b's mono-log

« 北京羊肉料理 横浜・京味居 | メイン | さる年くる年 »

2015/12/30 (Wed.)

リモートコントロール BB-8

覚醒した勢いで、こんなものも買っちゃいました。

スター・ウォーズ フォースの覚醒 リモートコントロール BB-8

リモートコントロール BB-8

アメリカの玩具メーカー Hasbro が発売し、日本ではタカラトミーが取り扱っている BB-8 のラジコンです。子犬のようにコロコロ走り回る BB-8 にすっかりやられてしまって、フィギュアか何かを買おうかとも思ったんですが、どうせなら動くのがいい!と思って衝動買い。ちなみにラジコン系では Sphero ベースのスマホで操作できる BB-8 も発売されていますが、ちょっと高いし、この Hasbro のラジコンのほうがサイズも大きいから雰囲気出るかな?と思い。

サイズは下半身(球体)がハンドボールより一回り小さい程度、かな?劇中の BB-8 が柴犬だとしたら、このリモコン BB-8 は豆柴くらいの大きさです。

リモートコントロール BB-8

ヘッドパーツはハリボテで、たぶん中には磁石が入っているだけ。頭なんて飾りです。
質感はプラスチックで完全にオモチャだけど、造形やモールド、塗装がけっこうしっかりしているのでパッと見のリアリティはあります。

リモートコントロール BB-8

全体にわたってちゃんとウェザリング塗装が施されているのがイイ。これたぶん普通の塗装だけだったらこんなに雰囲気出てないと思います。

このラジコンのキモはこの球体の中にあって、

リモートコントロール BB-8

球体をカパッと最中割りすると、中からジャイロ機構を兼ねた動力ユニットが姿を現します。逆に言えば、これ以外のパーツはただのガワ。
上にある扇状のパーツに磁石が仕込まれていて、ヘッドパーツを保持しています。

リモートコントロール BB-8

このゴム製のタイヤが内側から球体を転がすことで、前進・後退・回転運動を発生させている、というわけ。
仕組みが判ってしまえばなんてことないオモチャですが、それでも CG でなければ表現できないと思えた BB-8 がリアルに目の前で動く、というのは感動します。

リモートコントロール BB-8

コントローラはごく簡単なジョイパッド的なもの。左のボタンで前後、右のボタンで左右回転を行います。組み合わせることで右折左折させたりだこうさせたりすることが可能。

どんな感じで動くのか、ちょっと動画で撮ってみました。(白熱灯下で撮ったので、ちょっとホワイトバランスがおかしくなっちゃいました)

あんまりスピードは出ないしモーター音も気になるけど、BB-8 のユーモラスな動きがイイ感じに再現されていると思います。前傾姿勢で速く走るシーンも再現できればなお良かったけど、さすがにこの価格帯のオモチャでそれは無理か(笑

ちなみに、最初はちょっと動かしただけですぐにヘッドパーツが落ちてしまいましたが、子どもでもちょっと練習すればすぐに慣れます。走行状態から停止した直後は起き上がりこぼしのように大きく揺れるので、あまり動かして止めてを繰り返さずに、一度走り出したらしばらく動かし続けることと、停止後は揺れが収まるまで待つ(か手で揺れを押さえる)のがコツ。

ウチの子どもたちも大喜びで遊んでいます。これは買って良かった。

スター・ウォーズ フォースの覚醒 リモートコントロール BB-8

B017D0A2FC

投稿者 B : 23:08 | Hobby | STAR WARS

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« 北京羊肉料理 横浜・京味居 | メイン | さる年くる年 »