音声操作アシスタント「Cortana」。日本語環境向けには提供されていませんでしたが、TH2 に合わせて日本語対応しました。

Windows 10 TH2

これの起動は、Cortana アプリを手動で起動するか、PC に向かって「コルタナさん」と呼びかけること。Android の「OK, Google」よりはハードルが低いですが、PC に向かって「さん」付けはちょっと恥ずかしいので、何かしらカスタマイズさせてほしいところ。Windows Phone に向かって「ジュイス」とか呼びかけられたら最高なんだけど(ぉ

Windows 10 TH2

Cortana の音声入力はそのままでも使えますが、自分の声を使ってキャリブレーションすると精度が上がる、とのこと。でもキャリブレーションしてもイマイチで、iOS や Android のそれに比べるとまだまだ発展途上という印象です。でもこのあたりはデータベースの登録数がものを言う世界なので、おそらく急速に改善していくことでしょう。

Windows 10 TH2

PC に向かって「コルタナさん」と呼びかけて、知りたいことややりたいことを話しかけます。すると、話したそばから順に言語認識していくのがなかなか面白い。

Windows 10 TH2

↑別に「コルタナさんあのね」とかフレンドリーに話しかけたつもりはないんですが(´д`)、なんとかやりたいことは伝わって、Photoshop が自動起動。まあ PC ならば普通にマウス操作をしたほうが早いわけで、このへんは Windows 10 Phone が出てからが本番、といったところでしょうか。

ちなみにアプリ起動については、名称が似たアプリが複数インストールされている場合は音声認識後に選択肢が表示されるようになっています。

Windows 10 TH2

アプリ起動や Web 検索以外にも、例えば天気について訊いたらちゃんと答えてくれるなど、このへんも iOS や Android と同様ですね。「おみくじ」と言うと今日の運勢を表示してくれるのはネタ機能でしょう(笑。Siri と違って自然言語で訊いたことに対して気の利いた答えを返してくれるようなことは特にありませんし、規定の動作以外はすぐに Edge ブラウザでの Web 検索をキックする、というのもまだちょっとイケてない感じ。ここは今後の進化に期待ですかね。

Windows 10 自体もだいぶ使い慣れてきたことだし、年末の休みを利用して自作機も Win10 化しようかな、と考えています。

Microsoft / Windows 10 Home

B0161YPC42

投稿者 B : 22:10 | PC | Software | コメント (0) | トラックバック

2015/11/23 (Mon.)

Autumn into Winter

Autumn into Winter

[ Sony RX100 III ]

七百年も前から「秋は夕暮れ」というだけあって、この季節はドラマチックな夕焼けが見られることが多いですね。
それほど遅くない時間に夕暮れが訪れるので、休日であればカメラを持って出歩いている時間のうちに夕焼けに出合えることも少なくありません。

Autumn into Winter

[ Sony RX100 III ]

でも、世の中は早くもクリスマスの飾り付けが始まって、冬の装い。今年なんかはまだ気温が高い日が多いので、それほど冬が近づいている感がありませんが、あと一週間で 12 月。年末も慌ただしくなりそうです。

投稿者 B : 20:00 | Photograph | Sony RX | コメント (0) | トラックバック

2015/11/22 (Sun.)

選択性除草剤

我が家の庭ですが、芝生の手入れ自体は芝刈機でなんとかやっているものの、それはそれとして何とかしたいと思っているのが、雑草。

芝生

道路に面している部分にはいろいろ種子や胞子が飛来しやすいのか、けっこういろんな種類の雑草が生えがちで、抜いてもなかなかきりがありません。

上の写真のような葉っぱ(たぶんアレチノギクだと思う)なんかは抜きやすいからまだいいほうで、

芝生

名前は分からないけどこういうの↑とか、

芝生

極小のクローバーっぽいの↑とか、そういう小さくて無数に生えてくる雑草のほうが厄介。あとタンポポのように根が深いやつ。
たまの芝刈りのタイミングで抜いてはいますが、芝よりも雑草のほうが伸びるスピードも速いし、文字通り「根絶やし」にしないと単なるいたちごっこ(まあ、根絶やしにしても外部からいろいろ飛んでくるわけですが)。そうそう庭の手入ればかりもしていられないし、除草剤を試してみることにしました。

