b's mono-log

« 駆込み女と駆出し男 | メイン | CASIO WSD-F10 »

2016/01/05 (Tue.)

Xperia Z5/Z5 Compact

前回の機種変更から二年経ったので、年末にメインスマホを買い換えました。

ソニーモバイルコミュニケーションズ / Xperia Z5 SO-01H (Gold)
ソニーモバイルコミュニケーションズ / Xperia Z5 Compact SO-02H (White)

Xperia Z5/Z5 Compact

私の Xperia Z1 f を Z5 Compact へ、奥さんの Z1 を Z5 に機種変更。何の面白みもない乗り換えですが、それぞれのサイズ感に馴染んでしまったので、そのままスライドしました。最近では SIM フリー機でもモバイル Suica 対応が始まっていて、そろそろ MNO のお世話にならなくても良くなりつつありますが、まだまだ機種の選択肢が少ないので、SIM フリー機+MVNO への本格移行は次回まで待ちかな。

機種レビューはあちこちのメディアで出尽くした感があるので、あくまで個人的に気に入った/気になった点をメモしておきます。

Xperia Z5

フロストガラスになった背面。従来機種だと背面が指紋でベタベタになりやすかったのが、サラッとした手触りで指紋もつきにくくなったのは良いですが、滑りやすくなって落下の不安が増してしまいました。ストラップ等の落下防止策は必須と言えます。

Xperia Z5 Compact

Z4 までと比べて大きく変更された電源ボタン。従来のはカッコいいけど小さくて押しにくいのが欠点でした。Z5 ではボタンが大型化されただけでなく、指紋センサーまで内蔵。iPhone が Touch ID で一足先に実現していた機能ではありますが、電源ボタンを押すだけで指紋を読み取って自動でロック解除という仕組みはとても快適。私は今まで個人スマホではパスコードや PIN によるセキュリティをかけていませんでしたが、今回は「スライドしてロック解除」の一手間を減らすために指紋ロックを設定したくらいです。欲を言えばセンサーの読み取り性能がもう少し上がってくれれば良いんですが。

また、ボリュームキーが従来の電源ボタン直下からもっと下のシャッターボタン隣に引っ越したのは微妙にマイナスポイント。電源横の方が持ったときに自然に指が届いたので、これは残念です。まあ普段はミュートにしていることがほとんどですが。

Xperia Z5/Z5 Compact

穴の中の経路が長い、出口のエッジがややシャープ、など Z1/Z2 世代でストラップが切れやすい問題の原因の一つになっていたストラップホールは一般的な形状に変わっていました(Z3 世代では既にこの形状に変更されていたようです)。これならつけられるストラップに悩むことも減りそうです。まあそれでも私は Deff のストラップはしばらく買わないと思いますが...。

Xperia Z5 Compact

充電がキャップレス microUSB になったこともあって、本体上の開閉蓋は一つのみになりました(Z1 f では三つあった)。防水蓋の中には SIM カードスロットと microSD カードスロットが隠されています。こないだ買った microSDXC は Z5 Compact で使うことにします。

Xperia Z5

Z5 のほうも防水蓋は一つのみですが、Compact と違ってこちらは一つのトレイに SIM カードと microSD をセットして本体に挿入します。このため、microSD の抜き挿しに本体の再起動が必須(SIM カードのを抜き挿しすると再起動が必要なため)になってしまうのが不便な点。まあ Z5 は奥さん用なので、microSD を抜き挿しすることは滅多にありませんが、人によっては困りそう。

Xperia Z5 Compact

Z1 f と Z5 Compact を比較すると、本体サイズは同じながら画面が一回り大きくなり、かつ液晶の発色も明らかに良くなっています。青白かったバックライトが純白に近くなり、色が濃くなって、写真やイラストを表示したときの印象が明らかに変わっています。液晶表示面とガラス面とのギャップも小さくなって、タッチ操作のダイレクト感も向上。Z1 から Z5 に至るまで、基本的にはマイナーチェンジやブラッシュアップの積み重ねばかりで面白みに欠けるモデルチェンジが続いていましたが、4 世代積み重なると大きな進歩に感じるものですね。

Xperia Z5 Compact

Z5 世代では側面のデザインが大きく変更されて、一見かなり厚ぼったくなったイメージがありましたが、実際に比べてみるとむしろ Z1 f よりも薄くなっています。でも Z1 f は側面のエッジが緩やかにカーブしているので、持った印象では Z1 f のほうが薄く感じ、ポケットに入れると Z5 Compact のほうが薄く感じる、という妙な感触があります。

Xperia Z5/Z5 Compact

特に大きな不満もなく二年間使ってきた Z1 f でしたが、こうやって新機種に触れてみると SoC のパワー不足や液晶の色再現性の悪さなど、小さなストレスが地味に積み重なっていたことを実感しました。あまりワクワクする買い物ではなかったものの、新機種は快適そのもので、機種変更した甲斐がありました。プラットフォームやネットワークに大きなパラダイムシフトが起こらない限り(そして起こらないと思う)、今回も二年使う予定です。

投稿者 B : 22:55 | Mobile | Smartphone & Tablet

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

« 駆込み女と駆出し男 | メイン | CASIO WSD-F10 »