b's mono-log

« 春待つ梅 | メイン | SIGMA sd Quattro / MC-11 »

2016/02/22 (Mon.)

Xperia X

ソニー、Xperia Xシリーズ3機種を発表 - ケータイ Watch

バルセロナにて開幕した MWC 2016 にて各社から新製品が発表されていますが、SOMC は Xperia の新シリーズとして「Xperia X」を発表しました。

Xperia Z シリーズを置き換えるフラッグシップラインですが、従来ならばインチサイズ違いで 2~3 ラインアップがあったのが、今回はいずれも 5inch。同じサイズの中で、性能でクラスを分ける、という今までにないラインアップ展開をしてきました。

新シリーズとはいっても基本的な特長は Xperia Z5 の延長線上にあり、デザインも素材がガラスからメタルに変更になったものの、方向性は同じ。実質的な Xperia Z6 と言って良い内容です。
主な進化点も SoC が(ミドルレンジの Xperia X で)Snapdragon 650 を搭載した以外は、Android 6.0 対応・カメラアプリのハイパフォーマンス化・バッテリ充電回りのインテリジェンス化、といった程度。Xperia Z シリーズはここ二年ほど堅実な進化をさせてきていますが、今回もそれを踏襲する内容と言えます。
ハイエンドの Xperia X Performance は SoC を Snapdragon 820 化し、それに合わせてバッテリ容量を増やした(その分厚みも増した)もの。Xperia XA に関しては SoC からして MediaTek を採用し、全体的なスペックを一段下げたミドルローモデルで、Xperia X の世界観に含まれていながらも実際は Xperia M シリーズの後継と言えそうです。

現時点で国内投入が決定しているのはハイエンドの X Performance のみ。スペック的には事実上の Z5 の後継が X Performance にあたるので、違和感はありません。docomo ではこれに加えて Z5 Compact のマイチェンモデルとして A5 とか出してきそうですね。キャリアモデルで同時期に同サイズの性能違いが出てくるというのは、月々サポート等で端末販売価格が見えにくい日本市場ではあまり成立しないように思います。逆に X や XA が SIM フリー市場に出回ってきたらちょっと面白くなりそうですが...。

年末に Xperia Z5 Compact を買ったばかりの身としてはちょっと安心したというか(笑)、それほど悔しくないアップデートでした。夏に向けての発売だというのに、買って二ヶ月で旧モデル扱いというのはたまったものではないので(´д`)。いずれにしても Z5 Compact は二年使うつもり。
でも MVNO SIM を入れておく端末のほうを新しくしたいんですよね。価格次第では、スペックバランスの良さげな Xperia X のグローバルモデルを手に入れる、という選択肢はアリかもしれません。

投稿者 B : 23:23 | Mobile | Smartphone & Tablet

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

« 春待つ梅 | メイン | SIGMA sd Quattro / MC-11 »