b's mono-log

« カルガモファミリー 2016 | メイン | ブリッジ・オブ・スパイ [PS Video] »

2016/05/16 (Mon.)

F1 スペイン GP 2016

スペインGP決勝 18歳フェルスタッペン初優勝!!
フェルスタッペン 「信じられない」初優勝

おめでとうマックス!!!

ヨーロッパラウンドの開幕戦、スペインの地で F1 の新たな歴史を目撃するとは、誰が予想したでしょうか。
今回からクビアトとの入れ替えでレッドブルに昇格したばかりのマックス・フェルスタッペンが、移籍初戦でいきなりの優勝。これまでヴェッテルが保持していた F1 最年少優勝記録を大幅に塗り替える 18 歳での初優勝。今季からスーパーライセンスの発給条件が 18 歳以上に引き上げられたため、おそらく今後この記録が破られることはないでしょう。

スペイン GP は予選から熱い戦いが繰り広げられていました。
久しぶりに土曜日までノートラブルだったハミルトンが、Q3 で圧倒的な速さを見せて PP 獲得。いよいよハミルトンの逆襲が始まるか、という気配を感じさせます。
その後方ではレッドブルの 2 台が気を吐き、フェラーリを抑えてセカンドロウを確保。しかも、レッドブルは Q1 から Q3 の途中までフェルスタッペンがリカルドを凌ぐ速さを見せていたのが、Q3 のラストアタックでリカルドが意地の好タイムを出し 3 番手。マシンの仕上がり以上に強力なチームメイトの加入がレッドブルとリカルドのポテンシャルを絞り出したのでしょう。
メルセデスの独走は今回も変わらないまでも、その後方ではレッドブルとフェラーリによる熾烈な表彰台争いが繰り広げられるのだろう...と思っていました。

それが、ですよ。

メルセデスがスタート直後に 1991 年の鈴鹿を思わせる同士討ち。ハミルトンのスタートは悪くなかったものの、ロズベルグを意識しすぎたあまり 1 コーナーの飛び込みで先行を許し、その後抜き返そうとしたところで接触。
映像を見る限りではどちらが悪いとは言い難いレーシングインシデントだとは思いますが、ハミルトンにもロズベルグにも焦りがあったのでしょう。どちらにも余裕が感じられなかった一昨年を見るようなアクシデントで、この 2 台が 1 周ともたずに戦線離脱。

その後レースをリードしたのはリカルド。後ろにフェルスタッペンーサインツーヴェッテルーライコネンと続き、レッドブル勢が逃げる展開に。
フェラーリの 2 台はその後サインツを交わしたものの、レッドブルーフェラーリのオーダーは変わらず。
すると中盤にレッドブルは 2 台のタイヤ戦略を分け、リカルドを 3 ストップ、フェルスタッペンを 2 ストップとして展開します。それをカバーするかのようにフェラーリもライコネン 2、ヴェッテル 3 に分割。
このピット戦略は 2 ストップが正解で、リカルドの後退でトップに立ったフェルスタッペンがロングスティントでライコネンを抑えきる見事なドライビングで初優勝を挙げました。

フェルスタッペンは昨年のデビュー以来非凡な才能を見せ続けてきましたが、その実力が早くも証明されましたね。インパクトの強さで言えばまさにヴェッテル以来の逸材と言えるでしょう。
勝てはしなかったもののライコネンの最後まで緩めなかった追撃も、リカルドを抑えたヴェッテルの巧いブロッキングも、リカルドの果敢なオーバーテイクもどれも素晴らしかった。今の F1 もメルセデスがいなければこんなにエキサイティングな接戦が見られることを再確認しました(ぉ。

いっぽうでマクラーレン・ホンダは昨年の参戦以来初めての予選 Q3 進出を果たしました。
残念ながら 2 台揃ってとはいかなかったものの、ある程度スピードと信頼性の両立を果たして実力で中団を勝ち抜ける力がついてきたと言えます。
決勝ではアロンソ車にソフトウェアトラブルが発生してしまいましたが、バトンが粘ってなんとか 9 位入賞。いきなり表彰台争いは難しいと思うけど、この調子でコンスタントに入賞を重ね、後半戦に向けてさらに力を蓄えていってほしいところです。

次のレースは伝統のモナコ。パワーユニットの性能差が出にくいコースだけに、レッドブルには再度優勝のチャンスもあるでしょうし、マクラーレンも昨年の 8 位を上回るリザルトを残せる可能性が高い。どんなレースになるのか、今から楽しみです。

投稿者 B : 22:41 | F1 | Season 2016

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« カルガモファミリー 2016 | メイン | ブリッジ・オブ・スパイ [PS Video] »