近所にガーデニング専門のフロアを持っているホームセンターがあるので、そこで聞いてみました。

私「芝生用の除草剤を探しに来たんですけど」
店員さん「手で抜かないんですか?それが一番効果ありますよ」
私「(わかっとるわ!と言いたいのを抑えつつ)抜いてるんですけど、きりがないので...」
店員さん「じゃあそこに三種類あるやつ、ラベルにいろいろ書いてあるんで」

という雑な感じの接客をされたので(´д`)、自分で適当に選んできました...。

住友化学園芸 / シバニードグリーン粒剤

シバニードグリーン粒剤

除草剤と一口に言っても種類はさまざま。まず何でも枯らす「非選択性除草剤」と特定の植物にのみ効果のある「選択性除草剤」に分けられます。で、薬剤のタイプが主に葉っぱに直接散布することで速効性のある液剤と、長期にわたって土壌に効く粒剤の二種。今回は、液剤だと散布に噴霧器等いろいろ準備が必要そうだったので、まずはお手軽に粒剤にしてみました。

シバニードグリーン粒剤

こんな感じの粒剤を撒いていきます。

まずはどんな状態の草にどの程度効果があるかを見るため、特に手での除草はせずにそのまま撒いて散布後一週間様子を見てみましたが、いくつかの雑草は枯れ始めていたものの、やはりある程度伸びた草には効果がないようです。どちらかというと伸び始め、あるいは生えてくる前の雑草に効果があるということのよう。また、時期的は今よりも早春のほうが効果があるのかもしれません。
いったん目立つ雑草を手で抜き、改めて庭全体にこの除草剤を撒いてみました。これで冬が明けるまでは様子を見つつ、状況に応じて春先にまた考えようと思います。

投稿者 B : 21:00 | MONO | コメント (0) | トラックバック

2015/11/21 (Sat.)

Inter BEE 2015

幕張で開催されていた Inter BEE 2015 に行ってきました。

Inter BEE 2015 | Inter BEE Online

Inter BEE 2015

CEATEC や CP+ 等のコンシューマー向けイベントにはよく行っていたけど、Inter BEE は今回が初めて。自分の守備範囲外の展示のほうが多く、どう見て回ったらいいかもよく分からなかったので、とりあえず私の興味に近いところを中心に見てきました。

Inter BEE 2015

今年の展示の中心は「8K」「ドローン」「HDR」の三本だった印象。

8K の展示は想像していた以上に多く、2020 年の東京オリンピックに向けた競争がもう始まっていると感じました。参考出品レベルのものも多かったものの、展示のボリュームという意味では 4K:8K=7:3 くらいの比率だったような。放送業界では、もはや 4K は(少なくとも撮影機器に関しては)当たり前になり、8K をどう導入していくか、というフェーズに入りつつあると言えそうです。

Inter BEE 2015

ドローン。これは Inter BEE に限らず CEATEC や CP+ など、ここ 1~2 年のハイテク系の展示会には節操なく登場している印象があります。それでも航空撮影はドローンの主用途の一つだけに、大小のドローン開発企業だけでなく、撮影機器メーカーのブースでも何かしらドローンに絡めた展示があったのが、Inter BEE らしいところ。

Inter BEE 2015

あとは HDR。去年まではあまり話題になっていなかったのに、ここにきていきなり脚光を浴びてきた感があります。やはり技術の標準化が進み UHD Blu-ray などの業界規格に採用されたことで弾みがついたということでしょうか。
マスターモニタやテレビなどの機器メーカーのブースでは必ずと言って良いほど SDR/HDR の比較デモが行われていました。HDR の映像を見ると、SDR のほうは白飛びが多く、かつコントラストの低い「眠い」画に見えてしまいます。比較用に SDR の映像をあえて破綻させているんじゃないかと疑いたくなるレベル(まあ、実際は多少なりともそういう分かりやすいサンプル映像を作っている側面はあるんでしょうが)。

HDR というからにはダイナミックレンジが広がり、従来よりもどぎつい印象の画になるのかと思ったら、むしろその逆。逆光や明暗差の激しい映像で白飛びが抑えられ、暗部も潰れずに再現されているのはもちろんなのですが、ダイナミックレンジが広がったことで階調表現が豊かになり、より肉眼に近い見栄えになって感じられました。個人的には、金属やガラスのような光を反射したり透過したりする物体の質感の表現が HDR の真骨頂なんだろうなあ、と思います。

撮影機器メーカーのブースでは、HDR に対応するための映像製作ワークフローに関する展示も多くありました。といっても HDR 用に撮影するというよりは、RAW 動画で撮影しておいて BT.2020 に対応した LUT を適用して現像するというもので、HDR とカラーグレーディングの関係性を理解していないと逆に混乱しそう。来場者の中には写真の HDR(動画でいう HDR とはむしろ逆の概念と言って良い)と混同している人も少なくないようで、言葉の認知に対して内容の認知が追いついていないと感じました。ただ HDR のメリットは 2K→4K に解像度が上がる以上に誰にでも判る進化なので、今後テレビを買うなら HDR 対応は判断基準にすべきだと思います。

Inter BEE 2015

個人的に興味があったものがいろいろ展示されていたキヤノンブース。少し前に発表された 2.5 億画素 CMOS センサを搭載したカメラも参考展示されていました。

Inter BEE 2015

この 2.5 億画素カメラのデモ映像は、幕張から東京湾を挟んで 20km 先のゲートブリッジを撮影したもの。

Inter BEE 2015

800mm の超望遠レンズを使うと、千葉からでもゲートブリッジがここまで大きく写ります...というのは別に画素数に関係のない話ですが、2.5 億画素センサならばここからさらにトリミングをし、それにノイズ除去やコントラストエンハンスなどのフィルタをかけると、

Inter BEE 2015

ゲートブリッジを走っているトラックの荷台に「HELLO」と書かれているのが判読できてしまう!という。
まあ、ここまで超望遠になってくるとレンズやセンサの性能よりも空気中の塵や大気のゆらぎによる影響の方が大きいでしょうから、このセンサで「作品としての写真」が変わることはあまりないでしょうが、映像情報の使い方を広げてくれる可能性は感じますね。

Inter BEE 2015

それから ISO400 万(!)の超高感度カメラ。α7S シリーズをはるかに凌ぐ高感度性能で、暗所動画のデモ映像は確かに α7S よりもすごいものがありました。こちらは参考出品ではなく来月には発売予定ということで、一度触ってみたい。まあ α7S II 七個分の値段なので、触ったからといって買えませんが(汗。

Inter BEE 2015

超高感度カメラといえば、先日初代 α7S を手に入れてから気になり始めたのが ATOMOS。初代 α7S では単体での 4K 動画撮影ができず、外部レコーダが必須になります。そこで公式にサポートされているのが ATOMOS。ハイエンドの SHOGUN は値段的に手が出ないんですが、その下の NINJA ASSASIN(この中二的ネーミングセンス、どうかと思う)ならもうちょっと安いものの、それでも α7S 本体とそう変わらない価格帯。せめて 10 万を切ってほしいところですけどね...。
まあ、それ以前に我が家には 4K を表示できる環境がないので、まずはテレビなりモニタなりを買わないといけないんですが(´д`)。

投稿者 B : 22:09 | Camera | コメント (0) | トラックバック

 1 |  2 |  3 |  4 | all
« October 2015 | メイン | December 2015 »